更新プログラムのロールアップ 7 システム センター 2012 R2 の Data Protection Manager の

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3065246
Notice
2015 年 8 月 21 日より前の更新プログラム ロールアップ 7 がインストールされているユーザーのために注意してください。

期限切れの回復ポイントの取得がクリーンアップされなかった、し、手前に引くが、リリースの更新プログラム ロールアップ 7 に問題がありました。(更新プログラムのロールアップは、2015 年 7 月 28 日にリリースされました)。新しいビットでは、問題は固定されます。したがって、インストールされている 2015 年 8 月 21 日前に更新プログラムのロールアップ 7 をダウンロードするかに記載されているリンクから最新の更新プログラムのロールアップ 7 ビットをダウンロードする必要があります」ダウンロード情報"セクションおよびビットをインストールします。ビットは自動的に pruneshadowcopiesDpm2010.ps1 スクリプトを更新し、問題を解決します。
はじめに
この資料では、更新プログラムのロールアップ 7 の Microsoft システム センター 2012 R2 Data Protection Manager (DPM) で修正される問題について説明します。さらに、この資料には、システム センター 2012 R2 の Data Protection Manager の更新プログラムのロールアップ 7 のインストール手順が含まれています。

注: <b>最新の Azure バックアップ エージェント (にアップグレードを Windows Azure に Data Protection Manager の既存のお客様バージョン 2.0.8719.0 またはそれ以降)。これがインストールされていない場合は、オンライン バックアップが失敗し、Windows Azure の操作に、Data Protection Manager が動作しません。

この更新プログラムのロールアップに追加される機能


  • 10 クライアントの Windows オペレーティング システムのサポート

    この更新プログラムをインストールした後は、10 のクライアントを Windows コンピューター上のデータを保護するために開始できます。変更したり、ユーザーの経験ではサポートされているシナリオではありません。したがって、以前のバージョンの Windows クライアントを保護するように正確には、DPM を使用して Windows の 10 のクライアントをバックアップするのには続行できます。

  • Azure バックアップ ボルトからのリカバリを別の DPM サーバーを使用する機能

    この機能は、さまざまな DPM サーバーからデータをバックアップするセントラル ・ リポジトリとして Azure バックアップ ボルトを使用。 にします。複数の DPM サーバーは、Azure にデータをバックアップできます。同じボルトに登録されているすべての DPM サーバーでこの更新プログラムは、バックアップのボルトを Azure からデータをリカバリします。

    前提条件この機能では、Azure のバックアップのボルトに登録されていることと、クラウド (Azure) にいくつかのデータをバックアップしておくこと、更新プログラムのロールアップ 7 を実行している 2 つ以上の DPM 2012 R2 サーバーがあることを前提としています。

    注: <b>によって保護されているクラウドに移行する (更新プログラムのロールアップ更新プログラムのロールアップ 7 より前を使用して) 既存の DPM データ ソースに対して、この機能をテストする場合は、DPM 保護グループに関連するメタデータ Azure にアップロードする予定を取得するには少なくとも 1 日を待機する必要があります。夜間のジョブを最初に発生します。

    機能を検証するには、次の手順を実行します。

    1. DPM 管理者コンソールの [回復] タブをクリックします。
    2. 外部の DPM の追加] をクリックします。



    3. ボルトの資格情報 (からのダウンロードを提供します。 http://manage.windowsazure.com).

      注: <b>2 日間にのみ有効になりますボルトの資格情報です。ボルトの資格情報の有効期限が切れる場合に、ボルトの新しい資格情報をダウンロードする必要があります。

    4. リストで、リカバリするには、データが DPM サーバーを選択します。
    5. の一覧で選択した DPM サーバーに関連付けられている暗号化パスフレーズを入力し、[ OK] をクリックします。

      DPM サーバーに関連付けられている暗号化パスフレーズを入力します。

    6. 外部の DPM サーバーの追加が正常に完了すると、[閉じる] をクリックします。

      [閉じる] をクリックします。

    7. 回復ポイントを参照することにより、必要なデータをリカバリします。
    8. ローカル DPM データ ・ ビューだけに戻るには外部 DPM のクリア] をクリックします。

      「DPM の外部チェック ボックスをオフ] をクリックします。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

Data Protection Manager (DPM)

  • 、レプリカがある HYPER-V 仮想マシン (VM) をバックアップしようとして、アクティブな仮想マシンとレプリカの仮想マシンの両方を同じシステムのセンターの VMM サーバーで管理します。以前は、する必要があるないコントロールをアクティブとレプリカの間でバックアップ用の仮想マシンを選択します。これは、バックアップが失敗し、セットアップによって頻繁に発生します。

