現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

サービス インスタンスまたは更新プログラムのロールアップ 7 で、システム センター 2012 R2 で VM の役割を持つ孤立した仮想マシンを関連付ける方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3083085
場合は、Virtual Machine Manager (VMM) 環境で Microsoft システム センター 2012 R2 の更新プログラムのロールアップ 7年またはそれ以降のバージョンがある、ここで関連付けを変更できる、孤立した仮想マシンのサービスまたは VM の役割を持つホスト サーバーは、VMM に recommissioned 後。ホストを追加または削除のサイクル サービスまたは VM ロールの仮想マシンが実行中に孤立した場合に便利です。サービスと VM の役割の回復とバックアップのシナリオを実装するために便利です。

いた問題ですか。

  • 場合によっては、ホストまたはクラスターは、VMM から解除でき、復元する必要があります。このようなホストまたはクラスターには、任意のサービスまたは VM の役割の一部の仮想マシンがホストされているが場合、VMM 管理者はサービスまたは VM のそれぞれの役割に仮想マシンを再び関連付けます。 の UR7 の前にオプションはありませんでした。
  • プライマリ ・ サイトがダウンした場合、サイトのリカバリ ・ サービスが使用する場合は、セカンダリ サイトで仮想マシンがリカバリされます。サービス テンプレートは、セカンダリ サイトで使用可能になり後、ことができませんでした以前に新しく配置されたサービス インスタンスに復元された仮想マシンを関連付けます。
仮想マシンを関連付ける方法をか。
次のコマンドレットを使用すると、ここでそのサービスまたは VM ロールの仮想マシンの関連付けを変更できます。

パラメーターの設定: サービス
結合 SCVirtualMachine [– VM] <VM></VM> -ComputerTier <ComputerTier></ComputerTier> [<CommonParameters></CommonParameters>]

VM の役割のパラメーターを設定します。

結合 SCVirtualMachine [– VM] <VM></VM> -VMRole <CloudVMRole></CloudVMRole> [<CommonParameters></CommonParameters>]
このコマンドレットでは、VMM の再関連付けタスクを実行します。このタスクでは、一連のサービス テンプレートを使用して仮想マシンの互換性の確認に役立つ検証を実行します。[ ここで 妥当性検査の一覧を表示します。

パラメーターの詳細

-VM<VM></VM>
このパラメーターは、サービスまたは VM の役割を結合する必要がある孤立した仮想マシンを示します。

エイリアス なし
必要ですか。 場合は true。
位置でしょうか。 1
既定値 なし
パイプラインの入力をそのまま使用しますか。 真 (ByValue)
ワイルドカード文字を使用しますか。 False
-ComputerTier<ComputerTier></ComputerTier>
このパラメーターを使用すると、仮想マシンの参加しているサービス インスタンスのコンピューターの階層を指定します。
エイリアス なし
必要ですか。 場合は true。
位置でしょうか。 という名前
既定値 なし
パイプラインの入力をそのまま使用しますか。 False
ワイルドカード文字を使用しますか。 False
-VMRole<CloudVMRole></CloudVMRole>
このパラメーターを使用すると、仮想マシンを結合する必要がある VM の役割を指定します。
エイリアス なし
必要ですか。 場合は true。
位置でしょうか。 という名前
既定値 なし
パイプラインの入力をそのまま使用しますか。 False
ワイルドカード文字を使用しますか。 False

例 1:、サービス層に、孤立した仮想マシンが参加します。

$vm = get SCVirtualMachine: 名前「PS-Web-001」
$ct = get SCComputerTier –"MyService WebTier"という名前を
結合 SCVirtualMachine – VM $vm – ComputerTier $ ct

例 2: 孤立した、仮想マシンを VMRole に参加します。

$vm = get SCVirtualMachine: 名前「PS-Web-001」
$vmRole = get CloudResource – 名前「PetShop」
結合 SCVirtualMachine – VM $vm – VMRole $vmRole

スクリーン ショット

次のスクリーン ショットは、この機能が導入される前に、VMM の動作を示します。VMM で[サービス] ペインでは、サービス インスタンスの仮想マシンが存在しないことを示しています。



