現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

ロールアップ修正プログラム 11 の System Center 2012 R2 Operations Manager

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3183990
概要
この資料では、Microsoft System Center 2012 R2 Operations Manager 用の更新プログラムのロールアップ 11 で修正される問題について説明します。この更新プログラムのインストール手順も含まれています。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

オペレーション ・ マネージャー

  • オペレーティング ・ システム上のページング ファイルが設定されていない場合は、ホストのクラッシュを監視するためにネットワーク探索が失敗しました。

    ページファイルのサイズを暗黙的に設定、オペレーティング ・ システム上のページング ファイルが設定されていない場合 0.監視ホストがクラッシュする場合に発生します。この更新プログラムは、このような例外を修正します。

  • 2016 のリリースからの移植の PuTTY 0.64 と 0.66 更新

    オペレーション マネージャー ssh ベースの管理の UNIX および Linux コンピューター (エージェントの検出とインストール、アップグレード、アンインストール) ここではサポートしている UNIX および Linux コンピューター SHA2 Hmac とキー交換アルゴリズムの変更により、RFC の 4419 (Ubuntu の 15.10、16.04 LTS) で指定されているものを要求するように構成されています。

  • WEU のワークスペースの登録 SCAdvisor コマンドレットを更新します。

    この更新プログラムは、米国東部以外の地域でを使用してワークスペースにオペレーション マネージャーの管理グループを登録するためのサポートを追加します 登録 SCAdvisor コマンドレットです。コマンドレットには、省略可能な追加のパラメーター (SettingServiceUrl)、ワークスペースの領域で、サービスを設定するための URL であります。このオプションを指定しない場合、ワークスペースは米国の東部であると見なされます。

  • ACS eventschema.xml には複数のイベントの監査の無効なパラメーター マッピング

    という名前のレポート Usage_ _Sensitive_Security_Groups_Changes するために使用 なし \ なし いくつかのイベントを によってを変更 列。いくつかのイベントで、 メンバーのユーザー 列には、追加または削除されたアカウントの代わりに変更を行ったユーザーのアカウント名が含まれています。この修正プログラムとして、この問題を解決する、 によってを変更 列には、変更を行ったユーザーのアカウント名が含まれていますし、 メンバーのユーザー 列には、該当する場合、追加または削除されたアカウントの名前が含まれています。

  • SNMPv3 を使用してネットワーク デバイスを監視するとメモリ リークが発生します。

    この更新プログラムは、SNMPv3 を使用してネットワーク デバイスを監視しているときに発生するネットワークの監視の領域にメモリ リークを修正します。

  • Web コンソールのユーザーは、データ ウェアハウスのパフォーマンスや、スコープ指定されたダッシュ ボード ビューの外側の SLA ウィジェットのデータを表示できます。

    この更新プログラムは、ユーザーが同じを読み込む前に開かれているダッシュ ボードへのアクセス権を持っていることを確認するのにはログインしているユーザーの検証を実装します。

  • ダウンタイムの期間は業務時間を考慮に入れていません

    営業時間営業時間] チェック ボックスがオフになっているときにも計算されています。この更新プログラムは、この問題を解決します。

    最新の RDL ファイルは、次の場所に配置されます。
    %SystemDrive%\Program を指定してシステム センター 2012 R2\Operations Manager\Server\Reporting

    RDL ファイルを更新するには、次の手順を実行します。
    1. Http:// に移動します。マシン名/Reports_INSTANCE1/Pages/Folder.aspxマシン名 サーバーをレポートします。
    2. このページでは、RDL ファイルを追加するフォルダーに移動します。この例では、をクリックします。 Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.Library.
    3. 上部の [アップロード] ボタンをクリックして新しい RDL ファイルをアップロードします。詳細についてを参照してください、 ファイルまたはレポート (レポート マネージャー) をアップロードします。 Microsoft Developer Network web サイトのトピックです。