    この更新プログラムをインストールした後、DPM は、フェイル オーバーがある場合でも、保護グループの作成中に選択した仮想マシンを常にバックアップされます。たとえば、Host1\VM1、Host2\VM1、Host2\VM1 と Host1\VM1 のレプリカがあるがあります。DPM は、常に Host2\VM1 をバックアップするために、保護グループを作成するときに、Host2\VM1 をバックアップするを選択します。

  • 新しい保護グループを作成または保護グループを変更しようとするとします。ただし、DPM もは表示されません最新のフォルダー構造、ファイル サーバー上で。

  • 回復] タブが開き、すべての回復ポイントを表示する] オプションを使用してデータ ソースのすべての回復ポイントを取得しようとすると、DPM では、このオンライン回復ポイントは表示されません。この更新プログラムをインストールすると、DPM はオンライン ・ リカバリ ・ ポイントも示しています。ただし、多くのオンライン ・ リカバリ ・ ポイントがある場合は、取得して、すべての回復ポイントを表示するまでに時間がかかる場合があります。

  • エンドユーザーの回復と SSRT は、ミラー化された SQL データベースの一部の場合は動作しません。

  • DPM の更新プログラムのロールアップをインストールするときにエラーが表示されます。

  • Azure ポータルでは、インポート ジョブの名前とストレージ アカウントの名前の文字列に制限があります。これらの検証では、DPM で表示されていませんでした。Azure をオフラインに、Azure のインポート/エクスポート機能を使用して最初のバックアップ コピーを転送しようとしたとき、エラーが発生しました。

  • 別の AGs は、同じデータベース名を持つ場合、SQL データベースの可用性グループ (AG) を保護できません。

  • 場合によっては、DPM で解決されたアラートは、DPM 管理コンソールで同期されていません。

  • 場合は、1 つの保護グループ内の仮想マシンの数が多いを保護しようとするを使用して VMM のヘルパー サービスを有効に、いくつかのバックアップが失敗し、次の例外が発生します。

    System.TimeoutException
注: <b>Azure のバックアップを使用している場合は、最新版をインストールしてください。 Azure のバックアップ エージェントの必須の更新 前に、DPM の更新プログラムのロールアップ 7 にアップグレードしています。
取得し、システム センター 2012 R2 の Data Protection Manager の更新プログラムのロールアップ 7 をインストールする方法

ダウンロード情報

更新プログラム パッケージには、Data Protection Manager では、Microsoft update または手動でダウンロードが利用できます。

Microsoft Update

取得し、Microsoft Update から更新プログラム パッケージをインストールするには、Data Protection Manager のコンポーネントがインストールされているコンピューターには以下の手順を実行。
  1. 開始するに移動し、[コントロール パネル]を選択します。
  2. Windows 更新プログラムを選択 > Microsoft Update から更新プログラムの場合は、[オンライン チェック>重要な更新プログラムが利用可能です。
  3. 更新プログラムのロールアップ パッケージを選択し、 [ok]を選択し、>の更新プログラムをインストールします。

手動で更新プログラム パッケージのダウンロード

Microsoft Update カタログから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするには、次の web サイトを参照してください。


インストール手順

この更新プログラムには、Data Protection Manager をインストールするには、以下の手順を実行します。
  1. この更新プログラムをインストールする前に、Data Protection Manager のデータベースのバックアップを作成します。
  2. システム センター 2012 R2 の Data Protection Manager を実行しているサーバー上でこのプログラムのロールアップ パッケージをインストールします。これを行うには、サーバー上で Microsoft Update を実行します。

    注: <b> この更新プログラムをマイクロソフトの更新プログラムをインストールする前に Data Protection Manager 管理者コンソールを閉じる必要があります。この更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールした後は、Data Protection Manager サーバーを再起動する必要があります。
  3. Data Protection Manager 管理者コンソールで、保護エージェントを更新します。これを行うには、次の方法のいずれかを使用します。

    注: <b> この [エージェントの更新プログラムのロールアップ更新プログラムでは、作成または保護グループを変更するために保護されたサーバーを再起動する必要があります。

    方法 1: Data Protection Manager 管理者コンソールで保護エージェントを更新します。
    1. Data Protection Manager 管理者コンソールを開きます。
    2. 管理選択 >エージェントです。
    3. 保護されたコンピューター ] ボックスの一覧では、コンピューターを選択し、アクションウィンドウの更新プログラムを選択します。
    4. [はい] をクリックして >エージェントを更新します。


    方法 2: 保護されたサーバー上の保護エージェントを更新します。
    1. システム センター 2012 R2 の Data Protection Manager サーバー上で次のディレクトリから、更新プログラム保護エージェント パッケージを取得します。

