System Center 2012 R2 Operations Manager 用プログラムのロールアップ 8 を更新します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3096382
はじめに
この資料では、Microsoft System Center 2012 R2 Operations Manager 用の更新プログラムのロールアップ 8 で修正される問題について説明します。さらに、この資料には、System Center 2012 R2 Operations Manager 用の更新プログラムのロールアップ 8 のインストール手順が含まれています。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

オペレーション ・ マネージャー

  • オペレーターによって開かれるときに、アラートの表示の遅いロード
    演算子は、アラートの表示を変更するときの読み込みに約 2 分間がかかるビュー。この更新プログラムのロールアップをインストールした後は、報告されたパフォーマンスの問題が eradicated します。オペレーターの役割のアラートの表示の負荷は、管理者ロールのユーザーのものとほぼ同じようになりました。
  • SCOMpercentageCPUTimeCounter.vbs が企業全体のパフォーマンスの問題を引き起こす
    正常性サービスでは、循環的な方法で各 5 ~ 6 (5-6) 分のパフォーマンスが低下が発生しました。この更新プログラムのロールアップは、この問題を解決します。
  • システム センター操作マネージャーのイベント ID 33333 のメッセージ: ステートメントは終了されました。
    この変更は、SQL Server をスローする「ステートメントは終了されました」の警告をフィルター処理します。これらの警告メッセージを処理できません。そのため、削除されます。
  • System Center 2012 R2 Operations Manager: 更新プログラムのロールアップ 3 または更新プログラムのロールアップ 4 を適用した後でエラー '0x80070057' レポート イベント 21404 が発生します。
    更新プログラムのロールアップ 3 で、デザインを変更しましたエージェントのコードでその古いものに戻るとした原因の SCOM エージェント レポート エラー '0x80070057' と一部のシナリオでとクラッシュが応答を停止する MonitoringHost.exe。この更新プログラムのロールアップは、UR3 変更をロールバックします。
  • NULL をしているイベント ハンドラーからコールバックの例外が発生したため、SDK サービスがクラッシュします。
    競合条件の特定のシナリオで接続されている管理グループ環境では、ローカル管理グループの SDK は、別の管理グループへの接続中に問題がある場合がクラッシュします。この更新プログラムのロールアップをインストールすると、ローカル管理グループの SDK はクラッシュしなくする必要があります。
  • アカウントとして実行をすぐに - 期限切れの警告が発生しない初期の段階
    RunAs アカウントの有効期限の 14 日間の警告には、SCOM コンソールに表示されませんでした。お客様は、アカウントの有効期限の前に consolethree 日以内にエラー イベントのみを受信しました。この更新プログラムのロールアップをインストールすると、顧客警告が表示されます、SCOM コンソールに、RunAs がアカウントの有効期限、およびエラー イベント 3 (3) RunAs アカウントの有効期限までの日数が表示される前に、14 日間です。
  • ネットワーク デバイスの証明
    ネットワーク デバイスの証明書の一部として、拡張の監視を使用できるようにそれらを Operations Manager で次の追加のデバイスを証明しています。
    • Cisco ASA5515
    • Cisco ASA5525
    • Cisco ASA5545
    • Cisco IPS 4345
    • Cisco ネクサス 3172PQ
    • Cisco ASA5515-ip アドレス
    • Cisco ASA5545-ip アドレス
    • F5 BIG-IP 2000 のネットワーク
    • Dell S4048
    • Dell S3048
    • Cisco ASA5515sc
    • Cisco ASA5545sc
  • APM の省略形のフランス語の翻訳は誤解を招く
    フランス語の翻訳"APM の System Center 管理サービス」は誤解を招きます。APM の省略形は、フランス語版の Microsoft System Center 2012 R2 Operations Manager に正しく変換されます。APM は「アプリケーションのパフォーマンスの監視」を意味しますが、「高度な電源の管理」として変換されますこの修正プログラムは、翻訳を修正します。
  • p_HealthServiceRouteForTaskByManagedEntityId は、System Center 2012 R2 Operations Manager で削除されたリソース プールのメンバーについては考慮しません
    顧客リソース プールを使用してプールからいくつかのサーバーを実行する場合は、いくつかのシナリオに、問題の検出タスクを起動します。この更新プログラムのロールアップをインストールした後、これらの問題は解決されます。
  • オペレーション マネージャー コンソールで管理対象サーバーのプロパティを選択すると、[コンピューターの管理] ビューで例外が発生
    オペレーション マネージャー サーバー管理されたコンピューター] で [管理者] タブで、管理サーバーの [プロパティ] ボタンをクリックすると表示、エラーが発生します。この更新プログラムのロールアップをインストールした後は、「鼓動」タブを含むダイアログ ボックスが表示されます。
  • ネットワーク探索を実行するときにデバイスのエントリを複製します。
    お客様がネットワーク デバイスを検出する検出タスクを実行するときは、代替 MAC アドレスを持つネットワーク デバイスを複製する discoveredin は、いくつかのシナリオです。この更新プログラムのロールアップをインストールした後、お客様には、環境内で検出されたデバイスが重複しては表示されません。
  • 管理ウィンドウで希望のパートナー ・ プログラム
    この更新プログラムでは、お客様のコンソールから直接認定の System Center Operations Manager パートナーのソリューションを表示することができます。お客様は、ソリューション パートナーの概要を取得しをダウンロードしてソリューションをインストールするのにはパートナーの web サイトを参照してください。

