FIX は BizTalk Server でカスタマイズしたエンベロープ スキーマを展開した後 RosettaNet のホーム ネットワークおよびパートナーの組織を開くことができません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3080109
現象
BizTalk Server では、サービス (エンベロープ) スキーマの ID フィールドの列挙をカスタマイズできます。これにより、エンベロープの送信者または受信者 ID フィールドに受信または標準以外の値 (x12 または EDIFACT の標準化団体が定義されている値のセット) の範囲外のインターチェンジを送信するができます。アグリーメントのプロパティの定義のヘッダー値のドロップダウン リストで使用可能な修飾子を変更することもできます。

配置変更エンベロープ スキーマは、すべての関係者に適用されます。変更は、RosettaNet のホーム ネットワークおよびパートナーの組織にも影響を与えます。カスタム エンベロープ スキーマが配置されると、ロゼッタの管理コンソールで家庭やパートナーの組織を開くことができなくします。さらに、次のようなエラー メッセージが表示されます。

'System.DBNull' 型 'System.String' の型のオブジェクトにキャストできません。
解決方法

累積的な更新情報

この問題は、BizTalk Server の次の累積的な更新プログラムで最初に修正されました。注: <b>この問題は、新しいパートナー id と契約書作成のために固定されています。既存のパーティまたは x12 または EDIFACT スキーマの拡張機能によって配置されたカスタム id の修飾子を使用して作成された契約書は修正されません。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

サードパーティ情報の免責事項

この資料で説明するサード・パーティ製品は、マイクロソフトとは無関係の企業による製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる保証も行いません。

詳細
詳細についてを参照してください。 エンベロープ スキーマでの列挙をカスタマイズします。.
関連情報
BizTalk Server のサービス パックと累積的な更新プログラムの一覧については、次を参照してください。 KB 2555976: サービス パックと BizTalk Server の累積的な更新の一覧.

BizTalk Server の修正プログラムの詳細については、次を参照してください。 BizTalk の修正プログラムと累積的な更新プログラムのサポートについては KB 2003907。.

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3080109 - 最終更新日: 10/10/2015 21:40:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft BizTalk Server Branch 2010, Microsoft BizTalk Server Developer 2010, Microsoft BizTalk Server Enterprise 2010, Microsoft BizTalk Server Standard 2010, Microsoft BizTalk Server 2013 Branch, Microsoft BizTalk Server 2013 Developer, Microsoft BizTalk Server 2013 Enterprise, Microsoft BizTalk Server 2013 Standard

  • kbqfe kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbfix kbmt KB3080109 KbMtja
フィードバック