      Data_Protection_Manager_installation_location\DPM\DPM\Agents\RA\4.2.1338.0


      インストール パッケージは次のとおりです。
      • X86 ベースの更新プログラム。 i386\1033\DPMProtectionAgent_KB3065246.msp
      • X64 ベースの更新プログラム。 amd64\1033\DPMProtectionAgent_KB3065246_AMD64.msp


    2. エージェントのアーキテクチャに基づいて、保護されている各サーバー上の適切な DPMProtectionAgent.msp パッケージを実行します。
    3. システム センター 2012 R2 の Data Protection Manager サーバーの Data Protection Manager 管理者コンソールを開きます。
    4. 管理選択 >エージェントです。保護されたサーバーを選択、情報を更新し、エージェントのバージョン番号が4.2.1338.0であることを確認します。



    方法 3: Windows Server 2003 サーバー上の保護エージェントを更新します。
    Data Protection Manager 2012 R2 の更新プログラムのロールアップ 7 を使用して、Windows Server 2003 サーバーを保護するために Windows Server 2003 のエージェントをインストールします。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Microsoft Visual C++ 2008年再頒布可能な Windows Server 2003 サーバーにインストールがまだインストールされていない場合。

      注: <b> 再頒布可能な C++ がインストールされていない場合は、次のエラー メッセージが表示されます。

      Data Protection Manager のセットアップ

      セットアップの起動画面をロードできませんでした。マイクロソフト製品サポートに問い合わせてください。

    2. DPM サーバーから、Windows Server 2003 サーバーに、Windows Server 2003 のエージェント インストーラーをコピーし、エージェントをインストールします。
      • 64 ビット。DPM_Installation_Location\DPM\agents\RA\4.2.1338.0\amd64\1033\DPMAgentInstaller_Win2K3_AMD64.exe

      • 32 ビット。DPM_Installation_Location\DPM\agents\RA\4.2.1338.0\i386\1033\DPMAgentInstaller_Win2K3_i386.exe


    3. 管理用のコマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。

      cd DPM Agent Installation Location\DPM\bin setdpmserver.exe –dpmservername DPM_Server_Name

    4. DPM サーバーへの接続を確立するためには、次の Windows PowerShell コマンドレットを実行します。

      Attach-ProductionServer.ps1 DPMServerName ProductionServerName UserName Password Domain

