System Center 2012 R2 Operations Manager 用プログラムのロールアップ 9 を更新します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3129774
はじめに
この資料では、Microsoft System Center 2012 R2 Operations Manager 用の更新プログラムのロールアップ 9 で修正される問題について説明します。更新プログラムのロールアップのインストール手順も含まれています。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

  • APM でアクセス違反が発生して、SharePoint のワークフローが失敗します。

    アプリケーション ドメインの中にキャッシュからのデータのアンロードを読み取ろうとしたときに、イベントの特定のシーケンスが APM のコードでアクセス違反が発生をトリガーする可能性があります。この修正プログラムは、このような動作を解決します。

  • ヒープ破損の APM でアプリケーション プールのワーカー プロセスがクラッシュします。

    アプリケーション ドメインのアンロード中に 2 つのスレッドが二重空きヒープの破損につながる、同じメモリ ブロックを破棄しようとする場合があります。この修正プログラムにより、1 回だけのメモリを破棄します。

  • いくつかのアプリケーション プールのワーカー プロセスが応答を停止する場合は、多くのアプリケーションを同時に起動する [APM] になります。

    監視エージェントの APM の Microsoft サービスでは、WMI クエリの実行に関連するクリティカル セクションがあります。WMI クエリでは、完了に時間がかかる場合、は、呼び出しを完了するためにアクティブなワーカー プロセスの数が待機しています。これらのアプリケーション プールを待機する期間によって、応答不能になる可能性があります。この修正プログラムは、WMI クエリの必要性を排除し、このコード パスのパフォーマンスが大幅に向上します。

  • RODC は、利用可能なだけの場合、MOMAgent は RunAs アカウントを検証できません。

    読み取り専用ドメイン コント ローラー (RODC) がある場合、MomAgent は、RunAs アカウントを検証できません。この修正プログラムは、この問題を解決します。

  • 不足しているイベント ・ モニターは SCOM 2012 R2 の最初の再起動後に指定した時間範囲内で警告しません

    最初警告は 2 倍の時間に、指定したモニターで、失敗したイベントのモニターを作成するとします。この修正プログラムは、問題を解決し、指定した時間にアラートが生成されます。

  • SCOM がユーザー アカウントを確認できませんと、パスワードを使用して設定されている場合のパスワード有効期限の日付オブジェクトを設定します。

    正常なパスワード ポリシーは、Active Directory でユーザー オブジェクトのコンテナーから別のコンテナーに格納されます。この修正プログラムは、これらのコンテナーのユーザー オブジェクトからのポリシー (RSOP) の結果セットを計算するために問題を解決します。

  • SLO 詳細レポート ヒストグラムが正しく表示されません。

    いくつかの特定のシナリオでのダウンタイムのグラフの形式が正しく表示されません。この修正プログラムは、このような動作を解決します。

  • 10 の IIS と Windows サーバーの 2016年の APM をサポート

    System Center 2012 R2 の Operations Manager の APM 機能は、Windows Server 2016 の IIS の 10 のサポートが追加されます。Microsoft.SystemCenter.Apm.Web.IIS10.mp、追加の管理パックは、この機能を有効にする必要があります。この管理パックにある %SystemDrive%\Program Files\System センター 2012 R2\Operations Manager\Server\Management パックの更新プログラムのロールアップの依存関係と共に更新プログラム ロールアップ 9 のインストール後。

    重要な注意事項 1 つの依存関係では、更新プログラム ロールアップ 9 に含まれていないと、個別にダウンロードする必要があります。

    Microsoft.Windows.InternetInformationServices.2016.mp
  • APM エージェント モジュール ワークフローがワークフローのシャット ダウン中に、Null 参照の例外で失敗します。

    MonitoringHost.exe モジュールのシャット ダウン時にクラッシュの原因と、APM のエージェント モジュール ワークフローは失敗します。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。

