現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

FIX Web 同期では、SQL Server 2005 または SQL Server 2008年でマージ レプリケーションを使用すると、メモリ不足のエラー メッセージが表示されます。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

974660
現象
SQL Server 2005 のマージ レプリケーションを使用してまたはサブスクライバー SQL Server 2008年マージ レプリケーションに Web 同期を使用します。繰り返される同期後、メモリ リークが発生して、期間と"メモリ不足"エラーを受け取ることがあります。ホスト プロセスは、マージ エージェント (Replmerg.exe) は、継続的なスイッチを使用する場合などには長い時間を再起動していない場合に顕著に、または継続的なパラメーター、エージェントに適用されます、エージェント プロファイルで指定します。またこの問題は、RMO アプリケーションや独自に作成したを終了しないで、数日間、アプリケーションを実行すると、同期処理をループ内で実行するサービス影響ことができます。
原因
いくつかの内部オブジェクトの各同期時にリークが発生します。
解決方法

SQL Server 2005 Service Pack 3

この問題に対する修正は SQL Server 2005 Service Pack 3 用の累積的な更新 6 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
974648 SQL Server 2005 Service Pack 3 用の累積的な更新プログラム パッケージ 6
メモ ビルドは累積的であるため、新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。マイクロソフトはこの修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
960598 SQL Server 2005 Service Pack 3 のリリース後にリリースされた、SQL Server 2005 を作成します。
Microsoft SQL Server 2005年の特定の SQL Server のサービス パック修正プログラムが作成されます。SQL Server 2005 Service Pack 3 のインストールに SQL Server 2005 Service Pack 3 修正プログラムを適用する必要があります。既定では、SQL Server サービス パックで提供されている修正プログラム SQL Server の次の service pack に含まれてです。

SQL Server 2008年のリリース バージョン

重要です SQL Server 2008年のリリース バージョン実行している場合は、この修正プログラムをインストールする必要があります。

この問題に対する修正は累積的な更新プログラム 8 でまずリリースされました。SQL Server 2008 年にこの累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
975976 SQL Server 2008年の累積的な更新プログラム パッケージ 8
メモ ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
956909 SQL Server の 2008 SQL Server 2008年のリリース以降後にリリースされたビルドします。

SQL Server 2008 Service Pack 1

重要です SQL Server 2008 Service Pack 1 を実行している場合は、この修正プログラムをインストールする必要があります。

この問題に対する修正は SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新 5 にまずリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
975977 SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 5
メモ ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。マイクロソフトはこの修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
970365 SQL Server の 2008 SQL Server 2008 Service Pack 1 のリリース後にリリースされたビルドします。
Microsoft SQL Server 2008 SQL Server サービス ・ パックの特定の修正プログラムが作成されます。SQL Server 2008 Service Pack 1 をインストールする SQL Server 2008 Service Pack 1 の修正プログラムを適用する必要があります。既定では、SQL Server サービス パックで提供されている修正プログラム SQL Server の次の service pack に含まれてです。
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
回避策
この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

連続モードでは、マージ エージェントが使用している場合は、定期的に、マージ エージェントのプロセスを停止し、再び開始します。

たとえば、5 日後、"メモリ不足"エラーが表示され、マージ エージェント ジョブとしてスケジュールされます。その後、コールするのには、新しい SQL Server エージェント ジョブのスケジュールを設定します。 sp_stop_job 続いて、 sp_start_job マージ エージェント ジョブの名前を指定するが 5 日、影響を受けるプロセスを循環します。マージ エージェント (Replmerg.exe) プロセスを停止すると、リークしたメモリはプロセスのメモリ空間内が解放されます。

使用の詳細については、継続的なスイッチのマージ エージェントには、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。

方法 2

マージ エージェント ジョブを使用すると、追加の手順を使用して、継続的なパラメーターを使用せずに、ジョブ内の手動でのループ ロジックを構成できませんでした。内部では、永久に継続的にループ、1 つのマージ エージェント プロセスのではなく、ジョブ ステップを 1 分おきなどの頻繁に繰り返されると、マージ エージェントをスケジュールします。再試行間隔は、プロセスが終了してこれはリークしたメモリが解放されます。
マージ エージェントの間の一時停止をループ内での手順を繰り返しますようにジョブを繰り返し実行を編集します。
  1. [3] の手順後「ログに記録されないエージェントのシャット ダウンを検出 [4] の新しいステップを追加する」「無限の再試行ループ」というTSQL コマンドをタイプを設定する"waitfor 遅延時間 0: 05 '"、この TSQL 遅延がポーリング間隔でマージ エージェントが一時停止短時間の間実行し、継続的に実行しないような方法で構成できますが 5 秒の一時停止を提供します。[詳細設定] タブで「の成功アクション」"失敗したアクション"に"Go"[2] の実行エージェントのステップを実行して"Go"[2] のステップ実行のエージェントとして指定します。
  2. エージェント実行ループ [4] の手順に到達したことを確認するのには [2] のステップを編集します。手順 [2] の [詳細設定] タブに成功 [動作設定」手順に進みます: [4] 無限の再試行ループ"での失敗したアクションを「移動」するには、次の手順を設定します。
  3. [3] のステップを編集「ログに記録されないエージェントのシャット ダウンを検出」[4] の手順では、ループに達することを確認します。手順 [3] の [詳細設定] タブの成功「は、次の手順に移動」アクションを設定します。手順 [3] で失敗を設定するアクションをするかを決定することもできます「次のステップに移動」または「失敗をレポートしてジョブを終了します」として終了するように構成している場合は、そのジョブの失敗レプリケーションとジョブのモニターに表示されます。ループの 4 番目のステップに移動するのには、障害発生時に構成されている場合は、無期限に、マージ エージェントを再実行して可能性があり、無期限に、エラーがログに記録します。

方法 3

同様に、RMO アプリケーションを使用して呼び出す場合は、 MergeSynchronizationAgent.Synchronize() サブスクライバー データベース、同期メソッドは停止し、定期的にこの問題の原因がリークしたメモリを解放するプロセスを再起動します。
このオブジェクトとメソッドの詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。 .aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/microsoft.sqlserver.replication.mergesynchronizationagent.synchronize (SQL.90)
関連情報
使用する方法の詳細については、継続的なスイッチ マージ エージェントで、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
詳細については、 sp_stop_job ストアド プロシージャは、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
詳細については、 sp_start_job ストアド プロシージャは、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
詳細については SQL Server 2005 Service Pack 3 の入手については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックする方法。
913089SQL Server 2005 の最新の service pack を入手する方法
SQL Server 2005 Service Pack 3 (SP3) での新機能および機能強化では、SQL Server 2005 SP3 の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。SQL Server 更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
822499Microsoft SQL Server のソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい命名方式は
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:974660 - 最終更新日: 07/20/2011 10:18:00 - リビジョン: 5.0

  • kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbmt kbsurveynew KB974660 KbMtja
フィードバック