重要な情報がなくなったり削除されたりする前に、ノートブックをバックアップしておくと、必要な場合にいつでもノートを復元できます。

重要: ノートの復元は効果的なツールですが、ノートを後から復元する場合は、自動バックアップを設定するか、ノートブックを手動でバックアップする必要があります。

  1. [ファイル]、[情報]、[バックアップを​​開く] の順にクリックします。

  2. [バックアップを​​開く] ダイアログ ボックスで、復元するノートブックのフォルダーをダブルクリックし、目的のノートブック セクションを選び、[開く] をクリックします。

    OneNote に [開いているセクション] 領域が表示されます。ここでは、バックアップ ファイルから開いたセクション内のページを確認できます。

  3. ノートを復元するには、次のいずれかの操作を行います。

    • バックアップされたセクション全体を復元するには、そのセクション タブを右クリックして [移動または​​コピー] をクリックします。

    • バックアップ セクションから特定のページのみ復元するには、目的のページ タブを右クリックし、[移動または​​コピー] をクリックします。

  4. [移動または​​コピー] ダイアログ ボックスで、バックアップされたセクションまたはページを配置する場所を選び、[コピー] をクリックします。

  5. ノートが復元されたら、バックアップ セクションを右クリックし、[閉じる] をクリックします。

  6. [ノートブック] ボックスの一覧から元のノートブックをもう一度選び、そこで作業を続けます。
     

注: バックアップからノートを復元するときは、[移動または​​コピー] ダイアログ ボックスの [移動] コマンドは使えません。 これにより、後で必要になるかもしれないバックアップの一部を誤って削除することがなくなります。

Microsoft Office OneNote 2007 ノートのバックアップ コピーは、カスタマイズ可能な間隔で自動的に作成されます。 これらのバックアップ ファイルを使用して、ノートブックセクションまたはノートブック全体を復元できます。

復元するセクションごとに、現在のノートブックに Section Name (On Date) という名前の新しいセクションが作成されます。Section Name は元のセクションの名前で、Date はセクションが最後に保存された日付です。

  1. [ファイル] メニューの [バックアップを開く] をクリックします。

  2. [バックアップを開く] ダイアログ ボックスの [バックアップ] フォルダーで、復元するファイルを含むノートブック フォルダーをダブルクリックします。

  3. 復元するバックアップ ファイルを 1 つ以上選択し、[開く] をクリックします。

    ヒント: 一度に複数のファイルを選択するには、Ctrl キーを押したまま各ファイルをクリックします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×