チーム プランナーでチームの作業を表示する

プロジェクト マネージャーは、プロジェクト スケジュールの任意の時点で、チームが何をしているのかを明確かつ迅速に確認するために苦労する場合があります。 また、プロジェクト マネージャーは、発見した問題に対して迅速かつ無痛な方法を見つけるのに苦労する場合があります。

注:  チーム プランナーは、Project Professional でのみ使用できる機能です。

プロジェクト マネージャーがチームの作業を見分け、制御できる機能である、チーム プランナーへようこそ。

目的に合ったトピックをクリックしてください

チームの作業を表示する

  • [表示 ] タブの [リソース ビュー ] グループで、[チーム プランナー] を選択します

チーム プランナーが表示されます。 プロジェクトの各リソースに 1 つの行が表示されます。 左側にリソース名が表示されます。 リソースが割り当てられているすべてのタスクが、右側の同じ行に表示されます。 開始日または終了日を持っていないリソース タスクも、リソース名の横の左側に表示されます。

誰にも割り当てられていないタスクが下部に表示されます。

ヒント: アジャイル プロジェクト管理 を組織のプロジェクトのスケジュール方法として使用する場合は、今後のスプリントでリソースに割り当てられるのを待機しているタスクの "バックログ" として、割り当てられていないタスクを使用します。

チーム プランナー

1. 完了したタスク。 このタスクは、100% のタスクが完了 実績作業時間。 チーム プランナーを使用して移動することはできません。

2. 同じユーザーに割り当てられた 2 つのタスク。 トップ タスクは自動的にスケジュールされ、部分的に完了します (バーの色の変更によって示されます)。 一番下のタスクは手動でスケジュールされます。 両方が同時に同じユーザーにスケジュールされます。 結果の 割り当て超過 は赤い線で示されます。 これらのタスクは、割り当て過ぎを解決するために、スケジュール内の別の時刻 (または別のユーザー) に移動できます。

3. スケジュールされていないタスク。 このタスクは特定のユーザーに割り当てられますが、スケジュールされたタスクになるための十分なスケジュール情報を持つ必要があります。 タスクをスケジュールする (ビューの右側に移動する) には、少なくとも 2 つのスケジュール設定が設定されている必要があります。 たとえば、期間と開始日が設定されている場合 (ただし終了日は設定されません)、終了日は自動的に設定され、スケジュールされたタスクになります。 同様に、開始日と終了日が設定されている場合 (期間は設定なし)、スケジュールされたタスクにもなって表示されます。 開始日のみを設定した場合、スケジュールされていないタスクが残ります。

4. 割り当てられていないタスク。 このタスクは誰にも割り当てられていない。 割り当てるには、右側のセクションのユーザーのスケジュールにドラッグします。 タスクのスケジュールは設定されていないがユーザーに割り当てられた状態を維持するには、左上のセクションでユーザーの名前に垂直方向にドラッグします。

ヒント: タスクの色は、スケジュール状態に関する有用な情報を提供します。 たとえば、バーの濃い青色の部分は実績作業時間を示します。 緑のタスクは手動でスケジュールされます。

ページの先頭へ

タスクをスケジュール内の別の時刻に移動する

タスクを移動する理由にはさまざまなものがあります。 作業が多すぎる場合や、作業を別のユーザーに再割り当てしたい場合があります。 または、誰も重要なタスクに取り組む人がいなきだと思う場合があります。 チーム プランナーは、このような問題など、すべて処理します。

チーム プランナーを使用すると、タスクを別の場所にドラッグするのと同じ簡単な方法でタスクのスケジュールを変更できます。

  • [表示 ] タブの [リソース ビュー ] グループで、[チーム プランナー] を選択します

チーム プランナーでタスクを移動する

1. タスクを垂直方向に移動してタスクを解決 割り当て超過。 2 つのタスクに同時に作業しているリソースのタスクを移動できます。

2. タスクを垂直方向に移動して、新しい作業をユーザーに割り当てる。 人に割り当てられていない作業は、ドラッグ アンド ドロップで他のユーザーに割り当てることができます。

3. タスクを水平方向に移動する。 タスクは、後でユーザーのスケジュールで作業をスケジュールできます。

チーム プランナーを使用するその他の方法は次のとおりです。

目的

実行するアクション

非作業時間を表示する    

非作業時間は灰色の縦棒として表示されます。 縦棒をダブルクリックすると、非作業時間の詳細が表示されます。

タスクの情報をロールアップして詳細を表示する    

タスクとプロジェクトの情報に関するより高いレベルの詳細を取得するには、チーム プランナーで情報をロールアップします。 [書式] タブの[書式] グループで、[ロールアップ] を選択し、アウトライン レベルを選択して詳細レベルを選択します。 タスクをロールアップすると、最高レベルのタスクは 1 つのバーとして表示されます。

