セル範囲に対して条件付き計算を実行する

複数のセル範囲に対して単純な計算を実行する必要がある場合は、結果を合計し、抽出条件を使用して計算に含めるセルを決定するには、 SUMPRODUCT 関数の使用を検討してください。

SUMPRODUCT は、引数として配列と算術演算子を受け取ります。 True または False (1 または 0) として評価される配列は、要素として評価する (他の配列を乗算する) 条件として使用できます。

たとえば、次の例のように、売上高からの支出を差し引くことで、特定の販売エージェントの正味売上高を計算するとします。

売上と支出がそれぞれに指定されている場合に、販売担当者別の売上合計を返すための SUMPRODUCT 関数の例

  1. 評価する範囲の外側のセルをクリックします。 これが、結果の移動先です。

  2. = SUMPRODUCT ()」と入力します。

  3. (」と入力して、計算に含めるセルの範囲を入力するか選択して、入力します )。 たとえば、テーブル Table1 の列売上を含めるには、「 (Table1 [Sales])」と入力します。

  4. 算術演算子を入力します: */+-。 これは、指定された条件に一致するセルを使用して実行する操作です。さらに多くの演算子と範囲を含めることができます。 乗算は既定の操作です。

  5. 手順3と4を繰り返して、計算のための追加の範囲と演算子を入力します。 計算に含める最後の範囲を追加した後、すべての対象範囲を囲むかっこのセットを追加して、計算全体が囲まれるようにします。 たとえば、 ((table1 [売上]) + (table1 [経費]))と入力します。

    実行する算術演算に応じて、さまざまな要素をグループ化するために、計算内にさらにかっこを含める必要がある場合があります。

  6. 抽出条件として使用する範囲を入力するには、「 *」と入力して範囲参照を通常どおり入力した後、セル範囲参照の後で右かっこの前に「=」と入力し、次に=」と入力します。 たとえば、 * (Table1 [Agent] = "Jones")。 これにより、セルは1または0として評価されます。そのため、数式内の他の値と乗算すると、計算結果の値が同じか、それとも、対応するセルが含まれているかどうかに関係ありません。

  7. さらに条件がある場合は、必要に応じて、手順6を繰り返します。 最後の範囲の後に「」と入力します )

    入力した数式は、上の例のようになります。 = SUMPRODUCT ((table1 [Sales])-(table1 [経費]) * (table1 [Agent] = B8))。セル B8 は、エージェント名を保持します。

関連項目

SUMPRODUCT 関数

COUNTIFS

Average は AVERAGEIFS を使用

SUMIFS

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×