    5. DPM サーバーで、[更新2 回管理 UI に接続されているエージェントします。次に、稼働状態サービスの状態を初期化することを検証します。

この更新プログラムのロールアップで更新されるファイル

ファイル名サイズバージョン
msdpmPS.dll780244.2.1338.0
Interf ~ 1.dll|Interfaces.dll206804.2.1338.0
Utils.dll12494804.2.1338.0
NatUtl ~ 1.dll|NativeUtils.dll3278804.2.1338.0
VmmHel ~ 1.dll|VmmHelperServiceInterface.dll165844.2.1338.0
VmmHel ~ 3.dll|VmmHelperService.dll258004.2.1338.0
nativeCH.dll|NativeConfigHelper.dll3877844.2.1338.0
DpmWri ~ 1.exe|DpmWriter.exe6304724.2.1338.0
DpmBac ~ 1.exe|DpmBackup.exe3693524.2.1338.0
FSPath ~ 1.exe|FSPathMerge.exe3084244.2.1338.0
意図 ~ 2.dll|IntentTranslator.dll6192084.2.1338.0
意図 ~ 3.dll|IntentTE.dll155604.2.1338.0
VmmHel ~ 1.dll|VmmHelperServiceInterface.dll165844.2.1338.0
VmmHel ~ 2.dll|VmmHelperServiceClient.dll258004.2.1338.0
Summar ~ 1.dll|SummaryTE.dll565204.2.1338.0
AlertH ~ 1.dll|AlertHealthProvider.dll1435604.2.1338.0
CPWrap ~ 1.dll|CPWrapper.dll11045844.2.1338.0
CMTE.dll1860564.2.1338.0
MsdpmDll.dll5941204.2.1338.0
prm1.dll|Microsoft.EnterpriseStorage.Dls.Prm.dll25479124.2.1338.0
prm7.dll|Microsoft.EnterpriseStorage.Dls.Prm.MbcParser.dll4584404.2.1338.0
TERunt ~ 1.dll|TERuntime.dll1113044.2.1338.0
AMCommon.dll1522644.2.1338.0
GARBAG ~ 1.DLL|GarbageCollector.dll560084.2.1338.0
アクセス ~ 1.dll|AccessManager.dll1077204.2.1338.0
AMEngi ~ 1.dll|AMEngineService.dll949204.2.1338.0
AMSvc ~ 1.exe|DPMAMService.exe237524.2.1338.0
AutoH ~ 1.dll|AutoHeal.dll642004.2.1338.0
VSSREQ ~ 1.DLL|VssRequestor.dll3237844.2.1338.0
VSSREQ ~ 1.DLL|VssRequestor.dll3555284.2.1338.0
CLUSTE ~ 1.DLL|ClusterInquiry.dll2024404.2.1338.0
WSSCW.exe|WSSCmdletsWrapper.exe2034644.2.1338.0
WSSCM.dll|WSSCmdlets.dll1829844.2.1338.0
WSS4CM.dll|WSS4Cmdlets.dll1666004.2.1338.0
VSSREQ ~ 1.DLL|VssRequestor.dll3514324.2.1338.0
CLUSTE ~ 1.DLL|ClusterInquiry.dll1799124.2.1338.0
SETUPU ~ 2.DLL|SetupUtilv2.dll6227924.2.1338.0
FILEWR ~ 1.dll|FileWriterHelperPlugin.dll5987284.2.1338.0
EXCHAN ~ 1.dll|ExchangeWriterHelperPlugin.dll8219604.2.1338.0
SQLWRI ~ 1.dll|SQLWriterHelperPlugin.dll9888724.2.1338.0
SPSEAR ~ 1.dll|SpSearchWriterHelperPlugin.dll6171604.2.1338.0
WSSWRI ~ 1.dll|WSSWriterHelperPlugin.dll7871444.2.1338.0
DpmWRI ~ 1.dll|DpmWriterHelperPlugin.dll5270484.2.1338.0
フィルター ~ 1.dll|DPMFSFilterWrapperDLL.dll1573844.2.1338.0
GenWRI ~ 1.dll|GenericDatasourceWriterHelperPlugin.dll7999444.2.1338.0
GenNVS ~ 1.dll|GenericNonVssDatasourceHelperPlugin.dll7180244.2.1338.0
DsmFs.dll9668564.2.1338.0
DPMRA.exe56731604.2.1338.0
HVhdHlpr.DLL|HypervVhdHelper.dll836564.2.1338.0
HyperV ~ 3.DLL|HypervVhdManager.dll1363924.2.1338.0
DpmoVh ~ 1.DLL|DpmoVhdManager.dll964564.2.1338.0
AgentP ~ 1.dll|AgentProxy.dll2382804.2.1338.0
SETUPD ~ 1.DLL|SetupDpmfltr.dll1143764.2.1338.0
SETUPU ~ 3.DLL|SetupUtilv2_LA.dll6227924.2.1338.0
DPMLA ~ 1.EXE|DPMLA.exe25422804.2.1338.0
サービス ~ 1.dll|ServiceProxy.dll3754964.2.1338.0
CBEProxy.dll|CBEngineServiceProxy.dll1307604.2.1338.0
CBEProxW.dll|CloudEngineProxyWrapper.dll467924.2.1338.0
EngSPW ~ 1.dll|EngineServiceProxyWrapper.dll1681364.2.1338.0
objmod ~ 1.dll|ObjectModel.dll13139924.2.1338.0
enguic ~ 1.dll|EngineUICommon.dll5331924.2.1338.0
UIComm ~ 1.dll|UICommon.dll1020884.2.1338.0
omcmdl ~ 1.dll|ObjectModelCmdlet.dll4113364.2.1338.0
filesy ~ 1.dll|FileSystem.dll739284.2.1338.0
exchan ~ 2.dll|Microsoft.Internal.EnterpriseStorage.Dls.UI.ObjectModel.Exchange.dll519124.2.1338.0
SQL.dll|Microsoft.Internal.EnterpriseStorage.Dls.UI.ObjectModel.SQL.dll524244.2.1338.0
Shrp ~ 1.dll|Microsoft.Internal.EnterpriseStorage.Dls.UI.ObjectModel.SharePoint.dll657364.2.1338.0
gendat ~ 2.dll|Microsoft.Internal.EnterpriseStorage.Dls.UI.ObjectModel.GenericDatasource.dll278484.2.1338.0
