更新プログラムのロールアップ 9 システム センター 2012 R2 の Data Protection Manager の

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3112306
はじめに
この資料では、Microsoft システム センター 2012 R2 Data Protection Manager の更新プログラムのロールアップ 9 で修正される問題について説明します。この更新プログラムのインストール手順も含まれています。

注: <b>最新のエージェントを Windows Azure の顧客に、既存の Data Protection Manager をアップグレードする必要があります (バージョン 2.0.8719.0 またはそれ以上)。最新のエージェントがインストールされていない場合は、オンライン バックアップが失敗し、Windows Azure の操作に、Data Protection Manager が動作しません。

この更新プログラムのロールアップで実装された機能

  • ファイル サーバーのバックアップの整合性チェックを必要とせずに自動的に DPM フィルターの破損を修復します。

    DPM フィルター状態になり、破損している (たとえば、運用サーバーがクラッシュするか、コンピューターを電源障害からの突然のシャット ダウンする場合など)、ファイル システム データ ソース不要になった場合は、一貫性のない状態に入ります。この更新プログラムをインストールすると、DPM は自動的に前回の同期/バックアップ ・ ジョブの失敗から 15 分以内に自動的に同期ジョブを動作させることによって、フィルターの破損を修復します。修正の同期ジョブは、整合性チェックのジョブよりもはるかに高速です。新しいスケジュールされた同期ジョブを使用して Windows の USN ジャーナルを検出するのにはファイルが最後に成功した同期から変更します。この例では、保護されたすべてのファイルを比較する代わりに、フィルターを再構築のみに変更されたファイルのブロックごとの比較を実行します。

    次の結果は、内部テストに基づいて、大量の自動修復の同期ジョブに必要な時間を表示します。時間は、どの程度チャーンが発生し、ネットワーク帯域幅の量は、使用によって異なります。

    ファイル サーバーの構成3 GB の RAM と 1 の Intel Xeon CPU (2.67 GHz) とスタンドアロンのファイル サーバー
    ネットワークの構成高速 12.5 MBps のイーサネット カードの速度 10 Gbps。 最大データ転送

    セットアップ 1

    保護されるボリュームのサイズ60 個のファイルで 2 TB のボリューム
    コード チャーンの毎日ファイル数が非常に少ない (チャーンはほとんどありません) を変更する静的なファイル ・ サーバ
    新しい更新プログラムでビットマップを修復するのにかかった時間26 秒

    セットアップ 2

    保護されるボリュームのサイズ80 個のファイルで 2 TB のボリューム
    テストのセットアップの毎日のチャーン 約 40 GB のデータ チャーン (40,000 のファイルをランダムに churned) で毎日チャーンを 2% です。
    新しい更新プログラムでビットマップを修復するのにかかった時間2.5 時間 (40 GB のネットワーク転送の所要時間の大部分)


    注:

    • いくつかコーナーのシナリオ (たとえば、USN ジャーナル ラップ)、DPM はレプリカを不整合としてまだをマークします。このような場合は、完全な整合性チェックは必要があり、保護されたすべてのファイルのチェックサムを完全にブロックごとの比較を実行することで以前の動作をトリガーします。整合性チェックは、ユーザー、または保護グループの設定によって、スケジュールされた整合性チェックを手動で実行できます。
    • 修正プログラムは、ファイル ・ サーバ、その他の DPM ワークロードにのみに適用されます。


  • 運用サーバーを再起動する必要はありません DPM 2012 R2 の更新プログラム ロールアップ 6年またはそれ以降のバージョンからアップグレードする場合

    DPM エージェントをアップグレードすると、実稼働サーバーの再起動を避けるために DPM アーキテクチャの広範な審査を実行してきました。エージェントの更新プログラムがフラグを設定する再開のため、いくつかの場合がありましたし、これらはこれで固定します。したがって、既に DPM 2012 R2 の更新プログラム ロールアップ 6年またはそれ以降のバージョンにアップグレードした場合は発生しません、再起動この更新プログラムをアップグレードする場合。

  • DPM の UI での HYPER-V VM 名からオフライン/オンラインのタグを削除します。

    DPM は HYPER-V 仮想マシンの VM の名前をオフラインまたはオンラインのタグを表示するために使用します。これは、意図的に VM のバックアップ中に一時停止されたかどうかまたはオンラインでは常にユーザーに通知することでした。ただし、この現象は、タグが静的と最初の照会中に決定され、後で更新されていないことがあるため、お客様の混乱を招くでした。さらに、2012 R2 の HYPER-V の Vm しない間は中断されます記載されている Hyper-v の仕様変更によりバックアップ ここで.

