#FIELD! エラーは、次の状況で発生します。   

  • 参照されたフィールドがリンクされたデータ型に見つからない。

  • 参照先フィールドはリンクされたデータ型には適用されないため、存在しません。

  • 参照先フィールドは属性によって保護されているため、グリッドに挿入できません。

  • 参照先フィールドの形式は、Excel で読み取れない形式です。

  • 参照されたセルにリンクされたデータの種類が含まれていない。

注:  リンクされたデータの種類は、[データ] タブから挿入できます。 それらを参照する数式を作成することもできます。

新しい列が、あるデータ型レコードからフィールドを参照しようとしても、そのレコードにその特定のフィールドに対応するデータがない場合、#FIELD! エラーが発生します。 たとえば、株式の経費率を表示する列を追加しても、そもそもその行の株式レコードに経費率が存在しない場合、結果は #FIELD! になります。

解決方法

  • エラー チェックが有効な場合は、セルの左側にあるエラー フローティをクリックし、[エラーを無視する] オプションを選択します。

    #FIELD! エラーを無視します

  • 列を削除し、データのあるフィールドを参照する新しい列に置き換えます。

=A1.City または =FIELDVALUE(A1,"City") のような数式を入力しても、セル A1 で [地理] データの種類が使用されていない場合、#FIELD! エラーが発生します。 同様に、=A1.Price または =FIELDVALUE(A1,"Price") のような数式を作成しても、セル A1 で [株価] データの種類が使用されていない場合、このエラーが発生します。

これは、数式が、あるデータの種類のフィールドを参照しても、そのデータの種類にその特定のフィールドに対応するデータが存在しないときにも発生することがあります。 たとえば、=A1.ExpenseRatio または =FIELDVALUE(A1,"ExpenseRatio") のような数式を入力しても、そもそもその特定の株式に経費率が存在しないときにも、結果は #FIELD! になります。

解決方法

  • エラー チェックが有効な場合は、セルの左側にあるエラー フローティをクリックし、[エラーを無視する] オプションを選択します。

  • 数式を削除します。

このエラーには、次の 2 つの主な原因があります。

  • Excel がフェッチしようとしている画像にいくつかのキー情報が不足している場合、その画像は表示できず、#FIELDになります。 エラーが表示されます。

  • 画像フィールドを持たないデータ型から画像を参照しています。

補足説明

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

関連項目

Excel でリンクされたデータ型の概要

FIELDVALUE 関数

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×