お客様が開いた Web サイト、ブラウザーの使用状況、クラッシュ レポートに関するオプションの診断データを送信していただくことにより、Microsoft では製品の向上に役立てられます。 Microsoft では、製品やサービスの品質を向上させ、製品のセキュリティ、最新の状態、適切な動作を維持するために診断データを使用しています。  Microsoft Edge では、製品のセキュリティ、最新の状態、適切な動作を維持するために必要な、一連の必須のデータが収集されます。 Microsoft では、必ずお客様にご理解をいただいたうえで、データの収集の可否を選択していただきたいと考えています。 Microsoft では情報収集の最小化が妥当であると考え、実施しています。 必要な情報のみを収集し、製品やサービスの向上に必要である場合に限りその情報を保存するように努めています。 

製品の問題を解決し、Microsoft 製品およびサービスの品質向上に役立てるために、デバイスに関連するオプションの診断データを Microsoft と共有するかどうかを制御できます。 オプションの診断データには、機能の使用状況、パフォーマンス データ、サイトの読み込み時間、メモリの使用状況、お客様が開いた Web サイトなどの情報が含まれます。 Microsoft Edge でユーザーがアクセスした Web サイトに関する情報は、サイトの読み込み速度を把握し、すべてのユーザーに対して検索結果の関連性を向上させるために役立ちます。 このデータには、ユーザーが開いたページの URL、Web サイト メトリック、ページのタイトル、ページへのアクセス方法などの Web サイトに関する情報、ページのコンテンツに関する情報、およびページのナビゲーションに関するその他の関連情報が含まれます。 このデータは、すべてのユーザーを対象として Microsoft の製品とサービスの品質を向上させるために使用されます。 これには、新しいエクスペリエンスのテストに基づくデータも含まれます。 Windows 10 では、これらの設定は Windows 診断データの設定によって決定されます。 診断データの設定を変更するには、[スタート]  > [設定]  > [プライバシー > [診断とフィードバック] の順に選択します。 いずれのプラットフォームでも、ブラウザーにおけるオプションの診断データの収集を管理するには、[設定など] > [設定] > [プライバシー、検索、サービス] の順に選択し、[オプションの診断データ] を有効または無効にします。

Microsoft Edge Web ブラウザーを使用している他のアプリ。 Microsoft またはサードパーティの開発者によって作成された他のアプリケーションで、Microsoft Edge Web プラットフォームが使用されている場合があります。 例として、Microsoft Edge Web プラットフォームをホストしてビデオのストリーミングを行うビデオ ストリーミング アプリなどがあります。 Microsoft Edge Web プラットフォームは、ユーザーによる Web プラットフォームおよび Web サイトの使用状況およびユーザーがアプリケーション内でアクセスしたサイトに関する情報を含む、オプションの診断データを Microsoft に送信します。 Windows 10 では、オプションの診断データの収集は Windows 診断データの設定によって決定されます。 Windows 7 および 8.1 では、必須の診断データは Microsoft Edge により収集されます。 

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×