  • Cisco 3172 PQ ネットワーク デバイスの認定の問題

    3172 PQ の Cisco ネットワーク デバイスとそのコンポーネントの監視で問題を修正します。

  • SCOM コンソールでの操作の管理スイート ビューで SCOM の評価のリンクを追加します。

    管理] ウィンドウの [操作の管理スイートの接続] ノードでは、運用マネージャーの評価については、リンクと操作のマネージャーの評価のための事前構成手順が追加されます。OMS のソリューションは、現在プライベート プレビューは、SCOM の評価してください接触、TAM またはその他の Microsoft の連絡先をソリューションへのアクセスを取得します。

  • Windows を実行しているサーバーと SQL Server のシードの関係

    動的グループのメンバーでは、動的なルールが Windows サーバーでホストされているリレーションシップに基づいている場合は表示されます。この修正プログラムは、ホストしているエンティティの取得を有効にします。

  • 警告のサブスクリプションは、常に 3 つの状態のモニターに対しては発生しません

    この更新プログラムでは、3 つの状態監視の構成の警告です。重大度は、モニターの正常性の状態と同期します。アラートの重大度の変更の通知サブスクリプションを作成できます。場合でも、警告と重要なモニターの状態を切り替えることにより、アラートの重大度レベルの維持、更新されると、アラートの重大度レベルの更新の通知が発生しました。

  • OMS を SCOM を接続すると、可用性は警告を要する状態にいくつか変更の管理サーバーの稼働状態を監視します。

    OMS のワークスペースは、特定のイベント ログを収集するために構成されている場合、そのワークスペースでは、警告を要する状態を変更するのには使用されている管理サーバー上の「可用性」モニターの正常性状態に接続されている管理サーバー上でこれらのイベント ログがない場合。この状態の変更の場合は固定されています。これにより、スイッチが警告を要する状態になります。

  • RunAs アカウント パスワードの有効期限は、ローカル ユーザー アカウントの入力規則に違反する Active directory のパスワード設定オブジェクトでは動作しません

    ADSystemInfo を使用してローカル アカウントを検証できませんでした。したがって、RunAs アカウントにローカル アカウントが追加されると、エラー イベントがイベント ビューアーに記録のローカル アカウントの検証中に例外です。この更新の後は、ローカル アカウントが検証されます。

  • カタログ ・ データベースの VersionIndependentGuid 列に MPB のエントリを更新します。

    この更新プログラムは、SCOM コンソール mpbs を更新するのにはオンライン カタログへの接続をしようとすると、管理サーバーで mpb の正しいインストールのステータスを表示するを有効にします。

  • MPB をインポートする最初の試行に失敗しました、MPB を再インポートする場合はできませんでした、SCOM コンソールを閉じて再度開く

    この更新プログラムは、終了して、最初の依存関係の問題のため失敗しました、mpb のインストールを実行する場合でも、SCOM コンソールを再び開くことがなく再ダウンロードし、mpb のインストールを使用できます。

  • シールまたはシールされていない管理パック内のグループの表示名フィールドの変更

    PowerShell コマンドレットを使用してグループ名の変更も、SCOM コンソールにその新しいグループ名が表示されていません。この更新プログラムがこの問題を解決し、SCOM コンソールに名前を変更したグループ名が表示されます正しくグループの名前です。

新しい Linux オペレーティング システムのバージョンがサポートされています。

  • System Center 2012 R2 Operations Manager では、Ubuntu Linux 16.04 LTS (x86 と x64) はサポートされています。

UNIX および Linux の管理パックで修正される問題

  • UNIX および Linux コンピューターの検出中に、 GetOSVersion.sh 場合は、sudo を使用できるユーザーを選択して、探索、sudo 権限の昇格時にスクリプトが実行されます。この更新プログラムにより、 GetOSVersion.sh sudo 権限の昇格を実行中のスクリプトし、sudoers フォルダーに承認する必要はありません。

  • によって実行されるスクリプト、 ExecuteScript 管理パック内のメソッドは、常に、/tmp フォルダーから実行します。この更新プログラムでは、スクリプトの一時フォルダーは構成可能なようになりました。別のフォルダーを使用するには、更新、シンボリック リンクへのリンクを選択した一時フォルダー。
    /etc/opt/microsoft/scx/conf/tmpdir