    STACK_TEXT。
    00000000' 1b60f520 00007ff8'a5cc73d4
    microsoft_enterprisemanagement_modules_apm_agentmodules!Microsoft.EnterpriseManagement.Modules.Apm.AgentModules.RetryManager.Dispose+0xb400000000'1b60f5b0 00007ff8'a5cc717b microsoft_enterprisemanagement_modules_apm_agentmodules!Microsoft.EnterpriseManagement.Modules.Apm.AgentModules.RetryManager.Finalize+0x8b

    SYMBOL_NAME。
    microsoft_enterprisemanagement_modules_apm_agentmodules!Microsoft.EnterpriseManagement.Modules.Apm.AgentModules.RetryManager.Dispose+b4

    この修正プログラムは、この問題を解決します。

  • AEM データは、SCOM の運用データベースがいっぱいにしがクリーンアップされることはありません。

    SCOM のエージェントレスの例外監視を使用して、アプリケーションのクラッシュのデータを確認し、レポートを作成し、データは決して、SCOM の運用データベースをクリーンアップします。これには問題をすぐに SCOM 環境はオーバー ロードのすべてのインスタンスとアプリケーション、グループのエラー、および管理サーバーでホストされている Windows ベースのコンピューターの関係です。この修正プログラムは、この問題を解決します。さらに、次の管理パックは、次の順序でインポートする必要があります。

    • Microsoft.SystemCenter.ClientMonitoring.Library.mp
    • Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.Library.mp
    • Microsoft.SystemCenter.ClientMonitoring.Views.Internal.mp
    • Microsoft.SystemCenter.ClientMonitoring.Internal.mp


  • 可用性レポートからのダウンタイムのレポートでは、業務時間の設定は処理されません。

    ダウンタイム レポートでは、ダウンタイムの表が勤務時間を考慮していません。この修正プログラムは、この問題と営業時間内に表示されますに基づいて指定の業務時間の値を解決します。

    最新の RDL ファイルは、次の場所に配置されます。

    %SystemDrive%\Program を指定してシステム センター 2012 R2\Operations Manager\Server\Reporting

    RDL ファイルを更新するには、次の手順を実行します。

    1. Http://MachineName/Reports_INSTANCE1/Pages/Folder.aspx に移動します。マシン名 サーバーをレポートします。
    2. このページでは、RDL ファイルを追加するフォルダーに移動します。この例では、[ Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.Libraryを] をクリックします。
    3. 上部の [アップロード] ボタンをクリックして新しい RDL ファイルをアップロードします。詳細については、 https://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms157332.aspx.

    注: <b> この修正プログラムの一部として 1 日以上の特定期間のダウンタイムのレポートを生成する場合は、業務時間のオプションを使用します。これを行うには、12時 00分 AM & 11時 59分 PM として時間を設定して、営業日としてすべての日を設定します。

  • ENU コンソール ENU 以外の OS 上では、SLT コレクション ルール SLO で桁区切り記号を追加することができません。

    英語でシステム センター 2012 R2 オペレーション マネージャーのコンソールは、ピリオド (.) ではなく桁区切り記号として、言語設定はカンマ (,) を使用する非英語 (米国) 言語を使用するように構成されているコンピューターで実行します。サービス レベルの追跡を作成しようとすると、コレクション ルール SLO を追加する、桁区切り記号を使用して、しきい値として入力した値を設定できません。この修正プログラムは、問題を解決します。

  • 運用管理スイート (OMS) の通信エラーをログ出力中に SCOM エージェントの問題

    OMS の通信エラーがログに記録するときに問題が発生します。この修正プログラムは、この問題を解決します。

UNIX および Linux の管理パックで修正される問題

  • Linux コンピューターの検出が失敗するいくつかのシステム ロケールの
    Zh_TW など、いくつかのシステム ロケールを持つコンピューターの最後のエージェントの検証手順の実行中に検出ウィザードまたは Windows PowerShell コマンドレットを使用して、Linux コンピューターを検索するのには失敗します。UTF-8 です。、 scxadmin 検出プロセス中に、エージェントを再起動するために使用されるコマンドは、標準的なサービスのコマンドでの Unicode 文字を正しく処理できませんでした。
  • UNIX および Linux エージェントが TLS ハンドシェイク中に断続的に接続を閉じます

