[MS15-110] リモートでのコード実行に対処する Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (2015 年 10 月 13 日)

概要
このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Office の脆弱性を解決します。この脆弱性により、特別に細工された Office ファイルをユーザーが開いた場合にリモートでコードが実行される可能性があります。この脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-110 を参照してください。
このセキュリティ更新プログラムの関連情報
以下の資料には、各製品のバージョンに関連付けられているこのセキュリティ更新プログラムに関する追加情報が掲載されています。資料には、既知の問題に関する情報が掲載されている可能性があります。

このセキュリティ更新プログラムに含まれるセキュリティ関連以外の修正プログラム

  • 正確な意味を確実に表すようにいくつかの単語が複数の言語に翻訳されました。
  • この更新プログラムを適用すると、UNC 共有フォルダーから読み取り専用ファイルを開く、電子メールの添付ファイルとしてブックを送信する、および共有ブックを操作するなどの機能に対する、一時ファイル名の生成方法が変更されます。これにより、多くの一時ファイルが作成されて開かれるときに正しい操作が確実に実行されるようになります。
  • この更新プログラムを適用すると、次のセキュリティ以外の問題が修正されます。
    • サイト フィード Web パーツが含まれるテンプレートを使用して SharePoint サイトを作成した場合、次の問題が発生します。
      • サイト フィード Web パーツへの投稿が検索結果に表示されません。
      • 投稿内のテキストを検索した場合、結果が会話として表示されません。
      • 投稿にハッシュ タグが含まれている場合、タグがトレンド タグでカウントされず、ハッシュ タグのプロファイルページに投稿が表示されません。
    • コミュニティ サイト機能が有効になっているサイト テンプレートが基になっているサイトを作成した場合、コミュニティが表示されず、次のエラー メッセージが表示されます。
      この処理を完了できません。もう一度やり直してください。
      この更新プログラムは、コミュニティ サイト機能が有効になっているサイトの、テンプレートとしてサイトを保存するオプションを無効にします。
    • ドキュメント セットに、SharePoint 整数型の共有フィールドが含まれている場合、フィールドの値は、ドキュメント セット内のドキュメントに反映されません。
    • ディスカッション リストに関するメッセージを受信するときに、投稿の作成者が表示されません。
    • CMIS フィールド内に無効な XML があるときにブラウザーの処理が正常に無視されません。
    • サイトの地域設定ロケールが en-us に設定されていない場合、サイト削除通知に誤った日付が表示されます。
    • ドキュメント セットを作成するときに、フィールド検証に失敗した場合、すべての入力したデータが失われます。
    • ソース ラベル上で機能を含むアプリが使用される場合、階層ジョブを作成するためのバリエーションが失敗するために新しいバリエーション ラベルを作成できません。
    • 特定のクロール ソース上での増分クロールが原因で、CPU 使用率が継続的に高くなり、メモリ消費量が徐々に増加します。
    • 管理されたメタデータのナビゲーションとフィルタリングを使用しているときに、メニューのアクティブな項目の周囲の光輪が切り取られ、ナビゲーション バーのセパレーターの表示幅が一定になりません。
    • レコード センター サイトの自動仕分けライブラリに移動されたドキュメント セット内のドキュメントの作成および変更の日付が誤って表示されます。
    • スペースが含まれる名前を使用してページを作成しようとすると、特殊文字は使用できないことを示すエラー メッセージが表示されます。
    • SharePoint Server 2013 検索センターの "人の検索" 結果ページで、Lync および Skype of Business の在籍状況が機能しません。
    • フィンランド語の検索センターの検索結果ページで、Word や Excel などの製品名が翻訳されます。
    • ハイブリッド クローラーの Azure プラグインの次の問題を解決しました。
      • SCS (Secure Cloud Services) に追加の情報を含むヘッダーが送信されます。
      • ステータス変更 (一時停止または再開) が原因で発生する Azure プラグインのフリーズを解決します。
      • spoindextypename 値を修正します。
    • UrlMapper.RefreshCache の例外により w3wp.exe プロセスがクラッシュすることがあります。サイトにアクセスできず、データ損失が発生します。
    • ManagedProperty.Update メソッドを使用して UseAAMMapping プロパティを更新することができません。
    • モバイル デバイス上で DocID URL を使用してドキュメントにアクセスできません。たとえば、DocID URL は次のようになります。
      https://contoso.com/_layouts/15/DocIdRedir.aspx?ID=xxxx
    • テキストが関連付けられていない画像が投稿に含まれている場合、REST クエリが失敗します。たとえば、REST クエリを送信したときに、ニュース フィードにアクセスできず、次のエラー メッセージが表示されます。
      要求の処理中にサーバーでエラーが発生しました。詳細については、サーバー ログを参照してください。
    • 招待を作成したユーザーが所有者ではなく、かつオプションのメッセージ テキスト ボックスにメッセージが入力されていない場合、ようこそメッセージがユーザーに送信されません。
    • ドキュメント セットを作成するときに、フィールド検証に失敗した場合、すべての入力したデータが失われます。
    • 公開ページの [プロパティの編集] ページで [キャンセル] を選択した後に、ページではなくドキュメント ライブラリにリダイレクトされます。
    • 特定のクロール ソース上での増分クロールが原因で、CPU 使用率が継続的に高くなり、メモリ消費量が徐々に増加します。
    • WOPI Discovery の同期タイマー ジョブが失敗した場合でも成功として表示されます。
    • SharePoint サイトにファイルをドラッグ アンド ドロップしたときに、短いアイドル時間の後に、アップロード処理がフリーズすることがあります。
    • サイト コレクションを異なる場所に復元または移動したときにサイトのロゴ画像の URL が更新されません。
    • リボン上の RichHtmlField コントロールのカスタム CSS スタイルが表示されません。
    • SharePoint Server 2010 を SharePoint Server 2013 に移行した後で、リストのワークフローにアクセスした新しいワークフローを開始したり、SharePoint Server2010 ワークフローの既存のインスタンスのステータスを確認したりすることができません。
    • アクセス許可を持っていないリストにアクセスしようとしたときには、アクセス拒否エラー メッセージが表示されることが予期されます。その代わりに、以下のエラー メッセージが表示されます。
      "ListViewWebPart" Web パーツが原因で問題が発生している可能性があります。オブジェクト参照がオブジェクトのインスタンスに設定されていません。

