注: この記事は、新しい Microsoft Edge を対象としています。 Microsoft Edge のレガシ バージョンに関するヘルプをご覧ください。

この 新しい Microsoft Edge では、Internet Explorer、Google Chrome、Mozilla Firefox からすべてのデータをインポートできます。また、Microsoft Edge で使用して、他のブラウザーで使い慣れた方法で切り替えて作業を続けるために必要なセットアップを最小限に抑えることができます。

この記事では、Microsoft Edge に broswer データをインポートするときのオプションについて説明します。

他のブラウザーから新しい Microsoft Edge にデータをインポートする方法

新しい Microsoft Edge を初めて実行するときは、プライマリブラウザーからブラウザーデータをインポートするオプションがあります。 新しい chromium ベースの Microsoft edge では、internet data usage を使ってプライマリブラウザーを検出しています。 インターネットデータ使用量が90% 以上であるブラウザーがプライマリブラウザーであることが確認されます。 それ以外の場合は、従来の Microsoft Edge がプライマリブラウザーであると想定されます。

インターネットデータ使用量を表示するには、

  • Windows で、[設定 >ネットワーク & インターネット>データ使用率]に移動します。

Microsoft Edge によってプライマリブラウザーが決定されると、そのブラウザーからデータをインポートするオプションが表示されます。

注: 従来の Microsoft Edge 以外は、新しい Microsoft Edge でインポートされるブラウザーは、Microsoft Internet Explorer、Google Chrome、Mozilla Firefox です。

新しい Microsoft Edge を初めて実行する場合とは異なり、手動でデータをインポートすることができます。

  1. 新しい Microsoft Edge で、[設定] に移動し、[その他の > の設定] をクリックし ます。

  2. [ブラウザーデータのインポート] をクリックします。

  3. [インポート元] ボックスの一覧で、インポートするデータが含まれているブラウザーを選択します。

  4. [インポートする項目] で、目的の特定のブラウザーデータを選びます。

  5. [Import] (インポート) をクリックします。

Edge ブラウザーでのデータ移行の同意ポリシーとは

新しい Microsoft Edge を初めて起動すると、従来の Microsoft Edge からデータがインポートされ、プライマリブラウザーからデータをインポートするオプションが表示されます。  

新しい chromium ベースの Microsoft edge は、古い Microsoft edge からのアップグレードであるため、従来の Microsoft Edge から新しい Microsoft Edge にデータが自動的に追加されます。

  • Microsoft Edge は、従来の Microsoft Edge からデータを移行するための明示的な同意を求めません。

  • 従来の Microsoft Edge データは、常に新しい Microsoft Edge に移行されます。

Google Chrome がプライマリブラウザーとして検出された場合は、Microsoft Edge で Google Chrome からデータをインポートするオプションが表示されるため、インポートするデータに対して明示的に同意することができます。 

[はじめに] をクリックすると、[お気に入り]、[履歴]、および [ショートカット] が Google Chrome から継承されます。 これらは、[お気に入り] と [トップサイト] の配置を、新しいタブページに表示するためだけに使用されます。 [お気に入り]、[履歴]、および [ショートカット] のデータが取得されて表示されますが、この時点までは保存されません。 Google Chrome のブラウザーデータを操作するには、次の2つのオプションがあります。 

  • [ Google Chrome からインポートする] を選択した場合、[お気に入り]、[履歴]、[ショートカット] などのすべてのデータが、新しい Microsoft Edge の [ユーザーデータ] フォルダーに保存されます。

  • [インポートしない] を選択した場合、[お気に入り]、[履歴]、および [ショートカット] のデータは破棄され、Google Chrome から他のデータはインポートされません。

Internet Explorer からインポートされる機能

Internet Explorer の場合と同様に、Internet Explorer からすべてのデータをインポートして、Microsoft Edge の外観、動作、機能を設定することができます。 

Internet Explorer からインポートできるデータ型を確認するには、Microsoft Edge で、[設定] に移動し、[プロファイル] の [その他 >設定] > [ブラウザーデータのインポート]> します。 Profiles  