  • 探索ウィザードを使用して、RFC 4419、Ubuntu の 15.10 などに記載されているキー交換アルゴリズムを実装している sshd のバージョンと、UNIX または Linux コンピューターを検出できません。

  • NetStat などの他のツールも使用する場合は、AIX サーバー上で収集されたネットワークの統計情報がリセットされます。

  • 物理ディスクがオフラインの場合は、LVM のスナップショットが作成されると正しく表示されます。

入手して更新プログラムのロールアップ 11、System Center 2012 R2 Operations Manager をインストールする方法

ダウンロード情報

Operations Manager の更新プログラム パッケージでは、Microsoft update または手動でダウンロードが利用できます。

Microsoft Update
入手して、Microsoft Update から更新プログラム パッケージをインストールするには、運用マネージャーのコンポーネントがインストールされているコンピューターには以下の手順を実行。
  1. [ 開始 をクリックし、 コントロール パネル.
  2. [コントロール パネル] をダブルクリックします。 Windows Update.
  3. Windows Update ウィンドウで、次のようにクリックします。 オンラインの Microsoft Update から更新プログラムを確認します。.
  4. [ 重要な更新プログラムが利用可能です.
  5. 更新プログラムのロールアップ パッケージを選択しをクリックし、 わかりました.
  6. [ 更新プログラムをインストールします。 更新プログラム パッケージをインストールします。
手動で更新プログラム パッケージのダウンロード
Microsoft Update カタログから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするのには次の web サイトに移動します。


インストール手順

インストールに関する注意事項
  • この更新プログラムのロールアップ パッケージは、次の言語で利用可能な Microsoft Update からです。
    • 簡体字中国語 (CHS)
    • 日本語 (JPN)
    • フランス語 (FRA)
    • ドイツ語 (DEU)
    • ロシア (RUS)
    • イタリア語 (ITA)
    • スペイン語 (スペイン)
    • ポルトガル語 (ブラジル) (PTB)
    • 繁体字中国語 (CHT)
    • 韓国語 (KOR)
    • チェコ語 (CSY)
    • (NLD) オランダ語
    • ポーランド (POL)
    • ポルトガル語 (ポルトガル) (機関-PTG)
    • スウェーデン語 (スウェーデン語)
    • トルコ (TUR)
    • ハンガリー (HUN)
    • 英語 (英語)
    • 中国語 (香港) (香港)


  • いくつかのコンポーネントは複数の言語、およびこれらのコンポーネント用の更新プログラムはローカライズされません。
  • 管理者として、この更新プログラムのロールアップを実行する必要があります。
  • コンソールの更新プログラムの適用後にコンピューターを再起動したくない場合は、コンソールの役割の更新プログラムを適用する前に、コンソールを閉じます。
  • Microsoft Silverlight の新しいインスタンスを開始するに Silverlight では、ブラウザーのキャッシュをクリアして、Silverlight を再起動します。
  • システム センター 2012 R2 サーバーをインストールした直後後は、この更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールしません。それ以外の場合、正常性サービスの状態が初期化されないことができます。
  • ユーザー アカウント制御が有効な場合、ファイルを実行、.msp 更新プログラム管理者特権でコマンド プロンプトから。
  • これらのデータベースに更新プログラムを適用するには、オペレーション データベースとデータ ウェアハウスのデータベース ・ インスタンスでは、システム管理者の権限が必要です。
  • Web コンソールを有効にする修正は、%windir%\Microsoft.NET\Framework64\v2.0.50727\CONFIG\web.config ファイルに次の行を追加します。

    <machineKey validationkey="AutoGenerate,IsolateApps" decryptionkey="AutoGenerate,IsolateApps" validation="3DES" decryption="3DES"></machineKey>