入手して、System Center 2012 R2 Operations Manager 用の更新プログラムのロールアップ 8 をインストールする方法

Operations Manager の更新プログラム パッケージは、Windows Update または Microsoft Update カタログから手動でダウンロードして利用できます。

Windows Update

入手して、Windows Update から更新プログラム パッケージをインストール、運用マネージャーのコンポーネントがインストールされているコンピューターでこれらの手順に従います。

  1. [スタート] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [コントロール パネル] には、 Windows の更新プログラムをダブルクリックします。
  3. ウィンドウで、Windows Update、 Microsoft Update から更新プログラムをオンラインの確認をクリックします。
  4. 重要な更新プログラムが利用可能なをクリックします。
  5. 、更新プログラムのロールアップ パッケージを選択し、[ OK] をクリックします。
  6. 更新プログラムをインストール更新プログラム パッケージをインストールする] をクリックします。

Microsoft 更新プログラム カタログ

この更新プログラム パッケージは、手動でダウンロードし、Microsoft Update カタログからのインストールに使用できます。

インストール手順

インストールに関する注意事項

  • この更新プログラムのロールアップ パッケージは、次の言語で利用可能な Microsoft Update からです。

    • 簡体字中国語 (CHS)
    • 日本語 (JPN)
    • フランス語 (FRA)
    • ドイツ語 (DEU)
    • ロシア (RUS)
    • イタリア語 (ITA)
    • スペイン語 (スペイン)
    • ポルトガル語 (ブラジル) (PTB)
    • 繁体字中国語 (CHT)
    • 韓国語 (KOR)
    • チェコ語 (CSY)
    • (NLD) オランダ語
    • ポーランド (POL)
    • ポルトガル語 (ポルトガル) (機関-PTG)
    • スウェーデン語 (スウェーデン語)
    • トルコ (TUR)
    • ハンガリー (HUN)
    • 英語 (英語)
    • 中国 Hong 香港 (香港)


  • いくつかのコンポーネントは複数の言語、およびこれらのコンポーネント用の更新プログラムはローカライズされません。
  • 管理者として、この更新プログラムのロールアップを実行する必要があります。
  • コンソールの更新プログラムの適用後にコンピューターを再起動したくない場合は、コンソールの役割の更新プログラムを適用する前に、コンソールを閉じます。
  • Microsoft Silverlight の新しいインスタンスを開始するに Silverlight では、ブラウザーのキャッシュをクリアして、Silverlight を再起動します。
  • システム センター 2012 R2 サーバーをインストールした直後後は、この更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールしません。それ以外の場合、正常性サービスの状態が初期化されないことができます。
  • ユーザー アカウント制御が有効な場合、ファイルを実行、.msp 更新プログラム管理者特権でコマンド プロンプトから。
  • これらのデータベースに更新プログラムを適用するには、オペレーション データベースとデータ ウェアハウスのデータベース ・ インスタンスでは、システム管理者の権限が必要です。
  • Web コンソールを有効にする修正は、%windir%\Microsoft.NET\Framework64\v2.0.50727\CONFIG\web.config ファイルに次の行を追加します。