以下は、[インポート] ダイアログでこれらのデータ型のいずれかを選択したときに Internet Explorer からインポートされる機能を示しています。 

Internet Explorer のお気に入りバーのブックマークを Microsoft Edge のお気に入りバーにインポートするには、このオプションを選択します。 他のお気に入りは Microsoft Edge の他のお気に入りフォルダーにインポートされます。  

インポート時に、

  • 同じパス上の重複するフォルダーは結合されます。

  • 同じパス上の重複ファイルはスキップされます。

Internet Explorer でお気に入りを表示するには、[お気に入り]、[フィード]、[履歴 > 表示] に移動します。 

インポートされたお気に入りを Microsoft Edge で表示するには、[設定] に移動 >て、[お気に入り] > お気に入りを管理する (edge://favorites)」を参照してください。 Favorites

このオプションを選択すると、Internet Explorer に保存したオンラインアカウントの資格情報が Microsoft Edge にインポートされ、引き続きオンラインアカウントにログインすることができます。 

Microsoft Edge でパスワードがインポートされると、同じ web サイトとユーザー名のパスワードを既に持っているかどうかがチェックされます。 保存したパスワードとインポートしたパスワードが一致しない場合、Microsoft Edge では、インポートされたパスワードで既存のパスワードが上書きされます。 競合がない web サイトの場合、Microsoft Edge に保存されている既存のパスワードは影響を受けません。 

Internet Explorer でパスワードが保存されていることを確認するには、[>ツール] の [インターネットオプション> [コンテンツ] タブで、[パスワードの管理> >オートコンプリート設定ます。 

インポートしたパスワードを Microsoft Edge で表示するには、[設定] に移動て、[ Settings プロファイル>パスワード(edge://settings/passwords) > のその他の > 設定] に移動します。 

Internet Explorer に保存されている検索エンジンの一覧を Microsoft Edge にインポートするには、このオプションを選択します。 

Internet Explorer で検索エンジンを確認するには、[ツール ] の[>検索プロバイダー]> します。 

Microsoft Edge で検索エンジンを表示するには、 [設定] に移動して、[ Settings プライバシー]、[検索]、[サービス] > の > 設定 >、[検索エンジン(edge://settings/searchEngines) を検索> ます。

Internet Explorer の閲覧履歴を Microsoft Edge にインポートするには、このオプションを選択します。 [新しいタブ] ページに表示されるトップサイトは、Microsoft Edge の閲覧履歴に基づいて生成されるため、インポートされた履歴データに基づいて上位のサイトが変更される可能性があります。 

閲覧履歴データは、インポートプロセス中に Microsoft サーバーに送信されません。インポートプロセス全体が、お使いのデバイスに対して完全にローカルになります。 

Internet Explorer で閲覧履歴を表示するには、「お気に入り、フィード、履歴>履歴を表示する」に移動します。 

Microsoft Edge で検索履歴を表示するには、[設定] に移動、[履歴の管理 > すべての > 履歴を管理する] >すべてHistory (edge://history/all)] をクリックします。 Manage history 

Internet Explorer で設定したホームページの URL を Microsoft Edge にインポートするには、このオプションを選択します。 

Internet Explorer で設定したホームページの URL を表示するには、[ツール>インターネットオプション> [全般] タブ >ホームページに移動します。 

Microsoft Edge で検索エンジンを表示するには、[設定] に移動し、[その他の > の設定] に移動し > [ Settings edge://settings/appearance に移動します。

ブラウザー全体のエクスペリエンスが、2つのブラウザー間で可能な限り一貫性が保たれるように、Internet Explorer の設定を Microsoft Edge にインポートするには、このオプションを選択します。 

現時点では、最も頻繁に使用される設定のインポート、ブラウザーのカスタマイズに関するヘルプは、アクセシビリティにとって重要であること、またはブラウザーが機能するために重要であることをサポートしています。 ただし、すべての設定が Internet Explorer からインポートされるわけではありません。  

