3-D 縦棒グラフ、3-D コーングラフ、または 3-D ピラミッド グラフには、変更できる奥行き (系列) 軸、z 軸とも呼ばれる) があります。 目盛間と軸ラベル間の間隔を指定し、軸に沿った配置を変更し、系列の表示順を逆順にすることができます。

グラフ内の他の軸の目盛を変更するには、「グラフの横 (項目) 軸の目盛を変更する」または「グラフの縦 (値) 軸の目盛を変更する」を 参照してください

  1. 3-D グラフで、変更する奥行き軸をクリックするか、次の操作を行ってグラフ要素の一覧から軸を選択します。

    1. グラフ上の任意の場所をクリックします。

      これにより、[グラフ ツール] が表示され、[デザイン] タブ、[レイアウト] タブ、および [書式] タブが追加されます。

    2. [書式] タブの [現在の選択範囲] グループで [グラフの要素] ボックスの横の矢印をクリックして、[奥行き (系列) 軸] をクリックします。

      リボン イメージ

  2. [書式] タブの [現在の選択範囲] グループの [選択対象の書式設定] をクリックします。

  3. [軸の書式設定]ダイアログボックスで、[軸のオプション] が選択されていない場合はクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    重要    次のスケーリング オプションは、奥行き軸が選択されている場合にのみ使用できます。

    1. 目盛の間隔を変更するには、[目盛の間隔] ボックスに適切な数値を入力します。

      メモ    入力した数値によって、目盛間に表示されるデータ系列の数が決まります。

    2. 軸ラベルの間隔を変更するには、[ラベルの間隔] の [間隔の単位] をクリックし、テキスト ボックスに適切な数値を入力します。

      ヒント    「1」と入力するとすべてのデータ系列のラベルが表示され、「2」と入力すると 1 つおきのデータ系列のラベルが表示され、「3」と入力すると 2 つおきのデータ系列のラベルが表示されます。それ以降も同様に表示されます。

    3. 系列を逆順にするには、[表示順序を逆にする] チェック ボックスをオンにします。

      メモ    奥行き軸に表示されるデータ系列が逆順になります。

    4. 軸の目盛および軸ラベルの配置を変更するには、[目盛の種類] ボックス、[補助目盛の種類] ボックス、および [軸ラベル] ボックスで適切なオプションをクリックします。

ヒント    

  • 軸の目盛を変更した後、軸の書式を変更することもできます。 詳細については、「グラフの軸の表示を変更する」を参照してください。

  • スケーリングしても、データ系列間の間隔の深さや間隔の幅は変更されません。 間隔の深さまたは幅を変更するには、データ系列を右クリックし、[データ系列の書式設定] をクリックします。 [系列オプション] で必要な 設定を指定します

ページの先頭へ

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×