[MS15-097] Microsoft Graphics コンポーネントの脆弱性により、リモートでコードが実行される (2015 年 9 月 8 日)

概要
このセキュリティ更新プログラムは、Windows、Microsoft Office、および Microsoft Lync の脆弱性を解決します。これらの脆弱性により、ユーザーが特別な細工がされた文書を開いた場合や、OpenType フォントが埋め込まれた信頼されていない Web ページを表示した場合に、リモートでコードが実行される可能性があります。

この脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-097 を参照してください。
詳細
重要
  • 今後の Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 のすべてのセキュリティ更新プログラムと通常の更新プログラムには、更新プログラム 2919355 がインストールされている必要があります。将来の更新プログラムをインストールするために、Windows RT 8.1 ベース、Windows 8.1 ベース、または Windows Server 2012 R2 ベースのコンピューターに更新プログラム 2919355 をインストールしておくことをお勧めします。
  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。
このセキュリティ更新プログラムの関連情報
以下の資料では製品バージョン別に、このセキュリティ更新プログラムに関する追加情報が掲載されています。資料には、既知の問題に関する情報が掲載されている可能性があります。
  • 2910994 [MS15-097] Skype for Business 2016 のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 9 月 30 日)
  • 3086255 [MS15-097] Windows の Graphics コンポーネントのセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 9 月 8 日)
  • 3087039 [MS15-097] Windows の Graphics コンポーネントのセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 9 月 8 日)
  • 3087135 [MS15-097] Windows Vista および Windows Server 2008 の Graphics コンポーネントのセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 9 月 8 日)
  • 3085546 [MS15-097] 2007 Microsoft Office スイート セキュリティ更新プログラムについて (2015 年 9 月 8 日)
  • 3085529 [MS15-097] Office 2010 セキュリティ更新プログラムについて (2015 年 9 月 8 日)
  • 3085500 [MS15-097] Microsoft Lync 2013 (Skype for Business) のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 9 月 8 日)

    セキュリティ更新プログラム 3085500 の既知の問題:
    3099414 Lync 2013 (Skype for Business) 用の MS15-097 をインストールした後で記録できません
  • 3081087 [MS15-097] Lync 2010 セキュリティ更新プログラムについて (2015 年 9 月 8 日)
  • 3081088 [MS15-097] Lync 2010 Attendee (ユーザーレベル インストール) のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 9 月 8 日)
  • 3081089 [MS15-097] Lync 2010 Attendee (管理者レベル インストール) のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 9 月 8 日)
  • 3081090 [MS15-097] Live Meeting Console のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 9 月 8 日)
  • 3081091 [MS15-097] Live Meeting 会議アドインのセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 9 月 8 日)
更新プログラムを入手してインストールする方法

方法 1: Windows Update

この更新プログラムは Windows Update から入手できます。自動更新を有効にすると、この更新プログラムが自動的にダウンロードされてインストールされます。自動更新を有効にする方法の詳細については、「セキュリティ更新プログラムを自動的に入手」をご覧ください。

注: Windows RT および Windows RT 8.1 の場合、この更新プログラムは、Windows Update を介してのみ利用可能です。

方法 2: Microsoft ダウンロード センター

スタンドアロンの更新プログラムパッケージを Microsoft ダウンロード センターから入手できます。ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

搭載されている Windows のバージョンに対応するマイクロソフト セキュリティ情報 MS15-097 のダウンロード リンクをクリックします。
詳細

セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

Windows Vista (すべてのエディション)