インポートされる Internet Explorer の設定は次のとおりです。

全般設定

  • インターネットオプション>一般的な>閲覧履歴>終了時に閲覧履歴を削除する

  • インターネットオプション>一般的な>閲覧履歴> >インターネット一時ファイルと web サイトのファイルを削除する

  • インターネットオプション>一般的な>閲覧履歴>> Cookie と web サイトのデータを削除する

  • インターネットオプション>一般的な>閲覧履歴>>履歴削除する

  • インターネットオプション>一般的な>閲覧履歴>削除>ダウンロード履歴

  • インターネットオプション>一般的な>閲覧履歴> >フォームデータ削除する

  • インターネットオプション>一般的な>閲覧履歴> >パスワード削除する

プライバシー設定 

  • インターネットオプション>プライバシー>設定>サイト>管理 された > web サイト常に許可する

  • インターネットオプション>プライバシー>設定>サイト>管理された > web サイト常にブロックする

  • [インターネットオプション>プライバシー>場所] では、web サイトによる物理的な場所の reqest を許可しない> (オンまたはオフ)

  • インターネットオプション>プライバシー > のポップアップブロックを有効にする > ポップアップブロック機能を有効にする(オンまたはオフ)

Cookie 

  • [インターネットオプション] >プライバシー>設定]> Advanced> First Party Cookies > Accept

  • [インターネットオプション>プライバシー>設定 ]> Advanced>ファーストパーティの cookie> Accept

  • [インターネットオプション>プライバシー>設定 ]> Advanced>ファーストパーティの cookie>プロンプト

  • インターネットオプション>プライバシー>設定> Advanced>サードパーティの cookie>承諾

  • [インターネットオプション>プライバシー>設定 ]> Advanced >サードパーティの cookie>ブロック

  • [インターネットオプション>プライバシー>>設定] の[詳細>サードパーティの cookie >プロンプト

開いているタブ 

Internet Explorer から開いたタブをインポートするには、このオプションを選択します。 インポートされたタブは、Microsoft Edge の現在のアクティブウィンドウに追加されます。

Google Chrome から何がインポートされますか?

Google Chrome からすべてのユーザーデータを Microsoft Edge にインポートして、Google Chrome での実行時と同じように、表示、動作、機能を設定することができます。 

データ型を確認するには、Google Chrome からインポートして、[設定] に移動して、[プロファイル>インポートブラウザーデータ(edge://settings/importData) ]> 設定に移動 > します。

これらのデータ型についてはよく理解していますが、[設定]、[固定] タブ、[開く] タブなど、多くの新しいデータ型のサポートが有効になっています。 [インポート] ダイアログでこれらのデータ型のいずれかを選択すると、Google Chrome からインポートされるものの概要が次のようになります。 

このオプションを選択すると、Google Chrome のブックマークバーのブックマークを Microsoft Edge のお気に入りバーにインポートすることができます。 [その他のブックマーク] フォルダーのブックマークは、Microsoft Edge の [その他のお気に入り] フォルダーにインポートされます。  

インポート時に、

  • 同じパス上の重複するフォルダーは結合されます。

  • 同じパス上の重複ファイルはスキップされます。

Google Chrome にブックマークを表示するには、「 google > chrome のカスタマイズと制御chrome://bookmarks を参照してください。ブックマークマネージャー ()を> します。 

インポートされたお気に入りを Microsoft Edge で表示するには、[設定] に移動 >て、[お気に入り] > お気に入りを管理する (edge://favorites)」を参照してください。 Favorites

Google Chrome に保存したオンラインアカウントの資格情報を Microsoft Edge にインポートするには、このオプションを選択して、オンラインアカウントにすばやく安全にログインできるようにします。 

Microsoft Edge でパスワードがインポートされると、同じ web サイトとユーザー名に対して既にパスワードが保存されているかどうかが確認されます。 保存したパスワードとインポートしたパスワードが一致しない場合、Microsoft Edge では、インポートされたパスワードで既存のパスワードが上書きされます。 ただし、競合していない web サイトの場合、Microsoft Edge に保存されている既存のパスワードは影響を受けません。 