hypdat ~ 2.dll|Microsoft.Internal.EnterpriseStorage.Dls.UI.ObjectModel.HyperVDatasource.dll514004.2.1338.0
clidat ~ 2.dll|Microsoft.Internal.EnterpriseStorage.Dls.UI.ObjectModel.ClientDatasource.dll554964.2.1338.0
spdat ~ 2.dll|Microsoft.Internal.EnterpriseStorage.Dls.UI.ObjectModel.SystemProtection.dll426964.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll5751764.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll7349204.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll7415764.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll6908884.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll10416084.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll7001044.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll8373204.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll7236564.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll7308244.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll5879764.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll6888404.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll6678484.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll7287764.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll7072724.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll6596564.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll6806484.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll7559124.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll5879764.2.1338.0
Dpmbac ~ 1.exe|DpmBackup.exe3673044.2.1338.0
Dpmbac ~ 1.exe|DpmBackup.exe3673044.2.1338.0
Dpmbac ~ 1.exe|DpmBackup.exe3703764.2.1338.0
Dpmbac ~ 1.exe|DpmBackup.exe3708884.2.1338.0
Dpmbac ~ 1.exe|DpmBackup.exe3698644.2.1338.0
Dpmbac ~ 1.exe|DpmBackup.exe3703764.2.1338.0
Dpmbac ~ 1.exe|DpmBackup.exe3698644.2.1338.0
Dpmbac ~ 1.exe|DpmBackup.exe3683284.2.1338.0
Dpmbac ~ 1.exe|DpmBackup.exe3678164.2.1338.0
Dpmbac ~ 1.exe|DpmBackup.exe3708884.2.1338.0
Dpmbac ~ 1.exe|DpmBackup.exe3698644.2.1338.0
Dpmbac ~ 1.exe|DpmBackup.exe3703764.2.1338.0
Dpmbac ~ 1.exe|DpmBackup.exe3708884.2.1338.0
Dpmbac ~ 1.exe|DpmBackup.exe3708884.2.1338.0
Dpmbac ~ 1.exe|DpmBackup.exe3698644.2.1338.0
Dpmbac ~ 1.exe|DpmBackup.exe3698644.2.1338.0
Dpmbac ~ 1.exe|DpmBackup.exe3708884.2.1338.0
Dpmbac ~ 1.exe|DpmBackup.exe3673044.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1614804.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1604564.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1614804.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1604564.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
commres.dll|CommonControls.resources.dll1599444.2.1338.0
FSPath ~ 1.exe|FSPathMerge.exe3084244.2.1338.0
SetupU ~ 1.dll|SetupUtilv2.dll6222804.2.1338.0
FSPath ~ 1.exe|FSPathMerge.exe3084244.2.1338.0
SetupU ~ 1.dll|SetupUtilv2.dll6227924.2.1338.0
FSPath ~ 1.exe|FSPathMerge.exe3084244.2.1338.0
SetupU ~ 1.dll|SetupUtilv2.dll6227924.2.1338.0
FSPath ~ 1.exe|FSPathMerge.exe3084244.2.1338.0
SetupU ~ 1.dll|SetupUtilv2.dll6222804.2.1338.0
FSPath ~ 1.exe|FSPathMerge.exe3084244.2.1338.0
SetupU ~ 1.dll|SetupUtilv2.dll6227924.2.1338.0
FSPath ~ 1.exe|FSPathMerge.exe3084244.2.1338.0
SetupU ~ 1.dll|SetupUtilv2.dll6227924.2.1338.0
FSPath ~ 1.exe|FSPathMerge.exe3084244.2.1338.0
SetupU ~ 1.dll|SetupUtilv2.dll6227924.2.1338.0
FSPath ~ 1.exe|FSPathMerge.exe3084244.2.1338.0
SetupU ~ 1.dll|SetupUtilv2.dll6222804.2.1338.0
FSPath ~ 1.exe|FSPathMerge.exe3084244.2.1338.0
SetupU ~ 1.dll|SetupUtilv2.dll6222804.2.1338.0
FSPath ~ 1.exe|FSPathMerge.exe3084244.2.1338.0
SetupU ~ 1.dll|SetupUtilv2.dll6227924.2.1338.0
FSPath ~ 1.exe|FSPathMerge.exe3084244.2.1338.0