    <b>次の資料、マイクロソフト サポート技術情報で説明したように [ <system.web>] セクションで、行を追加します。

    </system.web>
    911722 ASP.NET 1.1 から ASP.NET 2.0 にアップグレードした後に有効に ViewState をされている ASP.NET Web ページにアクセスするとエラー メッセージが表示される可能性があります。
  • System Center 2012 R2 Operations Manager 用の更新プログラム ロールアップ 1 に記載されているコマンドのタイムアウトの問題を一括データ ウェアハウス用の修正プログラムは、レジストリ キーを追加します。このキーは、データ ウェアハウスの一括挿入コマンドのタイムアウト値 (秒単位で設定) を使用できます。これらは、データ ウェアハウスに新しいデータを挿入するコマンドです。

    <b>既定一括挿入コマンド タイムアウトをオーバーライドする任意の管理サーバーでは、このキーを手動で追加する必要があります。

    レジストリの場所:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Microsoft Operations Manager\3.0\Data Warehouse

    DWORD 名:一括挿入コマンドのタイムアウトの秒数
    DWORD 値: 40

    <b>この値を秒単位で設定します。たとえば、40 秒間のタイムアウトでは、この値を40に設定します。

サポートされているインストールの順序
一定の順序で次の手順に従って、この更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールすることをお勧めします。
  1. 次のサーバ ・ インフラストラクチャの更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールします。
    • 管理サーバーまたはサーバー
    • 監査コレクション サービス
    • ゲートウェイ サーバー
    • Web コンソール サーバーの役割を持つコンピューター
    • オペレーション コンソールの役割を持つコンピューター


  2. (インストール情報を参照してください)、SQL スクリプトを適用します。
  3. 手動で管理パックをインポートします。
  4. エージェントの手動インストール、またはプッシュ オペレーション コンソールで、保留からのセットアップを表示するには、エージェントの更新プログラムを適用します。

オペレーション マネージャーの更新
更新プログラムのロールアップ パッケージをダウンロードして、更新プログラム ロールアップ パッケージに含まれているファイルを抽出、次の手順を実行します。
  1. コンピューターごとにマイクロソフトの更新プログラムを提供する更新プログラム パッケージをダウンロードします。マイクロソフトの更新プログラムは、各コンピューターにインストールされているコンポーネントによって適切な更新プログラムを提供します。ダウンロードしたり、 マイクロソフト ・ ダウンロード ・ カタログ.
  2. 各コンピューターに適切な MSP ファイルを適用します。

    <b>MSP ファイルは、更新プログラムのロールアップ パッケージに含まれます。特定のコンピューターに関連するすべての MSP ファイルを適用します。たとえば、web コンソールとコンソールの役割が管理サーバー上にインストールされている場合は、管理サーバー上の MSP ファイルを適用します。ロールごとに特定のサーバーを保持しているサーバー上の 1 つの MSP ファイルを適用します。

  3. OperationsManagerDW データベースに対してデータ ウェアハウス サーバー上のフローのデータ ウェアハウスの SQL スクリプトを実行します。

    UR_Datawarehouse.sql


    <b>このスクリプトは、次のパスにあります。

    更新プログラムのロールアップの %SystemDrive%\Program Files\System センター 2012 R2\Operations Manager\Server\SQL スクリプト

  4. OperationsManagerDB データベースに対してデータベース ・ サーバ上には、次のデータベースの sql スクリプトを実行します。

    Update_rollup_mom_db.sql

  5. 以下の管理パックをインポートします。
    • Microsoft.SystemCenter.TFSWISynchronization.mpb は、次の依存関係を持ちます。
      • Microsoft.SystemCenter.AlertAttachment.mpb は、System Center オペレーション マネージャー 2012 R2 メディアからインストールする必要があります。
      • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Library.mpb


    • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Component.Library.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Library.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.Advisor.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.Advisor.Internal.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.2007.mp
    • Microsoft.SystemCenter.Advisor.Resources。LANGUAGECODE_3LTR.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.SyntheticTransactions.Library.mp
    • Microsoft.SystemCenter.OperationsManager.Library.mp
    • Microsoft.SystemCenter.OperationsManager.Internal.mp
    • 次の依存関係を持っている Microsoft.SystemCenter.Apm.Web.IIS10.mp。
    • 次の依存関係を持っている Microsoft.SystemCenter.ClientMonitoring.Internal.mp。
      • Microsoft.SystemCenter.ClientMonitoring.Library.mp
      • Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.Library.mp
      • Microsoft.SystemCenter.ClientMonitoring.Views.Internal.mp