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名すべてのサポートされている 32 ビット版の Windows Vista:
Windows6.0-KB3087039-x86.msu
Windows6.0-KB3087135-x86.msu
すべてのサポートされている x64-based エディションの Windows Vista:
Windows6.0-KB3087039-x64.msu
Windows6.0-KB3087135-x64.msu
インストール スイッチサポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
削除に関する情報WUSA.exe は更新プログラムのアンインストールをサポートしていません。WUSA でインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、[コントロール パネル]、[セキュリティ] の順にクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされた更新プログラムの表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3045171 を参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows Server 2008 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名サポートされているすべての Windows Server 2008 (32 ビット):
Windows6.0-KB3087039-x86.msu
Windows6.0-KB3087135-x86.msu
サポートされているすべての Windows Server 2008 (x64 ベース):
Windows6.0-KB3087039-x64.msu
Windows6.0-KB3087135-x64.msu
サポートされているすべての Windows Server 2008 (Itanium ベース):
Windows6.0-KB3087039-ia64.msu
Windows6.0-KB3087135-ia64.msu
インストール スイッチサポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
削除に関する情報WUSA.exe は更新プログラムのアンインストールをサポートしていません。WUSA でインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、[コントロール パネル]、[セキュリティ] の順にクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされた更新プログラムの表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3045171 を参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows 7 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名サポートされているすべてのエディションの Windows 7 (32 ビット版):
Windows6.1-KB3087039-x86.msu
サポートされているすべてのエディションの Windows 7 (x64 ベース):
Windows6.1-KB3087039-x64.msu
インストール スイッチサポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
削除に関する情報WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ] の順にクリックし、[Windows Update] で [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3045171 を参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows Server 2008 R2 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名すべてのサポートされている x64-based エディションの Windows Server 2008 R2:
Windows6.1-KB3087039-x64.msu
すべてのサポートされている Itanium-based エディションの Windows Server 2008 R2:
Windows6.1-KB3087039-ia64.msu
インストール スイッチサポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
削除に関する情報WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ] の順にクリックし、[Windows Update] で [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3045171 を参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows 8 および Windows 8.1 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名サポートされているすべてのエディションの Windows 8 (32 ビット版):
Windows8-RT-KB3087039-x86.msu
サポートされているすべてのエディションの Windows 8 (x64 ベース):
Windows8-RT-KB3087039-x64.msu
サポートされているすべてのエディションの Windows 8.1 (32 ビット版):
Windows8.1-KB3087039-x86.msu
サポートされているすべてのエディションの Windows 8.1 (x64 ベース):
Windows8.1-KB3087039-x64.msu
インストール スイッチサポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
削除に関する情報WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[Windows Update] の順にクリックし、[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3045171 を参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名すべてのサポートされているエディションの Windows Server 2012:
Windows8-RT-KB3087039-x64.msu
すべてのサポートされている Windows Server 2012 R2:
Windows8.1-KB3087039-x64.msu
インストール スイッチサポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
削除に関する情報WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[Windows Update] の順にクリックし、[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3045171 を参照してください。
レジストリ キーの確認注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows RT および Windows RT 8.1 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
企業環境でのこれらの更新プログラムは Windows Update でのみ入手できます。
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
削除に関する情報[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[Windows Update] の順にクリックし、[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3045171 を参照してください。

Windows 10 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名サポートされているすべてのエディションの Windows 10 (32 ビット版):
KB3081455 -Win10-RTM-X86-TSL.msu
サポートされているすべてのエディションの Windows 10 (x64 ベース):
KB3081455 -Win10-RTM-X64-TSL.msu
インストール スイッチサポート技術情報 934307 を参照してください。
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
削除に関する情報WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ] の順にクリックし、[Windows Update] で [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3081091 を参照してください。
レジストリ キーの確認これらの更新プログラムがインストールされているかどうかを検証するためのレジストリ キーはありません。

Microsoft Office 2007 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名サポートされているすべてのエディションの Microsoft Office 2007:
ogl2007-kb3085546-fullfile-x86-glb.exe
インストール スイッチサポート技術情報 912203 を参照してください。
再起動の必要性一部のケースでは、この更新プログラムで再起動は不要です。必要なファイルが使用されている場合、この更新プログラムを適用すると再起動が必要になります。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。

再起動の必要性を下げるには、このセキュリティ更新プログラムをインストールする前に、影響を受けるファイルを使用する可能性があるすべてのサービスを停止し、すべてのアプリケーションを閉じます。再起動を促すメッセージが表示される理由の関連情報を参照するには、サポート技術情報 887012 を参照してください。
削除に関する情報コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3085546 を参照してください。
レジストリ キーの確認対象外

