この機能を使用するには、Microsoft Exchange ServerアカウントMicrosoft 365 必要です。 ほとんどの家庭および個人アカウントでは、Microsoft Exchange または Microsoft 365を使用#x0。 

Microsoft アカウントで使用するとExchangeタスクをユーザー間で共有できます。 タスク共有は、すべてのタスクプロファイルに作成される既定のタスク フォルダー Outlookされません。 追加のタスク フォルダーを作成し、共有するフォルダーを選択できます。 たとえば、特定のプロジェクトのタスク フォルダーを作成できます。 その後、同僚がタスク リストを確認できるよう、タスク フォルダーへのアクセス権を同僚と共有できます。

既定のタスク フォルダーを特定のユーザーと共有する

既定のタスクフォルダーは、OutlookプロファイルごとにOutlookされます。 このフォルダーは名前を変更したり、削除したりすることはできません。

  1. ナビゲーション ウィンドウ で [ タスク] をクリックします。

    既定のフォルダーは通常、[マイ タスク ] の下に[タスク] として 表示されます。 複数のフォルダーがある場合は、必ず既定の [タスク] フォルダーを 選択 してください。

  2. [フォルダー ] をクリック>タスクを共有する

  3. [宛先] ボックスで、共有の招待メッセージの受信者の名前を入力します。

    [受信者にタスク フォルダー の表示を許可する] チェック ボックスが オンに設定されていないことを確認します。

  4. 必要に応じて、件名 を変更 できます

  5. 必要に応じて、受信者の既定のタスク フォルダーを表示するアクセス許可 を要求 できます。 これを行うには、[受信者のタスク フォルダーを表示する アクセス許可を要求する] チェック ボックスをオンにします。

    注: 既定のタスク フォルダー以外のタスク フォルダーへのアクセスを要求する場合は、その特定のフォルダーへのアクセス許可を求める電子メール メッセージを送信する必要があります。

  6. メッセージの本文に、必要な情報を入力します。

  7. [送信] をクリックします。

  8. 確認のダイアログ ボックスを参照し、正しい場合は [OK] をクリックします。

既定のタスクフォルダーは、OutlookプロファイルごとにOutlookされます。 このフォルダーは名前を変更したり、削除したりすることはできません。

  1. ナビゲーション ウィンドウ で [ タスク] をクリックします。

    既定のフォルダーは通常、[マイ タスク ] の下に[タスク] として 表示されます。 複数のフォルダーがある場合は、必ず既定の [タスク] フォルダーを 選択 してください。

  2. [ フォルダー] を >アクセス許可] をクリックします

  3. [アクセス許可] タブの [名前] ボックスで、[既定] をクリックします。

  4. [ アクセス許可] の[アクセス許可レベル ] ボックスの一覧 で、アクセス許可レベルを選択します。

    アクセス許可レベルの説明

    権限レベル (役割)

    説明

    所有者

    すべてのアイテムとファイルを作成、読み取り、変更、削除し、サブフォルダーを作成します。 フォルダーの所有者は、フォルダーに対して他のユーザーが持っているアクセス許可レベルを変更できます。 (代理人には適用されません)。

    発行編集者

    すべてのアイテムとファイルを作成、読み取り、変更、削除し、サブフォルダーを作成します。 (代理人には適用されません)。

    編集者

    すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、削除を行います。

    発行作成者

    アイテムとファイルの作成と読み取り、サブフォルダーの作成、作成したアイテムとファイルの変更と削除を行います。 (代理人には適用されません)。

    作成者

    アイテムやファイルの作成および閲覧と、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います。

    投稿者

    アイテムとファイルのみを作成します。 フォルダーの内容は表示されません。 (代理人には適用されません)。

    レビュー担当者

    アイテムやファイルの参照だけができます。

    ユーザー設定

    フォルダーの所有者によって定義された操作を実行します (代理人には適用されません)。

    なし

    権限はありません。 フォルダーを開くことはできません。

    [アクセス許可] の下にあるチェック ボックスとオプションを選択して、カスタムアクセス許可 を作成できます

既定のタスクフォルダーは、OutlookプロファイルごとにOutlookされます。 このフォルダーは名前を変更したり、削除したりすることはできません。 名前を変更したり削除したりできる追加のタスク フォルダーを作成できます。 このセクションでは、作成するカスタム タスク フォルダーの手順について説明します。

  1. ナビゲーション ウィンドウで [タスク] をクリックし、共有するフォルダーを右クリックします。

  2. [タスクの 共有] >をポイントします

  3. [宛先 ] ボックス に、共有の招待メッセージの受信者の名前を入力します。

  4. 必要に応じて、件名 を変更 できます

  5. 必要に応じて、[受信者は、このタスク フォルダー内のアイテムを追加、編集、削除できます] チェック ボックスをオンにして、タスク アイテムを変更する権限を受信者 に付与できます