ディスクから管理パックをインポートする方法の詳細についてを参照してください、 オペレーション マネージャーの管理パックをインポートする方法 Microsoft TechNet web サイトのトピックです。

<b>次のパスのサーバー コンポーネントの更新プログラムでは、管理パックが含まれています。

R2\Operations Manager\Server\Management パックの更新プログラムのロールアップの %SystemDrive%\Program Files\System センター 2012

UNIX および Linux の管理パックの更新
監視パックを更新しを UNIX および Linux オペレーティング システム用のエージェントをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. System Center 2012 R2 Operations Manager 環境に更新プログラムのロールアップの 11 を適用します。
  2. システム センター 2012 R2 の更新された管理パックは、次のマイクロソフト web サイトからダウンロードします。


  3. 管理パック ファイルを抽出する管理パックの更新プログラム パッケージをインストールします。
  4. Linux または UNIX 環境で監視しているのバージョンごとに更新された管理パックをインポートします。
  5. オペレーション コンソールの [管理] ウィンドウで、UNIX および Linux エージェントのアップグレード ウィザード] または [更新プログラム SCXAgentの Windows PowerShell コマンドレットを使用して、各エージェントを最新バージョンにアップグレードします。

アンインストール情報

更新プログラムをアンインストールするには、次のコマンドを実行します。

msiexec/アンインストール PatchCodeGuidRTMProductCodeGuid

<b>このコマンドで、 PatchCodeGuid 次の Guid のいずれかを示すプレース ホルダーです。

PatchCodeGUIDコンポーネントアーキテクチャ言語
{1BEA7876-9751-4F7D-B0F3-AA920CF39FE8}エージェントamd64en
{76F2D605-EC96-46B9-AC5E-F19639FEFFA6}ACSamd64en
{6A3309C9-240C-4904-88B5-4A78F314D2C5}コンソールamd64en
{55C00A85-308D-4C7D-B81A-CEE4EC83B111}Web コンソール ・amd64en
{4A87E85B-3759-499E-9473-05409F238689}ゲートウェイamd64en
{99C8B4E6-D60C-45AE-9FC0-EA359FAF86F4}サーバーamd64en
{D6D17399-5A96-47C4-A713-3F0FEA09CC94}エージェントx86en
{BCE36471-9235-4719-AD7A-DEB3D54A98FE}コンソールx86en
{48131D44-B0CD-4865-9669-87F048DBA58B}ACSamd64cn
{2FC5B34E-B633-4B8F-9151-2E96244F2244}コンソールamd64cn
{E98CEFF0-1D04-4F17-872A-0AEEA54D41A7}Web コンソール ・amd64cn
{FD472D8D-A975-4CEB-AB13-87A581235688}コンソールx86cn
{C15BDE9B-5A72-44FB-926F-8CA9E69F465C}ACSamd64cs
{F9F50C29-3707-4D32-B3C3-241AD4D61978}コンソールamd64cs
{74EB14FC-3FF5-470E-8EF6-3619C28A6033}Web コンソール ・amd64cs
{549064C0-3099-4FAA-ADE3-DAA4863374BE}コンソールx86cs
{1F73EFB2-3815-47D5-ACD0-F573808378D7}ACSamd64de
{3A7535DD-D150-4631-ACBD-9893E6DC43A6}コンソールamd64de
{B54095F5-4F18-486D-8811-170156585C32}Web コンソール ・amd64de
{B9D0815D-0E13-4EF5-AE32-9F97CAFC5F36}コンソールx86de
{62C3D1E0-1303-4A05-895C-4401CF206A80}ACSamd64es
{583AE4E4-74CD-4695-9440-B7144AC33E62}コンソールamd64es
{8A274BF6-E20C-44CD-B724-630C605A7C7B}Web コンソール ・amd64es
{D2D2903C-68D2-4195-85DC-4B25A29E96FA}コンソールx86es
{97DC104B-EFBE-4868-AE47-23CF67851BF5}ACSamd64fr
{61536BE6-BB91-4243-9E2C-F26B844BB40A}コンソールamd64fr
{EA1A7E89-D343-4C7A-B4BE-6C64D5B19EB5}Web コンソール ・amd64fr
{35C97780-F577-48D9-956B-2BF82CF6411F}コンソールx86fr
{81F93A12-A772-45FF-8D46-B6BBB5ED98FA}ACSamd64%hu
{F51C647D-7F1A-48D5-97FE-5BE684085786}コンソールamd64%hu
{F3257928-75AF-448B-B267-C1029756B885}Web コンソール ・amd64%hu
