現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows Server 2008 フェールオーバー クラスタに関するマイクロソフト サポート ポリシー

はじめに
この資料では、Windows Server 2008 フェールオーバー クラスタの実装に関するマイクロソフト サポート ポリシーについて説明します。Windows Server 2008 フェールオーバー クラスタ ソリューションが Microsoft Customer Support Services (CSS) によって正式にサポート対象ソリューションと見なされるためには、次の条件を満たしている必要があります。
  • すべてのハードウェア コンポーネントおよびソフトウェア コンポーネントが認定を受け、“Certified for Windows Server 2008” ロゴを取得している。
  • 完全に構成されたソリューションが、フェールオーバー クラスタの管理スナップインの検証テストに合格している。

Windows Server 2008 での変更点

クラスタ ソフトウェアを構成する前に、Windows Server 2008 を実行している完全に構成されたハードウェアで、クラスタ検証プロセスを実行していることを確認します。クラスタ検証プロセスでは、クラスタを実装して運用環境に導入する前に、ハードウェア、ソフトウェアなどの潜在的な構成の問題を特定します。クラスタ検証プロセスは、Windows Server 2008 の Windows Server ロゴ プログラムの認定を受けたハードウェアおよびソフトウェアで実行する必要があります。

Windows Server 2008 では、提案ソリューションが完全な検証テストに合格している必要があります。検証では、クラスタとしての使用を目的としたサーバー群に対して、一連の専用テストが実行されます。これらのテストでは、次の機能が実行されます。
  • ハードウェア インベントリとソフトウェア インベントリ
  • ネットワーク分析
  • 記憶域テスト
  • システム構成
各テストの詳細については、オンライン ヘルプの Windows Server 2008 フェールオーバー クラスタ検証に関するトピックを参照してください。

: フェールオーバー クラスタの管理スナップイン内のウィザード方式のプロセスで生成されるレポートはすべて、%systemroot%\cluster\Reports ディレクトリに格納されます。

一般的に、フェールオーバー クラスタ機能をインストールして提案ソリューションを検証する前に、完全に構成されたソリューションに対して検証テストを実行する必要があります。すべてのテストの結果には、次のいずれかのマークが表示される必要があります。
  • 緑色のチェック マーク (合格)
  • 黄色の標識マーク (警告)

    : 黄色の標識マークは、提案ソリューションにおいて、マイクロソフトの推奨事項に合致していない項目を示しますが、その項目の動作には問題ありません。
個別のテストに赤い "X" マーク (失敗) が表示された場合、ソリューションの該当する部分は Windows Server 2008 フェールオーバー クラスタでは動作しません。この場合、他のすべてのテストは実行されず、クラスタをインストールする前にその問題を解決する必要があります。

クラスタの主要なコンポーネントが変更または更新された場合にも、検証テストを実行する必要があります。次に示す例のような構成の変更を行った場合には、再度検証テストを実行するまで、そのクラスタ構成のサポートを受けることはできません (下記の一覧以外にも、検証テストの再実行が必要な場合があります)。
  • クラスタへのノードの追加
  • ストレージ ハードウェアのアップグレードまたは交換
  • ホスト バス アダプタ (HBA) のファームウェアまたはドライバのアップグレード
  • マルチパス ソフトウェアまたは DSM の更新
  • ネットワーク アダプタの変更または更新
Microsoft Support では、一般的なトラブルシューティング手順の一部として、運用クラスタに対して検証テストを実行するよう要請することがあります。この場合、検証テストでは、ハードウェア インベントリとソフトウェア インベントリ、ネットワーク テスト、システム構成の検証を行います。また、特定の状況では、完全なテストの一部のみを実行することがあります。たとえば、ネットワークの問題をトラブルシューティングする場合、Microsoft Support はハードウェア インベントリとソフトウェア インベントリ、および運用クラスタに対するネットワーク テストのみを実行するよう要請することがあります。

Microsoft Support が運用クラスタに対する検証テストの実行を要請する他の状況として、一部の根本的な記憶域の構成の変更または障害が原因で、クラスタ記憶域に障害が発生している場合があります。ディスク リソースおよびこれらのディスクが依存するリソースは、テスト中にオフラインになることに注意してください。ただし、この記憶域テストは、障害の原因の特定に役立つ場合があります。そのため、運用環境でダウンタイムを許容できる場合は、この記憶域テストを実行してください。

地理的に分散したクラスタ

共通の共有ディスクがなく、代わりにノード間のデータ レプリケーションを使用するフェールオーバー クラスタ ソリューションでは、クラスタ検証の記憶域テストに合格しないことがあります。この構成は、ノードが複数の地域にまたがって存在するクラスタ ソリューションでは一般的です。あるノードから別のノードに外部共有記憶域を使用してフェールオーバーする必要がないクラスタ ソリューションの場合は、記憶域テストに合格しなくても、完全なサポートを受けることができます。フェールオーバー時のデータへのアクセスに関する問題については、データ レプリケーション ベンダにお問い合わせください。
詳細
以前のリリースの Windows Server のクラスタ ソリューションをマイクロソフトが正式にサポートするには、そのエンド ツー エンド ソリューションが Windows Server Catalog の Cluster Solutions カテゴリの一覧に記載されている必要があります。これは、次のオペレーティング システムの場合に該当します。
  • Windows Server 2003 Datacenter Server
  • Windows Server 2003 Enterprise Edition
  • Windows Server 2003 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
Windows Server Catalog の詳細については、次の Web サイトを参照してください。Windows 2000 Server および Windows Server 2003 のクラスタについては、Windows Server Catalog の Cluster Solutions カテゴリの一覧に記載されている完全なクラスタ ソリューションのみが CSS によって完全にサポートされています。

以前のバージョンのオペレーティング システムに関するマイクロソフト サポート ポリシーの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
309395 サーバー クラスタに関するマイクロソフトのサポート ポリシーと、ハードウェア互換性リストおよび Windows Server Catalog
プロパティ

文書番号:943984 - 最終更新日: 02/06/2008 07:13:47 - リビジョン: 1.4

Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems, Windows Server 2008 Standard

  • kbexpertiseadvanced kbinfo KB943984
フィードバック