繰り返し実行Microsoft Excelタスクがある場合は、マクロを記録してそれらのタスクを自動化できます。 マクロは、必要な回数実行できるアクションまたはアクションのセットです。 マクロを作成すると、マウスのクリックとキーボード操作が記録されます。 マクロを作成した後は、マクロを編集して、その動作に小さな変更を加えます。

たとえば、会計管理者のレポートを毎月作成するとします。 顧客の名前に期限が過ぎたアカウントを赤で書式設定し、太字の書式を適用する場合。 これらの書式設定の変更を選択したセルにすばやく適用するマクロを作成して実行できます。

方法

アイコンの画像

マクロを記録する前に    

マクロと VBA ツールは [開発] タブにあります。このタブは既定で非表示になっているため、最初の手順はこれを有効にすることになります。 詳細については、「[開発] タブを表示する」を参照してください。

リボンの [開発] タブ

アイコンの画像

マクロを記録する    

  1. [開発] タブの [コード] グループ で、[ マクロの記録] をクリックします

  2. 必要に応じて、[マクロ名] ボックスにマクロの名前を入力し、[ショートカット キー] ボックスにショートカット キーを入力し、[説明] ボックスに説明を入力して、[OK]をクリックして記録を開始します。

    マクロの記録

  3. 定型文の入力やデータ列の入力など、自動化するアクションを実行します。

  4. [開発] タブの [記録終了] をクリックします。

    [記録終了]

アイコンの画像

マクロを詳しく見る    

マクロを編集すると、プログラミング言語Visual Basicについて少し学習できます。

マクロを編集するには、[開発] タブの [コード]グループで[マクロ] をクリックし、マクロの名前を選択し、[編集] をクリックします。 Visual Basic エディターが起動します。

記録したアクションがコードとしてどのように表示されるのか確認します。 一部のコードはおそらく明確であり、一部は少し不可解な場合があります。

コードを試し、エディターを閉Visual Basicマクロを再度実行します。 今回は、何か異なる問題が発生した場合は、ご覧ください。

次の手順

方法

アイコンの画像

マクロを記録する前に    

[開発] タブが リボンに表示されるのを確認します。 既定では、[ 開発] タブ は表示されないので、次の操作を行います。

  1. [環境設定] Excel>に移動します。> リボン& ツールバー。

  2. [リボンのユーザー設定] カテゴリの [メイン タブ] の一覧で、[開発] チェック ボックスをオンにしてから、[保存] をクリックします。

アイコンの画像

マクロを記録する    

  1. [開発] タブの [マクロの記録] をクリックします

  2. 必要に応じて、[マクロ名] ボックスにマクロの名前を入力し、[ショートカット キー] ボックスにショートカット キーを入力し、[説明] ボックスに説明を入力して、[OK]をクリックして記録を開始します。

  3. 定型文の入力やデータ列の入力など、自動化するアクションを実行します。

  4. [開発] タブの [コード] グループで、[記録終了] をクリックします。

アイコンの画像

マクロを詳しく見る    

マクロを編集すると、プログラミング言語Visual Basicについて少し学習できます。

マクロを編集するには、[開発]タブで[マクロ] をクリックし、マクロの名前を選択し、[編集] をクリックします。 Visual Basic エディターが起動します。

記録したアクションがコードとしてどのように表示されるのか確認します。 一部のコードはおそらく明確であり、一部は少し不可解な場合があります。

コードを試し、エディターを閉Visual Basicマクロを再度実行します。 今回は、何か異なる問題が発生した場合は、ご覧ください。

補足説明

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×