Microsoft Office Excelを開始する前に、カスタム設定を持つ特定の ブック またはブック テンプレートまたはワークシート テンプレート が、ユーザー設定を開始すると自動的に開Excel。 特定のブックを開く必要がなくなった場合は、ブックの作成を開始するときに開かExcel。

ブックを起動するときに開いたブックに Excel などの自動マクロが含まれているAuto_Openブックが開くと、それらのマクロが実行されます。 必要に応じて、アプリを起動するときに自動的に実行Excel。

ヒント: 

  • また、コマンド ライン スイッチとパラメーターをスタートアップ Excel追加することで、開始する方法をカスタマイズすることもできます。

  • 詳細については、「製品のコマンド ライン スイッチ」をMicrosoft Officeしてください

空白のブックExcel自動的に開始する

2013 Excelでは、Excelの開始時に最近のブック、場所、テンプレートを含む [スタート] 画面が表示されます。 この設定は、代わりにこの画面をバイパスして空白のブックを作成するために変更できます。 そのためには、次を実行します。

  1. [ファイルオプション]>クリックします

  2. [ 全般]の [起動オプション ]で、[ check アプリケーションの起動時にスタート画面を表示する] の横にあるボックスをオンにします

  3. [OK] をクリックします

ブックの作成を開始すると、特定のブックが自動的にExcel

Excel を起動するときに特定のブックを自動的に開くには、そのブックを XLStart フォルダーに配置するか、XLStart フォルダーに加えて 代替スタートアップ フォルダー を使用できます。

XLStart フォルダーを見つける

XLStart フォルダーに配置 ワークスペース ファイル ブック、テンプレート、またはテンプレートは、ファイルの作成を開始するとExcel。 XLStart フォルダーのパスを確認するには、セキュリティ センターの設定を確認します。 そのためには、次を実行します。

  1. [ファイル] > [オプション] の順にクリックします。

  2. [信頼センター]をクリックし、[Microsoft Office Excel]の [信頼センター] をクリック設定。

  3. [ 信頼できる場所]をクリックし、信頼できる場所の一覧で XLStart フォルダーへのパスを確認します。

代替スタートアップ フォルダーを使用する

  1. [ファイル]、[オプション]、[詳細設定] の順にクリックします。

  2. [ 全般][起動時にすべての ファイルを開く] ボックスに、代替スタートアップ フォルダーとして使用するフォルダーの完全パスを入力します。

    Excel起動フォルダー内のすべてのファイルを開くため、開くことができるファイルのみを含むフォルダー Excelしてください。

注: 同じ名前のブックが XLStart フォルダーと代替スタートアップ フォルダーの両方にある場合は、XLStart フォルダー内のファイルが開きます。

ブックの作成を開始するときに、特定のブックが開かExcel

Excel の起動時に自動的に開くブックの場所に応じて、次の操作を行って、起動時にブックが開かなくなったことを確認します。

  • ブックが XLStart フォルダーに保存されている場合は、そのフォルダーからブックを削除します。

  • ブックが代替スタートアップ フォルダーに保存されている場合は、次の操作を行います。

    注: スタートアップ フォルダーの検索の詳細については、「XLStart フォルダーを探 す」を参照してください

    1. [ファイル]、[オプション]、[詳細設定] の順にクリックします。

    2. [ 全般]で、[起動時にすべてのファイルを開 ] ボックスの内容をクリアし 、[OK]をクリックします。

    3. [Windows エクスプローラーで、別のスタートアップ フォルダーからブックExcel起動し、自動的に開くアイコンを削除します。

      ヒント: そのアイコンを右クリックし、[プロパティ]をクリックして、[ショートカット] タブでブックへの参照を削除することもできます。

新しいブックまたはワークシートを作成するときにブック テンプレートまたはワークシート テンプレートを自動的に開く

ブック テンプレートで頻繁に使用するブックの設定を保存し、新しいブックを作成する度に、そのブック テンプレートを自動的に開きます。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • ブック テンプレートを使用するには、シート、既定のテキスト (ページ ヘッダー、列ラベル、行ラベルなど)、数式、マクロ、スタイル、ブック テンプレートに基づく新しいブックで使用するその他の書式を含むブックを作成します。

    • ワークシート テンプレートを使用するには、1 つのワークシートを含むブックを作成します。 ワークシートで、ワークシート テンプレートに基づくすべての新しいワークシートに表示する書式設定、スタイル、テキスト、その他の情報を含める。

      設定テンプレートに保存できるテンプレート

      • セルとシートの書式。

      • 各シートのページ 印刷範囲 とページの設定。

      • セルのスタイル。

      • ブック内のシートの数と種類。

      • ブックの保護された領域と非表示領域。 シート、行、列を非表示にし、ワークシートのセルが変更されるのを防ぐことが可能です。

      • 繰り返すテキスト (ページ ヘッダー、行ラベル、列ラベルなど)。

      • データ、グラフィックス、数式、グラフ、その他の情報。

      • データの入力規則の設定。

      • マクロ、ハイパーリンク、フォームActiveXコントロール。

      • ブックの計算オプションとウィンドウ ビューのオプション。

  2. [ファイル]、[名前を付けて保存] の順にクリックします。

  3. [ファイルの 種類] ボックスで、[ テンプレート] を クリックします

  4. [保存 場所] ボックス で、テンプレートを保存するフォルダーを選択します。

    • または を作成 既定のブック テンプレート 、 既定のワークシート テンプレートXLStart フォルダーまたは代替スタートアップ フォルダーのいずれかを選択します。 スタートアップ フォルダーのパスを確認するには、「XLStart フォルダーを探 す」を参照してください

    • ユーザー設定のブックまたはワークシート テンプレートを作成するには、[テンプレート] フォルダーが選択されている必要があります。

      パスは通常、C:\Users\<ユーザー>\AppData\Roaming\Microsoft\Templates です。

  5. [ファイル 名] ボックス で、次のいずれかの操作を行います。

    • 既定のブック テンプレートを作成するには、「Book」と 入力します

    • 既定のワークシート テンプレートを作成するには、「Sheet」と 入力します

    • ユーザー設定のブックまたはワークシート テンプレートを作成するには、使用する名前を入力します。

  6. [保存] をクリックします。

  7. [ファイル ] をクリック > 閉じます

自動マクロを起動するときに自動マクロが実行Excel

Excel を起動すると開くブックに記録されている自動マクロ (Auto_Open など) は、ブックが開くとすぐに自動的に実行されます。

  • マクロが自動的に実行されるのを防ぐには、Shift キーを押しながらマクロのExcel。

ヒント: 自動マクロの詳細については、「マクロを実行 する」を参照してください

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×