バージョンのクリーンアップ タスクが SQL Server の AlwaysOn セカンダリ レプリカで実行すると、FIX「非明け渡さスケジューラ」エラーが発生

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3138455
現象
Microsoft SQL Server を 2012 SP3 を実行しているマルチ ・ コア ・ プロセッサ (32 コアまたはそれ以上) を使用するいると仮定します。AlwaysOn セカンダリ レプリカ上のバージョン管理のクリーンアップ タスクが実行されると、CPU 使用率が 100% に近づきます。さらに、次のような「非明け渡さスケジューラ」エラーは、SQL Server エラー ログに記録されます。


日付時刻.80 サーバーを使用して 'dbghelp.dll' バージョン '4.0.5'
日付時刻.81 サーバー。 0 の spid のスレッドのコンテキストを取得できませんでした。
日付時刻.81 Server * *******************************************************************************
日付時刻.81 サーバー *
日付時刻.81 サーバー * 開始スタック ダンプ。
日付時刻.81 サーバー * 日付時刻 spid 2944
日付時刻.81 サーバー *
日付時刻.81 サーバー * 解放されていないスケジューラ
日付時刻.81 サーバー *
日付時刻.81 Server * *******************************************************************************
日付時刻ダンプ.81 サーバー スタックの署名は、0x000000000000015F です。
日付時刻.22 サーバー [INFO] アイデンティティの開始終了。状態の結果のエラーは、準備された LazyCommit の読み取り専用を推測します。トランザクション データベースのスレッド Id。ReadSet WriteSet ScanSet のセーブポイントの LogSizeRq |CommitDep TotalComm 依存 0 依存 1 依存 2 依存 3 依存 4 依存 5 依存 6 依存 7 |領域の場所。
日付時刻.33 のサーバー外部ダンプ プロセスはリターン コード 0x20000001 です。
日付時刻.33 サーバー プロセス 0:0:0 (0x32e8) ワーカー 0x0000000005B54160 が解放されていないスケジューラの 12 のように見えます。スレッドの作成時刻: 13094297045567。およそスレッド CPU の使用: カーネル 0 ミリ秒は、ユーザー 51979 ミリ秒プロセス使用率 2%。システムには、97% がアイドル状態です。間隔: 70153 ms です。
日付時刻.45 サーバー プロセス 0:0:0 (0x32e8) ワーカー 0x0000000005B54160 が解放されていないスケジューラの 12 のように見えます。スレッドの作成時刻: 13094297045567。およそスレッド CPU の使用: カーネル 0 ミリ秒は、ユーザー 103459 ミリ秒プロセス使用率 2%。システムには、97% がアイドル状態です。間隔: 136828 ms です。
日付時刻.58 サーバー プロセス 0:0:0 (0x32e8) ワーカー 0x0000000005B54160 が解放されていないスケジューラの 12 のように見えます。スレッドの作成時刻: 13094297045567。およそスレッド CPU の使用: カーネル 0 ミリ秒は、ユーザー 146001 ミリ秒プロセス使用率 2%。システムには、97% がアイドル状態です。間隔: 196951 ms です。
日付時刻.70 のサーバー プロセス 0:0:0 (0x32e8) ワーカー 0x0000000005B54160 が解放されていないスケジューラの 12 のように見えます。スレッドの作成時刻: 13094297045567。およそスレッド CPU の使用: カーネル 0 ミリ秒は、ユーザー 193269 ミリ秒プロセス使用率 2%。システムには、97% がアイドル状態です。間隔: 257073 ミリ秒です。

解決方法
この問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで最初に修正されました。


SQL Server 用の累積的な更新プログラムのバージョン情報
SQL Server 用の新しい累積的な更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていた、すべての修正プログラムおよびすべてのセキュリティ更新プログラムが含まれています。以下で、SQL Server 用の最新の累積的な更新プログラムを確認してください。

回避策
この問題を一時的に回避するには、SQL Server のインスタンスを実行しているコンピューターを再起動します。
状況
マイクロソフトでは、この問題を対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
について説明します 用語集 マイクロソフトは、ソフトウェアの更新に使用します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3138455 - 最終更新日: 05/31/2016 08:19:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core Community Technical Preview 2, Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 3, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Express, Microsoft SQL Server 2012 Standard, Microsoft SQL Server 2012 Web

  • kbqfe kbsurveynew kbfix kbexpertiseinter kbmt KB3138455 KbMtja
フィードバック