{62E1EC9D-CC6C-4198-95DB-111598ED5102}コンソールx86%hu
{51759E23-3028-4441-8F76-424D3D5AACB7}ACSamd64その
{688B9BA1-8EC3-490C-A9A4-E1EE89D98848}コンソールamd64その
{02120E70-F5C0-4EA0-8D1B-A6697B54951C}Web コンソール ・amd64その
{85995C40-6514-46C4-8649-C1119B8ABF9E}コンソールx86その
{1B6CF01D-8160-43EE-B4B5-372B76AAE0D7}ACSamd64ja
{B80CA051-85A4-4A44-9911-73B5AD949986}コンソールamd64ja
{6EEEDDC6-0D3A-47FF-A12B-902F0D350A35}Web コンソール ・amd64ja
{F80D2870-2137-4057-8A16-3A3BC8EAE986}コンソールx86ja
{EA09412C-DB4F-4CB9-842E-0A9A61765CCB}ACSamd64ko
{04C9B6DE-21FF-488E-BC04-BF0E07E9D790}コンソールamd64ko
{8F7690E0-36A4-41A0-B09D-F3BB1C5C5112}Web コンソール ・amd64ko
{68D1C4B7-02E8-4A98-8EAE-EDDB4C8FBAA5}コンソールx86ko
{084ED1F2-9D61-416B-BC90-3F66EC0340C6}ACSamd64nl
{65CC7E5B-706C-4541-BD73-D0CF819C2F41}コンソールamd64nl
{9E14B898-8A7E-431A-9F93-86998E1332BE}Web コンソール ・amd64nl
{EBE50208-7D4F-4631-9449-1EF37D21C9ED}コンソールx86nl
{6B81C9DD-FC36-478E-B876-C68EEE2BE16D}ACSamd64pl
{3BB4AAA3-C499-4E84-BC81-F1DBDE7736F4}コンソールamd64pl
{18DA1B8B-FD9C-4ACD-A332-8CAC4946187F}Web コンソール ・amd64pl
{3A039978-4AC0-4269-8F78-BD58D72D7512}コンソールx86pl
{BA42BE64-F924-416A-9AAE-BB01E20025F6}ACSamd64pt br
{515FBAC3-33A0-49A0-8314-7695F0A9295A}コンソールamd64pt br
{2C17E5B0-1506-45A1-83A0-134D72BD849C}Web コンソール ・amd64pt br
{523B9168-CBE8-42A6-9CAF-9C8990389545}コンソールx86pt br
{20B04166-C75F-4888-B320-68332B91FB0D}ACSamd64pt pt
{18EEFC74-5D2F-48A5-8DE4-31F42223DC50}コンソールamd64pt pt
{F3A6766B-4489-49D2-9780-4949798276AE}Web コンソール ・amd64pt pt
{574D845A-C015-4F89-8009-596714254972}コンソールx86pt pt
{8EE59C2D-C836-4B4D-B2AD-0392493AA326}ACSamd64ru
{8E522503-43D2-4B80-B7B7-C811F45FF444}コンソールamd64ru
{D7ECABB4-0F0F-45A5-A902-42DBC8E541CD}Web コンソール ・amd64ru
{6D9E5D5F-1F8B-4C0B-A38E-7BAC7C46C8CD}コンソールx86ru
{B380D52B-0B1B-4989-B9E1-41B423225AE2}ACSamd64sv
{5B40DB9C-A8CF-44A4-A6FC-AF9C935B4CB7}コンソールamd64sv
{7707CE00-A504-412E-A08F-0B37B7F1FE49}Web コンソール ・amd64sv
{A841DDFD-B866-414E-B890-4018EFD5CEEE}コンソールx86sv
{9DAD88AA-53CB-45B2-855A-B664D5944B86}ACSamd64tr
{186557C7-16B8-4ACB-AFBA-C4F8AE9D4404}コンソールamd64tr
{EC90F781-A454-42F5-9F85-A6AAB8AC592C}Web コンソール ・amd64tr
{9E5B81EA-3A5D-49E1-839A-57AB87EA015E}コンソールx86tr
{6D789E32-1498-4260-966D-4D443B081275}ACSamd64tw
{144C4761-D54E-4D5A-8222-7633A049BD6C}コンソールamd64tw
{C4827A89-5D87-4AF8-8B87-BAD2690821D1}Web コンソール ・amd64tw
{1B5EA902-0753-4FD5-B648-21C74B8C0A31}コンソールx86tw
{406E605B-007D-4058-BA84-8C01DA75E106}ACSamd64zh-(香港)
{043BBE6A-3570-4B34-A423-8C55406AC01E}コンソールamd64zh-(香港)
{4333D68C-3A48-42EF-9C8E-80A05B0F9012}Web コンソール ・amd64zh-(香港)
{5DED5981-BE98-45F3-A792-85DCDD3B5F82}コンソールx86zh-(香港)