    オフライン/オンラインのタグが削除されていると、HYPER-V の VM の名前だけを表示するようになりました。この現象は、すべて既存 PGs も新しい PGs に適用されます。

    注: <b> オフライン/オンラインの VM のタグに依存している外部のスクリプトがある場合は、更新プログラム ロールアップ 9 にアップグレードする前に、スクリプトを更新しなければなりません。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

  • インポートされたテープの場合、外部データ ソースの回復を実行して、DPM の UI がクラッシュする場合、[回復] タブで、検索を実行しようとします。
  • クラウドの保護を解除するが、クラウドの回復ポイントを保持) など、使用頻度の低い雲の保護から元の場所のリカバリを実行しようとすると、リカバリが表示される場合があります。ここでは、別の場所の復旧が動作します。
  • クライアントのデータ ソースを保護する場合は別の場所のリカバリは失敗します。元の場所の回復は、このような状況では動作します。
  • 6、7、または 8 で、DPM 2012 R2 の更新プログラムのロールアップにアップグレードした後、SharePoint のアイテム ・ レベルのリカバリは失敗します。
  • 既に、DPM を使用して、スタンドアロンの SQL データベースを保護するいるし、ミラー データベースを作成し、DPM で保護することにしようとし、DPM セルフ サービス回復ツールでは、このミラー データベースは表示されません。ただし、DPM 回復ウィザードは、ミラー データベースを示しています。
  • ログ データ ソースし、同時に、エンドユーザー回復が有効になっている場合は、BMR を構成する場合に、DPM では、次の重複するメッセージが表示されます。

    [エンドユーザー回復のためのアクセス許可を更新できませんでした。 DPM_FQDN.次の理由でアクセス許可を更新に失敗しました: (ID: 3123)
  • 出来合いの DPM レポートを開くと DPM コンソールがクラッシュする可能性があります。

既知の問題

この更新プログラムをインストールすると後、クライアントのワークロードを保護する場合に Data Protection Manager がクラッシュする可能性があります。クライアントが VPM または直接アクセス (DA) 接続を使用すると、企業ネットワーク上に配置できないときに、クライアントのバックアップがトリガーされたときにのみ、この問題が発生します。受けない、DPM サーバーによって保護されているクライアントの作業負荷がない場合。

この問題を解決するには、スクリプトを「Microsoft ダウンロード センターからダウンロードし該当の DPM サーバーの DPM 管理者の資格情報でスクリプトを実行します。


注: <b>SHA 2 のサポートが使用可能にする回避策のスクリプトをダウンロードするコンピューターのことを確認します。それ以外の場合、ダウンロードは失敗、スクリプトは、署名 sha-2 とします。

Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

入手してシステム センター 2012 R2 の Data Protection Manager の更新プログラムのロールアップ 9 をインストールする方法

ダウンロード情報

更新プログラム パッケージには、Data Protection Manager では、Microsoft update または手動でダウンロードが利用できます。

Microsoft Update
入手して、Microsoft Update から更新プログラム パッケージをインストールするには、Data Protection Manager のコンポーネントがインストールされているコンピューターには以下の手順を実行。
  1. [ 開始、] をクリックし、 コントロール パネル.
  2. [コントロール パネル] をダブルクリックします。 Windows Update.
  3. Windows Update ウィンドウで、次のようにクリックします。 オンラインの Microsoft Update から更新プログラムを確認します。.
  4. [ 重要な更新プログラムが利用可能です.
  5. 更新プログラムのロールアップ パッケージを選択し、クリックしてください [Ok].
  6. [ 更新プログラムをインストールします。 更新プログラム パッケージをインストールします。
手動で更新プログラム パッケージのダウンロード
Microsoft Update カタログから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするのには次の web サイトに移動します。


インストール手順

この更新プログラムには、Data Protection Manager をインストールするには、以下の手順を実行します。
  1. この更新プログラムをインストールする前に、Data Protection Manager のデータベースのバックアップを作成します。
  2. システム センター 2012 R2 の Data Protection Manager を実行しているサーバー上でこのプログラムのロールアップ パッケージをインストールします。これを行うには、サーバー上で Microsoft Update を実行します。
  3. Data Protection Manager 管理者コンソールで、保護エージェントを更新します。これを行うには、次の方法のいずれかを使用します。

    注: <b> この更新プログラムのロールアップのエージェントの更新では、作成または保護グループを変更するために保護されたサーバーを再起動する必要があります。

    方法 1: Data Protection Manager 管理者コンソールで保護エージェントを更新します。
    1. Data Protection Manager 管理者コンソールを開きます。
    2. をクリックします 管理 タブをクリックし、をクリックします エージェント タブします。
    3. 保護されたコンピューター ] ボックスの一覧で、コンピューターを選択し、[更新] をクリックします アクション ウィンドウです。
    4. [はい] をクリックし、[エージェントの更新] をクリックします。



    方法 2: 保護されたサーバー上の保護エージェントを更新します。
    1. システム センター 2012 R2 の Data Protection Manager サーバー上で次のディレクトリから、更新プログラム保護エージェント パッケージを入手します。

      Data_Protection_Manager_installation_location\DPM\DPM\Agents\RA\4.2.1417.0


      インストール パッケージは次のとおりです。
      • X86 ベースの更新プログラム。 i386\1033\DPMProtectionAgent_KB3112306.msp
      • X64 ベースの更新プログラム。 amd64\1033\DPMProtectionAgent_KB3112306_AMD64.msp


    2. エージェントのアーキテクチャによって、保護されたサーバーごとに適切な DPMProtectionAgent.msp パッケージを実行します。
    3. システム センター 2012 R2 の Data Protection Manager サーバーの Data Protection Manager 管理者コンソールを開きます。
    4. [管理] タブをクリックしてエージェント保護されたサーバー タブをクリックして、情報を更新し、エージェントのバージョン番号があることを確認 4.2.1417.0.


警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3112306 - 最終更新日: 02/11/2016 17:49:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft System Center 2012 R2 Data Protection Manager

  • kbqfe kbsurveynew kbfix kbexpertiseinter atdownload kbmt KB3112306 KbMtja
フィードバック