このPowerPoint、プレゼンテーションをアニメーション GIF として保存し、ソーシャルチャネルや他のデジタル チャネルを介して共有できます。

  1. プレゼンテーションをセットアップし、必要な図、アニメーション、画面切り替えで完了します。

  2. [ファイル] >エクスポート] >アニメーションGIF を作成する] を選択します

  3. 既定の品質は [中] です。 必要に応じて、ドロップダウン ボックスを使用して、より高い設定または低い設定に変更します。

  4. 各スライドに 費やされた最小秒を選択します。 費やされた時間は、この最小値よりも長く、短くはない場合があります。 詳細については、以下の「スライドのタイミングを設定する」を参照してください。

  5. [CREATE GIF] を選択します

    PowerPoint GIF として保存が開始され、完了すると通知されます。 処理時間は、ファイルのサイズと品質の設定によって異なります。 最後の結果は、ファイルを連続してループ.gifされます。

  1. プレゼンテーションをセットアップし、必要な図、アニメーション、画面切り替えで完了します。

  2. [ファイル]、[エクスポート] の順に選択します。

  3. ダイアログ ボックスで、[ファイル形式] を[GIF]に設定し、完成したファイルを保存する場所を指定します。

  4. [エクスポート] を選択します。

  5. 既定の品質は [中] です。 必要に応じて、ドロップダウン ボックスを使用して、より高い設定または低い設定に変更します。

  6. 各スライドに 費やされた最小秒を選択します。 費やされた時間は、この最小値よりも長く、短くはない場合があります。 詳細については、以下の「スライドのタイミングを設定する」を参照してください。

  7. [CREATE GIF] を選択します

    PowerPoint GIF として保存が開始され、完了すると通知されます。 処理時間は、ファイルのサイズと品質の設定によって異なります。 最後の結果は、ファイルを連続してループ.gifされます。

スライドのタイミングを設定する

プレゼンテーションを GIF として保存する場合は、各スライドに費やされた秒 を指定します。 これは、すべてのスライドに適用される最小期間です。

  • この最小設定の既定値は 1 秒です。

  • プレゼンテーション内のスライドにアニメーションまたはメディアが含み、最大で最小の期間を超える場合は、問題ありません。 これらのアニメーションまたはメディアの完全な長さは、GIF に記録されます。

  • プレゼンテーション内のスライドにアニメーションやメディアがない場合、または存在するが最小継続時間よりも短い場合は、その最小期間のスライドが記録されます。

  • スライド間の切り替えに設定したタイミングは追加で、各スライドに費やされた秒にはカウントされません

完成した GIF の詳細

  • 保存されたファイルは、継続的に ループする GIF です。 PowerPoint では、有限の回数の繰り返しに変更を行う必要があります。

  • スライド上のすべてのアニメーション、画面切り替え、メディア (ビデオや GIF など) は、完成した GIF ファイルに含まれます。

  • スライドにアニメーション、画面切り替え、またはメディアが含まれていません。完成した GIF のフレーム/秒 (FPS) レートは、GIF の作成時に選択した各スライド設定に費やされた秒の逆になります。 たとえば、各スライドに費やされた秒が 1 の場合、分数形式で 1/1 として書き込まれます。 逆関数 (1 秒あたりのフレーム数) も 1/1 フレーム/秒になります。 各スライドに費やされた秒が 3 の場合、小数部の形式は 3/1 で、逆は 1/3 フレーム/秒になります。

  • ファイル内のスライドが非表示の場合、GIF が作成されると、スライドは完全にスキップされます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×