    <machineKey validationkey="AutoGenerate,IsolateApps" decryptionkey="AutoGenerate,IsolateApps" validation="3DES" decryption="3DES"></machineKey>

    注: <b>次の資料、マイクロソフト サポート技術情報で説明したように、[ <system.web>] セクションで、この行を追加します。

    </system.web>
  • System Center 2012 R2 Operations Manager 用の更新プログラム ロールアップ 1 に記載されているコマンドのタイムアウトの問題を一括データ ウェアハウス用の修正プログラムは、レジストリ キーを追加します。このキーは、データ ウェアハウスの一括挿入コマンドのタイムアウト値 (秒単位で設定) を使用できます。次のコマンドは、データ ウェアハウスに新しいデータを挿入します。

    注: <b>既定一括挿入コマンド タイムアウトをオーバーライドする任意の管理サーバーでは、このキーを手動で追加する必要があります。

    レジストリの場所:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Microsoft Operations Manager\3.0\Data Warehouse

    DWORD 名:一括挿入コマンドのタイムアウトの秒数
    DWORD 値: 40

    注: <b>この値を秒単位で設定します。たとえば、40 秒間のタイムアウトでは、この値に設定します。 40.

サポートされているインストールの順序

一定の順序で次の手順に従って、この更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールすることをお勧めします。

  1. 次のサーバ ・ インフラストラクチャの更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールします。

    • 管理サーバーまたはサーバー
    • ゲートウェイ サーバー
    • Web コンソール サーバーの役割を持つコンピューター
    • オペレーション コンソールの役割を持つコンピューター


  2. (インストール情報を参照してください)、SQL スクリプトを適用します。
  3. 手動で管理パックをインポートします。
  4. エージェントの手動インストール、またはプッシュ オペレーション コンソールで、保留からのセットアップを表示するには、エージェントの更新プログラムを適用します。

注: <b>MG ティア接続の接続機能が有効の場合、 MG ティア接続の接続機能の最上位の層を更新してください。

オペレーション マネージャーの更新

更新プログラムのロールアップ パッケージをダウンロードして、更新プログラム ロールアップ パッケージに含まれているファイルを抽出、次の手順を実行します。

  1. コンピューターごとにマイクロソフトの更新プログラムを提供する更新プログラム パッケージをダウンロードします。マイクロソフトの更新プログラムは、各コンピューターにインストールされているコンポーネントによって適切な更新プログラムを提供します。ダウンロードしたり、 マイクロソフト ・ ダウンロード ・ カタログ.
  2. 各コンピューターに適切な MSP ファイルを適用します。

    注: <b>MSP ファイルは、更新プログラムのロールアップ パッケージに含まれます。特定のコンピューターに関連するすべての MSP ファイルを適用します。たとえば、web コンソールとコンソールの役割が管理サーバー上にインストールされている場合は、管理サーバー上の MSP ファイルを適用します。ロールごとに特定のサーバーを保持しているサーバー上の 1 つの MSP ファイルを適用します。

  3. OperationsManagerDW データベースに対してデータ ウェアハウス サーバー上のフローのデータ ウェアハウスの SQL スクリプトを実行します。

    UR_Datawarehouse.sql


    注: <b>このスクリプトは、次のパスにあります。

    R2\Operations Manager\Server\Management パックの更新プログラムのロールアップの %SystemDrive%\Program を指定して System Center 2012

  4. OperationsManagerDB データベースに対してデータベース ・ サーバ上には、次のデータベースの sql スクリプトを実行します。

    Update_rollup_mom_db.sql


  5. 以下の管理パックをインポートします。

    • Microsoft.SystemCenter.TFSWISynchronization.mpb は、次の依存関係を持ちます。

      • Microsoft.SystemCenter.AlertAttachment.mpb は、System Center オペレーション マネージャー 2012 R2 メディアからインストールする必要があります。
      • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Library.mpb


    • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Component.Library.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Library.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.Advisor.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.Advisor.Internal.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.2007.mp
    • Microsoft.SystemCenter.Advisor.Resources。LANGUAGECODE_3LTR.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.SyntheticTransactions.Library.mp
    • Microsoft.SystemCenter.OperationsManager.Library.mp
    • Microsoft.SystemCenter.OperationsManager.Internal.mp

ディスクから管理パックをインポートする方法の詳細についてを参照してください、 オペレーション マネージャーの管理パックをインポートする方法 Microsoft TechNet web サイトのトピックです。

注: <b>次のパスのサーバー コンポーネントの更新プログラムでは、管理パックが含まれています。

R2\Operations Manager\Server\Management パックの更新プログラムのロールアップの %SystemDrive%\Program Files\System センター 2012


UNIX および Linux の管理パックの更新

監視パックを更新しを UNIX および Linux オペレーティング システム用のエージェントをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. System Center 2012 R2 Operations Manager 環境に更新プログラムのロールアップ 7 を適用します。
  2. システム センター 2012 R2 の更新された管理パックは、次のマイクロソフト web サイトからダウンロードします。


  3. 管理パック ファイルを抽出する管理パックの更新プログラム パッケージをインストールします。
  4. Linux または UNIX 環境で監視しているのバージョンごとに更新された管理パックをインポートします。
  5. オペレーション コンソールの [管理] ウィンドウで、UNIX および Linux エージェントのアップグレード ウィザード] または [更新プログラム SCXAgentの Windows PowerShell コマンドレットを使用して、各エージェントを最新バージョンにアップグレードします。