    現象を以下に示します。
    • SSLv3 プロトコルは、管理サーバー上で無効になっている場合は特に、UNIX または Linux のコンピューターのハートビートを障害が発生しました。
    • Schannel エラー システム ログに次のようなテキストが含まれています。

      SSL クライアント資格情報の作成中に致命的なエラーが発生しました。内部エラーの状態は、10013 です。
    • WS-Management のエラー イベント ログに次のようなテキストが含まれる。

      WSManFault
      メッセージのコピー先のコンピューター (サーバーの証明書を =<UNIX inux-computer-name)="" has="" the="" following=""></UNIX>
      SSL ライブラリで内部エラーが発生しました。
      エラー番号:-2147012721 0x80072F8F
      セキュリティ エラーが発生しました

UNIX および Linux の管理パックの更新

監視パックを更新しを UNIX および Linux オペレーティング システム用のエージェントをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. System Center 2012 R2 Operations Manager 環境に更新プログラム ロールアップ 9 を適用します。
  2. システム センター 2012 R2 の更新された管理パックは、次のマイクロソフト web サイトからダウンロードします。
  3. 管理パック ファイルを抽出する管理パックの更新プログラム パッケージをインストールします。
  4. Linux または UNIX 環境で監視しているのバージョンごとに更新された管理パックをインポートします。
  5. いずれかの方法を使用して各エージェントを最新バージョンにアップグレードします 更新 SCXAgent Windows PowerShell コマンドレット、または、UNIX および Linux エージェント アップグレード ウィザード、管理コンソールのウィンドウで、操作します。

入手して、System Center 2012 R2 Operations Manager 用の更新プログラムのロールアップ 9 をインストールする方法

ダウンロード情報

Operations Manager の更新プログラム パッケージは、Windows Update または Microsoft Update カタログから手動でダウンロードして利用できます。

Windows Update
入手して、Windows Update から更新プログラム パッケージをインストール、運用マネージャーのコンポーネントがインストールされているコンピューターでこれらの手順に従います。

  1. [ 開始、] をクリックし、 コントロール パネル.
  2. [コントロール パネル] をダブルクリックします。 Windows Update.
  3. Windows Update ウィンドウで、次のようにクリックします。 オンラインの Microsoft Update から更新プログラムを確認します。.
  4. [ 重要な更新プログラムが利用可能です.
  5. 更新プログラムのロールアップ パッケージを選択し、クリックしてください [Ok].
  6. [ 更新プログラムをインストールします。 更新プログラム パッケージをインストールします。
Microsoft 更新プログラム カタログ
この更新プログラム パッケージは、手動でダウンロードし、Microsoft Update カタログからのインストールに使用できます。

インストール手順

インストールに関する注意事項


  • この更新プログラムのロールアップ パッケージは、次の言語で利用可能な Microsoft Update からです。

    • 簡体字中国語 (CHS)
    • 日本語 (JPN)
    • フランス語 (FRA)
    • ドイツ語 (DEU)
    • ロシア (RUS)
    • イタリア語 (ITA)
    • スペイン語 (スペイン)
    • ポルトガル語 (ブラジル) (PTB)
    • 繁体字中国語 (CHT)
    • 韓国語 (KOR)
    • チェコ語 (CSY)
    • (NLD) オランダ語
    • ポーランド (POL)
    • ポルトガル語 (ポルトガル) (機関-PTG)
    • スウェーデン語 (スウェーデン語)
    • トルコ (TUR)
    • ハンガリー (HUN)
    • 英語 (英語)
    • 中国 Hong 香港 (香港)