SetupU ~ 1.dll|SetupUtilv2.dll6227924.2.1338.0
FSPath ~ 1.exe|FSPathMerge.exe3084244.2.1338.0
SetupU ~ 1.dll|SetupUtilv2.dll6227924.2.1338.0
FSPath ~ 1.exe|FSPathMerge.exe3084244.2.1338.0
SetupU ~ 1.dll|SetupUtilv2.dll6227924.2.1338.0
FSPath ~ 1.exe|FSPathMerge.exe3084244.2.1338.0
SetupU ~ 1.dll|SetupUtilv2.dll6227924.2.1338.0
FSPath ~ 1.exe|FSPathMerge.exe3084244.2.1338.0
SetupU ~ 1.dll|SetupUtilv2.dll6227924.2.1338.0
FSPath ~ 1.exe|FSPathMerge.exe3084244.2.1338.0
SetupU ~ 1.dll|SetupUtilv2.dll6227924.2.1338.0
FSPath ~ 1.exe|FSPathMerge.exe3084244.2.1338.0
SetupU ~ 1.dll|SetupUtilv2.dll6227924.2.1338.0
FSPath ~ 1.exe|FSPathMerge.exe3084244.2.1338.0
SetupU ~ 1.dll|SetupUtilv2.dll6222804.2.1338.0
dpmac.exe14998484.2.1338.0
NatUtl ~ 1.dll|NativeUtils.dll2669524.2.1338.0
dsmfs.dll8035284.2.1338.0
CLUSTE ~ 1.DLL|ClusterInquiry.dll1671124.2.1338.0
CLUSTE ~ 1.DLL|ClusterInquiry.dll1491924.2.1338.0
dpmac.exe18684884.2.1338.0
NatUtl ~ 2.dll|NativeUtils.dll3278804.2.1338.0
dsmfs.dll9668564.2.1338.0
CLUSTE ~ 1.DLL|ClusterInquiry.dll2024404.2.1338.0
CLUSTE ~ 1.DLL|ClusterInquiry.dll1799124.2.1338.0
DLSUIL ~ 1.DLL|DLSUILibrary.dll1635284.2.1338.0
管理 ~ 1.DLL|ManagedContainer.dll15781844.2.1338.0
一般的な ~ 1.dll|CommonControls.dll38212564.2.1338.0
DiskAl ~ 1.dll|DiskAllocationControl.dll1282004.2.1338.0
WizUI ~ 1.dll|WizardUI.dll36932564.2.1338.0
さら ~ 1.dll|ProtectionView.dll8956884.2.1338.0
モニター ~ 1.dll|MonitoringPage.dll5408724.2.1338.0
Recove ~ 1.dll|RecoveryPage.dll18495444.2.1338.0
dpmac.exe18684884.2.1338.0
DpmSetup.dll18009044.2.1338.0
エンジン ~ 1.dll|EngineUICommon.dll5331924.2.1338.0
EngSPW ~ 1.dll|EngineServiceProxyWrapper.dll1681364.2.1338.0
一般的な ~ 1.dll|CommonControls.dll38212564.2.1338.0
interf ~ 1.dll|Interfaces.dll206804.2.1338.0
Inspect.dll1778644.2.1338.0
ネイティブ ~ 1.dll|NativeConfigHelper.dll3877844.2.1338.0
Alerth ~ 1.dll|AlertHealthProvider.dll1435604.2.1338.0
Utils.dll12494804.2.1338.0
NatUtl ~ 2.dll|NativeUtils.dll3278804.2.1338.0
SetAge ~ 2.exe|SetAgentCfg.exe1471444.2.1338.0
AMCOMM ~ 1.dll|AMCommon.dll1522644.2.1338.0
SetShr ~. exe|SetSharedDpmDatabase.exe708564.2.1338.0
mcres.dll|ManagedContainer.resources.dll2265044.2.1338.0
objmres.dll|ObjectModel.resources.dll314324.2.1338.0
objmcres.dll|ObjectModelCmdlet.resources.dll298964.2.1338.0
mcres.dll|ManagedContainer.resources.dll2270164.2.1338.0
objmres.dll|ObjectModel.resources.dll334804.2.1338.0
objmcres.dll|ObjectModelCmdlet.resources.dll339924.2.1338.0
mcres.dll|ManagedContainer.resources.dll2270164.2.1338.0
objmres.dll|ObjectModel.resources.dll329684.2.1338.0
objmcres.dll|ObjectModelCmdlet.resources.dll345044.2.1338.0
mcres.dll|ManagedContainer.resources.dll2275284.2.1338.0
objmres.dll|ObjectModel.resources.dll329684.2.1338.0
objmcres.dll|ObjectModelCmdlet.resources.dll329684.2.1338.0
mcres.dll|ManagedContainer.resources.dll2290644.2.1338.0
objmres.dll|ObjectModel.resources.dll375764.2.1338.0
objmcres.dll|ObjectModelCmdlet.resources.dll406484.2.1338.0
mcres.dll|ManagedContainer.resources.dll2275284.2.1338.0
objmres.dll|ObjectModel.resources.dll329684.2.1338.0
objmcres.dll|ObjectModelCmdlet.resources.dll334804.2.1338.0
mcres.dll|ManagedContainer.resources.dll2275284.2.1338.0
objmres.dll|ObjectModel.resources.dll334804.2.1338.0
objmcres.dll|ObjectModelCmdlet.resources.dll355284.2.1338.0
mcres.dll|ManagedContainer.resources.dll2275284.2.1338.0
objmres.dll|ObjectModel.resources.dll329684.2.1338.0
objmcres.dll|ObjectModelCmdlet.resources.dll339924.2.1338.0
mcres.dll|ManagedContainer.resources.dll2270164.2.1338.0
objmres.dll|ObjectModel.resources.dll329684.2.1338.0
