更新プログラムのロールアップ 10 システム センター 2012 R2 の Data Protection Manager の

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3143871
はじめに
この資料では、Microsoft システム センター 2012 R2 Data Protection Manager の更新プログラムのロールアップの 10 で修正される問題について説明します。さらに、この資料には、この更新プログラムのインストール手順が含まれています。

注: <b>最新のエージェントを Windows Azure の顧客に、既存の Data Protection Manager をアップグレードする必要があります (2.0.8719.0 またはそれ以降のバージョン)。このエージェントがインストールされていない場合は、オンライン バックアップが失敗して Data Protection Manager の操作を Windows Azure には動作しません。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

  • 場合は、マイクロソフトの HYPER-V Server 2012 R2 サーバーで実行されている VM のページのファイルを除外しようとすると、DPM が続行ページのファイルをバックアップします。

  • DPM は、DPM エンドユーザー回復を Active Directory に必要な変更を加えるには、Active Directory スキーマ拡張ツールを提供します。ただし、システム センター 2012 R2 の Data Protection Manager のツールが中途半端する可能性があります。

  • ある SharePoint のコンテンツ データベースを保護しようとする場合 常にオン有効にすると、データベースのフェイル オーバーは、newsites、リスト、およびアイテムが、[回復] タブに表示されないことに注意してくださいすることがあります。これには、フェイル オーバー後に作成される tonew のアイテムのみが適用されます。さらに、問題は、フェイル バック後に自動的に解決されます。

  • システム センター 2012 R2 Data Protection Manager、またはそれ以降のバージョンの更新プログラムのロールアップ 7 を実行して HYPER-V VM のアイテム ・ レベルのリカバリの実行しようとし、VHDX ファイル] をクリックすると次のエラー メッセージが表示される場合があります、Recovery タブ:
    保護されたコンピューター上の仮想マシンの内容を参照して DPM をことはできません。DPMServerName.

  • 六つの組み込みの DPM レポートのいずれかを開くしようとすると、DPM コンソールがクラッシュします。

  • 最適化されたアイテム ・ レベルのリカバリは、SharePoint ファームの動作しません。これは、Microsoft SQL Server を実行しているステージング サーバーにコピーするすべてのファーム データです。

  • 元のサーバーと同じバックアップ施設に登録されている別の DPM サーバーを使用してオンライン ・ リカバリ ・ ポイントを回復しようとするときに、DPM が UIcrashes。

  • Get DPMJobコマンドレットは、外部の DPM サーバーを使用して実行した回復ジョブについての情報を提供していません。

  • この更新プログラムは、問題と問題を解決する手順についての詳細を追加するのにはエラー コード 33504 のメッセージを修正します。

  • 保護グループを作成するときに Microsoft Exchange Server 2016年を保護しようとすると、Exchange Server を実行しているサーバーは Exchange 2016 データベース」ではなく「Exchange 2013 のデータベース」として表示されます。

  • DPM サーバーのコンソールを使用して、受信するかどうか、EvalShareInquiryAlert (3123)DPM のアラート、警告と表示されたまま System Center Operations Manager でアクティブな場合でも、DPM の問題が解決。

  • SMTP 設定を構成しようとすると、DPM がクラッシュします。

  • FQDN に 64 を超える文字が含まれているデータ ソースの保護を停止しようとすると、DPM サービスがクラッシュします。

入手してシステム センター 2012 R2 の Data Protection Manager の更新プログラムのロールアップの 10 をインストールする方法

ダウンロード情報

更新プログラム パッケージには、Data Protection Manager では、Microsoft update または手動でダウンロードが利用できます。

Microsoft Update
入手して、Microsoft Update から更新プログラム パッケージをインストールするには、Data Protection Manager のコンポーネントがインストールされているコンピューターには以下の手順を実行。

  1. [開始] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [コントロール パネル] には、 Windows の更新プログラムをダブルクリックします。
  3. ウィンドウで、Windows Update、 Microsoft Update から更新プログラムをオンラインの確認をクリックします。
  4. 重要な更新プログラムが利用可能なをクリックします。
  5. 、更新プログラムのロールアップ パッケージを選択し、[OK] をクリックします。
  6. 更新プログラムをインストール更新プログラム パッケージをインストールする] をクリックします。
手動でダウンロード
Microsoft Update カタログから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするのには次の web サイトに移動します。


インストール手順

この更新プログラムには、Data Protection Manager をインストールするには、以下の手順を実行します。

  1. この更新プログラムをインストールする前に、Data Protection Manager のデータベースのバックアップを作成します。
  2. システム センター 2012 R2 の Data Protection Manager を実行しているサーバー上でこのプログラムのロールアップ パッケージをインストールします。これを行うには、サーバー上で Microsoft Update を実行します。
  3. Data Protection Manager 管理者コンソールで、保護エージェントを更新します。これを行うには、次の方法のいずれかを使用します。

    注: <b> この [エージェントの更新プログラムのロールアップ更新プログラムでは、作成または保護グループを変更するために保護されたサーバーを再起動する必要があります。

    方法 1: Data Protection Manager 管理者コンソールで保護エージェントを更新します。
    1. Data Protection Manager 管理者コンソールを開きます。
    2. [管理] タブをクリックし、[エージェント] タブをクリックします。
    3. 保護されたコンピューター ] ボックスの一覧では、コンピューターを選択し、[アクションウィンドウの [更新] をクリックします。
    4. [はい] をクリックし、[エージェントの更新] をクリックします。


    方法 2: 保護されたサーバー上の保護エージェントを更新します。
    1. システム センター 2012 R2 の Data Protection Manager サーバー上で次のディレクトリから、更新プログラム保護エージェント パッケージを入手します。

      Data_Protection_Manager_installation_location\DPM\DPM\Agents\RA\4.2.1473.0


      インストール パッケージは次のとおりです。

      • X86 ベースの更新プログラム。 i386\1033\DPMProtectionAgent_KB3143871.msp
      • X64 ベースの更新プログラム。 amd64\1033\DPMProtectionAgent_KB3143871_AMD64.msp


    2. エージェントのアーキテクチャに基づいて、保護されている各サーバー上の適切な DPMProtectionAgent.msp パッケージを実行します。
    3. システム センター 2012 R2 の Data Protection Manager サーバーの Data Protection Manager 管理者コンソールを開きます。
    4. [管理] タブをクリックしてエージェント保護されたサーバー タブをクリックして、情報を更新し、エージェントのバージョン番号があることを確認4.2.1473.0.

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3143871 - 最終更新日: 05/24/2016 18:24:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft System Center 2012 R2 Data Protection Manager

  • kbqfe kbsurveynew kbfix kbexpertiseinter atdownload kbmt KB3143871 KbMtja
フィードバック