  • いくつかのコンポーネントは複数の言語、およびこれらのコンポーネント用の更新プログラムはローカライズされません。
  • 管理者として、この更新プログラムのロールアップを実行する必要があります。
  • コンソールの更新プログラムの適用後にコンピューターを再起動したくない場合は、コンソールの役割の更新プログラムを適用する前に、コンソールを閉じます。
  • Microsoft Silverlight の新しいインスタンスを開始するに Silverlight では、ブラウザーのキャッシュをクリアして、Silverlight を再起動します。
  • システム センター 2012 R2 サーバーをインストールした直後後は、この更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールしません。それ以外の場合、正常性サービスの状態が初期化されないことができます。
  • ユーザー アカウント制御が有効な場合、ファイルを実行、.msp 更新プログラム管理者特権でコマンド プロンプトから。
  • これらのデータベースに更新プログラムを適用するには、オペレーション データベースとデータ ウェアハウスのデータベース ・ インスタンスでは、システム管理者の権限が必要です。
  • Web コンソールを有効にする修正は、%windir%\Microsoft.NET\Framework64\v2.0.50727\CONFIG\web.config ファイルに次の行を追加します。

    <machineKey validationkey="AutoGenerate,IsolateApps" decryptionkey="AutoGenerate,IsolateApps" validation="3DES" decryption="3DES"></machineKey>


    注: <b>次の資料、マイクロソフト サポート技術情報で説明したように [ <system.web>] セクションで、行を追加します。

    </system.web>
    911722 ASP.NET 1.1 から ASP.NET 2.0 にアップグレードした後に有効に ViewState をされている ASP.NET Web ページにアクセスするとエラー メッセージが表示される可能性があります。
  • System Center 2012 R2 Operations Manager 用の更新プログラム ロールアップ 1 に記載されているコマンドのタイムアウトの問題を一括データ ウェアハウス用の修正プログラムは、レジストリ キーを追加します。このキーは、データ ウェアハウスの一括挿入コマンドのタイムアウト値 (秒単位で設定) を使用できます。次のコマンドは、データ ウェアハウスに新しいデータを挿入します。

    注: <b>既定一括挿入コマンド タイムアウトをオーバーライドする任意の管理サーバーでは、このキーを手動で追加する必要があります。

    レジストリの場所:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Microsoft Operations Manager\3.0\Data Warehouse

    DWORD 名:一括挿入コマンドのタイムアウトの秒数
    DWORD 値: 40

    注: <b>この値を秒単位で設定します。たとえば、40 秒間のタイムアウトでは、この値を40に設定します。

サポートされているインストールの順序
この特定の順序でこれらの手順に従って、この更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールすることをお勧めします。

  1. 次のサーバ ・ インフラストラクチャの更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールします。

    • 管理サーバーまたはサーバー
    • ゲートウェイ サーバー
    • Web コンソール サーバーの役割を持つコンピューター
    • オペレーション コンソールの役割を持つコンピューター


  2. (インストール情報を参照してください)、SQL スクリプトを適用します。
  3. 手動で管理パックをインポートします。
  4. エージェントの手動インストール、またはプッシュ オペレーション コンソールで、保留からのセットアップを表示するには、エージェントの更新プログラムを適用します。


注: <b>MG ティア接続の接続機能が有効の場合、 MG ティア接続の接続機能の最上位の層を更新してください。

オペレーション マネージャーの更新
更新プログラムのロールアップ パッケージをダウンロードして、更新プログラム ロールアップ パッケージに含まれているファイルを抽出、次の手順を実行します。

  1. コンピューターごとにマイクロソフトの更新プログラムを提供する更新プログラム パッケージをダウンロードします。マイクロソフトの更新プログラムは、各コンピューターにインストールされているコンポーネントによって適切な更新プログラムを提供します。ダウンロードしたり、 マイクロソフト ・ ダウンロード ・ カタログ.
  2. 各コンピューターに適切な MSP ファイルを適用します。