    • サイト コレクションを復元またはコピーした後で、ナビゲーション ノードの URL が無効になります。
    • Copy-SPSite コマンドレットを使用して新しく作成したサイト コレクションを同期した後で、OneDrive for Business を使用して古いサイト コレクションを同期することができません。

      注: この問題を解決するには、次の更新プログラムも適用する必要があります。OneDrive for Business の更新プログラム KB2889931 (2014 年 9 月 16 日).
    • SharePoint Server 2013 サイトでリスト項目にファイルを添付できません。操作が失敗し、パスに無効な文字が含まれていることを示すメッセージが表示されます。
    • Excel 2010 でワークシートから別のワークシートにグラフを移動した後に、代替のタイトルと説明が空白になります。
    • ローカル ファイルが SharePoint に公開された場合、Visio 2010 で作成されたそのローカル ファイルへのハイパーリンクが機能しません。
詳細

セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

2007 Microsoft Office システム (すべてエディション) およびその他ソフトウェア

参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名Excel 2007 Service Pack 3:
excel2007-kb3085615-fullfile-x86-glb.exe
Visio 2007 Service Pack 3:
visio2007-kb3085542-fullfile-x86-glb.exe
Microsoft Excel Viewer:
xlview2007-kb3085619-fullfile-x86-glb.exe
Microsoft Office 互換機能パック
xlconv2007-kb3085618-fullfile-x86-glb.exe
インストール スイッチマイクロソフト サポート技術情報 912203 を参照してください。
再起動の必要性この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用されている場合、この更新プログラムを適用すると再起動が必要になります。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を小さくするには、セキュリティ更新プログラムをインストールする前に、影響を受けるすべてのサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用する可能性があるすべてのアプリケーションを閉じます。再起動が必要となる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 887012 を参照してください。
削除に関する情報コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用します。
ファイルに関する情報マイクロソフト サポート技術情報 3085615 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3085542 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3085619 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3085618 を参照してください。
レジストリ キーの確認対象外

