データを整理する (Power Query)

注: Power Query は、Excel 2016 では取得と変換として知られています。 ここで提供される情報は両方に適用されます。 詳細については、「Excel 2016 で取得と変換を実行する」を参照してください。

Power Query では、データ分析の要件に合うようにクエリステップを編集することで、複数のソースからデータを整理できます。

作業の開始

データの制限について学ぶためのリソース

Power Queryの使い方については、以下のリソースを参照してください。

Microsoft Power Query For Excel の概要: クエリエディターを使用すると、データソースに対するデータ変換操作の移動、定義、実行を行うことができます。

使い方 : 外部データソースからデータをインポートする: Microsoft Power Query for excel を使用すると、さまざまなデータソースから excel にデータをインポートできます。 クエリ エディター を使用して、クエリステップを編集することでデータを整理します。

クエリを整理または変換する—データ分析の要件を満たすようにクエリステップを追加、削除、または編集することによって、複数のデータソースからデータを整理します。

クエリを更新する: クエリを再作成することなく、クエリを更新して最新データをテーブルにインポートします。

複数のデータソースからデータを結合し、さまざまなデータソースからデータを取得して結合します。

テーブルをフィルター処理する—サイズ、値、条件に基づいて行や列を除外して、クエリ結果のサイズを小さくするためにテーブルをフィルター処理します。

テーブルの並べ替え—1つまたは複数の列のアルファベット値や数値、昇順または降順などの条件に基づいて、クエリ結果のテーブル行を並べ替えます。

テーブル内の行をグループ化する: 1 つ以上の列の値に従って、さまざまな行の値を1つの値にグループ化します。

関連付けられたテーブルを含む列を展開 します。関連付けられたテーブルを含む列を展開して、関連するデータを表示し、そのテーブルから一部またはすべての列の値を抽出します。

列からデータを集計します。関連付けられたテーブルを含む列からデータを集計し、Sum、Count、Average、Min、Max などのグループ操作の結果を表示します。

テーブルにカスタム列を挿入します。インデックスまたはカスタム列を現在のクエリに挿入します。

クエリステップの設定を編集する: [ステップ] ウィンドウで、クエリステップの追加、編集、並べ替え、削除を行って、データの変換方法を変更します。

複数のクエリを結合して、複数のクエリを結合または追加することができます。 マージ操作と追加操作は、データのソースに関係なく、表形式の図形を持つ任意のクエリに対して実行されます。

[列の結合: クエリの2つ以上の列の値を結合します。

列の削除: 選択した列を削除するか、クエリから 他の列を削除 します。

エラーのある行を削除する: データエラーを示すクエリから行を削除します。

行を列見出しにする: 行のレベルを列見出し行にします。

テキストの列を分割する—区切り記号または文字数を指定して、文字列を複数の列に分割します。

ワークシートにクエリを挿入する: クエリから Excel ワークシートにデータを挿入します。 クエリからデータを挿入するとき、Excel データ モデルにクエリを読み込むことを選択できます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×