エンタープライズ以外のエディションと 2016 年の SQL Server のエディションを開発者にクエリ ストア データの自動クリーンアップが失敗した場合します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3178297
現象
以外の企業や開発者のエディションの SQL Server の 2016年にクエリ ストア データの自動クリーンアップがあります。したがって、データが手動でパージされていない場合クエリ ストアによって使用される領域は構成された制限に到達するまでの時間の経過とともに増加します。この問題が解決しない場合のディスクの空き容量のために、エラー ログもいっぱいを割り当てられているすべての試行実行のクリーンアップは、ダンプ ファイルを作成します。クリーンアップのライセンス認証期間は、作業負荷の頻度によって異なります。ただし、15 分を超えない。
解決方法
SQL Server の次の累積的な更新プログラムでは、この問題に対する修正が含まれます。


SQL Server 用の累積的な更新プログラムのバージョン情報
SQL Server 用の新しい累積的な更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていた、すべての修正プログラムおよびすべてのセキュリティ更新プログラムが含まれています。以下で、SQL Server 用の最新の累積的な更新プログラムを確認してください。

回避策
以外の企業や開発者のエディションでストアのクエリを使用する場合は、この問題を回避するには、クリーンアップ ポリシーを明示的にオフにあります。これは、SQL Server Management Studio のデータベース プロパティ] ページから、または以下の Transact SQL スクリプトを使用して行うことができます。
データベースを変更します。 データベース名 セット QUERY_STORE (OPERATION_MODE = CLEANUP_POLICY、READ_WRITE = (STALE_QUERY_THRESHOLD_DAYS = 0)、SIZE_BASED_CLEANUP_MODE = オフ)

さらに、ストアのクエリが読み取り専用モードに移行するを防ぐための手動のクリーンアップのオプションを検討してください。たとえば、定期的に、インスタンスをクリーンアップするのには、次のクエリを実行します。
データベースを変更します。 データベース名 セット QUERY_STORE をクリア

また、定期的に次のように実行クエリ ストア ストアド プロシージャの実行時の統計情報や、特定のクエリ プランを削除します。
  • sp_query_store_reset_exec_stats
  • sp_query_store_remove_plan
  • sp_query_store_remove_query

状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
について説明します 用語集 マイクロソフトは、ソフトウェアの更新に使用します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3178297 - 最終更新日: 07/26/2016 18:06:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft SQL Server 2016 Express, Microsoft SQL Server 2016 Standard, Microsoft SQL Server 2016 Web

  • kbqfe kbfix kbexpertiseinter kbsurveynew kbmt KB3178297 KbMtja
フィードバック