Microsoft Office 2010 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名Microsoft Excel 2010 Service Pack 2 (32 ビット版)
excel2010-kb3085609-fullfile-x86-glb.exe
Microsoft Excel 2010 Service Pack 2 (64 ビット版)
excel2010-kb3085609-fullfile-x64-glb.exe
Microsoft Visio 2010 Service Pack 2 (32 ビット版):
visio2010-kb3085514-fullfile-x86-glb.exe
Microsoft Visio 2010 Service Pack 2 (64 ビット版):
visio2010-kb3085514-fullfile-x64-glb.exe
インストール スイッチマイクロソフト サポート技術情報 912203 を参照してください。
再起動の必要性この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用されている場合、この更新プログラムを適用すると再起動が必要になります。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を小さくするには、セキュリティ更新プログラムをインストールする前に、影響を受けるすべてのサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用する可能性があるすべてのアプリケーションを閉じます。再起動が必要となる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 887012 を参照してください。
削除に関する情報コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用します。
ファイルに関する情報マイクロソフト サポート技術情報 3085609 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3085514 を参照してください。
レジストリ キーの確認対象外

Microsoft Office 2013 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名すべてのサポートされているエディションの Microsoft Excel 2013 (32 ビット版):
excel2013-kb3085583-fullfile-x86-glb.exe
サポートされているエディションの Microsoft Office 2013 (64 ビット版):
excel2013-kb3085583-fullfile-x64-glb.exe
インストール スイッチマイクロソフト サポート技術情報 912203 を参照してください。
再起動の必要性この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用されている場合、この更新プログラムを適用すると再起動が必要になります。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を小さくするには、セキュリティ更新プログラムをインストールする前に、影響を受けるすべてのサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用する可能性があるすべてのアプリケーションを閉じます。再起動が必要となる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 887012 を参照してください。
削除に関する情報コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用します。
ファイルに関する情報マイクロソフト サポート技術情報 3085583 を参照してください。
レジストリ キーの確認対象外

Microsoft Office 2013 RT (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
デプロイMicrosoft Excel 2013 RT の更新プログラム 3085583 は、Windows Update を介して利用可能です。
再起動の必要性この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用されている場合、この更新プログラムを適用すると再起動が必要になります。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を小さくするには、セキュリティ更新プログラムをインストールする前に、影響を受けるすべてのサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用する可能性があるすべてのアプリケーションを閉じます。再起動が必要となる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 887012 を参照してください。
削除に関する情報[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[Windows Update] の順にクリックします。[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報マイクロソフト サポート技術情報 3085583 を参照してください。

Microsoft Office 2016 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名すべてのサポートされているエディションの Microsoft Excel 2016 (32 ビット版):
excel2016-kb2920693-fullfile-x86-glb.exe
すべてのサポートされているエディションの Microsoft Excel 2016 (64 ビット版):
excel2016-kb2920693-fullfile-x64-glb.exe
インストール スイッチマイクロソフト サポート技術情報 912203 を参照してください。
再起動の必要性この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用されている場合、この更新プログラムを適用すると再起動が必要になります。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を小さくするには、セキュリティ更新プログラムをインストールする前に、影響を受けるすべてのサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用する可能性があるすべてのアプリケーションを閉じます。再起動が必要となる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 887012 を参照してください。
削除に関する情報コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用します。
ファイルに関する情報マイクロソフト サポート技術情報 2920693 を参照してください。
レジストリ キーの確認対象外

Office for Mac 2011

必要条件

  • Intel のプロセッサの Mac OS X version 10.5.8 またはそれ以降のバージョン
  • Mac OS X のユーザー アカウントには、このセキュリティ更新プログラムをインストールするための管理者権限が必要です。
アップデーターのインストール

