Microsoft Dynamics CRM 2015年の 0.2 を更新します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3075889
はじめに
2015 の Microsoft Dynamics CRM が利用可能なは、0.2 を更新します。この資料では、修正プログラムおよびこの更新プログラムに含まれる更新プログラムについて説明します。

この更新プログラムは、Microsoft Dynamics CRM の 2015 年までサポートされているすべての言語に対して利用可能になります。

重要: 2015 の Microsoft Dynamics CRM には、次のサポートが導入されているは、0.2 を更新します。

  • Windows 10
  • マイクロソフトのエッジ
  • .NET Framework 4.6
この更新プログラムには、データにエクスポート機能への機能変更も含まれています。詳細については、 データを Excel にエクスポートします。.

重要: Outlook クライアントの CRM の更新プログラムはこのバージョンでは含まれません。上に保存するクライアントにクライアントをアップグレードする必要があります、7.0.1 の Outlook クライアントの CRM のリリースまたはが必要な修正プログラムは、このリリースに含まれている場合、 7.1.1 リリース.バージョン 7.1.1 に直接 7.0.1 で、Outlook クライアントの CRM をアップグレードするのには、サポートされてし、7.1.0 を最初に適用することを必要としないリリースします。
詳細

この更新プログラムの数とファイルの名前を作成します。

更新プログラム パッケージビルド番号ファイル名 (32 ビット版)ファイル名 (64 ビット版)
Microsoft Dynamics CRM 2015年サーバー7.0.2.0053該当なしCRM2015-サーバー-KB3075889-LangID-amd64.exe
2015 E-mail Router の Microsoft Dynamics CRM7.0.2.0053CRM2015-ルーター-KB3075889-LangID-i386.exeCRM2015-ルーター-KB3075889-LangID-amd64.exe
Microsoft Dynamics CRM 2015年の言語パック7.0.2.0053CRM2015-Mui-KB3075889-LangID-i386.exeCRM2015-Mui-KB3075889-LangID-amd64.exe
2015年の Microsoft Dynamics CRM レポート拡張機能7.0.2.0053該当なしCRM2015-Srs-KB3075889-LangID-amd64.exe
この更新プログラムの入手方法
次のファイルが Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

2015 の Microsoft Dynamics CRM は、オンプレミス ユーザーの利用可能なは、0.2 を更新します。

インストール情報

Windows の更新プログラムのインストール

自動的に Microsoft Dynamics CRM 2015年の 0.2 の更新プログラムをインストールするのにには、Windows Update を使用します。この更新プログラムは 2015 年の第 4 四半期に Windows の更新プログラムで利用可能になります。

推奨される更新プログラムを自動的にインストールする Windows を構成することができます。この設定が重要でない問題に対処し、コンピューティング エクスペリエンスを向上させることです。オプションの更新プログラムはダウンロードまたはこの設定を使用するときに自動的にインストールできません。

Windows の更新プログラムをインストールするための設定の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

Windows Update を使用して、Microsoft Dynamics CRM 2015年の 0.2 の更新プログラムをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. 開始] をクリックし、入力 更新プログラム [検索の開始] ボックスにします。
  2. 結果の一覧では、 Windows の更新プログラムをクリックします。
  3. ナビゲーション ウィンドウで、更新プログラムの確認をする] をクリックし、コンピューターの最新の更新プログラムは Windows によってチェックされるを待ちます。
  4. 表示される場合こと、重要なは、更新が利用可能かを確認するように求める、重要な更新チェックをオンの状態のボックスを更新したメッセージは、インストール、および、[ OK] をクリックします。

    注: <b> 更新プログラムの詳細についてをクリックします。
  5. 更新プログラムをインストール] をクリックします。
  6. 読み取りし、ライセンス条項に同意 (更新には、この操作が必要です) の場合、[完了] をクリックします。管理者のパスワードを入力するプロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。場合はこれを行うメッセージが表示されたら、条項に同意することを確認します。