Microsoft Office 2010 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名すべてのサポートされているエディションの Microsoft Office 2010 (32 ビット版):
ogl2010-kb3085529-fullfile-x86-glb.exe
すべてのサポートされているエディションの Microsoft Office 2010 (64 ビット版):
ogl2010-kb3085529-fullfile-x64-glb.exe
インストール スイッチサポート技術情報 912203 を参照してください。
再起動の必要性一部のケースでは、この更新プログラムで再起動は不要です。必要なファイルが使用されている場合、この更新プログラムを適用すると再起動が必要になります。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。

再起動の必要性を下げるには、このセキュリティ更新プログラムをインストールする前に、影響を受けるファイルを使用する可能性があるすべてのサービスを停止し、すべてのアプリケーションを閉じます。再起動を促すメッセージが表示される理由の関連情報を参照するには、サポート技術情報 887012 を参照してください。
削除に関する情報コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3085529 を参照してください。
レジストリ キーの確認対象外

Microsoft Live Meeting 2007、Microsoft Lync 2010、Microsoft Lync 2010 Attendee、Microsoft Lync 2013 (Skype for Business)、Microsoft Lync Basic 2013 (Skype for Business Basic)、および Skype for Business 2016

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名Microsoft Live Meeting 2007 Console (3081090):
LMSetup.exe
Microsoft Lync 2010 (32 ビット) の場合 (3081087):
lync.msp
Microsoft Lync 2010 (64 ビット) の場合 (3081087):
lync.msp
Microsoft Lync 2010 Attendee (ユーザー レベル インストール) の場合 (3081088):
AttendeeUser.msp
Microsoft Lync 2010 Attendee (管理者レベル インストール) の場合 (3081089):
AttendeeAdmin.msp
すべてのサポートされているエディションの Microsoft Lync 2013 (Skype for Business) (32 ビット) および Microsoft Lync Basic 2013 (Skype for Business Basic) (32 ビット):
lync2013-kb3085500-fullfile-x86-glb.exe
すべてのサポートされているエディションの Microsoft Lync 2013 (Skype for Business) (64 ビット) および Microsoft Lync Basic 2013 (Skype for Business Basic) (64 ビット):
lync2013-kb3085500-fullfile-x64-glb.exe
Skype for Business 2016 (32 ビット版):
lync2016-kb2910994-fullfile-x86-glb.exe
Skype for Business 2016 (64 ビット版):
lync2016-kb2910994-fullfile-x64-glb.exe
インストール スイッチサポート技術情報 912203 を参照してください。
再起動の必要性一部のケースでは、この更新プログラムで再起動は不要です。必要なファイルが使用されている場合、この更新プログラムを適用すると再起動が必要になります。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。

再起動の必要性を下げるには、このセキュリティ更新プログラムをインストールする前に、影響を受けるファイルを使用する可能性があるすべてのサービスを停止し、すべてのアプリケーションを閉じます。再起動を促すメッセージが表示される理由の関連情報を参照するには、サポート技術情報 887012 を参照してください。
削除に関する情報コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用します。
ファイルに関する情報Microsoft Live Meeting 2007 Console:
サポート技術情報 3081090 を参照してください。
すべてのサポートされるエディションの Microsoft Lync 2010:
サポート技術情報 3081087 を参照してください。
Microsoft Lync 2010 Attendee (ユーザー レベル インストール):
サポート技術情報 3081088 を参照してください。
Microsoft Lync 2010 Attendee (管理レベル インストール):
サポート技術情報 3081089 を参照してください。
Microsoft Lync 2013 (Skype for Business) および Microsoft Lync Basic 2013 (Skype for Business Basic):
サポート技術情報 3085500 を参照してください。
Skype for Business 2016:
サポート技術情報 2910994 を参照してください。
レジストリ キーの確認Microsoft Live Meeting 2007 Console:
対象外
Microsoft Lync 2010 (32 ビット):
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Active Setup\Installed Components\{0EEB34F6-991D-4a1b-8EEB-772DA0EADB22}
Version = 7577.4478
Microsoft Lync 2010 (64 ビット):
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Active Setup\Installed Components\{0EEB34F6-991D-4a1b-8EEB-772DA0EADB22}
Version = 7577.4478
Microsoft Lync 2010 Attendee (管理レベル インストール):
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UserData\S-1-5-18\Products\94E53390F8C13794999249B19E6CFE33\InstallProperties\DisplayVersion = 4.0.7577.4478
Microsoft Lync 2010 Attendee (ユーザー レベル インストール):
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Active Setup\Installed Components\{0EEB34F6-991D-4a1b-8EEB-772DA0EADB22}
Version = 7577.4478
Microsoft Lync 2013 (Skype for Business) および Microsoft Lync Basic 2013 (Skype for Business Basic):
対象外
Skype for Business 2016:

対象外

ファイル ハッシュ情報

ファイル名SHA1 ハッシュSHA256 ハッシュ
lync.exe (x64)FF5F11E2F1ECD9847F397B08FA12CC6D09507B46F417E550187925642CE0DB5DE1ACF41B75D9C32E5386D96B0F484CD04241E547
lync.exe (x86) CA324F246939D5DCF99BC1FC0C6E8AC70D54DE2ED074B515DC43F78EC5AC42C68BAFBE0E57DFEDA48ADF7C6C725BC615D873322C
AttendeeAdmin.msp6D0A6BBD161E956C60474F7331F8DC991916D8F4DE3E353FE6A44E4CB187A2D5D954B017F7330D8B3514D13BF774D387CEF4B308
AttendeeUser.msp127B8CB80DA59F951C642A904657B13294EF47FB4BE75AFB7A64203869061F9EB8848D6985E58FDB3BF27EA101976F332CD31CD2
ConfAddins_Setup_x64.exe046CD78DB54A0C567F94550C303718EB79D8E9628092F771E27E59852A913ECEFEC4B9BABDA62D6BB96699661678749EC512770F
ConfAddins_Setup_x86.exe091C0ADFEA56715E2AD29C8EC590423F0BDCFDA4430FF247838599CBDC7215CE6AC2FD0CBDFC1D603C489C4795B0571F242B9C35
LMSetup.exe95A4736FE7B3CB59DCEEE52462E563FA049ECA1826CE4BB7F01AB938E89FE230ED2AFDA26E265360B971716E661822CAC52CD0EA
Lync_x64.mspB3158DAA903A2B2422CBDED0E362998BF5E36F0F12B86A62BF609398686A103CE297A0592EB334A6CBB6A41EC193E629DF6D68A2
Lync_x86.msp8335902DB69204BB66EB408348607EB7EC3A09E4E4BB57996C78AA02AB519D3BB85C29AC82AD79655BA71E780E6413133B171B8B
lync2013-kb3085500-fullfile-x64-glb.exeB4EAF60A666306CF800CB63502BCCB86E03896C4CDBDEF88A99D24690EFAA7DE514E5CC8D6AACFF19A08E43D6615EF92C8C0052A
lync2013-kb3085500-fullfile-x86-glb.exe9FC79523CDEB6942C14B2707A90DCD1A14774FEBBCC2B7A59C282D20A846F13A44BF01F5EC30B94BFB52CA493F29E8DA3AEAD9E1
ogl2007-kb3085546-fullfile-x86-glb.exe44A7783A16E7CF7C144D3FCCDA18985B19EF040BB851075C8951AD6F90BC43A4EE7FC0B0B9C6087D74936EE78B3F4E93CF900F6B
ogl2010-kb3085529-fullfile-x64-glb.exeD7BC27F9F6D1F2A4C13D81EAA253F2A97A1ECBF2535DE61D75A1D967EF927CA614AF48F9AB1A740E2A5E5C00791261F9ACBFDE08
ogl2010-kb3085529-fullfile-x86-glb.exe6FC8B148094DB800D3A0C97ED791D0EC5CA9EE47433D4B8E98197589330ECDBF6810520C1C627CDAF585B5563BFE25AF3397A288
Windows6.0-KB3087039-ia64.msu8F36FF2772342D8D4E14A44C1B58BE921CDCBC8C8758E713D9D514E68BF2B752A76CFD29873BE78DF927005BB3F192D123FBB8F5
Windows6.0-KB3087039-x64.msu3E8C363D5443E350175570C05CA235911C5230D6AAB19ADAF4BD94AB730ED5E43F86F412E1EE61B06762E2E3245C0D11639E552F
Windows6.0-KB3087039-x86.msu713236A1DF235EB0A293BA9909A8842CA2F79C0B85F8E4F5182D68A230CFA41BEF2751482E281A28A3EE5B4D34DBCEC07122ACE3
Windows6.0-KB3087135-ia64.msu4ADBFF498853C8D6E6AE762E111E19B3F03AE29E7873293F9ACEAC438D6F728BC5330776793D6B6A033090FA278EEC03C1E71811
Windows6.0-KB3087135-x64.msuED5D03BA983A7DB39E0CAFDDE4E534D1374C0575AD76C99F4DFE28866D70F4347C126B5B105004DA105C9B54060F8BA3DA3759D1
Windows6.0-KB3087135-x86.msuA10F423A7322C3A95DFBE6AF35AC3295B265E15BB46B26251DF06203E8B82261664512B9C14498BD41037B7B611ADD0D19DF1119
Windows6.1-KB3087039-ia64.msu7DFB1638064AA5BE66C81094F3FDFCC5234581F959AB9DA2BDECC7BF52F46BE0B62EEA41B70AFFBCFA147EC21E3B2F6158BDB161
Windows6.1-KB3087039-x64.msu84E034E020F101D36398C0AD70813BDB8FE3A84C16965BF8F99EA956E0B0D70009342F9713ADF32AAB87B97A358670C07F14EC2D
Windows6.1-KB3087039-x86.msu6B7052D39CBB7AA4CE8EB4C14D833B08080ACC150C89018F35B8DCCFE3C0F6563F82F39FA282DE96D5C4B0A75B64162F13F3053E
Windows8.1-KB3087039-arm.msu219CA9917C0BA4FD2DC5A69ADD822E872E2F296C06625E8872A438B4E6A7A944CC1E529AD080030879A102545177EF9F26A85AB9
Windows8.1-KB3087039-x64.msu4508EE0F43205300494BAFC69A1ADC472D7370CE377CD16A8376411874B4F2E1B24A38E7771C53B2C0A71514D61E25F50C48BDE6
Windows8.1-KB3087039-x86.msu9CBAA6974A4E404C235F0A7F55B80D60A38CF78CE78C18974E7EA303B4825CA24A6CDBE7D2BC06004C946915217776369D85DD6D
Windows8-RT-KB3087039-arm.msuCC0E460E4511EAA68266D9EBD7546924F2D872C5A03A3782CF6BF49629B5CFDEDFA32D2A5EAA6EDB8812899A8169665BDAEF76CA
Windows8-RT-KB3087039-x64.msuAE850C9EB9BF6306DD7941A181557E2A4B4C9BBC9F1B486D8B0B5A24FBFAC157AEE5949017F44F75FD5BB5EA16611F34EFDB09CB
Windows8-RT-KB3087039-x86.msuA1496FA1E05826E65A7C13CC95656E5E06266AFA34AD992D8304E8CC363D87EEFE775D262051E6E0A588384B22D764AE73705553

