現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Office 365 専用/ITAR に Exchange とビジネス クライアント用の Lync と Skype が接続できません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3120929
現象
Microsoft Office 365 専用/ITAR、ユーザーは、以下の点で、Microsoft Lync と Skype ビジネス クライアントの 1 つ発生ことがあります。
  • 期待どおりに次のように機能を利用できません。
    • 会話の履歴を保存します。
    • プレゼンスの更新予定表の情報に基づく
    • ユーザーの連絡先カードに表示されている Office の通知を
  • ユーザーは、ユーザー名と Exchange への接続にパスワードの入力を繰り返し要求される場合があります。
さらに、次のエラー メッセージのいずれかのユーザーが表示されます。
Lync は、Exchange サーバーに接続できません。Lync は、接続を再実行しようとします。履歴、ボイス メール、Outlook に関連する機能は利用できません。
予定表および不在時の Office の情報を取得するために、Exchange Web サービスに接続できません。
Lync は、Exchange Web サービスの場所を決定するプロセスです。このプロセスには数分かかる場合があります。
Lync には、Exchange サーバーとの接続に関する問題が発生しています。Lync は完全に復元されるまで、接続を修復しようとします。接続が復元されるまで、履歴、ボイス メール、および Outlook 関連の機能が使用できない、または期限切れに可能性があります。

原因
場合にこの問題が発生または複数の次の条件に該当します。
  • Microsoft Exchange Server または Outlook との統合を無効にします。
  • Exchange の資格情報が適切ではありません。
  • Exchange Web サービス (EWS) サービスが有効になっています。
  • ファイアウォールまたはプロキシは、必要なトラフィックをブロックします。
  • Lync クライアントでは、適切な自動検出情報を識別できません。
解決方法
この問題を解決するには、以下の手順を実行します。
  1. Lync クライアントが最新の更新プログラムを持っていることを確認します。これを行うには、次を参照してください。 ビジネス用の Skype をダウンロードし、更新.
  2. Exchange または Outlook の統合のため、Lync クライアントが構成されていることを確認します。
    1. Lync クライアントの特定 >オプション>個人
    2. 個人情報マネージャーで、[ Microsoft Exchange または Microsoft Outlookが必要な機能の選択されているを確認します。

      Lync で [オプション] ページのスクリーン ショット

      注: <b> これらのオプションが利用できない場合は、Lync ユーザーに適用されているクライアントのポリシー、グループ ポリシーの設定によって制限があります。
  3. Exchange の資格情報を検証するには、Outlook Web Access にサインインします。
  4. ユーザーの EWS が有効になっていることを確認します。これを行うには、Exchange の以下のコマンドを実行するのにリモート PowerShell を使用します。
    Get-casmailbox <smtp> | fl EWSEnabled
    場合の値、 EWSEnabled 属性を設定します。 FALSE、Lync と Skye のビジネスの統合は失敗します。
  5. プロキシまたはファイアウォールがトラフィックをブロックするがないことを確認します。Exchange 環境には、ポート 443 は、自由に渡す交換トラフィックをできるようにするプロキシ サーバーとファイアウォールで開いているである必要があります。
  6. Outlook 空き時間情報などの Office で発生しているすべての EWS の問題を特定します。
  7. Lync クライアントを使用して、EWS の URL が正しいことを確認します。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. キーを押しますと Ctrl キーを押し、Lync のアイコン、通知領域を右クリックし、構成情報] をクリックします。EWS 外部 URL ] フィールドに、EWS の設定を確認します。
    2. 」Exchange.asmx。」で終了するように、 EWS の外部 URLの設定で示されている値を変更します。次に例を示します。

      既定の EWS の外部の URL: https://mail.outlook.com/EWS/Exchange.asmx/WSSecurity

      EWS 外部 URL を変更します。 https://mail.outlook.com/EWS/Exchange.asmx

      注: <b> EWS の内部または外部 URL の EWS の値がない場合は、手順 8 に進みます。
    3. ブラウザーに EWS 外部 URL アドレスを変更を入力し、[Exchange の資格情報の入力し、これを実行するように求められます。XML 応答で Exchange Server 2010 の場合) または、[サービス] ページ ([Exchange Server 2013) が表示されます。

      ページが表示されない場合は、これは、おそらくネットワークまたは DNS の問題が、URL の解決とネットワーク チームが関与する必要があります。
  8. EWS 外部 URL と内部 URL の EWS が空白の場合は、自動検出プロセスが失敗している可能性があります。

    ビジネス クライアント用の Lync と Skype では、自動検出 URL を確認するのには、サービス接続ポイント (SCP) を使用しないでください。代わりに、DNS レコードに依存しています。ユーザーのドメインのサフィックス] でこの操作を基に、 WindowsEmailAddress または メール Active Directory 内の属性です。

    Exchange 環境で修正される、次の DNS レコードの 1 つ以上あります。
    • https://SMTP ドメイン>/autodiscover/autodiscover.xml
    • https://autodiscover。SMTP ドメイン>/autodiscover/autodiscover.xml
    • http://autodiscover。SMTP ドメイン>/autodiscover/autodiscover.xml
    • _autodiscover._tcp。SMTP ドメイン> (SRV レコード)

    Ping を試みるか、インターネット ブラウザーで URL を検索するユーザーのコンピューターがこれらの Url を修正できるかどうかをテストします。600 のエラー コードと共に XML 応答は、正常な応答が表示されます。

    Url がまだ表示されない場合はこの手順を実行した後、ネットワークの問題では、これは、可能性がありますし、ネットワーク チームは、調査に従事する必要があります。
  9. 問題が引き続き発生する場合、手順 7 a から Lync ログ、Fiddler のトレース、および構成情報の出力を収集し、し次のサポート技術情報資料のエスカレーションの指示に従ってください。
    2649420 Lync オンライン専用の Office 365 のトラブルシューティングの基本

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3120929 - 最終更新日: 09/20/2016 14:56:00 - リビジョン: 5.0

Microsoft Business Productivity Online Dedicated, Microsoft Business Productivity Online Suite Federal

  • vkbportal226 kbgraphic kbgraphxlink kbmt KB3120929 KbMtja
フィードバック