手動インストール

2015 の Microsoft Dynamics CRM の 0.2 の更新プログラムを手動でインストールするには、次の手順を実行します。

  1. 次の Microsoft Update カタログ web サイトに移動します。

  2. 検索 ボックスで、入力3075889、し、[検索] をクリックします。
  3. クリックして追加 更新プログラムをバスケットに追加します。
  4. [ダウンロード] をクリックします。
  5. [参照] をクリックして、更新プログラムをダウンロードするフォルダーを指定し、[ OK] をクリックします。
  6. [続行] をクリックしをクリックし、同意 マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意します。
  7. 指定した場所に更新プログラムがダウンロードされると、[閉じる] をクリックします。
Microsoft 更新プログラム カタログについての詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。

インストールに関する詳細情報

  • この更新プログラムをインストールした後、既存の Microsoft Dynamics CRM セッションを終了し、Microsoft Dynamics CRM の新しいセッションを開始します。
  • 言語パックのプロビジョニングを解除すると、その言語を使用しているすべての Microsoft Dynamics CRM ユーザーの言語設定は既定の言語設定に戻ります。Reprovisioning プロセスは、ユーザーの言語設定を更新しません。したがって、2015 の Microsoft Dynamics CRM にログオンするとき、ユーザーは個人用オプション] セクションで、言語の設定をリセットする必要があります。

再起動の必要性

コンピューターを再起動するメッセージが表示されたら、更新プログラムを適用した後は。

アンインストール情報

2015 の Microsoft Dynamics CRM を実行しているサーバーから 0.2 に更新プログラムをアンインストールできます。ただし、0.2 に更新プログラムをアンインストールする前に、データベースをバックアップすることを確認します。詳細については、次の Microsoft Developer Network (MSDN) web サイトを参照してください。

