テーブルの正規化を使用してデータを正規化する

データをインポートすると、ソース データが関連テーブルに正しく分割されない場合があります。 Access を最も利用するには、重要な情報に関連するデータを異なるテーブルに分割して正規化する必要があります。 テーブルアナライザーは、リボンの [データベース ツール] をクリックし、[分析] グループで[テーブルの分析] をクリックします。 ウィザードが起動し、プロセスの手順が示されます。

注:  このトピックの情報は、Microsoft Access デスクトップ データベース (.mdb または .accdb) にのみ適用されます。

1 つのテーブルから作成された 2 つのテーブルと、それらのデータを組み合わせて表示するクエリ

1. 元のテーブル

2. テーブルアナライザーによって作成されたテーブル

3. テーブルアナライザーによって作成されたクエリ

4. ルックアップ リスト

Microsoft Access データベース に 1 つ以上のフィールドの繰り返し情報を含むテーブルがある場合は、テーブルアナライザーを使用してデータを関連テーブルに分割し、より安全かつ効率的にデータを保存できます。 この処理を正規化と呼びます。

テーブルアナライザーは、繰り返し情報を含む 1 つのテーブルを別々のテーブルに分割し、各種類の情報を 1 回だけ格納します。 これにより、データベースの効率と更新が容易になり、サイズが小さになります。 ウィザードでデータが分割された後でも、クエリを作成することで、データを 1 か所で表示して作業できます。

クエリを使用して、複数のテーブルのデータを同時に更新できます。 クエリには、データの精度を向上する他の時間を確保する機能も用意されています。

  • クエリで繰り返されるフィールドを変更すると、クエリの基になるテーブルの 1 つのフィールドが実際に更新されるだけなので、その値を持つすべてのレコードが自動的に更新されます。

  • 新しいテーブルからクエリはルックアップ フィールドを継承し、値を正しく入力する代わりにリストから値を選んでフィールド値を変更できます。 ルックアップ リストは、基になるテーブルの値を検索します。 同じ値が複数のレコードに適用される場合、その値を一覧から選ぶたび、正確さと一貫性を確保できます。

  • 元のテーブルに基づくフォームとレポートは、ウィザードによって元のテーブルの名前がクエリに割り当て、テーブルの名前が変更されたため、クエリに基づいて自動的に作成されます。

  • クエリに基づく既存のフォームとレポートは、フィールドの自動更新を継承します。 新しいフォームとレポートもルックアップ リストを継承します。

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×