Azure のバックアップの信頼性に関する更新プログラム: 2016年 1 月

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3139300
概要
含まれている改善点について説明し、2016年 1 月で修正される問題の更新を Microsoft Azure バックアップします。

含まれている機能の強化

Azure のバックアップは、1 つのファイルの障害が発生した現在のバックアップを終了します。この更新プログラムは、Azure のバックアップは、いくつかのファイルまたはフォルダーのバックアップが失敗した後もバックアップし続けます。Azure のバックアップが正常に完了したら、バックアップ ・ プロセス中にバックアップされなかったファイルが一覧表示される警告メッセージを提供します。

修正される問題

  • クラウド変更するたびに、DPM では Azure (DPM A) バックアップのインストールに、最初のクラウドの回復ポイントが保持されません。
  • いくつかのシナリオでは、Azure のバックアップは、次のエラー メッセージのいずれかで失敗します。
    バックアップに必要な次のファイルが見つかりません: NO_PARAM。(0x7F26)

    操作中に予期しないエラーが発生しました。(0x07EF9) の操作を再試行してください。

更新プログラムの情報

この更新プログラムを適用するには、Microsoft Azure リカバリ ・ サービス ・ エージェントの最新バージョンをインストールします。

次のファイルが Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
注: <b>Microsoft Azure リカバリ ・ サービス ・ エージェントの最新バージョンは、 2.0.9028.0です。

Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

再起動に関する情報

この更新プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要になる場合があります。

置き換えに関する情報

この更新プログラムには、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられます。 3109750.

必要条件

システム センター 2012 R2 Data Protection Manager (DPM) を使用する場合に適用します。 更新プログラムのロールアップ 6 システム センター 2012 R2 の Data Protection Manager またはそれ以降のバージョンを後に、Azure のバックアップ ・ エージェントは、この更新プログラムをインストールします。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
について説明します 用語集 を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3139300 - 最終更新日: 02/11/2016 03:40:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Azure Recovery Services

  • kbqfe kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbfix atdownload kbmt KB3139300 KbMtja
フィードバック