次のスクリーン ショットは、仮想マシンは、サービス インスタンスを再度関連付ける後の動作を示しています。



仮想マシンを関連付ける前に作成の前提条件

  • 仮想マシンが実行されていると、すべてのゲストのアプリケーションとサービスが実行されているがそのままの状態と見なされます。
  • 仮想マシンが参加しているコンピューターの層は、そのインスタンスの最大数未満で実行しなければなりません。結合操作のドメインのアップグレードには、スケール アウトが似ています。
  • 仮想マシンを再び関連付けられます。 は、サービスまたは VM の役割の展開の一部であった最初 1 つである必要があります。その必要があります変更できませんこのような形で VMM の検証チェックが失敗すること。(チェックの完全なリストについて [リストの妥当性検査] のセクションを参照してください)。
警告

ロード バランサーを使用しているサービスまたは VM の役割に仮想マシンを結合することはサポートされていません。ユーザーが、ロード バランサーの設定を構成する必要がある場合は、仮想マシンをこのようなサービスまたは VM ロールに参加しようとすると、手動でします。

妥当性検査の一覧
サービス テンプレートを使用して仮想マシンの互換性を確認するのには、実行する検証チェックの一覧を次に示します。

仮想マシンおよび ComputerTier の状態

仮想マシンには、実行中の状態にして、コンピューター層に配置された状態であることは。また、ため、この操作に似ています、スケール アウトが、層の仮想マシンの合計数を超えない最大の制限。

  • 仮想マシンが実行状態でするかどうかを確認します。
  • 仮想マシンがコンピューター層に関連付けられているかどうかを確認します。
  • コンピューター層が展開済みの状態であるかどうかを確認します。
  • 層の VMInstanceCount の値は、最大値より小さいかどうかを確認してください。
仮想マシンのスコープを確認します。

雲や、HostGroup では、サービスを展開できます。仮想マシンは、クラウド サービスを配置する HostGroup の範囲でなければなりません。
  • 仮想マシンは、サービス インスタンスのスコープ内であるかどうかを確認してください。
  • 仮想マシンの所有者は、サービス インスタンスの所有者と同じかどうかを確認してください。
  • 仮想マシンの UserRole がサービスのインスタンスと同じかどうかを確認します。
ネットワークの確認

仮想マシンのネットワークと仮想マシンに予想される IP アドレスの種類には、基本的な最低限のチェックが実行されます。
  • 仮想ネットワーク インターフェイス カード (vNIC) は、仮想ネットワーク アダプターが仮想マシンのネットワークに一致する仮想マシンを使用する場合は、テンプレートで定義されているすべてのネットワーク アダプターを確認します。
  • IP アドレスの種類を確認してください。
ゲスト エージェントの状態を確認します。

コンピューター層の仮想マシン テンプレートは、仮想マシンに存在しているゲストのエージェントを必要とする場合は、次のチェックが行われます。
  • 仮想マシンにインストールされているゲストのエージェントがあることを確認します。
  • ゲスト エージェント (ハートビート) の応答があるかどうかを確認してください。
  • ゲスト エージェントのバージョンを確認します。
コンピューター層には、それに関連付けられている LBVips (ロード バランサーの Vip 層コンピューターのインスタンスのカウントがゼロ (0) 場合、このコマンドレットはこのような階層に仮想マシンを関連付けるには使用できません。

LBVips を持つコンピューター層、関連付けられている仮想マシンは、階層の最初の仮想マシンをすることはできません。スケール アウトは、その階層を取得する既存のバーチャル マシンが 1 つ以上が必要です。このような場合は、ことをスケール アウト、層を 1 つ以上の仮想マシンにお勧めします。層いない可能性があります、NLB ノードの NLB クラスターに影響を与える問題を回避するこれを行うし、最終的に失敗した VIP メンバーを追加しようとしました。

プロパティ

文書番号:3083085 - 最終更新日: 07/31/2015 07:29:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft System Center 2012 R2 Virtual Machine Manager

  • kbsurveynew kbinfo kbhowto kbmt KB3083085 KbMtja
フィードバック
pt>