[FIX] SQL Server 2008 をインストールすると、インストールに失敗し、エラー メッセージ "属性が一致していません" が Summary.txt ファイルに記録される

Bug # : 50003401 (SQL Hotfix)

マイクロソフトでは、Microsoft SQL Server 2008 の修正を 1 つのダウンロード可能なファイルとして配布しています。 修正は累積的であるため、新しいリリースの修正には、以前のリリースの SQL Server 2008 の修正に含まれていたすべての修正プログラムおよびセキュリティ更新プログラムが含まれます。
現象
Microsoft SQL Server 2008 をインストールすると、インストールに失敗します。 Summary.txt ファイルに次のエラー メッセージが出力されます。
Microsoft.SqlServer.Chainer.Infrastructure.InputSettingValidationException

属性が一致していません。 現在の属性 (Hidden, System, Directory, Archive)、含まれる属性 (0)、除外される属性 (Archive, Compressed, Encrypted)。
: Summary.txt ファイルは、次のフォルダにあります。
<SQLInstallFolder>\100\Setup Bootstrap\Log
原因
この問題は、SQL Server 2008 のインストール フォルダにアーカイブ属性が設定されていることが原因で発生します。 アーカイブ属性は除外一覧に含まれており、SQL Server 2008 セットアップ プログラムがセットアップ プロセス時にインストール フォルダを検証する対象から除外されます。
解決方法
この問題に対する修正は、累積的な更新プログラム パッケージ 1 で最初にリリースされました。 SQL Server 2008 の累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
956717 SQL Server 2008 の累積的な更新プログラム パッケージ 1 について
: ビルドは累積的であるため、新しいリリースの修正には、以前のリリースの SQL Server 2008 の修正に含まれていたすべての修正プログラムおよびセキュリティ更新プログラムが含まれます。 この修正プログラムが含まれている最新リリースの修正の適用を検討することを推奨します。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
956909 SQL Server 2008 のリリース以降にリリースされた SQL Server 2008 のビルドについて
回避策
この問題を回避するには、インストール フォルダからアーカイブ属性を削除します。 これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. アーカイブ属性が設定されているフォルダが含まれるフォルダを開きます。
  2. アーカイブ属性を削除するフォルダを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [全般] タブで、[詳細設定] をクリックします。
  4. [属性の詳細] タブで、[フォルダをアーカイブ可能にする] チェック ボックスをオフにします。
インストール フォルダが存在しない場合は、最も近い親フォルダのアーカイブ属性を削除します。 たとえば、SQL Server 2008 を次のフォルダにインストールします。
C:\FolderA\FolderB\FolderC
このとき、FolderC が存在せず、 FolderB フォルダにアーカイブ属性が設定されているとします。 この状況では、FolderB フォルダからアーカイブ属性を削除する必要があります。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
この修正プログラムは、SQL Server 2008 の累積的な更新プログラム パッケージ 1 の Sqlsupport.msi パッケージに統合されています。SQL Server 2008 の累積的な更新プログラム パッケージ 1 の Sqlsupport.msi パッケージをインストールすると、リリース バージョンの SQL Server 2008 のインストールを開始するときに、アーカイブ属性が設定されているインストール フォルダを確認する必要がなくなります。 インストール フォルダにアーカイブ属性が設定されている場合は、アーカイブ属性が自動的に削除されます。 変更されるファイル、およびこの「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料に記載されている修正プログラムが含まれる累積的な更新プログラム パッケージを適用するための必要条件を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
956717 SQL Server 2008 の累積的な更新プログラム パッケージ 1 について
関連情報
SQL Server 2008 以降にリリースされたビルドの一覧を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
956909 SQL Server 2008 のリリース以降にリリースされた SQL Server 2008 のビルドについて
SQL Server の増分サービス モデル (ISM) の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
935897 報告された問題に対する修正プログラムを提供する SQL Server チームの増分サービス モデル (ISM) について
SQL Server の更新プログラムの命名方式の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
822499 Microsoft SQL Server ソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい命名方式
ソフトウェア更新プログラムに関する用語の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
속성

문서 ID: 957453 - 마지막 검토: 04/30/2009 11:39:53 - 수정: 1.1

Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2008 Web, Microsoft SQL Server 2008 Workgroup, Microsoft SQL Server 2008 Standard Edition for Small Business

  • kbautohotfix kbhotfixrollup kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbhotfixserver KB957453
피드백