Microsoft ダウンロード センターから Microsoft Office for Mac 2011 14.5.7 用の更新プログラムの適切な言語バージョンをダウンロードし、インストールします。
  1. インストールの妨げになる可能性があるため、ウイルス対策アプリケーション、すべてのマイクロソフトの Office アプリケーションを含むすべてのアプリケーションを閉じます。
  2. デスクトップの Microsoft Office for Mac 2011 14.5.7 Update ボリュームを開きます。この手順は、既に実行されている場合があります。
  3. 更新プロセスを開始するには、Microsoft Office for Mac 2011 14.5.7 Update ボリュームのウィンドウで、Microsoft Office for Mac 2011 14.5.7 Update アプリケーションをダブルクリックして、画面の指示に従ってください。
  4. インストールが正常に終了すると、ハード ディスクから更新プログラムのインストーラーを削除することができます。インストールが正常に終了したことを確認するためには、「更新プログラムが正しくインストールされたかどうかを確認する方法」セクションを参照してください。更新プログラムのインストーラーを削除するためには、まず Microsoft Office for Mac 2011 14.5.7 ボリュームを [ゴミ箱] にドラッグし、次にダウンロードしたファイルを [ゴミ箱] にドラッグします。

更新プログラムが正しくインストールされたかどうかを確認する方法

影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムがインストールされているかどうかを確認するには、次の手順を実行します。
  1. [ファインダー]で Application Folderに移動します (Microsoft Office 2011)。
  2. Word、Excel、PowerPoint、または Outlook を選択して、アプリケーションを起動します。
  3. アプリケーションのメニューで、[About Application_Name]をクリックします (Application_Name は、Word、Excel、PowerPoint または Outlook です)。最新の更新プログラムのバージョン番号が 14.5.7 であれば、この更新プログラムは正常にインストールされています。

再起動の必要性

この更新プログラムをインストールする際にコンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムの削除

このセキュリティ更新プログラムはアンインストールできません。

関連情報

この更新プログラムのダウンロードまたは使用における技術的な質問や問題については、Microsoft Office:mac サポートで、利用可能なサポート オプションを参照してください。

Office 2016 for Mac の必要条件
  • Intel のプロセッサの Mac OS X Yosemite 10.10 またはそれ以降のバージョン。
  • 有効な Microsoft Office 365 サブスクリプション。
アップデーターのインストール

Microsoft ダウンロード センターから Microsoft Office 2016 for Mac 15.15.0 用の更新プログラムの適切な言語バージョンをダウンロードし、インストールします。

  1. インストールの妨げになる可能性があるため、ウイルス対策アプリケーション、すべてのマイクロソフトの Office アプリケーションを含むすべてのアプリケーションを閉じます。
  2. デスクトップの Microsoft Office 2016 for Mac 15.15.0 Update ボリュームを開きます。この手順は、既に実行されている場合があります。
  3. 更新プロセスを開始するには、Microsoft Office 2016 for Mac 15.15.0 Update ボリュームのウィンドウで、Microsoft Office 2016 for Mac 15.15.0 Update アプリケーションをダブルクリックして、画面の指示に従ってください。
  4. インストールが正常に終了すると、ハード ディスクから更新プログラムのインストーラーを削除することができます。インストールが正常に終了したことを確認するためには、「更新プログラムが正しくインストールされたかどうかを確認する方法」セクションを参照してください。更新プログラムのインストーラーを削除するためには、まず Microsoft Office 2016 for Mac 15.15.0 Update ボリュームを [ゴミ箱] にドラッグし、次にダウンロードしたファイルを [ゴミ箱] にドラッグします。

更新プログラムが正しくインストールされたかどうかを確認する方法

影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムがインストールされているかどうかを確認するには、次の手順を実行します。
  1. [ファインダー]で Application Folderに移動します (Microsoft Office 2016)。
  2. Word、Excel、PowerPoint、または Outlook を選択して、アプリケーションを起動します。
  3. アプリケーションのメニューで、[About Application_Name]をクリックします (Application_Name は、Word、Excel、PowerPoint または Outlook です)。最新の更新プログラムのバージョン番号が 15.15.0 であれば、この更新プログラムは正常にインストールされています。

