レジストリに新しい HttpProxyControlFlags の GPO の設定の説明

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3123662
概要
以下のセキュリティ更新プログラムのいずれかを適用した後は、Microsoft Office O365 認証の問題を解決するのには、新しいHttpProxyControlFlagsグループ ポリシー オブジェクト (GPO) が追加されます。これらの問題が発生する Microsoft Lync 2013 または Microsoft Skype ビジネス 2015年または HTTP プロキシ サービスを使用している 2016年組織の環境は、プロキシ自動構成 (PAC) ファイルの設定または同等のメカニズムによって自動検出機能を有効にするため)、または認証を必要とするプロキシ サービスを使用します。

これらの環境では、Lync 2013 またはビジネス クライアント用の Skype は Microsoft オンライン サービス サインイン アシスタント (MOS SIA) ユーザーのクライアント ランタイム ライブラリ (IDCRL) を使用して Office 365 にサインインするのには正しいプロキシ設定を使用します。ただし、2 つ以上のプロキシの背後にある Lync 2013 またはビジネス用の Skype クライアントが実行されている一部の環境で、ビジネス用の Skype での IDCRL を使用するのには不適切なプロキシの設定を選択できます。認証をブロックすることも追加のプロキシ認証を必要とします。このような状況を解決するには、認証の問題を解決するのには、この GPO の設定を使用できます。
GPO の設定を確認する方法
GPO の設定のレジストリの型は、DWORD です。クライアントを使用することによって設定を特定のクライアント コンピューター上の次のレジストリ サブキーのいずれかで配置されます。

Lync 2013 (Skype ビジネス 2015年用)
  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\15.0\Lync
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Office\15.0\Lync 
ビジネス 2016年の Skype の
  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\16.0\Lync
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Office\16.0\Lync
GPO の設定が機能するしくみ
  • 最初のビット (0x1)
    • それが設定されていない場合: 名前付きの Internet Explorer からの HTTP プロキシを使用します。
    • 設定されている場合: という名前から Internet Explorer のプロキシの使用を無効にします。
  • 2 番目のビット (0x2)
    • それが設定されていない場合: IDCRL の名前付きプロキシと SIP の HTTPS 経由で使用される HTTP プロキシを使用します。
    • 設定されている場合: HTTP 経由で SIP を使用する HTTP プロキシを使用しません。
      • 2 番目のビットが設定されていない場合は、SIP 検出からの HTTP プロキシ、他のプロキシとして使用できます。
  • 3 番目のビット (0x4)
    • それが設定されていない場合: IDCRL とビジネス クライアント用に Lync 2013 または Skype によって収集される HTTP プロキシの資格情報を共有します。
    • 設定されている場合: IDCRL とプロキシの資格情報を共有しません。
      • このビットを設定すると、ローカル プロキシ、プロキシの資格情報が必要な場合にエラーが発生する IDCRL が発生する可能性が。
  • 他のビットは、将来使用するために予約されているしに設定する必要があります。 0!
GPO の設定の例
  • 新しい GPO の値を設定すると 0 (既定値) の場合は、MOS SIA は、名前付きプロキシまたは https では、SIP で使用されるプロキシのいずれかを使用し、プロキシの資格情報を共有します。
  • 新しい GPO の値を設定すると 1、MOS SIA は名前付きプロキシを無効にしますが、これが検出され、共有 Lync 2013 またはビジネス クライアント用の Skype で利用できる場合、HTTP プロキシに資格情報がある場合、HTTPS プロキシ経由での SIP を使用します。(つまり、従来の動作に戻ります前 KB 3040493.)
  • 新しい GPO の値を設定すると 3、MOS SIA が IDCRL とビジネス クライアント用の名前付きプロキシと SIP の IDCRL、Lync 2013 によって収集されたプロキシの資格情報の共有が可能ですが、HTTPS のプロキシを経由または Skype の両方の共有を無効にします。
  • 新しい GPO の値を設定すると 7、MOS SIA がビジネス クライアントでは、Lync 2013 または Skype によってプロキシ コントロールを完全に無効化し、IDCRL ライブラリのロジックを自動検出し、HTTP プロキシに対する認証に完全に依存しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3123662 - 最終更新日: 12/11/2015 06:30:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Lync Server 2013, Skype for Business

  • kbqfe kbfix kbsurveynew kbexpertiseinter kbmt KB3123662 KbMtja
フィードバック