複数のアイテムを選択する    

Ctrl キーを押しながら、複数のリソース名またはタスク名をクリックします。 複数のアイテムの上にマウスをドラッグして選択できます。

キーボードを使用してアイテムを移動する

方向キーを使用して、チーム プランナーのアイテム間を移動できます。 強調表示されたタスクを移動するには、Ctrl キーを押しながら方向キーを押します。 ビューをスクロールするには、Alt + 矢印を使用します。

ウィンドウを超えてアイテムを移動する

タスクをチーム プランナーの端にドラッグすると、ビューが自動的にスクロールされます。 この方法では、マウス ボタンを離さずに、タスクをさらに将来 (または過去) にドラッグできます。

タスクに関する簡単な情報を取得する    

タスクの上にマウス ポインターを置くと、タスクのスケジュール方法に関する重要で有用な情報が表示されます。 ヒントは、重要なスケジュール決定を行うのに役立ちます。

ページの先頭へ

チーム プランナー ビューを使用してスケジュールを微調整する

この記事の他のセクションを読んだとすると、チーム プランナーでタスクを移動する方法がかなり理解されています。 ガント チャートや、チーム プランナーで実行できるその他のビューで実行できるほとんどの操作。 このセクションでは、チーム プランナーで、より少ない時間でより多くのことを行う他の操作について説明します。

目的

実行するアクション

タスクのスケジュール方法を変更する    

タスクが自動的にスケジュールされるのを手動スケジュールに変更するには、タスクを右クリックし、[自動スケジュール] または [手動スケジュール]選択します

過作業の問題を自動的に解決する    

[書式 ] タブで 、[割り当 て過ぎの防止] を選択します。 この設定がオンの場合、あるタスクを移動すると、別のタスクとの競合が発生する場合、2 番目のタスクは自動的に移動され、割り当て過ぎが防止されます。

タスクを無効化する    

タスク バーを右クリックして 、[タスクのライセンス 認証を無効] を選択します。 タスクを無効にしても、タスクはチーム プランナーから消えますが、プロジェクトから削除されるのではありません。 タスクの実績が報告されるのを防ぐためです。

タスクを再割り当てする    

タスクを再割り当てする最も簡単な方法は、タスクを別のユーザーにドラッグする方法です。 タスクを右クリックし、[再割り当て] を クリックします。 これは、同じ日付を維持する場合に特に便利です。

タスク情報を変更する    

タスクの名前または他のプロパティ ( 制約 種類のアウトライン コード、 期日 日付、 タスクの種類など) を変更するには、タスクをダブルクリックします。 また、リソース名をダブルクリックして、リソース情報を表示および変更できます。

ビューを分割する    

従来の分割 (または組み合わせ) ビューに快適に取り組む高度なプロジェクト マネージャー向けには、詳細を個別の下部ウィンドウに表示できます。 [タスク] タブの [プロパティ] グループ 、[タスクの詳細の 表示] を選択します。 下の問題は、選択したタスクとタスクに割り当てられているリソースに関する詳細情報を表示します。

注:  [リソース使用率] ビューや [タスク状況] ビューなどのタイムスケール ビューと、チーム プランナーを組み合わせビューで使用することはできません。 チーム プランナーと共にタイムスケール ビューを表示するには、新しいウィンドウを開き、ウィンドウを水平方向に配置します。 これを行うには、[表示] タブ[ウィンドウ] グループで [整列]を選択します

ページの先頭へ

チーム プランナーをカスタマイズする

自分のニーズに合わせてチーム プランナーの表示方法を変更し、ビューをより魅力的にすることができます。

  • [表示 ] タブの [リソース ビュー ] グループで、[チーム プランナー] を選択します

目的

実行するアクション

チーム プランナー バーの色を変更する     

[スタイル] グループの[書式] タブで、変更するバーの種類を選び、[罫線の色] または [塗りつぶしの色]選択します

個々のバーも変更できます。

行の高さを広げ、より多くのテキストを表示する    

[書式 ] グループ の [ 書式] タブで、[テキスト行] リストを使用して複数の 行を選択 します。

詳細を表示する    

[プロジェクト] ウィンドウの右下にある [ズーム スライダー] を使用して、ビューの右側に表示される時間を変更します。

非作業時間の外観を変更する    

ビューの右側の空白の領域 (タスクではなく) を右クリックし、[非作業時間] を 選択します

グループ化、フィルター処理、または並べ替えをすばやく行う    

[リソース名] 列の下向き矢印を選択し、定義されたフィルターまたはカスタム フィルターの [並べ替え]、[グループ化]、または[フィルター] を選択します。

不要な列を非表示にする    

スケジュールされていないタスクと割り当てられていないタスクの列を非表示にできます。 [表示/非表示]グループの [書式] タブで、表示または非表示にする列の種類を選択します。

チーム プランナーでセクションのサイズを変更する    

セクション間の垂直罫線と水平罫線をドラッグして、セクションのサイズを変更します。

ヒント: チーム プランナーをかなりカスタマイズしている場合は、カスタマイズしたビューのバージョンを別のビューに保存できます。 [表示] タブの[リソース ビュー] グループで、チームプランナー ボタンの下半分を選択し、[ビューの保存] を選択します

ページの先頭へ

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×