Windows 8.1 から Windows 10 にアップグレードした後、ワイヤレス ネットワークを利用できない

概要
Windows 8.1 から Windows 10 にアップグレードした後、利用可能なワイヤレス ネットワークの一覧に何も表示されません。この場合でも、ワイヤレス ネットワーク アダプターは正常に動作しているように見えることがあります。コンピューターを再起動したり、ワイヤレス ネットワーク アダプターのドライバーを再インストールしようとしても、この問題を解決できません。

この問題によって、有線の Ethernet 接続も正常に動作しなくなることがあります。その結果、組み込みの Ethernet アダプターや USB Ethernet アダプターのいずれかを介して確立された接続にも影響を与えることになります。

注: この問題には、複数の原因が考えられます。この記事では、既知の問題と適切な解決策の一覧を示します。
既知の問題

問題 1:サポートされていない VPN ソフトウェア

現象

Windows 10 へのアップグレード中に、サポートされていない VPN ソフトウェアが存在している。

原因

これは、Windows 8.1 にインストールされていた以前のバージョンの VPN ソフトウェア が、Windows 10 へのアップグレード時にも存在している場合に起こります。以前のバージョンのソフトウェアには、正常にアップグレードされないフィルター ドライバー (Deterministic Network Enhancer) が含まれています。

解決方法

この問題を解決するには、以下の手順を実行します。

  1. 管理コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。
  2. 以下のコマンドを実行します。
    reg delete HKCR\CLSID\{988248f3-a1ad-49bf-9170-676cbbc36ba3} /fnetcfg -v -u dni_dne

詳細情報

この問題は、以前のバージョンの Cisco VPN クライアントと SonicWall Global VPN クライアントが使用されているときに発生することが報告されています。VPN の製造元に問い合わせて、Windows 10 での使用がサポートされるソフトウェアを入手してください。
サードパーティの情報に関する免責事項
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3084164 - 最終更新日: 08/07/2015 13:11:00 - リビジョン: 1.0

Windows 10 Pro, released in July 2015, Windows 10 Enterprise, released in July 2015, Surface Pro 3, Surface Pro 2, Surface Pro, Surface 3

  • KB3084164
フィードバック