objmcres.dll|ObjectModelCmdlet.resources.dll339924.2.1338.0
mcres.dll|ManagedContainer.resources.dll2265044.2.1338.0
objmres.dll|ObjectModel.resources.dll314324.2.1338.0
objmcres.dll|ObjectModelCmdlet.resources.dll304084.2.1338.0
mcres.dll|ManagedContainer.resources.dll2270164.2.1338.0
objmres.dll|ObjectModel.resources.dll324564.2.1338.0
objmcres.dll|ObjectModelCmdlet.resources.dll319444.2.1338.0
mcres.dll|ManagedContainer.resources.dll2270164.2.1338.0
objmres.dll|ObjectModel.resources.dll324564.2.1338.0
objmcres.dll|ObjectModelCmdlet.resources.dll319444.2.1338.0
mcres.dll|ManagedContainer.resources.dll2275284.2.1338.0
objmres.dll|ObjectModel.resources.dll329684.2.1338.0
objmcres.dll|ObjectModelCmdlet.resources.dll329684.2.1338.0
mcres.dll|ManagedContainer.resources.dll2275284.2.1338.0
objmres.dll|ObjectModel.resources.dll334804.2.1338.0
objmcres.dll|ObjectModelCmdlet.resources.dll334804.2.1338.0
mcres.dll|ManagedContainer.resources.dll2265044.2.1338.0
objmres.dll|ObjectModel.resources.dll324564.2.1338.0
objmcres.dll|ObjectModelCmdlet.resources.dll319444.2.1338.0
mcres.dll|ManagedContainer.resources.dll2270164.2.1338.0
objmres.dll|ObjectModel.resources.dll324564.2.1338.0
objmcres.dll|ObjectModelCmdlet.resources.dll324564.2.1338.0
mcres.dll|ManagedContainer.resources.dll2270164.2.1338.0
objmres.dll|ObjectModel.resources.dll329684.2.1338.0
objmcres.dll|ObjectModelCmdlet.resources.dll339924.2.1338.0
mcres.dll|ManagedContainer.resources.dll2265044.2.1338.0
objmres.dll|ObjectModel.resources.dll314324.2.1338.0
objmcres.dll|ObjectModelCmdlet.resources.dll304084.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll5751764.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll7349204.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll7415764.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll6908884.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll10416084.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll7001044.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll8373204.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll7236564.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll7308244.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll5879764.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll6888404.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll6678484.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll7287764.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll7072724.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll6596564.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll6806484.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll7559124.2.1338.0
utilsres.dll|Utils.resources.dll5879764.2.1338.0
dpmwres.dll|WizardUI.resources.dll21634004.2.1338.0
monitres.dll|MonitoringPage.resources.dll2730964.2.1338.0
protvres.dll|ProtectionView.resources.dll6033364.2.1338.0
recovres.dll|RecoveryPage.resources.dll13866964.2.1338.0
dpmwres.dll|WizardUI.resources.dll21823444.2.1338.0
monitres.dll|MonitoringPage.resources.dll2756564.2.1338.0
protvres.dll|ProtectionView.resources.dll6115284.2.1338.0
recovres.dll|RecoveryPage.resources.dll14020564.2.1338.0
dpmwres.dll|WizardUI.resources.dll21802964.2.1338.0
monitres.dll|MonitoringPage.resources.dll2751444.2.1338.0
protvres.dll|ProtectionView.resources.dll6105044.2.1338.0
recovres.dll|RecoveryPage.resources.dll14000084.2.1338.0
dpmwres.dll|WizardUI.resources.dll21767124.2.1338.0
monitres.dll|MonitoringPage.resources.dll2746324.2.1338.0
protvres.dll|ProtectionView.resources.dll6089684.2.1338.0
recovres.dll|RecoveryPage.resources.dll13974484.2.1338.0