さらに、 RTMProductCodeGuid プレース ホルダーでは、次の Guid のいずれかを表します。

コンポーネントRTMProductCodeGuid
サーバー{C92727BE-BD12-4140-96A6-276BA4F60AC1}
コンソール (AMD64){041C3416-87CE-4B02-918E-6FDC95F241D3}
コンソール (x86){175B7A24-E94B-46E5-A0FD-06B78AC82D17}
Web コンソール ・ (AMD64){B9853D74-E2A7-446C-851D-5B5374671D0B}
ゲートウェイ{1D02271D-B7F5-48E8-9050-7F28D2B254BB}
ACS{8574A035-1191-4EBA-BA6C-1F4D37171CE2}
エージェント (AMD64){786970C5-E6F6-4A41-B238-AE25D4B91EEA}
エージェント (x86){B4A63055-7BB1-439E-862C-6844CB4897DA}

この更新プログラムのロールアップで更新されたファイル

System Center 2012 R2 の Operations Manager で更新されるファイルの更新します。
この更新プログラムのロールアップに変更されたファイルの一覧を次に示します。以前のすべての更新プログラム ロールアップがインストールされている必要はない場合、は、ここに記載されている以外のファイルも更新する場合があります。更新されるファイルの一覧については、以降、現在の更新プログラムのロールアップにリリースされたすべての更新プログラム ロールアップの「ファイルが更新のこの更新プログラムのロールアップ」セクションを参照してください。

更新されるファイルバージョンサイズ
sm snmp.dll7.1.10285.0630 KB
Microsoft.EnterpriseManagement.UI.Administration.dll7.1.10226.12394.21 MB
sm sms.dll7.1.10285.0144 KB
sshcom.dll7.5.1057.081 KB
sshlib.dll7.5.1057.0345 KB
momsshmodules.dll7.5.1057.0312 KB
Microsoft.SystemCenter.OperationsManagerV10.Commands.dll7.1.10226.1239647 KB
EventSchema.xml7.1.10226.12392.01 MB
Microsoft.EnterpriseManagement.Management.DataProviders.dll7.1.10226.1239581 KB
monitoringportal.xap7.1.10226.12393.95 MB
Microsoft.EnterpriseManagement.UI.Reporting.dll7.1.10226.12391.2 MB
oid2type_Cisco.conf7.1.10226.1239400 KB
HealthService.dll7.1.10285.03.17 MB
MOMModules2.dll7.1.10285.0253 KB
Microsoft.SystemCenter.Advisor.Resources。(LANGUAGECODE_3LTR) .mpb7.1.10226.122676 KB
Microsoft.SystemCenter.Advisor.mpb7.1.10226.1239360 KB
Microsoft.SystemCenter.2007.mp7.1.10226.1239426 KB
update_rollup_mom_db.sql7.1.10226.1239246 KB
Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.Downtime.rdl7.1.10226.1239129 KB
Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.Availability.rdl7.1.10226.1239193 KB
Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.AvailabilityMonitor.rdl7.1.10226.1239290 KB
Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.AvailabilityTime.rdl7.1.10226.1239150 KB