再起動の必要性

この更新プログラムをインストールする際にコンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムの削除

このセキュリティ更新プログラムはアンインストールできません。

詳細

この更新プログラムのダウンロードまたは使用における技術的な質問や問題については、Microsoft Office:mac サポートで、利用可能なサポート オプションを参照してください。

Microsoft Office SharePoint Server 2007 (すべてのエディション) および Windows SharePoint Services 3.0 (すべてのバージョン)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名SharePoint Server 2007 Service Pack 3 (32 ビット版)
ifswfe2007-kb2596670-fullfile-x86-glb.exe
SharePoint Server 2007 Service Pack 3 (64 ビット版)
ifswfe2007-kb2596670-fullfile-x64-glb.exe
SharePoint Server 2007 Service Pack 3 上の Excel Services (32 ビット版)
xlsrvapp2007-kb3054994-fullfile-x86-glb.exe
SharePoint Server 2007 Service Pack 3 上の Excel Services (64 ビット版)
xlsrvapp2007-kb3054994-fullfile-x64-glb.exe
インストール スイッチマイクロソフト サポート技術情報 912203 を参照してください。
再起動の必要性この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を小さくするには、セキュリティ更新プログラムをインストールする前に、影響を受けるすべてのサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用する可能性があるすべてのアプリケーションを閉じます。再起動が必要となる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 887012 を参照してください。
削除に関する情報この更新プログラムは削除することができません。
ファイルに関する情報マイクロソフト サポート技術情報 2596670 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3054994 を参照してください。
レジストリ キーの確認対象外

Microsoft SharePoint Server 2010 (すべてのエディション) および SharePoint Foundation 2010 (すべてのバージョン)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名Microsoft SharePoint Server 2010 Service Pack 2:
ifsloc2010-kb2553405-fullfile-x64-glb.exe
サポートされるエディションの Microsoft SharePoint Server 2010 Service Pack 2 上の Excel Services:
xlsrv2010-kb3085596-fullfile-x64-glb.exe
インストール スイッチマイクロソフト サポート技術情報 912203 を参照してください。
再起動の必要性この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を小さくするには、セキュリティ更新プログラムをインストールする前に、影響を受けるすべてのサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用する可能性があるすべてのアプリケーションを閉じます。再起動が必要となる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 887012 を参照してください。
削除に関する情報この更新プログラムは削除することができません。
ファイルに関する情報マイクロソフト サポート技術情報 2553405 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3085596 を参照してください。
レジストリ キーの確認対象外

Microsoft SharePoint Server 2013 (すべてのエディション) および SharePoint Foundation 2013 (すべてのバージョン)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名サポートされているエディションの Microsoft SharePoint Server 2013:
coreserverloc2013-kb3085567-fullfile-x64-glb.exe
サポートされているエディションの Microsoft SharePoint Foundation 2013:
sts2013-kb3085582-fullfile-x64-glb.exe
サポートされるエディションの Microsoft SharePoint Server 2013 上の Excel Services:
xlsrvloc2013-kb3085568-fullfile-x64-glb.exe
インストール スイッチマイクロソフト サポート技術情報 912203 を参照してください。
再起動の必要性この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を小さくするには、セキュリティ更新プログラムをインストールする前に、影響を受けるすべてのサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用する可能性があるすべてのアプリケーションを閉じます。再起動が必要となる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 887012 を参照してください。
削除に関する情報この更新プログラムは削除することができません。
ファイルに関する情報マイクロソフト サポート技術情報 3085567 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3085582 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3085568 を参照してください。
レジストリ キーの確認対象外