Google Chrome にパスワードが保存されているかどうかを確認するには、「 Google chrome のカスタマイズと制御> の設定 」を参照して>>パスワード(chrome://settings/passwords)」にアクセスしてください。 

インポートしたパスワードを Microsoft Edge で表示するには、[設定] に移動て、[ Settings プロファイル>パスワード(edge://settings/passwords) > のその他の > 設定] に移動します。  

配送先住所、電話番号、メールアドレスなどの住所データをインポートするには、このオプションを選択します。 Microsoft Edge は、類似したエントリを自動的にチェックし、可能な場所にデータをマージします。 

Google Chrome に保存されている住所やその他の連絡先データを確認するには、「 Google chrome のカスタマイズと制御> の設定 」を参照してください。>のアドレスやその他の> (chrome://settings/addresses)。 

インポートした住所やその他の連絡先データを Microsoft Edge で表示するには、[設定] に移動て、[ Settings プロファイル>パスワード(edge://settings/passwords) > のその他の > 設定] に移動します。 

保存したクレジットカード情報をインポートするには、このオプションを選択します。これにより、Microsoft Edge のオンライン購入時にこれらのカードを引き続き使用することができます。 カード番号、カード名義人名、有効期限の任意の組み合わせは、一意の組み合わせです。 インポート中に重複が検出されると、インポートされません。 

Google Chrome に保存された支払い情報を確認するには、「 Google chrome のカスタマイズと制御> の設定」を参照してください。支払い方法>>オートフィル(chrome://settings/payments)。 

インポートされた支払い情報を Microsoft Edge で表示するには、[設定] に移動て、[ Settings プロファイル>支払い情報(edge://settings/payments) の > の > 設定] に移動します。 

Google Chrome の閲覧履歴を Microsoft Edge にインポートするには、このオプションを選択します。 [新規] タブに表示されるトップサイトは、閲覧履歴 (Microsoft Edge) に基づいて生成されるため、更新された履歴データに基づいて、これらのトップサイトが変更されることもあります。 

インポートプロセス中に閲覧履歴データが Microsoft サーバーに送信されず、インポートプロセス全体がデバイスに対して完全にローカルになります。

ブラウザー全体のエクスペリエンスが、2つのブラウザー間で可能な限り一貫性が保たれるように、Google Chrome の設定をインポートするには、このオプションを選択します。 

現時点では、最も頻繁に使用される設定のインポートがサポートされています。また、ブラウザーのカスタマイズについてのヘルプは、アクセシビリティのために重要であり、またブラウザーが機能するために重要ですが、すべての設定が Google Chrome からインポートされるわけではありません。 お客様のフィードバックに基づいて、時間の経過に応じてさらに設定のサポートを追加することを前提としています。 

次の Google Chrome の設定がインポートされます。

自分と Google の設定 

  • 自分と Google > Chrome の名前と画像

[オートフィルの設定] 

  • パスワードを保存するため>>パスワードオートフィルする

  • 自動サインイン>パスワード>オートフィル

  • 支払い方法> >支払方法を入力する

  • 住所の>オートフィルを行う> 住所を保存して入力する

外観の設定 

  • Appearance  [ホーム]> 表示する

  • > の [ブックマーク] バー外観

  • フォントサイズ>表示形式

  • フォントの外観>カスタマイズ

  • 外観>ページのズーム

検索エンジンの設定 

  • 検索エンジン>アドレスバーで使用されている検索エンジン

  • 検索エンジン>検索エンジンを管理する

起動時の設定 

  • 起動時(ここで設定したオプション)

プライバシーとセキュリティの設定 

  • プライバシーとセキュリティ の>サイトの設定> cookie およびその他のサイトデータ > すべてのcookie を許可する

  • プライバシーとセキュリティ>サイトの設定> cookie およびその他のサイト > データによって、シークレットウィンドウのサードパーティの cookie がブロックされます。

  • プライバシーとセキュリティ>サイトの設定> cookie とサイトデータの>サードパーティの cookie をブロックする

  • プライバシーとセキュリティ>サイトの設定> cookie とサイトデータを >すべての cookie をブロックする (推奨しません)

