Windows 7 または Windows Server 2008 R2 で、破損した .wav ファイルを含むフォルダーを開くときに、Explorer.exe プロセスの CPU 使用率が高い

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:976417
これが適切な修正かどうかわからないことがあります。この問題を追加しました、 メモリ ダンプの診断
現象
Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューター上のフォルダーにいくつかの破損した .wav ファイルがあります。フォルダーを開くと、次の問題が発生します。
  • コンピューターの応答が遅くなります。
  • 他のすべての操作を行うことはできません。
  • Explorer.exe プロセスの CPU 使用率が高いが発生します。
注: <b>これらの問題を一時的に解決するには、Explorer.exe プロセスを再起動します。Explorer.exe プロセスを再起動する方法の詳細についてを参照してください、 「関連情報」 セクションです。

破損した .wav ファイルを開く他のアプリケーションや操作を使用する場合も問題が発生する可能性があります。などの場合は、Windows Media Player を使用して、破損した .wav ファイルを開くしようとすると、Windows Media Player が応答を停止します。また、 Wmplayer.exeプロセスは、高い CPU 使用率を生成します。
原因
破損した .wav ファイルを含むフォルダーが開かれると、Windows エクスプ ローラーは、.wav ファイルからメタデータを抽出するのにはメディアの基礎 (Mf.dll) 関数を呼び出します。ただし、Mf.dll 関数は、メタデータを抽出する場合は、無限ループを入力します。
解決方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: <b>さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 注: <b>[修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、必要があります、windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行します。

再起動の必要性

この修正プログラムのグローバル版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。お使いのローカル コンピューター上にあるこれらのファイルの日付および時刻は、現在の夏時間 (DST) との差と一緒にローカル時刻で表示されます。また、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

レジストリ情報

このパッケージの修正プログラムのいずれを使用するにも、レジストリに変更を加える必要はありません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ローカル タイムでは、現在の夏時間 (DST) バイアスでの日付と時刻、ローカル コンピューター上のこれらのファイルが表示されます。さらに、日付と時刻は、ファイルに対して特定の操作を実行するときに変更できます。
Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のファイル情報メモ
重要: Windows 7 の修正プログラム、および Windows Server 2008 R2 の修正プログラムは、同じパッケージに収められています。ただし、修正プログラムの要求ページに記載されている修正プログラムは、これらのオペレーティング システムの 1 つだけに適用されます。両方の Windows 7 と Windows Server 2008 R2 に適用されますが、修正プログラム パッケージを要求するには、ページに記載されている適切な製品を選択します。
サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows 7
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Mf.dll12.0.7600.205543,177,9842009 年 10 月-21-06:05x86
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows 7 および Windows Server 2008 R2
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Mf.dll12.0.7600.205544,062,2082009 年 10 月-21-06:37x64
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細

Explorer.exe プロセスを再起動する方法

Explorer.exeプロセスを再起動するには、次の手順を実行します。
  1. CTRL + ALT + DEL キーを押します。
  2. タスク マネージャーを起動] をクリックします。
  3. Windows タスク マネージャーで [プロセス] タブでは、 Explorer.exeプロセスをクリックし、[プロセスの終了] ボタンを 2 回クリックします。
  4. [ファイル] メニューで、新しいタスク (実行)] をクリックしてタイプ エクスプ ローラーと入力し、[OK] をクリックします。
  5. Windows タスク マネージャーを終了します。
.wav には、メタデータ低速な CPU 使用率が高いが破損しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:976417 - 最終更新日: 04/08/2016 07:35:00 - リビジョン: 4.0

Windows 7 Starter, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Ultimate, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Datacenter

  • kbmdd kbfix kbexpertiseadvanced kbautohotfix kbsurveynew kbqfe kbmt KB976417 KbMtja
フィードバック