プレゼンテーション ファイルに含める必要があるスライドがあるが、スライド ショーに表示したくない場合は、スライドを 非表示にすることができます 。  

非表示のスライドはファイルに残ります。スライド ショー ビューを実行すると非表示になります。 プレゼンテーション内の任意のスライドの [ スライドの非表示] オプションと [スライドの再表示] オプションを切り替えることができます。 

標準表示でスライドを編集しているときに、左側のナビゲーション ウィンドウで、次に説明するようにスライドを非表示または再表示できます。 スライドの並べ替えビューでは、同じ方法を使用してスライドを非表示または再表示できます。 また、対象ユーザーにプレゼンテーションを行っている間は、以下で説明するようにスライドを再表示できます。

スライドを非表示にする

  1. 左側のナビゲーション ウィンドウで、非表示にするスライドのサムネイル 画像を選択します。

  2. スライドを右クリックし、[スライドの非表示] を選択します。 スライドにスライド番号のスラッシュが表示され、非表示

    になっていることを示す 非表示のスライド

スライドを再表示する

  1. 左側のナビゲーション ウィンドウで、再表示する非表示のスライドを選択します。

  2. スライドを右クリックし、[スライドの再表示] を選択します。

プレゼンテーション中に非表示のスライドを表示する

スライド ショー ビューで非表示のスライドを表示する場合は、次の操作を行うことができます。

  1. 現在のスライドを右クリックし、[ すべてのスライドを表示] を選択します。

    画面が、プレゼンテーション内のすべてのスライドのサムネイル リストに切り替わります。

  2. 表示する非表示のスライドを選択します。

    選択したスライドが全画面表示され、スライド ショーが再開されます。

発表者ビューを使用している場合、対象ユーザーにはスライドを選択するための手順は表示されません。 手順 2 で選択したスライドが表示されます。

スライドを非表示にする

  1. 左側のナビゲーション ウィンドウで、非表示にするスライドのサムネイル 画像を選択します。

  2. スライドを右クリックし、[スライドの非表示] を選択します。 スライドにスライド番号のスラッシュが表示され、非表示になっていることを示すようになりました。

    非表示のスライド

スライドを再表示する

  1. 左側のナビゲーション ウィンドウで、再表示する非表示のスライドを選択します。

  2. スライドを右クリックし、[ スライドの再表示] をクリックします。

プレゼンテーション中に非表示のスライドを表示する

  1. スライド ショー画面の左下隅にマウスを移動し、ツール バーのグリッド ビュー アイコンをクリックします。

    グリッド ビューを選択する

  2. 表示する非表示のスライドを選択します。



    非表示のスライドを選択する 選択したスライドが全画面表示で表示され、スライド ショーが再開します。

スライドを非表示にする

  1. 左側のナビゲーション ウィンドウで、非表示にするスライドを選択します。

  2. スライドを右クリックし、[ スライドの非表示] をクリックします。 非表示であることを示す "no" 記号がスライドに表示されます:PowerPoint for Macでは、"非表示のスライド" アイコンはユニバーサル "禁止" 記号です。

スライドを再表示する

  1. 左側のナビゲーション ウィンドウで、再表示する非表示のスライドを選択します。

  2. Control キーを押しながらスライドをクリックし、[スライドの再表示] を選択します。

プレゼンテーション中に非表示のスライドを表示する

次のいずれかの操作を行います。

  • すべてのモニターで全画面表示のスライド ショーを表示する場合は、非表示のスライドの前に表示されるスライドに移動し、H キーを押します。

  • 発表者ビューを使用している場合は、ポインターを画面の下部に移動してスライド ナビゲーション ウィンドウにアクセスし、非表示のスライドをクリックします。

スライドを非表示にする理由

スライドを非表示にすることは、プレゼンテーションにスライドを追加した場合に特に便利です。これは、テーマに関してさまざまなレベルの詳細を提供する場合です。たとえば、対象ユーザーが異なる場合などです。 こうしたスライドを非表示に設定すると、メインのスライド ショーには表示されなくなりますが、必要であればアクセスすることはできます。 

たとえば、対象ユーザーのメンバーから、アイテムの詳細を説明するように求められる場合があります。 その場合は、それらの詳細を含む非表示のスライドを表示できます。 ただし、時間が短く、ユーザーが配信する概念を理解している場合は、スライドをスキップせずにプレゼンテーションを続けることができるように、補足情報を非表示にしてスライドを保持することをお勧めします。

関連項目

目的別スライド ショーを作成および実行する

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×