  • プライバシーとセキュリティ>サイトの設定> cookie およびその他のサイトデータによって、 Chrome を終了するときに cookie とサイトデータをクリア>

  • プライバシーとセキュリティ>サイトの設定> cookie およびその他のサイトデータ> 、閲覧トラフィックで "追跡しない" 要求を送信する

  • プライバシーとセキュリティ> >支払い方法を使用して、支払い方法が保存されているかどうかを確認 > サイトを許可します

ダウンロードの設定 

  • > の詳細なダウンロード>場所

  • > の詳細なダウンロード>各ファイルを保存する場所を確認する

注: インポートされていない設定は、新しい Microsoft Edge の既定値のままになります。 現時点では設定のインポートもサポートしている場合は、ブラウザーの右上にあるスマイルボタンを使用して、簡単なメモを送信してください。 お客様のフィードバックは、歓迎のうえ、価値のあるものです。

このオプションを選択すると、固定されたタブと開いているタブが Google Chrome からインポートされます。 インポートされたタブは、Microsoft Edge の現在のアクティブウィンドウに追加されます。 現在 Windows では、この機能を使用するには Google Chrome を閉じる必要があります。  MacOS では、Google Chrome を閉じることなく、開いているタブをインポートできます。 

注: インポートできるタブの数には制限はありませんが、50を超えるタブを一度にインポートすると、すべてのタブが一度に表示されるため、ブラウザーの頻度が遅くなることがあります。 

Chrome ストア拡張機能を Microsoft Edge にインポートするには、このオプションを選択します。 インポートされた拡張機能は、edge://extensions で確認できます。 

インポート中に、Microsoft Edge アドオンの web サイトで拡張機能が見つかった場合は、拡張機能のローカルインストールを使用して、Chrome Web ストアからその他の拡張機能がインストールされます。 Microsoft edge のアドオン web サイトからインストールされた拡張機能は、Microsoft Edge にインポートした後に有効または無効になり、Google Chrome での状態に一致します。 Chrome web ストアからインストールされた拡張機能は、インポート後に無効になります。  

可能な限り、Microsoft Edge は、拡張機能に関連付けられているデータと設定もインポートします。

注: Microsoft Edge アドオン web サイト以外のソースからインストールされた拡張機能を使用するには、[他のストアからの拡張機能を許可する] をオンにする必要があります。 

Google Chrome のショートカットを Microsoft Edge にインポートするには、このオプションを選択します。 インポートしたショートカットは、新しいタブページのトップサイトに追加されます。 Microsoft Edge では、Google Chrome から最初の8つのショートカットのみがインポートされます。

Google Chrome から cookie をインポートするには、このオプションを選択します (初めて実行するインポートのみ)。 Cookie は、プライバシーとセキュリティの >サイトの設定>コンテンツ> cookie とサイトデータがすべてのcookie を許可するように設定されている場合にのみインポートされます。

Google Chrome で cookie を表示するには、「Google > Chrome のカスタマイズと制御」を参照してください。 [プライバシーとセキュリティ] には、[> サイトの > 設定] をクリックして、[ cookie とサイトデータ>すべての cookie とサイトデータ (chrome://settings/siteData)] を > します。 Privacy and securitySite SettingsContent  

インポートされたお気に入りを Microsoft Edge で表示するには、[設定] に移動、[ サイトのSettings 権限> Cookie とサイト > データを > して > すべての Cookie とサイトデータ (edge://settings/siteData) を確認します。  

このオプションを選択すると、Google Chrome で設定したホームページの URL が Microsoft Edge にインポートされます。  

Internet Explorer で設定したホームページの URL を表示するには、[ツール>インターネットオプション> [全般] タブ >ホームページに移動します。 

Microsoft Edge でホームページを表示するには、[設定] に移動し、[その他の > の設定>外観(edge://settings/appearance)] をクリックします。 

