Windows Server 2008 R2 ベースの DNS サーバーで DNS ゾーンの読み込みが失敗しました。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3145126
この資料で説明する問題、Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)-ベースの DNS サーバーを Active Directory 統合ゾーンは、DNS ゾーンの読み込みに失敗します。この問題を解決する更新プログラムがあります。この更新プログラムをインストールする前に参照してください、必要条件 セクションです。
現象
いずれかの操作をした後、この問題が発生します。 セキュリティ更新プログラム 3100465 または 修正プログラム 3022780 Windows Server 2008 R2 を実行しているサーバーにインストールします。
この更新プログラムの入手方法
重要 この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、 言語パックを Windows に追加します。.

方法 1: Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update で推奨される更新プログラムとして提供されます。Windows Update を実行する方法の詳細については、次を参照してください。Windows Update から更新プログラムを取得する方法.

方法 2: マイクロソフトの更新プログラム カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを取得するには、 Microsoft 更新プログラム カタログ

1 の既知の問題

更新プログラム KB3145126 をインストールした後は、ここでは、DNSservice.In のクラッシュを発生ことがあります、次のようなイベントがアプリケーション ログに記録。

Log Name:      <Application> Source:        <Application Error> Event ID:      1000Task Category: (100)Level:         ErrorKeywords:      ClassicUser:          N/ADescription:Faulting application name: dns.exe, version: 6.1.7601.23375Faulting module name: dns.exe, version: 6.1.7601.23375Exception code: 0xc0000005Faulting application path: C:\Windows\system32\dns.exeFaulting module path: C:\Windows\system32\dns.exe

原因

DNS で構成された場合は、cname レコードと SOA レコードの両方が存在するこの DNS サービスがクラッシュが発生することが、"@"レコードです。"@"レコードが DNS ゾーンのルートを識別します。これは、頻繁には、DNS マネージャーでのレコードとして、親フォルダーと同じ> の名前です。このフォルダーに、SOA レコードと NS レコードが許可されています。RFC 2181 では、CNAME レコードの名前の一意性のチェックについて説明します。RFC 2181 の規定、CNAME があります、親の名前と同じ> フォルダー ("@") のゾーンです。

解決策

この問題を避けるためには、識別し、削除、"@"をインストールする前に正しく構成されていないゾーンから問題の原因は、CNAME レコードは、KB3145126 を更新します。

問題のあるゾーンを識別するには、次のサンプルの PowerShell スクリプトを実行します。PowerShell は、Windows Server 2008 R2 では既定でインストールされます。

$count = 0$var = get-wmiobject -query "select * from win32_service where name = 'dns'"  if ($var -ne $null) {     if ($var.state.tolower() -eq "running")     {         [array] $global:badcnamedomains = $null         $var = get-wmiobject -namespace "root\microsoftdns" -query "select * from microsoftdns_zone"         if ($var -ne $null)         {              foreach ($var2 in $var)             {                 $query = "select * from microsoftdns_cnametype where containername = '" + $var2.name + "'"                  $var3 = get-wmiobject -namespace "root\microsoftdns" -query $query | where {$_.ownername -eq $var2.name}                 if ($var3 -ne $null)                 {                     $count += 1                     $global:badcnamedomains += $var3.domainname                 }             }         }         else         {             write-host "No zones returned"         }     }     else     {         Write-Host "DNS Service is not running"         break;     } }if ($count -gt 0) {     write-host "Total number of zones found: $count"     write-host "The zones are:"     write-host $global:badcnamedomains  } elseif ($count -eq 0) {     write-host "No zones found with the issue" } $count = $null $global:badcnamedomains = $null
このスクリプトは、ローカルに保持されている DNS ゾーンの SOA レコードと競合する CNAME レコードを識別します。PowerShell スクリプトを実行する [DNS サービスが動作していない"の messagewhenyou が表示された場合、スクリプトを実行する前に、DNS サービスが開始されていることを確認します。DNS サービスの安定性を確認するには、最初の KB3145126 の更新プログラムをアンインストールする必要があります。

PowerShell スクリプトから返される出力に基づく RFC 2181 に準拠していない CNAME レコードを削除するには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

Cname @ DNSCMD/recorddelete の DNS ゾーンの名前
詳細な更新情報

必要条件

この更新プログラムをインストールするのには次のようにインストールします。Windows Server 2008 R2 のサービス ・ パック 1.

レジストリ情報

この更新プログラムを適用するには、レジストリに変更を加える必要はありません。

再起動の必要性

この更新プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要になる場合があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムは置き換えられません。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
について説明します 用語集 を参照してください。
ファイル情報
このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。

Windows Server 2008 R2

注:
  • 特定の製品、マイルストーン (RTM、SPn)、および区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、以下の表に記載のファイルのバージョン番号を調べると確認できます。
    バージョン 製品 マイルストーン サービス区分
    6.1.760 1.23 xxxWindows Server 2008 R2 SP1 LDR
  • GDR サービス区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされている修正プログラムのみが含まれています。LDR 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。
  • 各環境にインストールされる MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は、「追加ファイル情報」セクションに一覧表示されています。MUM ファイルおよび MANIFEST ファイル、および関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために非常に重要です。属性が一覧表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。
x64 Windows Server 2008 R2
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Cache.dns該当なし3,1982015 年 6 月 3 日20:15該当なし
Dns.exe6.1.7601.23375700,4162016 年 3 月-09-17:58x64
Dnsserver.events.xml該当なし6092015 年 6 月 3 日20:15該当なし

追加ファイル情報

x64 Windows Server 2008 R2
ファイルのプロパティ
ファイル名Amd64_07b49916ed76e55ab4e7ff188a15ff4e_31bf3856ad364e35_6.1.7601.23375_none_996a024c287e6f39.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ710
日付 (UTC)2016 年 3 月10日
時刻 (UTC)19:50
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft-windows の dns のサーバー ・ service_31bf3856ad364e35_6.1.7601.23375_none_ac7575300681bfe0.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ157,939
日付 (UTC)2016 年 3 月-09-
時刻 (UTC)20:04
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,671
日付 (UTC)2016 年 3 月10日
時刻 (UTC)19:50
プラットフォーム該当なし

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3145126 - 最終更新日: 10/27/2016 07:53:00 - リビジョン: 6.0

Windows Server 2008 R2 Service Pack 1

  • kbsurveynew kbfix kbexpertiseadvanced atdownload kbmt KB3145126 KbMtja
フィードバック