  6. メッセージの本文に、必要な情報を入力します。

  7. [送信] をクリックします。

  8. 確認のダイアログ ボックスを参照し、正しい場合は [OK] をクリックします。

既定のタスクフォルダーは、OutlookプロファイルごとにOutlookされます。 このフォルダーは名前を変更したり、削除したりすることはできません。 名前を変更したり削除したりできる追加のタスク フォルダーを作成できます。 このセクションでは、作成するカスタム タスク フォルダーの手順について説明します。

  1. ナビゲーション ウィンドウ で [タスク] をクリックし、共有するタスク フォルダーを右クリックします。

  2. [フォルダーの 共有] > アクセス許可] をポイントします

  3. [アクセス 許可] タブの [名前] ボックス で、[ 既定] を クリックします

  4. [ アクセス許可] の[アクセス許可レベル ] ボックスの一覧 で、アクセス許可レベルを選択します。

    アクセス許可レベルの説明

    権限レベル (役割)

    説明

    所有者

    すべてのアイテムとファイルを作成、読み取り、変更、削除し、サブフォルダーを作成します。 フォルダーの所有者は、フォルダーに対して他のユーザーが持っているアクセス許可レベルを変更できます。 (代理人には適用されません)。

    発行編集者

    すべてのアイテムとファイルを作成、読み取り、変更、削除し、サブフォルダーを作成します。 (代理人には適用されません)。

    編集者

    すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、削除を行います。

    発行作成者

    アイテムとファイルの作成と読み取り、サブフォルダーの作成、作成したアイテムとファイルの変更と削除を行います。 (代理人には適用されません)。

    作成者

    アイテムやファイルの作成および閲覧と、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います。

    投稿者

    アイテムとファイルのみを作成します。 フォルダーの内容は表示されません。 (代理人には適用されません)。

    レビュー担当者

    アイテムやファイルの参照だけができます。

    ユーザー設定

    フォルダーの所有者によって定義された操作を実行します (代理人には適用されません)。

    なし

    権限はありません。 フォルダーを開くことはできません。

    [アクセス許可] の下にあるチェック ボックスとオプションを選択して、カスタムアクセス許可 を作成できます

Microsoft アカウントで使用するとExchangeタスクをユーザー間で共有できます。 タスク共有は、すべてのタスクプロファイルに作成される既定のタスク フォルダー Outlookされません。 追加のタスク フォルダーを作成し、共有するフォルダーを選択できます。 たとえば、特定のプロジェクトのタスク フォルダーを作成できます。 その後、同僚がタスク リストを確認できるよう、タスク フォルダーへのアクセス権を同僚と共有できます。

タスクの所有権の委任など、タスク共有のエクスペリエンスを向上するには、 のタスク機能を使用 Windows SharePoint Services 3.0。 SharePointタスクは、 内から表示 Microsoft Office Outlook 2007。

ヒント: フォルダーを共有するときに他のユーザーにアイテムが表示Outlook、メッセージ、連絡先、またはタスクは非公開としてマークされます。

タスク共有は、招待の共有と要求の電子メール メッセージの共有を通じて機能します。 招待を共有すると、受信者はタスク フォルダーにアクセスできます。 既定のタスク フォルダーの共有の招待を 送信 するときに、受信者に既定の [タスク] フォルダーの共有を 依頼 することもできます。

注: 受信者が既定のタスク フォルダーではなく、作成したタスク フォルダーへのアクセスを要求する場合は、その特定のフォルダーを使用するためのアクセス許可を求める電子メール メッセージを送信する必要があります。 受信者は、既定以外のタスク フォルダーの共有の招待を送信できます。

既定のタスク フォルダーを特定のユーザーと共有する

既定のタスクフォルダーは、OutlookプロファイルごとにOutlookされます。 このフォルダーは名前を変更したり、削除したりすることはできません。

  1. [ タスク] のナビゲーション ウィンドウで、[自分のタスクの共有 ] フォルダー をクリックします

    注: 最小化ビューでナビゲーション ウィンドウを使用している場合は、ナビゲーション ウィンドウで [ナビゲーション ウィンドウ] をクリックし、[自分のタスク フォルダーの共有]をクリックします

  2. [宛先] ボックスで、共有の招待メッセージの受信者の名前を入力します。

  3. 必要に応じて、件名 を変更 できます

  4. 必要に応じて、受信者の既定のタスク フォルダーを表示するアクセス許可 を要求 できます。 これを行うには、[受信者のタスク フォルダーを表示する アクセス許可を要求する] チェック ボックスをオンにします。

    注: 既定のタスク フォルダー以外のタスク フォルダーへのアクセスを要求する場合は、その特定のフォルダーへのアクセス許可を求める電子メール メッセージを送信する必要があります。

