テーブル イベントにデータ マクロを追加する

テーブルのデータを追加、更新、または削除する直前または直後に、Access でアクションを実行する必要がある場合は、テーブル イベントにデータ マクロを追加して実行できます。 マクロの操作は、最初は少し困難に思われる場合があります。ここでは、作業を開始するための基本的な手順を示します。 また、この記事の最後にあるマクロに関するその他のトピックも参照してください。

注:  デスクトップ データベースを操作する場合は、次の手順を使用します。

  1. テーブルを開き、[テーブル] タブで 、マクロを追加するイベントをクリックします。 たとえば、テーブルからレコードを削除した後に実行されるデータ マクロを作成するには、[削除後] を クリックします

注:  イベントに既に関連付けられているマクロがある場合は、そのアイコンが強調表示されます。

イベント駆動型のデータ マクロを追加する

[マクロ ビルダー] が開きます。 このイベントに対してマクロが以前に作成されている場合は、既存のマクロが表示されます。

  1. マクロで実行するアクションを追加します。

  2. マクロを保存して閉じます。

マクロ ビルダーはマクロの作成や編集に役立ちますが、マクロを使用していない場合は、マクロ の概要やデータ マクロの操作に関する詳細を確認できます。 また、ユーザー インターフェイス (UI) マクロの作成方法も確認できます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×