メイン コンテンツへスキップ
サポート
Microsoft アカウントでサインイン
サインインまたはアカウントを作成してください。
こんにちは、
別のアカウントを選択してください。
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

サイト コレクション管理者は、カスタム フォーマッタの埋め込みアクションを使用して、ユーザーが外部 Web サイトからコンテンツ を埋め込むことができるかどうかを制御します。 共同作成者にコンテンツの埋め込みを許可しない場合、コンテンツを埋め込もうとするユーザーには、「この Web サイトからのコンテンツの埋め込みは許可されていません」というエラー メッセージが表示されます。

サイト レベルの設定

サイト コレクション管理者は、コンテンツの埋め込みをオフにしたり、特定のサイトのリストからのコンテンツの埋め込みを許可したり、サイト設定の HTML フィールド セキュリティ 設定を変更して任意のサイトからの埋め込みを許可したりできます。 以下にその方法を示します。 

  1. サイト コレクションのルート サイトを参照します。

  2. [ 設定] SharePoint Online の [設定] ボタンをクリックし、[ サイト設定] をクリックします。 [サイトの設定] が表示されない場合は、[サイト情報] をクリックし、[すべてのサイト設定の表示] をクリックします。

  3. [サイト設定] ページの [サイト コレクションの管理] で、[HTML フィールド セキュリティ] をクリックします。

    [HTML フィールド セキュリティ設定] を選択して、コンテンツを埋め込むユーザーの機能を制御します

  4. 以下のいずれかのオプションを選択します。

    • 共同作成者が外部ドメインから iframe を挿入して、 サイト コレクション内のすべてのサイトで iFrame の使用を禁止しないようにしないでください。

    • 共同作成者が任意のドメインから iframe を挿入 して、サイト コレクション内のすべてのサイトで iFrame を使用できるようにし、外部 Web サイトのデータを iFrame に表示できるようにします。 セキュリティ上の理由から、このオプションはお勧めしません。

      注: サイトのカスタム スクリプトがオフになっている場合、このオプションは カスタム埋め込みアクションにのみ適用されます。 他のすべての HTML フィールドでは、以下で説明する外部ドメインの指定されたリストからの埋め込みのみが許可されます。 スクリプトの詳細については、「 カスタム スクリプトを許可または禁止する」を参照してください。

    • 共同作成者が次のドメインからのみ iframe を挿入 して、サイト コレクション内の iframe にコンテンツを表示できるドメインの一覧に Web ドメインを追加できるようにします。 一覧から Web サイトを削除するには、Web サイトを選択し、[ 削除] をクリックします。

      iFrame の追加に関する制限を設定する

  5. [OK] をクリックします。

SharePoint には、コンテンツを表示できる Web サイトの既定の一覧が付属しています。 この一覧では、サイトを追加または削除できます。

ヘルプを表示

その他のオプションが必要ですか?

サブスクリプションの特典の参照、トレーニング コースの閲覧、デバイスのセキュリティ保護方法などについて説明します。

コミュニティは、質問をしたり質問の答えを得たり、フィードバックを提供したり、豊富な知識を持つ専門家の意見を聞いたりするのに役立ちます。

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?
[送信] を押すと、Microsoft の製品とサービスの改善にフィードバックが使用されます。 IT 管理者はこのデータを収集できます。 プライバシーに関する声明。

フィードバックをいただき、ありがとうございます。

×