MS16-126: Microsoft Internet Messaging API のセキュリティ更新プログラムについて2016 年 10 月 12 日

概要
このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Windows の脆弱性を解決します。Microsoft Internet Messaging API がメモリ内のオブジェクトの処理を不適切な方法で行った場合は、情報漏えいの脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ディスク上の特定のファイルの存在をテストすることが可能になります。

この脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-126 を参照してください。
詳細
重要

  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。
このセキュリティ更新プログラムの既知の問題
このセキュリティ更新プログラムをインストールした後に、System Center Operations Manager (SCOM) 管理コンソールが [状態] ビューでクラッシュします。

この問題を解決するには、次の更新プログラムをインストールします。
3200006 MS16-118 と MS16-126 のインストール後に System Center Operations Manager 管理コンソールがクラッシュする
更新プログラムの入手方法およびインストール方法

方法 1: Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update を介して利用可能です。自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。自動更新を有効にする方法の詳細については、「セキュリティ更新プログラムを自動的に入手」を参照してください。

方法 2: Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトにアクセスします。

方法 3: Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得できます。ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

搭載されている Windows のバージョンに対応するマイクロソフト セキュリティ情報 MS16-126 のダウンロード リンクをクリックします。
詳細

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

更新プログラムのインストールのヘルプ: Windows Update サポート ページ

IT 専門家のためのセキュリティ ソリューション: セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート: その他の地域のサポート
ファイル情報

ファイル ハッシュ情報

File nameSHA1 hashSHA256 hash
Windows6.0-KB3193515-x86.msu40537D593971422FEE7053B3FCBFBCAA0696563A3F16247881CB3B49BC57A657B3A534B1D91F2B5042A5588013B0C0C89E29CF71
Windows6.0-KB3193515-ia64.msu33DA033AFA05256F3E905CB220A7719D8CCCF818D0B93960E6334E135119E18CAF61BF803CB114E623C03A09C8066D2193F3D6B1
Windows6.0-KB3193515-x64.msu2684984FFF8C36E6FDEEBBEF5AE73A8CA31030CAE3D0DB46FA886E4CE1CED855306F357BA087621972779A5D98F59512EA6011F9

ファイル情報

このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイルがインストールされます。

Windows Vista および Windows Server 2008 のファイル情報

注意事項

  • 特定の製品、マイルストーン (RTM、SPn)、および区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、次表に記載されているファイルのバージョン番号を調べると確認できます。
    バージョン 製品 マイルストーン 区分
    6.0.600 2.19xxxWindows Vista または Windows Server 2008SP2GDR
    6.0.600 2.23xxxWindows Vista または Windows Server 2008SP2LDR
  • GDR 区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされているそれらの修正プログラムのみが含まれています。LDR 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。
  • インストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は記載されていません。


サポートされているすべてのバージョン (x86 ベース)
File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Inetcomm.dll6.0.6002.19694739,32815-Sep-201601:29x86
Inetres.dll6.0.6002.1969484,48015-Sep-201600:01x86
Inetcomm.dll6.0.6002.24018739,84015-Sep-201600:44x86
Inetres.dll6.0.6002.2401884,48014-Sep-201623:54x86


サポートされているすべてのバージョン (ia64 ベース)
File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Inetcomm.dll6.0.6002.196942,331,64815-Sep-201601:20IA-64
Inetres.dll6.0.6002.1969484,48015-Sep-201600:07IA-64
Inetcomm.dll6.0.6002.240182,332,16015-Sep-201600:40IA-64
Inetres.dll6.0.6002.2401884,48015-Sep-201600:00IA-64
Inetcomm.dll6.0.6002.19694739,32815-Sep-201601:29x86
Inetres.dll6.0.6002.1969484,48015-Sep-201600:01x86
Inetcomm.dll6.0.6002.24018739,84015-Sep-201600:44x86
Inetres.dll6.0.6002.2401884,48014-Sep-201623:54x86


サポートされているすべてのバージョン (x64 ベース)
File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Inetcomm.dll6.0.6002.19694975,87215-Sep-201601:41x64
Inetres.dll6.0.6002.1969484,48015-Sep-201600:23x64
Inetcomm.dll6.0.6002.24018975,87215-Sep-201601:04x64
Inetres.dll6.0.6002.2401884,48015-Sep-201600:17x64
Inetcomm.dll6.0.6002.19694739,32815-Sep-201601:29x86
Inetres.dll6.0.6002.1969484,48015-Sep-201600:01x86
Inetcomm.dll6.0.6002.24018739,84015-Sep-201600:44x86
Inetres.dll6.0.6002.2401884,48014-Sep-201623:54x86
悪質な攻撃者のエクスプロイト
プロパティ

文書番号:3193515 - 最終更新日: 10/24/2016 11:24:00 - リビジョン: 2.0

Windows Server 2008 Service Pack 2, Windows Vista Service Pack 2

  • atdownload kbbug kbexpertiseinter kbfix kbsecbulletin kbsecurity kbsecvulnerability KB3193515
フィードバック