現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

更新プログラム ロールアップ 1 の詳細については、Exchange Server 2010

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:976573
概要
マイクロソフトの Microsoft Exchange Server 2010年のリリースの製造に更新プログラム ロールアップ 1 をリリースしました。この記事では更新プログラムのロールアップに関する以下の情報について説明します。
  • 更新プログラムのロールアップの修正される問題
  • 更新プログラムのロールアップの入手方法
  • 更新プログラムのロールアップをインストールするための前提条件
はじめに

更新プログラムのロールアップで修正される問題

Exchange Server 2010年用の更新プログラムのロールアップ 1、次の Microsoft Knowledge Base の資料に記載されている問題が修正されます。
977439 Exchange Server 2010年ユーザーが Outlook Web App を使用して自分のメールボックスにアクセスするとき特定の添付ファイルを開くことができません。
977551 Exchange Server 2010 年には処理されません、会議室メールボックスに送信される会議出席依頼
977552 Exchange RPC クライアント アクセス サービスでは、Exchange 2010 クライアント アクセス サービス サーバー上にあり、Handler.dll がクラッシュします。
977553 Parser.dll で Exchange Server 2010年の CAS サーバー上の Exchange RPC クライアント アクセス サービスがクラッシュしました。
977554 Exchange Server 2010年は、メールボックスがホストされているメッセージの本文、件名が正しく設定されていません。
977555 PR_BODY_HTML に PR_BODY プロパティ変換が失敗した場合、メッセージ本文にアクセスできません。
977556 Exchange Server 2010年と共に、CDO アプリケーションを使用して、定期的な予定や、定期的な会議の例外を作成した後、電子メール メッセージの本文が表示されません。
977557 Microsoft Exchange Server 2010年のメールボックスには、CDO アプリケーションを使用して会議出席依頼の例外を作成する場合は E_FAIL エラーが発生します。
977558 動かし、CopyFolder メソッドの IMAPIFolder インターフェイスを使用して、Exchange Server 2010年メールボックス内のフォルダーの名前を変更しようとすると、フォルダー名は変更されません。
977559 Exchange Server 2010年メールボックスで会議や予定の場所は更新されません。
977560 Exchange Server 2010年の定期的なタスクを更新するのには、CDO アプリケーションを使用すると、更新が失敗しました。
977561 VSS バックアップ プロセス Exchange Server 2010年データベースのボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) バックアップを実行しようとするとが応答を停止します。
詳細

更新のロールアップの情報


ダウンロードして Exchange Server 2010 の更新プログラム ロールアップ 1 をインストールするには、次の Microsoft Update Web サイトを参照してください。
メモ データベース可用性グループ (DAG) の一部である Exchange Server 2010年メールボックス サーバーに更新プログラムのロールアップは Microsoft 更新プログラムを検出できません。

Exchange Server 2010年を実行している複数のコンピューターに 2010年 Exchange Server を rtm 版の更新プログラム ロールアップ 1 を展開するとよいでしょう。また、Exchange Server 2010 のデータベース可用性グループ (DAG) の一部であるメールボックス サーバーに更新プログラム ロールアップ 1 を展開することができます。

データベース可用性グループ (DAG) のメンバーであるサーバー上の Microsoft Exchange Server 2010年の更新プログラムのロールアップのインストールは比較的簡単なプロセスです。次の Technet のリンクを使用してデータベース可用性グループのプログラムのロールアップをインストールすると、procerdure を実行するのには


次のファイルをマイクロソフトからダウンロード可能します。ダウンロード センター:

ダウンロードExchange2010 ・ KB976573 ・ EN-x 64 パッケージします。

メモ
  • この更新プログラムは、Exchange Server 2010年のすべての言語バージョンに適用されます。
  • 引き上げられたアクセス許可を使用して、更新をインストールする必要があります。


リリース日: 2009 年 12 月 9 日

インターネットに接続していないコンピューターに更新プログラムをインストールするユーザーにとって重要な情報

インターネットに接続されていないコンピューターで更新プログラムをインストールすると、という、"作成するネイティブ イメージのインストール時間が長く、対応するメッセージと共に発生する可能性があります。Net アセンブリ」を参照します。

これは、"http://crl.microsoft.com/pki/crl/products/CodeSigPCA.crl"の Web サイトに接続し、証明書失効リストを Generation(NGen) のネイティブ イメージをネイティブ コードにコンパイルする各アセンブリの検索にネットワーク要求が原因です。Exchange Server は、インターネットに接続されていないため、に移動する前に要求ごとにタイムアウトを待つ必要があります。

この問題を解決するには、オフ「の発行元の証明書失効チェック」のアップグレード中、サーバー上にする必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Internet Explorer を選択します。 ツール, インターネット オプション, 高度な タブします。
  2. で、 セキュリティ セクションで、クリックしてオフにするのには、 発行元の証明書の取り消しを確認します。 チェック ボックスします。
  3. クリックしてください。 [OK] 閉じるには、 インターネット オプション ダイアログ ボックスです。

厳密に管理された環境でコンピューターがあった場合は、この Internet explorer のセキュリティ オプションをオフにすることをお勧めします。

セットアップが完了すると、「発行元の証明書の失効をチェック」チェック ボックスを再確認。

Outlook Web App のユーザーに関する重要情報については、Outlook Web App のカスタマイズ

更新プログラムのロールアップ パッケージを適用すると、必要がある場合、更新処理 (OWA) のファイルを上書きします。Logon.aspx ファイルまたはその他の OWA ファイルを変更すると、OWA が正しく更新されているかどうかを確認するのには、カスタマイズが上書きされます。更新プログラムのロールアップ パッケージを適用した後、Logon.aspx に OWA のカスタマイズを再作成する必要があります。

更新プログラムのロールアップを適用する前に常にカスタマイズした OWA のファイルのバックアップ コピーを作成することをお勧めします。OWA のカスタマイズの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
CAS プロキシ展開ガイダンス、顧客は CAS CAS のプロキシを展開している場合は、インターネットに接続されたクライアント アクセス サーバーに更新プログラムのロールアップを適用しなければなりません。

メモ インターネットに接続されていないクライアント アクセス サーバーに更新プログラムのロールアップを適用する前に、インターネット フェーシングのクライアント アクセス サーバーに更新プログラムのロールアップを適用するかどうかを確認します。

その他の Exchange Server 2010年の構成では、更新プログラムのロールアップをサーバーに適用される順序は重要ではありません。CAS CAS のプロキシ処理の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

前提条件


次に、前提条件、更新プログラム ロールアップ 1 を Exchange Server 2010 のとおりです。
  • Exchange Server 2010年をインストールこの更新プログラムのロールアップを適用する前に、コンピューターにします。
  • この更新プログラムのロールアップを適用する前に Exchange Server 2010 のすべての中間更新プログラムを削除します。

再起動の必要性


必要なサービスは自動的に停止して、この更新プログラムのロールアップを適用すると再開されます。

プログラムのアンインストール情報

Exchange Server 2010 の更新プログラム ロールアップ 1 を削除するには、使用してください。 追加またはプログラムを削除します。 コントロール パネルのします。次に、976573 の更新プログラムを削除します。
関連情報
マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述する用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:976573 - 最終更新日: 08/15/2011 03:36:00 - リビジョン: 6.0

  • kbfix kbqfe kbhotfixrollup atdownload kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB976573 KbMtja
フィードバック