dpmwres.dll|WizardUI.resources.dll22207444.2.1338.0
monitres.dll|MonitoringPage.resources.dll2823124.2.1338.0
protvres.dll|ProtectionView.resources.dll6248404.2.1338.0
recovres.dll|RecoveryPage.resources.dll14210004.2.1338.0
dpmwres.dll|WizardUI.resources.dll21813204.2.1338.0
monitres.dll|MonitoringPage.resources.dll2751444.2.1338.0
protvres.dll|ProtectionView.resources.dll6105044.2.1338.0
recovres.dll|RecoveryPage.resources.dll13974484.2.1338.0
dpmwres.dll|WizardUI.resources.dll21982164.2.1338.0
monitres.dll|MonitoringPage.resources.dll2766804.2.1338.0
protvres.dll|ProtectionView.resources.dll6146004.2.1338.0
recovres.dll|RecoveryPage.resources.dll14035924.2.1338.0
dpmwres.dll|WizardUI.resources.dll21762004.2.1338.0
monitres.dll|MonitoringPage.resources.dll2746324.2.1338.0
protvres.dll|ProtectionView.resources.dll6099924.2.1338.0
recovres.dll|RecoveryPage.resources.dll14000084.2.1338.0
dpmwres.dll|WizardUI.resources.dll21813204.2.1338.0
monitres.dll|MonitoringPage.resources.dll2751444.2.1338.0
protvres.dll|ProtectionView.resources.dll6094804.2.1338.0
recovres.dll|RecoveryPage.resources.dll13964244.2.1338.0
dpmwres.dll|WizardUI.resources.dll21572564.2.1338.0
monitres.dll|MonitoringPage.resources.dll2730964.2.1338.0
protvres.dll|ProtectionView.resources.dll6048724.2.1338.0
recovres.dll|RecoveryPage.resources.dll13882324.2.1338.0
dpmwres.dll|WizardUI.resources.dll21777364.2.1338.0
monitres.dll|MonitoringPage.resources.dll2746324.2.1338.0
protvres.dll|ProtectionView.resources.dll6079444.2.1338.0
recovres.dll|RecoveryPage.resources.dll13948884.2.1338.0
dpmwres.dll|WizardUI.resources.dll21797844.2.1338.0
monitres.dll|MonitoringPage.resources.dll2746324.2.1338.0
protvres.dll|ProtectionView.resources.dll6089684.2.1338.0
recovres.dll|RecoveryPage.resources.dll13948884.2.1338.0
dpmwres.dll|WizardUI.resources.dll21802964.2.1338.0
monitres.dll|MonitoringPage.resources.dll2746324.2.1338.0
protvres.dll|ProtectionView.resources.dll6089684.2.1338.0
recovres.dll|RecoveryPage.resources.dll13974484.2.1338.0
dpmwres.dll|WizardUI.resources.dll21838804.2.1338.0
monitres.dll|MonitoringPage.resources.dll2751444.2.1338.0
protvres.dll|ProtectionView.resources.dll6099924.2.1338.0
recovres.dll|RecoveryPage.resources.dll13984724.2.1338.0
dpmwres.dll|WizardUI.resources.dll21705684.2.1338.0
monitres.dll|MonitoringPage.resources.dll2741204.2.1338.0
protvres.dll|ProtectionView.resources.dll6079444.2.1338.0
recovres.dll|RecoveryPage.resources.dll13938644.2.1338.0
dpmwres.dll|WizardUI.resources.dll21787604.2.1338.0
monitres.dll|MonitoringPage.resources.dll2746324.2.1338.0
protvres.dll|ProtectionView.resources.dll6084564.2.1338.0
recovres.dll|RecoveryPage.resources.dll13948884.2.1338.0
dpmwres.dll|WizardUI.resources.dll21884884.2.1338.0
monitres.dll|MonitoringPage.resources.dll2756564.2.1338.0
protvres.dll|ProtectionView.resources.dll6115284.2.1338.0
recovres.dll|RecoveryPage.resources.dll13989844.2.1338.0
dpmwres.dll|WizardUI.resources.dll21572564.2.1338.0
monitres.dll|MonitoringPage.resources.dll2730964.2.1338.0
protvres.dll|ProtectionView.resources.dll6048724.2.1338.0
recovres.dll|RecoveryPage.resources.dll13882324.2.1338.0
DPMAg ~. exe|DPMAgentInstaller_KB3065246_AMD64.exe431935444.2.1338.0
DPMAg ~. exe|DPMAgentInstaller_KB3065246.exe367213524.2.1338.0
nullPs~1.dll|null_ps.dll186324.2.1338.0
VnullP~1.dll|vssnullprovider.dll739284.2.1338.0

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3065246 - 最終更新日: 09/16/2015 14:04:00 - リビジョン: 8.0

Microsoft System Center 2012 R2 Data Protection Manager

  • kbqfe kbsurveynew kbfix kbexpertiseinter atdownload kbmt KB3065246 KbMtja
フィードバック