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

更新プログラムのインストールのヘルプ:Windows Update サポート ページ

IT プロフェッショナルのためのセキュリティ ソリューション:セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート:インターナショナル サポート
malicious attacker exploit
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3089656 - 最終更新日: 10/02/2015 18:28:00 - リビジョン: 3.0

Windows 10, Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Foundation, Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro, Windows 8.1, Windows RT 8.1, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 Essentials, Windows Server 2012 Foundation, Windows 8 Enterprise, Windows 8 Pro, Windows 8, Windows RT, Windows Server 2008 R2 Service Pack 1, Windows 7 Service Pack 1, Windows Server 2008 Service Pack 2, Windows Vista Service Pack 2, Microsoft Lync 2013, Microsoft Lync 2010 Attendee, Microsoft Lync 2010, Skype for Business, Microsoft Office 2010 Service Pack 2, 2007 Microsoft Office Suite Service Pack 3, Microsoft Office Enterprise 2007, Microsoft Office Enterprise 2007 Home Use Program, Microsoft Office Professional 2007, Microsoft Office Standard 2007, Microsoft Office Home and Student 2007, Microsoft Office Small Business 2007, Microsoft Office Basic 2007, Microsoft Office Live Meeting 2007

  • atdownload kbbug kbexpertiseinter kbfix kbsecbulletin kbsecurity kbsecvulnerability KB3089656
フィードバック