    注: <b>MSP ファイルは、更新プログラムのロールアップ パッケージに含まれます。特定のコンピューターに関連するすべての MSP ファイルを適用します。たとえば、web コンソールとコンソールの役割が管理サーバー上にインストールされている場合は、管理サーバー上の MSP ファイルを適用します。ロールごとに特定のサーバーを保持しているサーバー上の 1 つの MSP ファイルを適用します。

  3. OperationsManagerDW データベースに対してデータ ウェアハウス サーバー上のフローのデータ ウェアハウスの SQL スクリプトを実行します。

    UR_Datawarehouse.sql


    注: <b>このスクリプトは、次のパスにあります。

    更新プログラムのロールアップの %SystemDrive%\Program Files\System センター 2012 R2\Operations Manager\Server\SQL スクリプト

  4. OperationsManagerDB データベースに対してデータベース ・ サーバ上には、次のデータベースの sql スクリプトを実行します。

    Update_rollup_mom_db.sql

  5. 以下の管理パックをインポートします。
    • Microsoft.SystemCenter.TFSWISynchronization.mpb は、次の依存関係を持ちます。
      • Microsoft.SystemCenter.AlertAttachment.mpb は、System Center オペレーション マネージャー 2012 R2 メディアからインストールする必要があります。
      • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Library.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Component.Library.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Library.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.Advisor.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.Advisor.Internal.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.2007.mp
    • Microsoft.SystemCenter.Advisor.Resources.LANGUAGECODE_3LTR.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.SyntheticTransactions.Library.mp
    • Microsoft.SystemCenter.OperationsManager.Library.mp
    • Microsoft.SystemCenter.OperationsManager.Internal.mp
    • 次の依存関係を持っている Microsoft.SystemCenter.Apm.Web.IIS10.mp。
    • 次の依存関係を持っている Microsoft.SystemCenter.ClientMonitoring.Internal.mp。
      • Microsoft.SystemCenter.ClientMonitoring.Library.mp
      • Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.Library.mp
      • Microsoft.SystemCenter.ClientMonitoring.Views.Internal.mp

ディスクから管理パックをインポートする方法の詳細についてを参照してください、 オペレーション マネージャーの管理パックをインポートする方法 Microsoft TechNet web サイトのトピックです。

注: <b>次のパスのサーバー コンポーネントの更新プログラムでは、管理パックが含まれています。

R2\Operations Manager\Server\Management パックの更新プログラムのロールアップの %SystemDrive%\Program Files\System センター 2012


UNIX および Linux の管理パックの更新
監視パックを更新しを UNIX および Linux オペレーティング システム用のエージェントをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. System Center 2012 R2 Operations Manager 環境に更新プログラムのロールアップ 7 を適用します。
  2. システム センター 2012 R2 の更新された管理パックは、次のマイクロソフト web サイトからダウンロードします。


  3. 管理パック ファイルを抽出する管理パックの更新プログラム パッケージをインストールします。
  4. Linux または UNIX 環境で監視しているのバージョンごとに更新された管理パックをインポートします。
  5. オペレーション コンソールの [管理] ウィンドウで、UNIX および Linux エージェントのアップグレード ウィザード] または [更新プログラム SCXAgentの Windows PowerShell コマンドレットを使用して、各エージェントを最新バージョンにアップグレードします。