アンインストール情報

更新プログラムをアンインストールするには、次のコマンドを実行します。

msiexec/アンインストール PatchCodeGuid RTMProductCodeGuid


注: <b>このコマンドで、 PatchCodeGuid 次の Guid のいずれかを示すプレース ホルダーです。

PatchCodeGUIDコンポーネントアーキテクチャ言語
{F8B891F3-6102-427C-A3F1-607196F572F7}エージェントamd64en
{E2792223-E343-4528-AE04-E1879DE7B3B5}コンソールamd64en
{9140E578-AA40-438C-920A-0C09B735B40E}Web コンソール ・amd64en
{74D53408-88F1-4465-AF0C-2640485CB52A}ゲートウェイamd64en
{B2491E23-6248-4045-9D3C-C0D18CB3E3F4}サーバーamd64en
{B1D8B0B2-8373-4D98-A864-5A3EA9F9EF52}エージェントx86en
{3998D55E-112C-4158-8B3F-1ADA405E956E}コンソールx86en
{C2381E7C-8586-4204-8288-C3B5EFC8ADF8}コンソールamd64cn
{3EB81E4D-CDA8-4ED7-9430-ED861616F806}Web コンソール ・amd64cn
{5722D1B0-5900-4E09-9D08-EF0A66178869}コンソールx86cn
{D43F958B-C55B-4612-A75F-F227C560F17A}コンソールamd64cs
{5DAF8370-0378-4CC1-A52C-B6A909C2F618}Web コンソール ・amd64cs
{3BA7C8F9-88E8-4B20-AFE0-86EE45E99ACF}コンソールx86cs
{707AE029-016B-48AD-AE2C-06F0F9B8D8A0}コンソールamd64de
{3DC8B2C5-2011-4176-AA76-407FD180C26D}Web コンソール ・amd64de
{FC17D0CC-5417-4415-9F73-F2792D2B7031}コンソールx86de
{02B8530A-C34C-4A7E-AAFD-7F080AD954C3}コンソールamd64es
{DB54E984-FC9D-4233-A20A-B866228B5E7C}Web コンソール ・amd64es
{AB67C0E6-AAFD-44F7-B884-314B435DAE9F}コンソールx86es
{454C7CB8-C238-4881-ADAA-A5A505593A4C}コンソールamd64fr
{E979F910-57CD-418C-B796-AF60CF442D1F}Web コンソール ・amd64fr
{3F12984E-CB31-4E74-BCEA-3D20F767C4B1}コンソールx86fr
{501C1461-915D-4EA1-83B2-A4C1EB5F6D1C}コンソールamd64%hu
{72B587E3-CE3C-4B03-9452-4DD62325F225}Web コンソール ・amd64%hu
{A81A1754-58FC-4425-9484-32AE8E366187}コンソールx86%hu
{6C76B77C-D9D0-4E8A-B72A-8E10029EFF9E}コンソールamd64その
{45B51EAE-D1F6-4672-82EB-09D020E38B41}Web コンソール ・amd64その
{A1BF0055-D9D1-4FE9-BEA7-C4FF1794B428}コンソールx86その
{2133708F-B7E2-4F24-AC5D-74F3E332A9C7}コンソールamd64ja
{9DDEB7CB-440E-4470-81C9-B518BE57B372}Web コンソール ・amd64ja
{A19EFA12-649C-4B31-9753-AE9419C8C517}コンソールx86ja
{10FF5DFD-BC00-400E-9510-F92E0A8F2A56}コンソールamd64ko
{2DA4CCEC-FED4-42A5-8247-124A83FB36B5}Web コンソール ・amd64ko
{77EB2B21-E959-45B9-997C-4CCB8670FDCC}コンソールx86ko
{91BA199E-4A07-4C98-B345-8D857DE1466D}コンソールamd64nl
{6CF4AD09-6D5F-42A8-9BFD-004AE64481DB}Web コンソール ・amd64nl
{B39BBF00-6716-438A-959E-DCA10FCEEBAA}コンソールx86nl
{99751571-2597-41BE-8EFC-CBD5EE61CA48}コンソールamd64pl
{06C83C5C-5122-4304-BF62-B859847809DE}Web コンソール ・amd64pl
{AD748E4D-B90D-44B6-9E2B-B11293878577}コンソールx86pl
{D915FB33-1654-48C7-86A9-9EB668BFC445}コンソールamd64pt br
{7E30A061-0E19-4CF5-B129-29956FE00134}Web コンソール ・amd64pt br
{FDF79143-5516-4EF3-9557-1C2C2498C438}コンソールx86pt br
{4693A703-BE4D-4796-AFFC-920BEE4B86DB}コンソールamd64pt pt
{4CD98779-ECAD-4B07-B0B8-9D9D6641A144}Web コンソール ・amd64pt pt
{11FCC5E8-60FA-4833-B1FE-8D6954636C6E}コンソールx86pt pt
{951767AD-3C97-4EB2-97B4-3C202AAA03CD}コンソールamd64ru
{83F43650-0804-4C05-9E40-F1102DD5E5F1}Web コンソール ・amd64ru
{D2924DD0-A01D-45A8-A752-471BF8D55A07}コンソールx86ru
{BAF50AA4-DEEE-4C90-A268-9E2217777B78}コンソールamd64sv
{FEEE6C18-7C82-4FEA-9F41-56430B5F837E}Web コンソール ・amd64sv
{4BEF4BB3-8E2D-407D-835E-4C9A983151FB}コンソールx86sv
{E624D0F4-C862-4C26-9ADB-6AB894837F97}コンソールamd64tr
{03CD618E-FA45-4EB5-A23F-927FA5B78098}Web コンソール ・amd64tr
{8ECB2EE6-D873-4128-B36A-D9E4CC5ED045}コンソールx86tr
{FCB5819D-8D1B-42FF-9837-0C3DC37691C8}コンソールamd64tw
{5CF187E6-A5E6-4CFB-8CDD-530127FB1FEB}Web コンソール ・amd64tw
{E8574713-C478-4713-8B6F-C7B8AC703A49}コンソールx86tw
{B20D9C92-9C6E-4E58-A37D-964664A3905E}コンソールamd64zh-(香港)
{C48805A1-B497-46A7-B080-A5950B87F710}Web コンソール ・amd64zh-(香港)
{F8122212-38D2-4C50-848A-BD38F8F02733}コンソールx86zh-(香港)

