データベースを信頼するかどうか決定する

この記事では、Access での信頼のしくみと、Access デスクトップ データベースを信頼するかどうかを決定するときに考慮する必要がある要素の概要について説明します。

この記事の内容

概要

Access の既定では、データベースの作成に使用した Access のバージョンに関係なく、安全でない可能性があるすべてのコードまたはデータベース内の他のコンポーネントが無効になります。

Access でデータベースを信頼する方法

Access がコンテンツを無効にすると、メッセージ バーが表示され、アクションが通知されます。

メッセージ バー

メッセージ バーが表示された場合は、データベース内の無効なコンテンツを信頼するかどうかを選択できます。 無効にしたコンテンツを信頼する場合は、次の 2 つの方法で信頼できます。

  • メッセージ バーを使用する    メッセージ バー の [コンテンツ の有効化] をクリックします。 このオプションを選択すると、データベースが変更された場合に、手順を繰り返す必要がある場合があります。 

  • データベースを完全に信頼する    信頼できる場所 (信頼済みとしてマークしたドライブまたはネットワーク上のフォルダー) にデータベースを配置します。 このオプションを選ぶと、メッセージ バーは表示されなくなるので、データベースが信頼できる場所に残っている限り、データベースコンテンツを有効にする必要はありません。

データベースを信頼しない場合は、メッセージ バーを無視するか閉じます。 メッセージ バーを無視するか閉じると、データベース内のデータを表示し、Access が無効にしていないデータベース内のコンポーネントを使用できます。

ページの先頭へ

データベースを信頼するかどうかを決定する際に考慮する要素

データベースを信頼するかどうかを決める前に、次の要素を考慮する必要があります。

  • 独自のセキュリティ ポリシー    お客様または会社は、Access データベース ファイルの処理方法を指定するセキュリティ ポリシーを設定している場合があります。 たとえば、非常に堅牢なバックアップ システムを用意し、特定の理由がない限り、ほとんどのデータベース ファイルを信頼する必要がある場合があります。 逆に、バックアップ システムが良いとは言えなく、データベースを信頼するかどうかを決定する場合は注意が必要な場合があります。

  • 目標    信頼していないデータベースのコンテンツが無効な場合、そのデータベース内のデータへのアクセスはブロックされません。 データベース内のデータを確認し、アクション クエリの実行や特定のマクロ アクションの使用など、安全でない可能性のあるアクションを実行したくない場合は、データベースを信頼する必要はありません。 アクションが安全ではないと見なされるかどうかが不明な場合は、データベースコンテンツが無効モードでブロックされている間にアクションを実行してみてください。 アクションが安全でない可能性がある場合、この状況ではブロックされます。

  • データベース ソース    データベースを作成した場合、またはデータベースが信頼できるソースから取得されたとわかっている場合は、データベースを信頼できます。 データベースが信頼できない可能性のあるソースから取得された場合は、そのコンテンツが安全に保たれるまで、データベースを信頼しないままにしておきたい場合があります。

  • データベース ファイルの内容    他の情報に基づいて信頼を決定できない場合は、データベースに含まれている可能性のある安全でない可能性のあるコンテンツを確認するために、データベースの内容を徹底的に調べることを検討してください。 完全なチェックを行い、コンテンツが安全かを確認したら、データベースを信頼できます。

  • データベースが保存されている場所のセキュリティ    データベース ファイルの内容が安全だとわかっている場合でも、ファイルが完全に安全でない場所に保存されている場合、誰かが安全でないコンテンツをデータベースに導入する可能性があります。 セキュリティで保護されていない可能性がある場所に保存されているデータベース ファイルを信頼する場合は、注意が必要です。

ページの先頭へ

データベースを信頼する方法

データベースを信頼する場合は、メッセージ バーを使って信頼するか、信頼できる場所にデータベース ファイルを保存します。

メッセージ バーを使用してコンテンツを有効にする

メッセージ バーはリボンの下に表示されます。

メッセージ バー

  • メッセージ バーで、[コンテンツの有効化] をクリックします

メッセージ バーは表示されませんが、コンテンツが無効になっている場合は、メッセージ バーが有効になっているかご確認ください。

メッセージ バーを有効にする

  1. [ファイル] > [オプション] の順にクリックします。 

  2. [Access のオプション] ダイアログ ボックスの左側のウィンドウで、[セキュリティ センター] をクリックします。

  3. 右側のウィンドウの [Microsoft Office Access セキュリティ センター] で、[セキュリティ センターの設定] をクリックします。

  4. [セキュリティ センター] ダイアログ ボックスの左側のウィンドウで、[メッセージ バー] をクリックします。

  5. 右側のウィンドウで、マクロや ActiveXコントロールなどのアクティブ コンテンツがブロックされた場合に、すべてのアプリケーションで [メッセージ バーを表示する] をクリックし 、[OK]をクリックします。

  6. データベースを閉じてもう一度開き、変更された設定を適用します。

メッセージ バーが表示され、有効になると、それを使用してコンテンツを有効にできます。

データベース ファイルを信頼できる場所に移動する

特定のデータベースが信頼できる場所にあり、既定で有効に設定する必要がある場合は、データベース ファイルが信頼できる場所に保存されている必要があります。 信頼できる場所は、コンピューター上のフォルダーまたはファイル パス、または安全なコードを実行できるイントラネット上の場所です。 既定の信頼できる場所には、テンプレート、アドイン、スタートアップ フォルダーが含まれます。 独自の信頼できる場所を指定できます。

ヒント: 現在のデータベースのパスを知りたい場合は、[ファイル]タブをクリックして Backstage ビューを開きます。 現在のデータベースの場所の完全なパスが [情報] タブに 表示 されます。

  • データベース ファイルが現在保存されているフォルダーを開き、信頼できる場所にデータベース ファイルをコピーします。

信頼できる場所を指定する

  1. [ファイル] タブの [オプション] をクリックします。 

  2. [Access の オプション] ダイアログ ボックスの左側で、[信頼センター] をクリックします

  3. 右側の [Access セキュリティ センター] のMicrosoft Office、[セキュリティ センターの 設定] をクリックします

  4. [セキュリティ センター] ダイアログ ボックスの左側 のウィンドウで 、[信頼できる場所] をクリックします

  5. ネットワークの場所を追加するには、右側のウィンドウで、[ネットワーク上の信頼できる場所を許可する ] チェック ボックスを オンにします。

  6. [新しい場所の追加] をクリックします。

  7. [信頼 Microsoft Office] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの方法を使用します。

    • [パス ] ボックスに、追加する場所のフル パスを入力します。

    • [参照 ] を クリックして場所を参照します。

  8. 新しい信頼できる場所のサブフォルダーも信頼する必要がある場合は、この場所のサブフォルダーも信頼 できる チェック ボックスをオンにします。

  9. 必要に応じて、[説明 ] ボックス に信頼できる場所の説明を入力します。

ページの先頭へ

関連項目

Office ドキュメントのマクロを有効または無効にする

Office ファイルで ActiveX 設定を有効または無効にする

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×