アンインストール情報

更新プログラムをアンインストールするには、次のコマンドを実行します。

msiexec/アンインストールPatchCodeGuidRTMProductCodeGuid


注: <b>、 PatchCodeGuid プレース ホルダーは、次の Guid のいずれかを表します。

PatchGuidsコンポーネントアーキテクチャ言語
DE2A13BC-9276-4FF2-B4B5-B5018749960Cエージェントamd64en
D59CFD85-015D-44EE-8B63-C6291ACD91ADコンソールamd64en
F494E851-24E1-406C-A195-C8E6CB68CD75Web コンソール ・amd64en
470A897B-E3F5-4FF2-812D-DD4A2DFF194Cゲートウェイamd64en
995F7810-86E7-4F27-A943-3EB7468DA48Aサーバーamd64en
AE18A9A8-B4F1-4791-9219-ADBDB27C4562エージェントx86en
F5670042-EA03-4C11-9967-47733C5E148Bコンソールx86en
{48142C15-D71E-4B30-95D1-6BA396D3D0ED}コンソールamd64cn
{9E5100EB-858B-4826-89B2-4EDC5119AED7}Web コンソール ・amd64cn
{A2BDEC38-4DCD-41C8-8F2C-6AE3595B57B0}コンソールx86cn
{22EFBA98-C5F4-4F0F-8761-E33A58C53B75}コンソールamd64cs
{93FED2F7-A713-4946-A23B-55C99E0B2FD7}Web コンソール ・amd64cs
{8D72BCC5-8292-43E6-BA40-B64FD01FD88F}コンソールx86cs
{9C15FBC2-B642-451A-931F-FA45C473536D}コンソールamd64de
{69CD2B38-11FC-4A04-ACAA-DD050D2C5C48}Web コンソール ・amd64de
{DAA5F79F-679B-48B0-B914-30938836878A}コンソールx86de
{31CBEB5B-B09B-4E49-AA96-98690B57F2AA}コンソールamd64es
{A6E95931-CB79-4826-BF99-3C031415DB93}Web コンソール ・amd64es
{B0B67664-BFB5-4F28-9089-466EFA80C950}コンソールx86es
{55BA0F87-C436-4320-878E-2AC2F89190C9}コンソールamd64fr
{E6A1CCEC-C531-455F-83B0-615AD72B39B1}Web コンソール ・amd64fr
{0853D0ED-4318-415C-BFB1-EBF196C4730C}コンソールx86fr
{C543A962-6868-4E61-B5B7-0A4FEE26F3BA}コンソールamd64%hu
{B6A3FB85-A81E-496C-9365-04513DF94DD6}Web コンソール ・amd64%hu
{8873A139-7A0E-4620-916F-4A0F8EBBD3E5}コンソールx86%hu
{86A02228-4788-4F09-B5AB-D0D8ED9C88AC}コンソールamd64その
{3165FD51-F9F1-4507-9349-C856E5A54C4D}Web コンソール ・amd64その
{1167DBF9-59E3-4354-930C-2C6742B6E23E}コンソールx86その
{4FB10F73-8506-42BB-83BA-62DAD071717E}コンソールamd64ja
{949970F2-A886-4F4C-A746-4BCD73B9E6A0}Web コンソール ・amd64ja
{E46A2CB9-60F4-4126-B832-3E7DE1B070BB}コンソールx86ja
{7BA70AE3-8460-4895-B609-A43103B9506E}コンソールamd64ko
{EADCD58E-720A-4D6E-9DDD-790A3EED0986}Web コンソール ・amd64ko
{BF69C0C0-3D60-4FEC-980D-DDE58C8CA65A}コンソールx86ko
{CC0F3871-90A9-4F13-A624-5E85158CF60E}コンソールamd64nl
{B5EA340D-8B33-4CF9-BB7B-CB3FEF95A803}Web コンソール ・amd64nl
{9EFED365-ED5A-4F58-AE78-D9FC09E3FD98}コンソールx86nl
{46367369-977B-4726-A454-5A0B85376B4E}コンソールamd64pl
{F3DF6838-64E5-462A-9F52-BA5661F3D70A}Web コンソール ・amd64pl
{CC7676B8-E538-4487-A058-CA23290C0487}コンソールx86pl
{93FA2B7C-2A70-4F09-A2CA-CE279F18BFF6}コンソールamd64pt br
{3883A60C-1677-4F7C-BE20-798480A23CE5}Web コンソール ・amd64pt br
{B096DFAC-D6D2-4C26-B7CC-11B75B75A32C}コンソールx86pt br
{FAEA0565-61C6-481F-93A6-A400F0C6BD18}コンソールamd64pt pt
{F24F8B9B-3055-4A1F-BB15-EE2BBE02FAFC}Web コンソール ・amd64pt pt
{3DD40F66-7BE3-464C-B710-E140BE6D29C2}コンソールx86pt pt
{28405BCF-8D4E-46A2-9614-567C3E6A94EE}コンソールamd64ru
{409C007F-8480-4502-8CF7-72539C7F0926}Web コンソール ・amd64ru
{EDBF0866-B378-4FBB-AE63-6B3C4BA42CCC}コンソールx86ru
{837515BA-275A-425C-8047-B09D96ABEB3C}コンソールamd64sv
{7DDBA84C-0653-4A0A-B1EB-F1DA3BC317D0}Web コンソール ・amd64sv
{E5E5DA27-978D-402E-88D4-69AA50102EB7}コンソールx86sv
{B81E6F83-8E89-42DB-8850-238595AE09BF}コンソールamd64tr
{4D1C7853-ED9C-417A-87F8-E14DDD19CBB9}Web コンソール ・amd64tr
{6E6BC4E1-8C2E-44AC-9AC7-A59AFEBFBCCC}コンソールx86tr
{4FC204CE-4E73-4DAF-A131-9BC4CFC2AD47}コンソールamd64tw
{45EBE016-0E6B-40D0-8D46-18D3E972D124}Web コンソール ・amd64tw
{7D8F2380-F009-450C-8DA2-C6E25F209E01}コンソールx86tw
{4FC204CE-4E73-4DAF-A131-9BC4CFC2AD47}コンソールamd64tw
{45EBE016-0E6B-40D0-8D46-18D3E972D124}Web コンソール ・amd64tw
{7D8F2380-F009-450C-8DA2-C6E25F209E01}コンソールx86tw
{3DEA0831-63C4-4A91-9C56-6D4D14D8E499}コンソールamd64zh-(香港)
{E63052B7-EF60-411F-ACE9-13160495655A}Web コンソール ・amd64zh-(香港)
{1AE2B0B4-0AAC-4776-A5C5-95C1F9FDCBD4}コンソールx86zh-(香港)


