バインド 図形のバインド アイコン は、パラメーター化されたクラス (テンプレート) のパラメーターを実際の値にバインドして、バインドされた (パラメーター化されていない) 要素を作成する依存関係の一種です。 バインド依存関係の表記は、ステレオタイプでラベル付けされた破線の矢印 <<バインド>>。

バインド関係に名前を付け、他のパラメーターとプロパティの値を追加する

要素の [UML プロパティ ] ダイアログ ボックスを開くには、図の要素を表す ツリー ビュー または図形内の要素を表すアイコンをダブルクリックします。

ヒント

図形を右クリックし、[図形の表示オプション] をクリックして、ダイアグラム内の図形に表示されるプロパティ値 を制御します[UML 図形の表示オプション] ダイアログボックスで、プロパティ値を表示または非表示にするオプションをオンまたはオフにします。

バインド関係に表示されるプロパティ値を制御する

図形を右クリックし、[図形の表示オプション] をクリックし、オプションを選択またはオフにし、値を表示または非表示にします。

バインド関係の他のビューに移動する

図形を右クリックし、[ビュー] をクリックし、目的のビューを選択して 、[OK] をクリックします

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×