検索エンジンの設定を Microsoft Edge にインポートするには、このオプションを選択します。

Google Chrome で検索エンジンを表示するには、「 Google chrome のカスタマイズと制御> の設定 」を参照してください。>検索エンジン(chrome://settings/searchEngines) を管理します。

Microsoft Edge で検索エンジンを確認するには、[設定] に移動し、[ Settings プライバシー]、[検索]、および [サービス] > > 設定] に移動して、[>> アドレスバー]を検索して、[検索エンジン(edge://settings/searchEngines) の検索 > 管理します。

Mozilla Firefox からインポートされる機能

現時点では、初めて実行するときに、Mozilla Firefox からブラウザーデータをインポートするオプションが表示されることがあります。 このデータは、Mozilla Firefox オンデマンドからもインポートできます。設定やその他の > 設定では、 Settings  >プロファイル>インポートブラウザーデータ(edge://settings/importData) にもアクセスできます。 

現時点では、4つのメジャーデータ型のインポートがサポートされています。お気に入りまたはブックマーク、パスワードの保存、アドレスなど (データのオートフィル)、閲覧履歴。

保存したブックマークを [お気に入り] として Microsoft Edge にインポートするには、このオプションを選択します。

Microsoft Edge へのインポート中 

  • 同じパス上の重複するフォルダーは結合されます。

  • 同じパス上の重複ファイルはスキップされます。

Mozilla Firefox でブックマークを表示するには、[履歴の表示]、[保存されているブックマーク]、[その他の >履歴 ] の順番に移動>すべてのブックマークを表示します。

インポートしたお気に入りを Microsoft Edge で表示するには、[設定] に移動て、[お気に入りの >] > [お気に入りの管理] (edge://favorites Favorites ) を選びます。 

Mozilla Firefox に保存したオンラインアカウントの資格情報を Microsoft Edge にインポートするには、このオプションを選択して、オンラインアカウントにすばやく安全にログインできるようにします。 

Microsoft Edge は、パスワードのインポート中に、同じユーザー名に対して既に同じサイトのパスワードが存在するかどうかを確認しようとします。 Microsoft Edge で、保存したパスワードとインポートしたパスワードが一致しないことが検出されると、インポートされたパスワードで既存のパスワードが上書きされます。 ただし、競合していない web サイトの場合、Microsoft Edge に保存されている既存のパスワードは影響を受けません。 

Mozilla Firefox に保存されているパスワードを確認するには、「> 」メニュー > 「プライバシー」「保存されているログインの >ログインと > パスワード& セキュリティ」を選択します。

インポートしたパスワードを Microsoft Edge で表示するには、[設定] に移動て、[ Settings プロファイル>パスワード(edge://settings/passwords) > のその他の > 設定] に移動します。  

配送先住所、電話番号、メールアドレスなどの住所データをインポートするには、このオプションを選択します。 Microsoft Edge では、類似したエントリをインテリジェントに確認し、可能な場合はデータを統合します。 

Mozilla Firefox に保存されている住所やその他の連絡先データを確認するには、[> ]をクリックして、[プライバシー & セキュリティ> フォームへのアクセスを> し、[保存されているアドレスをオートフィル> (about: preferences # プライバシー )] をクリックします。 

インポートした住所やその他の連絡先データを Microsoft Edge で表示するには、[設定] に移動て、[ Settings プロファイル>パスワード(edge://settings/passwords) > のその他の > 設定] に移動します。 

Mozilla Firefox の閲覧履歴を Microsoft Edge にインポートするには、このオプションを選択します。 [新しいタブ] ページに表示されるトップサイトは、Microsoft Edge の閲覧履歴に基づいて生成されるため、インポートされた履歴データに基づいて上位のサイトが変更される可能性があります。 

閲覧履歴データは、インポートプロセス中に Microsoft サーバーに送信されません。インポートプロセス全体が、お使いのデバイスに対して完全にローカルになります。 

Mozilla Firefox での閲覧履歴を表示するには、[履歴の表示]、[保存されているブックマーク]、および [その他の >履歴 ] に移動して、[履歴の表示] を > ます。

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×