Microsoft Dynamics CRM 2015年 0.2 アップデートで解決される問題

更新 0.2 では、次の問題を解決します。

  • モバイル クライアントで 2 つの並べ替え条件を持つビューに並べ替え順序を変更できません。
  • [次のステージ」のボタンは下付きは Google Chrome でビジネス プロセスのフロー内では unclickable です。
  • [ステータス] オプションはありませんが表示されないフォームからキャンペーンを非アクティブ化します。
  • マネージド ソリューションをアンインストールできません。
  • CZ の表示形式を使用してサービスのスケジュールを設定できません。
  • 電子メールのデフォルトのフォントには、HTML の定義で適切なフォントのタグがありません。
  • 自動拡張して、使用可能な領域を使用」には、フィールドの定義は設定されていない場合でも、複数行のフィールドの自動が増加します。1 回フィールドの複数行のフィールドをタブに自動的に展開し、スクロール バーが表示されなくなります。これが原因で破損するフォームを表示します。
  • 0.1 の更新プログラムを Microsoft Dynamics CRM 2015年に適用すると、お客様は、組織をインポートすることが不要になった。次の例外がログに記録されます: 07:53:20|Error|組織をインポートする (名前 ="orgName"、Id = {orgID}) 例外で失敗しました: 生じます (0x80131904): ストアド プロシージャ 'p_CreateAuditEntry' が見つかりませんでした。
  • 履歴電子メールは Outlook から送信されたが、表示または、[送信トレイ] フォルダーを終了する前に編集する場合に送信されません。
  • セキュリティ ロールを管理する大規模なチームにタイムアウトしたり、完了までに時間がかかります。
  • SQL Server 2014年エンタープライズ CRM 2015 0.1 にデータベースの更新を適用することはできません。
  • バンドル製品の数量が正しく表示されます。
  • 定期的な予定を開くには、ユーザー レベルの活動より高いレベルでの読み取り特権が必要です。
  • 2015 のエジプト夏時間修正プログラムです。
  • SDK addPreSearch メソッドでは、製品のルックアップにプレフィルターを適用する場合は動作しません。
  • 関連するレコードの検索をフィルターするには、すべてのアクティブなレコードで表示されます、初期フィルターを適用した結果の代わりに、ドロップダウン リストが表示されます。[詳細レコードを検索する」をクリックしてフィルター処理された結果が表示されます。
  • SuppressDuplicateDetection パラメーターが PipelineExecutionContext の子から UpdateRequest で無視します。
  • 複数の受信者に電子メール メッセージの電子メール テンプレートを挿入できません。
  • CRM 2015 RTM から 7.0.1.129 へのアップグレード後のユーザーは、営業案件レコードを開き、フォームが破損していると、ユーザーがフィールドを編集することではありません。
  • 高度な検索ビューでは、Est の日付フィールドに並べ替えできるようにします。
  • レポート ウィザードとツール ヒントが欠落している省略記号ボタンをタブ移動できません。
  • サービスの予定表、またはサービスの予定表アイテムをタブ移動できません。
  • 簡易キャンペーンから 2015 の Microsoft Dynamics CRM に送信する電子メールでは、電子メールが添付ファイルのあるテンプレートから作成された場合は、添付ファイルを含まれていません。
  • 1 つを含むマネージド ソリューションをインポートする、または複数のエンティティのソリューションも含まれているユーザー設定フィールドに条件付きであるビジネス ルールのスコープ、依存関係の問題のためのソリューションを削除することはできません。
  • CRM 2013 から 2015 の CRM へのアップグレードといくつかのエンティティのビジネス ルールを無効にすることがあります。アカウント、連絡先、営業案件にビジネスのルールなどの場所からアップグレードする CRM 2013 SP1 UR1 CRM 2015 をアクティブにします。アカウントと取引先担当者をアップグレードした後は、非アクティブ化が営業案件もアクティブ。
  • 電子メール アドレスは、電子メール活動の保存操作を実行するときに削除されます。これは、CRM の複数のレコードで電子メール アドレスが存在する場合にのみ発生します。など 2 つの連絡先は、同じ電子メール アドレスを持ちます。
  • 日本語のテキストと、アクティビティの詳細については電子メールでの無効な文字として表示されます。
  • タイトル「CRM への連絡」および「折り返しを」ユーザーのタスクを中断すると 2 つの進行状況ダイアログ ボックスは、開発中すべてのマウスとキーボード操作がブロックされている電子メールは、Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM 2015 クライアントで CRM に昇格するがするたびにユーザーが表示されます。
  • Microsoft Dynamics CRM 2015年でパブリック キューのキュー アイテム エンティティ用のユーザーのグラフを作成するとき、グラフは表示されません。
  • 追加すると電話のアカウントにアカウント フォームのサブグリッドから、関数の呼び出しと関連オブジェクトは、事前設定されていません。
  • 変換処理中に Microsoft Dynamics CRM 2015年でキャンペーンの反応から潜在顧客を作成する方法に関する情報が保持されません。