さらに、 RTMProductCodeGuid プレース ホルダーは、次の Guid のいずれかを表します。

コンポーネントRTMProductCodeGuid
サーバー{C92727BE-BD12-4140-96A6-276BA4F60AC1}
コンソール (AMD64){041C3416-87CE-4B02-918E-6FDC95F241D3}
コンソール (86){175B7A24-E94B-46E5-A0FD-06B78AC82D17}
Web コンソール ・ (AMD64){B9853D74-E2A7-446C-851D-5B5374671D0B}
ゲートウェイ{1D02271D-B7F5-48E8-9050-7F28D2B254BB}
SCX-ACS (AMD64){46B40E96-9631-11E2-8D42-2CE76188709B}
SCX-ACS (86){46B40E96-9631-11E2-8D42-2CE76188709B}
エージェント (AMD64){786970C5-E6F6-4A41-B238-AE25D4B91EEA}
エージェント (86){B4A63055-7BB1-439E-862C-6844CB4897DA}

この更新プログラムのロールアップで更新されたファイル

この更新プログラムのロールアップに変更されたファイルの一覧を次に示します。以前のすべての更新プログラム ロールアップがインストールされている必要はない場合、は、ここに記載されている以外のファイルも更新する場合があります。更新されるファイルの一覧については、以降、現在の更新プログラムのロールアップにリリースされたすべての更新プログラム ロールアップの「ファイルが更新のこの更新プログラムのロールアップ」セクションを参照してください。