  5. メッセージの本文に、必要な情報を入力します。

  6. [送信] をクリックします。

  7. 確認のダイアログ ボックスを参照し、正しい場合は [OK] をクリックします。

既定のタスクフォルダーは、OutlookプロファイルごとにOutlookされます。 このフォルダーは名前を変更したり、削除したりすることはできません。

  1. [ タスク]のナビゲーション ウィンドウで、既定の [タスク] フォルダーを 右クリック します。

    これは通常、[マイ タスク ] の下に[タスク] として 表示されます

  2. 最小化ビューでナビゲーション ウィンドウを使用している場合は、ナビゲーション ウィンドウで [ナビゲーション ウィンドウ] をクリックし、既定の [タスク] フォルダーを右クリックします。

    これは通常、[マイ タスク ] の下に[タスク] として 表示されます

  3. [共有アクセス権の変更] をクリックします。

  4. [アクセス許可] タブの [名前] ボックスで、[既定] をクリックします。

  5. [ アクセス許可] の[アクセス許可レベル ] ボックスの一覧 で、アクセス許可レベルを選択します。

    アクセス許可レベルの説明

    権限レベル (役割)

    説明

    所有者

    すべてのアイテムとファイルを作成、読み取り、変更、削除し、サブフォルダーを作成します。 フォルダーの所有者は、フォルダーに対して他のユーザーが持っているアクセス許可レベルを変更できます。 (代理人には適用されません)。

    発行編集者

    すべてのアイテムとファイルを作成、読み取り、変更、削除し、サブフォルダーを作成します。 (代理人には適用されません)。

    編集者

    すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、削除を行います。

    発行作成者

    アイテムとファイルの作成と読み取り、サブフォルダーの作成、作成したアイテムとファイルの変更と削除を行います。 (代理人には適用されません)。

    作成者

    アイテムやファイルの作成および閲覧と、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います。

    投稿者

    アイテムとファイルのみを作成します。 フォルダーの内容は表示されません。 (代理人には適用されません)。

    レビュー担当者

    アイテムやファイルの参照だけができます。

    ユーザー設定

    フォルダーの所有者によって定義された操作を実行します (代理人には適用されません)。

    なし

    権限はありません。 フォルダーを開くことはできません。

    [アクセス許可] の下にあるチェック ボックスとオプションを選択して、カスタムアクセス許可 を作成できます

既定のタスクフォルダーは、OutlookプロファイルごとにOutlookされます。 このフォルダーは名前を変更したり、削除したりすることはできません。 名前を変更したり削除したりできる追加のタスク フォルダーを作成できます。 このセクションでは、作成するカスタム タスク フォルダーの手順について説明します。

  1. [ タスク] のナビゲーション ウィンドウで、共有するタスク フォルダーを右クリックします。

    注: 最小化ビューでナビゲーション ウィンドウを使用している場合は、ナビゲーション ウィンドウで [ナビゲーション ウィンドウ] をクリックし、共有するタスク フォルダーを右クリックします。

  2. [フォルダー名の共有] をクリックします。

  3. [宛先 ] ボックス に、共有の招待メッセージの受信者の名前を入力します。

  4. 必要に応じて、件名 を変更 できます

  5. 必要に応じて、[受信者は、このタスク フォルダー内のアイテムを追加、編集、削除できます] チェック ボックスをオンにして、タスク アイテムを変更する権限を受信者 に付与できます

  6. メッセージの本文に、必要な情報を入力します。

  7. [送信] をクリックします。

  8. 確認のダイアログ ボックスを参照し、正しい場合は [OK] をクリックします。

既定のタスクフォルダーは、OutlookプロファイルごとにOutlookされます。 このフォルダーは名前を変更したり、削除したりすることはできません。 名前を変更したり削除したりできる追加のタスク フォルダーを作成できます。 このセクションでは、作成するカスタム タスク フォルダーの手順について説明します。

  1. [ タスク] のナビゲーション ウィンドウで、共有するタスク フォルダーを右クリックします。

    注: 最小化ビューでナビゲーション ウィンドウを使用している場合は、ナビゲーション ウィンドウで [ナビゲーション ウィンドウ] をクリックし、共有するタスク フォルダーを右クリックします。

  2. [共有アクセス権の変更] をクリックします。

  3. [アクセス許可] タブの [名前] ボックスで、[既定] をクリックします。

  4. [ アクセス許可] の[アクセス許可レベル ] ボックスの一覧 で、アクセス許可レベルを選択します。

    アクセス許可レベルの説明

    権限レベル (役割)

    説明

    所有者

    すべてのアイテムとファイルを作成、読み取り、変更、削除し、サブフォルダーを作成します。 フォルダーの所有者は、フォルダーに対して他のユーザーが持っているアクセス許可レベルを変更できます。 (代理人には適用されません)。

