たとえば、レポートの書式を設定する特殊文字の固定列を作成したり、テキスト列の末尾にピリオドを追加して、目次に似たタブ リーダーを提供したりするとします。 セル内の文字を繰り返す場合は、REPT 関数を使用します。

使用例

使用例を新規のワークシートにコピーすると、計算結果を確認できます。

使用例をコピーする方法

  1. 新しいブックまたはワークシートを作成します。

  2. ヘルプ トピックから使用例を選びます。

       行見出しまたは列見出しを選択

    ヘルプから使用例を選ぶ

    ヘルプから例を選択する

  3. Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

  4. ワークシートでセル A1 を選択し、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

    結果の表示と結果を返す数式の表示を切り替えるには、Ctrl キーを押しながら' (アクセント記号) キーを押すか、[数式] タブの [数式の監査] グループで 、[数式の表示] ボタンをクリックします。

1

2

3

A

B

数式

説明 (計算結果)

=REPT(".",6)

期間を繰り返す (.) 6 回 (....)

=REPT("-",4)

ダッシュ (-) を 4 回繰り返す (----)

関数についての詳細情報

REPT 関数

ページの先頭へ

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×