[MS15-086] System Center Operations Manager の脆弱性により、特権が昇格される (2015 年 8 月 11 日)

概要
このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft System Center 2012 Operations Manager および Microsoft System Center 2012 R2 Operations Manager の脆弱性を解決します。この脆弱性により、ユーザーが特別に細工された URL を使用して影響を受ける Web サイトを訪問した場合、特権が昇格される可能性があります。攻撃者は、特別に細工された Web サイトにユーザーを強制的に訪問させることはできません。その代わりに、攻撃者は通常、ユーザーに電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャーのメッセージ内のリンクをクリックさせて、影響受ける Web サイトに誘導する必要があります。この脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-086 を参照してください。
このセキュリティ更新プログラムの関連情報
以下の資料では製品バージョン別に、このセキュリティ更新プログラムに関する追加情報が掲載されています。資料には、既知の問題に関する情報が掲載されている可能性があります。
  • 3064919 [MS15-086] System Center 2012 R2 Operations Manager 用の更新プログラムのロールアップ 7 のセキュリティ更新プログラム (2015 年 8 月 11 日)
  • 3071088 [MS15-086] System Center 2012 Operations Manager Service Pack 1 用の更新プログラムのロールアップ 10 のセキュリティ更新プログラム (2015 年 8 月 11 日)
  • 3071089 [MS15-086] System Center 2012 Operations Manager 用の更新プログラムのロールアップ 8 のセキュリティ更新プログラム (2015 年 8 月 11 日)

セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

Microsoft System Center 2012 Operations Manager (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
今後の Service Pack 収録予定この問題に対する更新プログラムは今後リリースされるサービス パックまたは更新プログラムのロールアップに含まれる予定です。
セキュリティ更新プログラムのファイル名Microsoft System Center 2012 Operations Manager (更新プログラムのロールアップ 8 のインストール):
KB3071089-AMD64-WebConsole.msp

Microsoft System Center 2012 Operations Manager Service Pack 1 (更新プログラムのロールアップ 10 のインストール):
KB3071088-AMD64-ENU-WebConsole.msp
インストール スイッチ参照先: サポート技術情報 934307
更新ログ ファイルユーザーが詳細ログを有効にしている場合、MSI ログが作成されます。
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。
削除に関する情報サポート技術情報の「アンインストールに関する情報」セクションを参照してください。3071089 および 3071088.
ファイルに関する情報参照先サポート技術情報: 3071089 および 3071088.
レジストリ キーの確認対象外

Microsoft System Center 2012 Operations Manager R2 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
今後の Service Pack 収録予定この問題に対する更新プログラムは今後リリースされるサービス パックまたは更新プログラムのロールアップに含まれる予定です。
セキュリティ更新プログラムのファイル名Microsoft System Center 2012 Operations Manager R2 (更新プログラムのロールアップ 7 のインストール):
KB3064919-AMD64-ENU-WebConsole.msp
インストール スイッチ参照先: サポート技術情報 934307
更新ログ ファイルユーザーが詳細ログを有効にしている場合、MSI ログが作成されます。
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。
削除に関する情報サポート技術情報の「アンインストールに関する情報」セクションを参照してください。3064919
ファイルに関する情報参照先: サポート技術情報 3064919
レジストリ キーの確認対象外

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

更新プログラムのインストールに関するヘルプ: Windows Update サポート ページ

IT 専門家のためのセキュリティ ソリューション:セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート: その他の地域のサポート
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3075158 - 最終更新日: 08/14/2015 19:07:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft System Center 2012 R2 Operations Manager, Microsoft System Center 2012 Operations Manager

  • kbsecvulnerability kbsecurity kbsecbulletin kbfix kbexpertiseinter kbbug atdownload KB3075158
フィードバック