更新されるファイルバージョンサイズ
PerfMon.dll7.1.10268.01.94 MB
PerfMon64.dll7.1.10268.03.18 MB
Microsoft.EnterpriseManagement.DataAccessService.OperationsManager.dll7.1.10226.1118571 KB
PerfCounterMonitor.dll7.1.10268.01.14 MB
HealthService.dll7.1.10268.03.16 MB
Microsoft.EnterpriseManagement.UI.Authoring.dll7.1.10226.11779.45 MB
MOMModules.dll7.1.10268.02.50 MB
Microsoft.SystemCenter.Apm.Infrastructure.mpb7.1.10226.1177980 KB
Microsoft.SystemCenter.Apm.Library.mpb7.1.10226.1177780 KB
Microsoft.SystemCenter.Apm.Library.Resources。(LANGUAGECODE_3LTR) .mpb7.1.10226.1139156 KB
Microsoft.SystemCenter.ClientMonitoring.Library.mp7.1.10226.117797 KB
Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.Library.mp7.1.10226.1177713 KB
Microsoft.SystemCenter.ClientMonitoring.Views.Internal.mp7.1.10226.1177149 KB
Microsoft.SystemCenter.ClientMonitoring.Internal.mp7.1.10226.117753 KB
UR_Datawarehouse.sql7.1.10226.1177147 KB
Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.Downtime.rdl7.1.10226.1177128 KB
Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.Availability.rdl7.1.10226.1177193 KB
Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.AvailabilityMonitor.rdl7.1.10226.1177290 KB
Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.AvailabilityTime.rdl7.1.10226.1177150 KB
OpsMgrTraceTMF.cab7.1.10226.11772.69 MB
Microsoft.EnterpriseManagement.OperationsManager.Apm.Instrumentation.dll7.1.10268.0373 KB

UNIX および Linux の管理パックの更新プログラムで更新されるファイル

この更新プログラムのロールアップに変更されたファイルの一覧を次に示します。以前のすべての更新プログラム ロールアップがインストールされている必要はない場合、は、ここに記載されている以外のファイルも更新する場合があります。更新されるファイルの一覧については、「ファイルは、この更新プログラムのロールアップで更新」のセクションの現在の更新プログラムのロールアップにリリースされたすべての更新プログラム ロールアップを参照してください。
変更されるファイルファイルのサイズバージョン
Microsoft.ACS.Linux.RHEL.7.mp20 KB7.5.1050.0
Microsoft.AIX.5.3.mpb15,869 KB7.5.1050.0
Microsoft.AIX.6.1.mpb15,876 KB7.5.1050.0
Microsoft.AIX.7.mpb14,872 KB7.5.1050.0
Microsoft.AIX.Library.mp31 KB7.5.1050.0
Microsoft.HPUX.11iv2.mpb19,998 KB7.5.1050.0
Microsoft.HPUX.11iv3.mpb19,908 KB7.5.1050.0
Microsoft.HPUX.Library.mp31 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.Library.mp31 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.RedHat.Library.mp15 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.RHEL.4.mpb7,905 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.RHEL.5.mpb7,819 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.RHEL.6.mpb7,394 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.RHEL.7.mpb2,333 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.SLES.10.mpb7,178 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.SLES.11.mpb4,713 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.SLES.12.mpb1,845 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.SLES.9.mpb3,801 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.SUSE.Library.mp15 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.Universal.Library.mp15 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.Universal.Monitoring.mp83 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.UniversalD.1.mpb14,127 KB7.5.1050.0
Microsoft.Linux.UniversalR.1.mpb12,654 KB7.5.1050.0
Microsoft.Solaris.10.mpb26,957 KB7.5.1050.0
Microsoft.Solaris.11.mpb26,631 KB7.5.1050.0
Microsoft.Solaris.9.mpb13,746 KB7.5.1050.0
Microsoft.Solaris.Library.mp22 KB7.5.1050.0
Microsoft.Unix.Library.mp83 KB7.5.1050.0
Microsoft.Unix.LogFile.Library.mpb87 KB7.5.1050.0
Microsoft.Unix.Process.Library.mpb98 KB7.5.1050.0
Microsoft.Unix.ShellCommand.Library.mpb68 KB7.5.1050.0

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3129774 - 最終更新日: 02/29/2016 15:18:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft System Center 2012 R2 Operations Manager, Microsoft System Center 2012 R2

  • kbqfe kbsurveynew kbfix kbexpertiseinter atdownload kbmt KB3129774 KbMtja
フィードバック