UNIX および Linux の管理パックの更新プログラムで更新されるファイル

この更新プログラムのロールアップに変更されたファイルの一覧を次に示します。以前のすべての更新プログラム ロールアップがインストールされている必要はない場合、は、ここに記載されている以外のファイルも更新する場合があります。更新されるファイルの一覧については、「ファイルは、この更新プログラムのロールアップで更新」のセクションの現在の更新プログラムのロールアップにリリースされたすべての更新プログラム ロールアップを参照してください。

変更されるファイル ファイル サイズ バージョン
Microsoft.ACS.Linux.RHEL.7.mp 19.16 KB 7.5.1060.0
Microsoft.AIX.5.3.mpb 15.5 MB 7.5.1060.0
Microsoft.AIX.6.1.mpb 15.51 MB 7.5.1060.0
Microsoft.AIX.7.mpb 14.53 MB 7.5.1060.0
Microsoft.AIX.Library.mp 30.66 KB 7.5.1060.0
Microsoft.HPUX.11iv2.mpb 20.47 MB 7.5.1060.0
Microsoft.HPUX.11iv3.mpb 19.46 MB 7.5.1060.0
Microsoft.HPUX.Library.mp 30.66 KB 7.5.1060.0
Microsoft.Linux.Library.mp 30.66 KB 7.5.1060.0
Microsoft.Linux.RedHat.Library.mp ある 14.66 KB 7.5.1060.0
Microsoft.Linux.RHEL.4.mpb 7.82 MB 7.5.1060.0
Microsoft.Linux.RHEL.5.mpb 7.77 MB 7.5.1060.0
Microsoft.Linux.RHEL.6.mpb 7.31 MB 7.5.1060.0
Microsoft.Linux.RHEL.7.mpb 2.3 MB 7.5.1060.0
Microsoft.Linux.SLES.10.mpb 7.15 MB 7.5.1060.0
Microsoft.Linux.SLES.11.mpb 4.65 MB 7.5.1060.0
Microsoft.Linux.SLES.12.mpb 1.82 MB 7.5.1060.0
Microsoft.Linux.SLES.9.mpb 3.57 MB 7.5.1060.0
Microsoft.Linux.SUSE.Library.mp ある 14.66 KB 7.5.1060.0
Microsoft.Linux.Universal.Library.mp ある 14.66 KB 7.5.1060.0
Microsoft.Linux.Universal.Monitoring.mp 82.66 KB 7.5.1060.0
Microsoft.Linux.UniversalD.1.mpb 13.98 MB 7.5.1060.0
Microsoft.Linux.UniversalR.1.mpb 12.61 MB 7.5.1060.0
Microsoft.Solaris.10.mpb 26.56 MB 7.5.1060.0
Microsoft.Solaris.11.mpb 26.29 MB 7.5.1060.0
Microsoft.Solaris.9.mpb 13.62 MB 7.5.1060.0
Microsoft.Solaris.Library.mp 21.66 KB 7.5.1060.0
Microsoft.Unix.Library.mp 82.66 KB 7.5.1060.0
Microsoft.Unix.LogFile.Library.mpb 86.5 KB 7.5.1060.0
Microsoft.Unix.Process.Library.mpb 98 KB 7.5.1060.0
Microsoft.Unix.ShellCommand.Library.mpb 68 KB 7.5.1060.0

プロパティ

文書番号:3183990 - 最終更新日: 08/31/2016 10:03:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft System Center 2012 R2 Operations Manager

  • kbqfe kbsurveynew kbfix kbexpertiseinter atdownload kbmt KB3183990 KbMtja
フィードバック
s.js'><\/script>");