    発行編集者

    すべてのアイテムとファイルを作成、読み取り、変更、削除し、サブフォルダーを作成します。 (代理人には適用されません)。

    編集者

    すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、削除を行います。

    発行作成者

    アイテムとファイルの作成と読み取り、サブフォルダーの作成、作成したアイテムとファイルの変更と削除を行います。 (代理人には適用されません)。

    作成者

    アイテムやファイルの作成および閲覧と、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います。

    投稿者

    アイテムとファイルのみを作成します。 フォルダーの内容は表示されません。 (代理人には適用されません)。

    レビュー担当者

    アイテムやファイルの参照だけができます。

    ユーザー設定

    フォルダーの所有者によって定義された操作を実行します (代理人には適用されません)。

    なし

    権限はありません。 フォルダーを開くことはできません。

    [アクセス許可] の下にあるチェック ボックスとオプションを選択して、カスタムアクセス許可 を作成できます

タスク フォルダーに対する他のユーザーのアクセス許可はいつでも変更または取り消しできます。

  1. [ タスク] のナビゲーション ウィンドウで、アクセス許可を変更するタスク フォルダーを右クリックします。

    注: 最小化ビューでナビゲーション ウィンドウを使用している場合は、ナビゲーション ウィンドウで [ナビゲーション ウィンドウ] をクリックし、権限を変更するタスク フォルダーを右クリックします。

  2. [共有アクセス権の変更] をクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • すべてのユーザーのアクセス許可を変更する    

      1. [アクセス許可] タブの [名前] ボックスで、[既定] をクリックします。

      2. [ アクセス許可] の[アクセス許可レベル ] ボックスの一覧 で、アクセス許可レベルを選択します。

        アクセス許可レベルの説明

        この割り当てはレベル (またはロール) で行います。

        説明

        所有者

        すべてのアイテムとファイルを作成、読み取り、変更、削除し、サブフォルダーを作成します。 フォルダーの所有者は、フォルダーに対して他のユーザーが持っているアクセス許可レベルを変更できます。 (代理人には適用されません)。

        発行編集者

        すべてのアイテムとファイルを作成、読み取り、変更、削除し、サブフォルダーを作成します。 (代理人には適用されません)。

        編集者

        すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、削除を行います。

        発行作成者

        アイテムとファイルの作成と読み取り、サブフォルダーの作成、作成したアイテムとファイルの変更と削除を行います。 (代理人には適用されません)。

        作成者

        アイテムやファイルの作成および閲覧と、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います。

        投稿者

        アイテムとファイルのみを作成します。 フォルダーの内容は表示されません。 (代理人には適用されません)。

        レビュー担当者

        アイテムやファイルの参照だけができます。

        ユーザー設定

        フォルダーの所有者によって定義された操作を実行します (代理人には適用されません)。

        なし

        権限はありません。 フォルダーを開くことはできません。

        [アクセス許可] の下にあるチェック ボックスとオプションを選択して、カスタムアクセス許可 を作成できます

    • 1 人のユーザーのアクセス許可を変更する    

      1. [アクセス許可] タブの[名前] ボックスで、アクセス権を変更するユーザーの名前をクリックします。

      2. [ アクセス許可] の[アクセス許可レベル ] ボックスの一覧 で、アクセス許可レベルを選択します。

        アクセス許可レベルの説明

        権限レベル (役割)

        説明

        所有者

        すべてのアイテムとファイルを作成、読み取り、変更、削除し、サブフォルダーを作成します。 フォルダーの所有者は、フォルダーに対して他のユーザーが持っているアクセス許可レベルを変更できます。 (代理人には適用されません)。

        発行編集者

        すべてのアイテムとファイルを作成、読み取り、変更、削除し、サブフォルダーを作成します。 (代理人には適用されません)。

        編集者

        すべてのアイテムやファイルの作成、閲覧、変更、削除を行います。

        発行作成者

        アイテムとファイルの作成と読み取り、サブフォルダーの作成、作成したアイテムとファイルの変更と削除を行います。 (代理人には適用されません)。

        作成者

        アイテムやファイルの作成および閲覧と、作成したアイテムやファイルの変更および削除を行います。

        投稿者

        アイテムとファイルのみを作成します。 フォルダーの内容は表示されません。 (代理人には適用されません)。

        レビュー担当者

        アイテムやファイルの参照だけができます。

        ユーザー設定

        フォルダーの所有者によって定義された操作を実行します (代理人には適用されません)。

        なし

        権限はありません。 フォルダーを開くことはできません。

        [アクセス許可] で選択したチェック ボックスとオプションを選択して、カスタムアクセス許可 を作成できます

      3. アクセス権を変更するユーザーごとに、手順 2 を繰り返します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×