Microsoft Office Web Apps 2010 (すべてのバージョン)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名Microsoft Web App 2010 Service Pack 2:
wac2010-kb3085520-fullfile-x64-glb.exe
Microsoft Excel Web App 2010 Service Pack 2:
xlwac2010-kb3085595-fullfile-x64-glb.exe
インストール スイッチマイクロソフト サポート技術情報 912203 を参照してください。
再起動の必要性この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を小さくするには、セキュリティ更新プログラムをインストールする前に、影響を受けるすべてのサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用する可能性があるすべてのアプリケーションを閉じます。再起動が必要となる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 887012 を参照してください。
削除に関する情報この更新プログラムは削除することができません。
ファイルに関する情報マイクロソフト サポート技術情報 3085520 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3085595 を参照してください。
レジストリ キーの確認対象外

Microsoft Office Web Apps 2013 (すべてのバージョン)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名Microsoft Office Web Apps Server 2013 Service Pack 1:
wacserver2013-kb3085571-fullfile-x64-glb.exe 2
インストール スイッチマイクロソフト サポート技術情報 912203 を参照してください。
再起動の必要性この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を小さくするには、セキュリティ更新プログラムをインストールする前に、影響を受けるすべてのサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用する可能性があるすべてのアプリケーションを閉じます。再起動が必要となる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 887012 を参照してください。
削除に関する情報この更新プログラムは削除することができません。
ファイルに関する情報マイクロソフト サポート技術情報 3085571 を参照してください。
レジストリ キーの確認対象外

