ドキュメントをどこからでも共同編集する

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードしてください。最新の機能と更新された機能をどこでもご利用いただけます。

今すぐアップグレード

オンラインでドキュメントを共同作業することで、時間とメール メッセージを節約します。 Word 文書を SharePoint または OneDrive に投稿すると、チームの全員が同時にそれを開いて変更できます。

ファイルが OneDrive または Microsoft SharePoint Server 2013 に保存されている場合は、[ドキュメントの編集] > [ Web 用 Wordで編集] をクリックすると Web 用 Word で作業できます。

他の誰かがドキュメントを開くと、Word がアラートを発し、ステータス バーに通知が表示されます。 誰が共同作業しているかを確認するには、通知をクリックします。

ファイルを操作している作成者の名前

他のユーザーがドキュメントのどこを編集しているか分かります。

作成者の名前 (作成者がそのドキュメントを操作している場所) です。

ドキュメントを保存するたびに、同じドキュメントで作業している他のユーザーが、あなたが編集した内容を利用できるようになります。 ユーザーには自身の作業内容を保存するとすぐに、あなたの編集内容が表示されます。 他のユーザーが行った変更があれば、あなたの画面上に緑の背景で表示されます。 次回あなたがドキュメントを保存するとその背景は消え、ドキュメントの印刷時にはその背景は表示されません。

編集は先着順に行われます。 テキストの変更を開始すると、その領域はロックされ、他のユーザーはあなたの変更内容を上書きできなくなります。 ただし、他のユーザーがまったく同時に編集を開始するか、オフラインでそのドキュメントを編集している場合、次回保存したときに Word が競合について表示します。 いずれの変更内容を保存したいか選びます。

Word が必要な場合

Web 用 Wordでドキュメントを編集できない場合があります。

たとえば、文書にコメントや変更履歴が含まれている場合は、変更する前に Word で文書を開くように求めるメッセージが Web 用 Word ます。

Word でドキュメントを開く必要があるような状況の詳細については、「ブラウザーと Word での文書の使用の相違点」を参照してください。

共同編集が機能していない場合

ドキュメント内で共同編集ができない場合に、チェックするべきポイントは次のとおりです。

Word のバージョン

Word 2007 で誰か作業をしていますか? 共同編集は、Word 2013、Word 2010、Word for Mac 2011 では機能しますが、Word の以前のバージョンでは機能しません。

ファイルの種類

ドキュメントが .doc ファイルですか? その場合は、ドキュメントを .docx ファイルに変換することで共同編集できます。

最終版とマークされている

ドキュメントが最終版ですか? ドキュメントが最終版としてマークされているけれどもそれを編集したい場合は、ドキュメントの上部にあるバーの [編集する] をクリックします。

設定を保存する

[結合の精度] チェックボックスがオンになっている場合、文書の保存時にランダムな数値になりますか。 ([ファイル] タブをクリックし、[セキュリティセンター ] > [セキュリティセンターの設定 >プライバシーオプション] を > >オプションをクリックします。 [ドキュメント固有の設定] セクションで、[ランダムな番号を保存して、結合の精度を向上させる] チェックボックスをオンにします。

ポリシー設定

ポリシー設定が適切ですか? "自動的な結合の無効化クライアント ポリシー"、"共同編集の無効化クライアント ポリシー"、"共同編集の無効化サーバー ポリシー" などの特定の Microsoft Office ポリシー設定は、共同編集を妨げます。

ドキュメント内の要素

ドキュメント内に OLE オブジェクト、マクロ、または HTML フレームセットが含まれていますか? ドキュメントの本文に ActiveX コントロールが含まれていますか? または、ドキュメントがマスター ドキュメントまたはサブ ドキュメントですか? 上記のいずれかに心当たりがある場合は、共同編集は機能しません。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×