現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[MS04-022] タスク スケジューラの脆弱性により、コードが実行される

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

マイクロソフトはセキュリティ情報 MS04-022 を公開しました。このセキュリティ情報には、ファイルの一覧情報、展開オプションを始め、セキュリティ更新プログラムの関連情報がすべて記載されています。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

既知の問題

  • 次の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料に記載されている問題が発生することがあります。
    871245 Windows 2000 でスケジュールされたタスクを削除すると、エラー メッセージ "Cannot delete this scheduled job" が表示される
    : 資料 871245 は、資料 873405 によって置き換えられました。 873405 の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    873405 Windows 2000 でスケジュールされたタスクを削除すると、NetScheduleJobDel 関数がエラー メッセージ "AT のジョブ ID が存在しません" を返す
  • Microsoft Windows NT 4.0 ベースのコンピュータにこのセキュリティ更新プログラムをインストールしようとすると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
    この修正プログラムは Windows NT 4.0 だけにインストールできます。
    この問題は、タスク スケジューラが Windows NT 4.0 ベースのコンピュータにインストールされていない場合に発生することがあります。Mstask.dll ファイルがコンピュータ上にない場合、この資料に記載されているセキュリティ更新プログラムは必要ありません。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 841873 (最終更新日 2005-04-05) を基に作成したものです。
update security_patch security_update security bug flaw vulnerability malicious attacker exploit remote code execution application name validation unauthenticated specially-formed scope specially-crafted WinXP Win2000 IE6 WinNT TSE atdownload 64bit 64-bit
プロパティ

文書番号:841873 - 最終更新日: 03/24/2006 08:58:00 - リビジョン: 8.2

Microsoft Windows XP Professional 64-Bit Edition (Itanium), Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Tablet PC Edition, Microsoft Windows XP Media Center Edition, Microsoft Windows 2000 Professional, Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Datacenter Server, Microsoft Internet Explorer 6.0

  • kbbug kbfix kbsecvulnerability kbqfe kbsecurity kbsecbulletin kbwinxppresp2fix kbwin2000presp5fix atdownload kbhotfixserver KB841873
フィードバック
>