さらに、RTMProductCodeGuid は、次の Guid のいずれかを示すプレース ホルダーです。

コンポーネントRTMProductCodeGuid
サーバー{C92727BE-BD12-4140-96A6-276BA4F60AC1}
コンソール (AMD64){041C3416-87CE-4B02-918E-6FDC95F241D3}
コンソール (86){175B7A24-E94B-46E5-A0FD-06B78AC82D17}
Web コンソール ・ (AMD64){B9853D74-E2A7-446C-851D-5B5374671D0B}
ゲートウェイ{1D02271D-B7F5-48E8-9050-7F28D2B254BB}
SCX-ACS (AMD64){46B40E96-9631-11E2-8D42-2CE76188709B}
SCX-ACS (86){46B40E96-9631-11E2-8D42-2CE76188709B}
エージェント (AMD64){786970C5-E6F6-4A41-B238-AE25D4B91EEA}
エージェント (86){B4A63055-7BB1-439E-862C-6844CB4897DA}

この更新プログラムのロールアップで更新されたファイル

この更新プログラムのロールアップに変更されたファイルの一覧を次に示します。以前のすべての更新プログラム ロールアップがインストールされている必要はない場合、は、ここに記載されている以外のファイルも更新する場合があります。更新されるファイルの一覧については、以降、現在の更新プログラムのロールアップにリリースされたすべての更新プログラム ロールアップの「ファイルが更新のこの更新プログラムのロールアップ」セクションを参照してください。

更新されるファイルバージョンサイズ
mommodules.dll7.1.10241.02.5 MB
InterceptSvc.exe7.1.10241.0612 KB
Microsoft.EnterpriseManagement.DataAccessService.OperationsManager.dll7.1.10226.1118571 KB
MonitoringHost.exe7.1.10241.029 KB
HealthServicePerformance.dll7.1.10241.041 KB
HealthService.exe7.1.10241.025 KB
AgentConfigManager.dll7.1.10241.0132 KB
AgentControlPanel.exe7.1.10241.0724 KB
ApmConnector.dll7.1.10241.064 KB
MOMScriptAPI.dll7.1.10241.0671 KB
MOMConnector.dll7.1.10241.0687 KB
HealthService.dll7.1.10241.03.16 MB
MomIISModules.dll7.1.10241.0557 KB
NetworkDiscoveryModules.dll7.1.10226.1118385 KB
SnmpModules.dll7.1.10241.0471 KB
XmlStringToDataItemModule.dll7.1.10241.0121 KB
MOMConnectorPerformance.dll7.1.10241.032 KB
HSLockDown.exe7.1.10241.095 KB
EventCommon.dll7.1.10241.0386 KB
ServiceConnector.dll7.1.10241.0165 KB
HealthServiceRuntime.dll7.1.10241.0313 KB
MOMModules2.dll7.1.10241.0243 KB
SCOMMaintenanceMode.dll7.1.10241.072 KB
MomNetworkModules.dll7.1.10241.0765 KB
Microsoft.Mom.UI.Common.dll7.1.10226.11182.19 MB
Microsoft.EnterpriseManagement.UI.Administration.dll7.1.10226.11184.26 MB
Microsoft.EnterpriseManagement.UI.Administration.resources.dll7.1.10226.11182.41 MB
Microsoft.Mom.UI.Components.dll7.1.10226.11185.87 MB
Microsoft.EnterpriseManagement.DataAccessLayer.dll7.5.3079.5022.4 MB
ic iftable.asl7.1.10226.111821 KB
ic-ip-address.asl7.1.10226.111819 KB
oid2type_Cisco.conf7.1.10226.1118399 KB
oid2type_F5.conf7.1.10226.11188 KB
oid2type_force10.conf7.1.10226.11189 KB
Microsoft.SystemCenter.Advisor.Resources。(LANGUAGECODE_3LTR) .mpb7.1.10226.110772 KB
Microsoft.SystemCenter.Advisor.mpb7.1.10226.1118348 KB
Microsoft.SystemCenter.2007.mp7.1.10226.1118423 KB
Microsoft.SystemCenter.OperationsManager.Internal.mp7.1.10226.111871 KB
Microsoft.SystemCenter.OperationsManager.Library.mp7.1.10226.111820 KB
update_rollup_mom_db.sql7.1.10226.1118154 KB
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3096382 - 最終更新日: 10/28/2015 04:12:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft System Center 2012 R2, Microsoft System Center 2012 R2 Operations Manager

  • kbqfe kbsurveynew kbfix kbexpertiseinter atdownload kbmt KB3096382 KbMtja
フィードバック