現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

FIX、WCF でのセキュリティ保護されていないトランスポート経由で送信するのには、混合モード セキュリティで保護されたメッセージの SecurityBindingElement.AllowInsecureTransport プロパティを追加する修正プログラムは。NET Framework 3.5 SP1

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:971831
はじめに
資料に記載されている修正プログラムを追加します。 AllowInsecureTransport プロパティには、 SecurityBindingElement Microsoft のクラスです。NET Framework 3.5 Service Pack 1 (SP1)。このプロパティの既定値は False に設定されます。このプロパティを True に設定するで、セキュリティ保護されていないトランスポート (HTTP など)、Windows 通信基盤 (WCF) サービスで、混在モードのセキュリティで保護されたメッセージを送信できます。プロパティと、クライアントとサービスは、信頼されている環境では True に設定する必要があります。
解決方法
サポートされている修正プログラム今すぐから利用します。[マイクロソフト]。ただし、これはある問題のみを修正するものです。この資料で説明します。これが発生しているシステムにのみ適用します。問題を特定します。この修正プログラムは、今後さらにテストが表示されます。したがって場合は、深刻な影響ない待つことこの問題の影響をお勧めは、この修正プログラムを含む次の service pack。

この問題を解決するのにはすぐには、マイクロソフト カスタマー サポート サービス、修正プログラムを入手するに問い合わせてください。マイクロソフト カスタマー サポート サービスの電話番号の一覧についてサポートのコストに関する情報は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。メモ まれに、料金が通常の免除されます。Microsoft Support 担当者が判断した場合サポート コール キャンセル可能性があります。特定の更新に問題が解決します。通常のサポート料金が追加の質問およびの対象とならない問題について適用、特定の更新プログラムにします。

この修正プログラムを MSDN コード ギャラリーからダウンロードするのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
メモ MSDN コード ギャラリーの修正プログラムを入手できる言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合コード ギャラリー リソース ページがその言語の利用できないためにです。

メモ また、この修正プログラム ロールアップは、次のマイクロソフト接続 Web サイトからダウンロードできます。

前提条件

使用する必要があります。NET Framework 3.5 Service Pack インストール 1 (SP1)この修正プログラムを適用します。

再起動の必要性

これを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。修正プログラムのインスタンスがある場合、します。NET Framework は使用中です。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、他の修正プログラムに置き換えられない。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版にファイルがあります。属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表に記載されています。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻で一覧表示されます。(UTC) です。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。するにはUTC とローカル時刻との時差を確認、使用、 時間ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール内の項目パネルです。
Windows Vista SP2 と Windows サーバー 2008 SP2 は、x 86 ベースのバージョン:
ファイル名ファイルのバージョンファイルサイズ日付時間プラットフォーム
Servicemonikersupport.dll3.0.4506.413517,2402009 の 6 月 25 日06: 57x 86
System.runtime.serialization.dll3.0.4506.4135970,7522009 の 6 月 25 日06: 57x 86
System.servicemodel.dll3.0.4506.41355,935,1042009 の 6 月 25 日06: 57x 86
Windows Vista SP2 および x x64 ベース バージョンの Windows サーバー 2008 SP2。
ファイル名ファイルのバージョンファイルサイズ日付時間プラットフォーム
Servicemonikersupport.dll3.0.4506.413519,2882009 の 6 月 25 日06: 57x64
System.runtime.serialization.dll3.0.4506.4135847,87225 Jun200906: 57x64
System.servicemodel.dll3.0.4506.41355,271,5522009 の 6 月 25 日06: 57x64
Windows サーバー 2008 SP2 は、Itanium ベースのバージョン
ファイル名ファイルのバージョンファイルサイズ日付時間プラットフォーム
Servicemonikersupport.dll3.0.4506.413533,6402009 の 6 月 25 日06: 58IA-64
System.runtime.serialization.dll3.0.4506.4135847,8722009 の 6 月 25 日06: 58IA-64
System.servicemodel.dll3.0.4506.41355,271,5522009 の 6 月 25 日06: 58IA-64
状況
マイクロソフトこれに記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認しています「対象」のセクションで。
詳細
WCF 3 種類のセキュリティ モードとトランスポート セキュリティ、メッセージ セキュリティと混合モード セキュリティをサポートしています。
  • 転送バイト ストリーム メッセージ層の下にはトランスポート セキュリティが適用されます。メッセージのセキュリティ ヘッダーがないと、メッセージは、ユーザー認証データを実行しません。Ws-security の使用量の観点から、少なくとも柔軟で、トランスポートに大きく依存しています。パフォーマンスの面で最も高速です。
  • メッセージ セキュリティは、メッセージ層で適用され、トランスポートに依存しないです。これは、ポイント ツー ポイントのセキュリティ モデルの別のトランスポート経由でルーティングするメッセージを含む、最大限の柔軟性です。Ws-security は、メッセージに使用できるトークンをセキュリティで保護するさまざまな方法を定義します。最大の柔軟性の面では、メッセージのセキュリティを提供します。メッセージ セキュリティは、パフォーマンスの面で最も低速です。
  • 混在モードのセキュリティは、トランスポートとメッセージ セキュリティの間のハイブリッドです。トランスポートが暗号化されており、メッセージに一部のユーザーの認証トークンが含まれています。次キーのトークンを提供できる場合は、セキュリティ ヘッダーのタイムスタンプを署名します。クライアント トークンが非対称型トークンの場合、'To' ヘッダーも署名されます。メッセージ セキュリティよりも高速です。
詳細については、 SecurityMessageProperty.OutgoingSupportingTokens プロパティには。NET Framework 4.0 には、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:971831 - 最終更新日: 08/15/2011 04:26:00 - リビジョン: 5.0

  • kbqfe kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbmt kbsurveynew KB971831 KbMtja
フィードバック