ファイル ハッシュ情報

Package NamePackage Hash SHA 1Package Hash SHA 2
coreserverloc2013-kb3085567-fullfile-x64-glb.exe5D6B0547C7E8823E0ACBEBE266D34F7844D1059B54EA4A4D2708C3A17E6FC058441E31DE4BA7E597E64008FE3B25744F43681E0B
excel2007-kb3085615-fullfile-x86-glb.exe944954A3CBA30582DD37BBD43BF0310F6387694DEAAAD9C255247B5E82B5E5779F2C569C3A995B3645BC53BC70ACC3A26BB3793D
excel2010-kb3085609-fullfile-x64-glb.exe896187F57ECA98F9135C0DED848BCC54109950B7B04F7C7E9A766A805EFE1ABF10042163A9D24B23D7FDBFD23891EAAFBA21B3DF
excel2010-kb3085609-fullfile-x86-glb.exe4D0FB46A6E8D163E207E3E9E1DB4699986B9F17E309727C148BB2FA16DF01787D7E32AD59C40FDC27D1DAEE88B176CF652BFD7EB
excel2013-kb3085583-fullfile-x64-glb.exe051F9AB96AB5AD3711E91BD0263408D76240A839CA8A87EC4F2E274E0F58BF426E25A9CAC199621C1BAE46FABD7EFCBDE918F1D0
excel2013-kb3085583-fullfile-x86-glb.exeA57E20F9C39DD594DF910E3FCDD4E1E26EEE8F18CFACDD83E9656D84009036C032AB24444AABD21581E420AF01C18E3BDD4C9AD3
excel2016-kb2920693-fullfile-x64-glb.exeB313D67952EA0191FCDF7F1F39D339558CA698BC465D7910EFBD7EC08BFCCC4AFF925778DBED21627E61B49F2196649BCCED61C0
excel2016-kb2920693-fullfile-x86-glb.exeF11BE779EFC3CC96EEB4E6A8DE180BBC8061125E1F00A556D06CFC76CB9D38D9EE1825E7342BA4F44D79FAF735562E1DE002DD54
ifsloc2010-kb2553405-fullfile-x64-glb.exe5B432F4596F1355AF74C79B2934CC5686E7D114C5D33A252DE23DA3E0FE275E146FFED3367F1DAE68CC6E3A704D3925F1F46D21A
ifswfe2007-kb2596670-fullfile-x64-glb.exeAD12BC1556F191A92D951F621941B8149825EEB2117CCB38765D7F1E30F23634CF7831164156A78488CDCF31026674133FF85C38
ifswfe2007-kb2596670-fullfile-x86-glb.exeD8958AA8C4C4369B30B8E3C137CC5449ADF7B92389871A00EC35ADB4052BDE92E9433462018F45ABF98C0067FFC2CFEAA91F6B6D
mso2007-kb3085544-fullfile-x86-glb.exe0ED79E945CC3E9A60E0BAEEE5844398DCC37C3F6BFE7946057E84295B144002B2072A7F2ADE5BA5FEF4845D7E7E869FB29A38650
sts2013-kb3085582-fullfile-x64-glb.exe8A67993C15550B3081449D867D954ABA45F3988B733E15B22F502351F60357D3DD1D286A9297EF5A2F46E2AD37CE61A29A5A9B1F
visio2007-kb3085542-fullfile-x86-glb.exeAF9BD898E6FDC45B11592D7881BC3A793A20F8245B0FACBE2AE4B9ED764007A9938285A41A226BBDFD378D8417F668F6BD8EFEE1
visio2010-kb3085514-fullfile-x64-glb.exe1067520B0EB485CDB11897C2196359A4811A56004F0F72376A2E0B2F5120A5B0472D9C1C82EB17342E46D21D90B42EA1EABBDCFE
visio2010-kb3085514-fullfile-x86-glb.exe658CD7D7D20F85479240754B0CA3F6D2EF717B7A3C93D9CD016BD1A96D10997F63F07B5189EAA6D12BF9F81451296305CB2B7796
wac2010-kb3085520-fullfile-x64-glb.exeD49F5ED2DAC7E3DD696B2232116E06E5B1D28C34F08C21AA2C0043AEADDB886F8DFF3240ABD86EF1DB1CB747540CE468A8BFA590
wacserver2013-kb3085571-fullfile-x64-glb.exeEE85C53FD94AA1885D442EEB385CF0E46C1561FA1BECE166A7A21862DECC196A0FCC428872BA6B85FE7ABB0BA4B865E921244C56
xlconv2007-kb3085618-fullfile-x86-glb.exeFBB08BC0948608B19B9B9DBE789C73EE13F2D8A1F71A504A87D5A88C6B43E1949B0C9EFBDA2E2DF6121A4F6D133BD09ECF7A81B5
xlsrv2010-kb3085596-fullfile-x64-glb.exeAAF20E08FC5B3D8C3963B65702D4A80FBAC66B62B053DA54A046D43AE35DFFA653F004FE3FC92F8AD284A14060F22A0649F4B760
xlsrvapp2007-kb3054994-fullfile-x64-glb.exe77D7B998D4B3D4D7A9B31C3085CEB9E5378200BBA6F37A8E0844063E12E15CFC360DDCDED0863DDE29123CACBC094C8CDA5C8781
xlsrvapp2007-kb3054994-fullfile-x86-glb.exe7B24F1672FD1CC18EA3AFE56DCF7EE8D763DC9C09F45D582B13D39A98327D74197B657781B2980A5A5C1BC03687FE1586272A42F
xlsrvloc2013-kb3085568-fullfile-x64-glb.exe8DACBE09802F0895F0E136775C73CAFBF895781B5161E4FEABE3727105887511AE6525EEADBCE83617922B3F1C51B5981F2A5347
xlview2007-kb3085619-fullfile-x86-glb.exe9150099055DCCC8268DE2A53441E3DCDBD94398EE133001F9E70C54653FA893D4C72D3ADFFFB823E4CCB5DACDA29327A0B31842F
xlwac2010-kb3085595-fullfile-x64-glb.exe6701AB350199A857B3D832A3F0D54FF0092DAD09D8CB5969384CBE2CB3C2CC82BF1907AEE33A1613819BF495156BCF45EE48EA9A

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

更新プログラムのインストールに関するヘルプ: Windows Update サポート ページ

IT プロフェッショナルのためのセキュリティ ソリューション:TechNet セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート:インターナショナル サポート
update security_patch security_update security bug flaw vulnerability malicious attacker exploit registry unauthenticated buffer overrun overflow specially-formed scope specially-crafted denial of service DoS TSE
プロパティ

文書番号:3096440 - 最終更新日: 10/16/2015 12:28:00 - リビジョン: 2.0

  • kbexpertiseinter kbsecurity kbsecbulletin kbsecvulnerability kbbug kbfix kbsurveynew atdownload KB3096440
フィードバック