現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

レジストリ エントリを設定して、メタファイルの処理を無効にする

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
概要
特別なセキュリティ要件のあるユーザーの要望により柔軟に対応するために、マイクロソフトはレジストリ キーの設定でフラグを設定し、システム全体でメタファイルの処理をすべて無効にする方法を提供しています。この設定は、Windows Vista を実行しているすべてのユーザー、およびセキュリティ更新プログラム 925902 を適用したユーザーが使用できます。セキュリティ更新プログラム 925902 はセキュリティ情報 MS07-017 に記載されています。

メタファイルの処理を無効にすると、ソフトウェアやシステム コンポーネントの表示に関する品質が低下します。また、ソフトウェアやシステム コンポーネントがまったく動作しなくなることもあります。次のような現象が発生します。
  • コンピュータで印刷できません。
  • コンピュータ上のアプリケーションでクリップ アートが表示できないことがあります。
  • OLE を使用してレンダリングを行う場合に、レンダリングが機能しないことがあります。この問題は特に、オブジェクト サーバーがアクティブになっていない場合に発生します。
重要 : これは、実際に攻撃を受けていて、最新の GDI セキュリティ更新プログラムを迅速に展開できない場合に、緊急手段として実行することのみを目的としています。メタファイルの処理をすべて無効にする方法は完全にはテストされていません。できるだけ早くこの設定を 0 に戻し、最新版の GDI セキュリティ更新プログラムをインストールして、セキュリティを強化し、すべての機能を回復する必要があります。レジストリ キー DisableMetaFiles を設定する方法については、「詳細」を参照してください。
詳細
警告 : レジストリ エディタまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリの変更により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。

GDI メタファイルの処理を無効にする

GDI メタファイルの処理を無効にするには、レジストリ エントリ DisableMetaFiles の値を 1 に設定します。このエントリは REG_DWORD 型で、次のレジストリ サブキーにあります。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\GRE_Initialize
: このレジストリ エントリが 0 以外の値に設定されている場合、GDI メタファイルの処理は無効になります。

このエントリの値を設定するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\GRE_Initialize
  3. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
  4. DisableMetaFiles と入力し、Enter キーを押します。
  5. レジストリ エントリ DisableMetaFiles を編集するには、[編集] メニューの [変更] をクリックします。
  6. [値のデータ] ボックスに 1 と入力し、[OK] をクリックします。
  7. レジストリ エディタを終了します。

GDI メタファイルの処理を有効にする

GDI メタファイルの処理を有効にするには、レジストリ エントリ DisableMetaFiles の値を 0 に設定します。このエントリは REG_DWORD 型で、次のレジストリ サブキーにあります。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\GRE_Initialize
このエントリの値を設定するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\GRE_Initialize
  3. 詳細ウィンドウで
    DisableMetaFiles
    をダブルクリックします。
  4. [値のデータ] ボックスに 0 と入力し、[OK] をクリックします。
  5. レジストリ エディタを終了します。
security_patch security_update bug flaw malicious attacker exploit registry unauthenticated buffer overrun overflow specially-formed scope specially-crafted denial of service DoS TSE Win2000
プロパティ

文書番号:941835 - 最終更新日: 09/03/2007 08:38:00 - リビジョン: 1.1

  • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 1
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
  • Microsoft Windows XP Service Pack 2
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 4
  • kbbug kbfix kbsecvulnerability kbqfe kbsecurity kbsecbulletin kbpubtypekc kbwin2000presp5fix kbexpertiseinter kbexpertisebeginner KB941835
フィードバック