現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

会議代理人によって所有者の予定表が配置されている他の出席者の空き時間情報を Outlook で表示しません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:309185
現象
Microsoft Outlook または Outlook Web Access では、の代理人が会議を承諾する場合は、出席者の空き時間を表示することができない場合があります。

代理人を設定した場合会議出席依頼のコピーを受信すると、デリゲートを構成している場合デリゲートを表示またはがあるする前に、ユーザーに代わって会議出席依頼を受け入れる要求の表示、スケジュール会議アイテム] タブ会議の開催者の空き時間情報を予定表だけで表示されます。 が作成されます。情報です。空き時間情報を他の会議の受信者円記号 (\) としてに情報がないことを示すが表示されます。使用できます。またの前にある下線付きの封筒のアイコンを表示することがあります。出席者の名は、Outlook で名前が解決したことを示します。ただしは下線以外の封筒アイコンに X 印が表示することも可能性があります。それらの名前に解決しないことを示しています。 出席者の名前をOutlook では。

Outlook Web Access で、可用性タブでは、会議、ミーティングのオーナーを表示したときに表示されません。
原因
デリゲートを表示または会議所有者の代理で会議出席依頼を受け入れるとは、デリゲートの会議出席依頼が含まれている情報はすべての受信者を作成するには、必要なすべての情報はありません。他の受信者の空き時間の情報を表示するには、受信者の情報をすべての情報がする必要があります。メールを転送するアクションによって、デリゲートに送信される会議出席依頼が送信されるために発生します。メッセージが転送されると、送信者と受信者以外のすべての受信者に、受信者の情報は完全に作成されます。

メモOutlook 2007 でこの問題が発生するまたは Outlook 2010 が上司のメールボックスに、Microsoft Exchange 2007 が存在する場合に基づいて Microsoft Exchange 2010 サーバーに基づいてや Exchange 予定表アシスタントがユーザーのメールボックスがオフになっています。(、AutomateProcessingパラメーターを設定するには[なし]).値を確認するにはAutomateProcessingこのパラメーターを使用して、Exchange 管理シェルで次のコマンドを実行します。
  • Exchange 2010

    Get-CalendarProcessingmailbox_name|FL automateprocessing
  • Exchange 2007

    Get-MailboxCalendarSettingsmailbox_name|FL automateprocessing
回避策
この問題を回避する使用している Outlook のバージョンは、上司のメールボックスが存在する Exchange のバージョンによって異なります。

方法 1

このメソッドでは、以下の環境のいずれかに適用します。
  • メールボックスを Microsoft Exchange Server 2003 (または以前のバージョン) と、任意のバージョンの Outlook を使用してメールボックスにアクセスするには
  • Outlook 2003 を以前のバージョンでは、任意のバージョンの Exchange Server 上のメールボックスへの接続
すべての受信者の空き時間情報を参照するには、メールボックスの所有者が、会議出席依頼を受け入れる必要があります。また、メールボックスの権利を持つユーザー直接の所有者のメールボックスにログオンし、会議出席依頼を承諾する必要があります。

方法 2

このメソッドは次の環境に適用されます。
  • Exchange Server 2007 (またはそれ以降のバージョン) 上のメールボックスと Outlook 2007 または Outlook 2010 を使用してメールボックスにアクセスするには
この環境では、Exchange 予定表アシスタントが上司のメールボックスに対して有効であるかどうかを確認します。Exchange 予定表アシスタントは、メールボックスを有効にするには、次の Exchange のシェル コマンドを使用します。
  • Exchange 2010

    セット ・ CalendarProcessingmailbox_name–AutomateProcessing:AutoUpdate
  • Exchange 2007

    セット ・ MailboxCalendarSettingsmailbox_name-AutomateProcessing: 自動更新
状況
Microsoft この問題を記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認済みです。
空き時間します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:309185 - 最終更新日: 01/26/2011 02:28:00 - リビジョン: 1.0

  • kbview kbprb kbcalendar kbexchange2003presp2fix kbmt KB309185 KbMtja
フィードバック