  • 入力必須のフィールドでビジネス ・ プロセスの次のステージに進むことができません。
  • ふりがなフィールドのカスタマイズのフォームが正しく表示されないと、レコードの保存中にエラーが発生します。
  • 高度な検索、その他の参照を選択する利用可能な演算子は以下があるいくつかのルックアップ フィールドです。
  • CRM 2015 組織 PT BR または ES の基本言語では、ユーザーは次のエンティティの集計フィールドの条件を定義すること: 営業案件の製品、製品の注文、見積もりの製品、または請求書の製品の提案製品エンティティのビジネス ルールの条件を定義するのには同じエラーが発生します。
  • CRM 2015 から送信された電子メールのヘッダーがエンコードされていません。
  • カスタム サブグリッドでアクセスのチーム テンプレートを変更できません。
  • カスタム フィールドは、フォーム上で複数のフィールドを配置するときに無効になってを取得します。
  • エクスポートしたソリューションには、不要なタグが含まれています。
  • Iframe、Web リソースなどの複数行形式のコントロールをフォームに追加することは反映されませんの行の高さを既定以外の数値表示が既定で折りたたまれている場合。
  • ドリルの後をグラフの [ホーム] ボタンをクリックするとは、負荷の状態から抜け出せなくなります。
  • 2 バイト文字が含まれている場合、書き出されたファイル名の長さが変更されます。
  • すべての日の予定に、不適切な期間が表示されています。Web クライアントに DST は終日の予定を作成する場合、予定が正しく表示されない期間 2 日で「モバイル クライアントにします。モバイル クライアントで、DST 終日の予定を作成する場合、予定が正しく表示されない期間 2 日間で web クライアントにします。
  • Onload のスクリプトは、PreSearch フィルターでは動作しませんでモバイル アプリケーションをタブレットします。
  • 監査のサポート案件の終了は追跡されません後受給エンティティ内の remainingterrms フィールドの変更。
  • ユーザー レベルのアクセス許可を割り当てるには、ユーザーを割り当てるときにエラーをスローするレコードを割り当てることです。
  • クロムのブラウザーを使用してメモを入力し、タイトルが数字で終わる場合、ノートのタイトルは、現在の日時に変更されます。
  • Dynamics GP と共有の SQL インスタンスに Dynamics CRM をインストールできません。
  • UI 言語が英語に設定されていて、日本語の連絡先で [終了] ボタンが表示されます。
  • 活動の種類が原因で SQL エラーを降順に並べ替えを表示します。
  • クイック検索のビューの定義は、適切とは見なされません。簡易検索ビュー] で定義されている列に表示される結果セットの使用の操作を行います。
  • アクティビティを追加すると、営業案件、見積もり、受注または請求サブグリッドから、JavaScript エラーが表示されます: 'エンティティ' が定義されていないか null 参照のプロパティを取得できません。
  • エラーが発生した SharePoint ドキュメント管理でポップアップに関するマイクロソフトのエッジまたは Google のクロムを使用する場合、ポップアップ ブロック機能が無効になっていてもです。
  • CRM の管理パックのバージョン 7.0.0.0 では、CRM サーバーに追加のサーバーを検出します。
  • ソリューションのインポート後は、ワークフローには、オプション セット フィールドがフォームに表示されないことに関する内容が失われます。
  • ナビゲーション バーは、main.aspx のクエリ文字列にパラメーターが追加されたときに読み込まれません。
  • 組織の統計情報は、ここで OrgDBOrgSettigs で UEIP 無効なクライアントの設定を基に組織レベルで検証されます。
  • CRM2015 から送信された電子メールのヘッダーがエンコードされていません
  • 多くの行のフィルターの条件のレポート フィルター ページのレポートの実行] ボタンが失われることの原因します。
  • Outlook クライアントは、資格情報がキャッシュされている場合、ネットワーク パスワードの変更後の作業を停止します。
  • CRM Online の新しいライセンスを付与されたユーザーを追加すると、それらのユーザーは作成されません。
  • 非同期サービスは、非同期サービスの再起動を必要とする処理のジョブを停止します。
  • 英語以外の地域の設定が正しくない時間を示す場合の SLA のタイマー
  • 「'Get_editElement' のプロパティを取得できません」が表示されるエラーが発生する SDK の clearOptions メソッドを使用することがあります。
  • 割り当てのユーザーにはユーザー レベルのアクセス許可を割り当てるときにエラーをスローするレコードを割り当てることです。

修正プログラムおよび更新を有効にするまたは手動で構成する必要があります。

Microsoft Dynamics CRM 2015年が含まれていない修正プログラムまたは更新プログラムを手動で構成する必要があるは、0.2 を更新します。

この資料で説明するサード・パーティ製品は、マイクロソフトとは無関係の企業による製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる保証も行いません。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3075889 - 最終更新日: 01/11/2016 16:55:00 - リビジョン: 7.0

Microsoft Dynamics CRM 2015

  • kbqfe kbsurveynew kbmt KB3075889 KbMtja
フィードバック