このExcel、データのフィールド レイアウトを変更ピボットグラフピボット テーブルまたはピボット テーブル内のデータをピボットできます。 ピボットテーブル フィールド リストを使用すると、フィールドを追加、並べ替え、または削除して、ピボットテーブルまたはピボットテーブル内のデータを表示ピボットグラフ、必要な方法で表示できます。

既定では、ピボットテーブル フィールド リストで行った変更は、レポート レイアウトで自動的に更新されます。 大量の外部データにアクセスするときにパフォーマンスを向上させるために、手動更新に一時的に切り替えます。

ピボットテーブルを作成すると、Excel にフィールドを追加したり、必要に応じて再配置したり、ピボットテーブルから削除したりできるよう、Excel にピボットテーブル フィールド リストが表示されます。 既定では、ピボットテーブル フィールド リストには次の 2 つのセクションが表示されます。

  • ピボットテーブルにフィールドを追加し、ピボットテーブルからフィールドを削除するためのフィールド セクション

  • フィールドの再配置と再配置を行うレイアウト セクション

    ピボットテーブル フィールド リスト

ピボットテーブル フィールド リストは、ピボットテーブル ウィンドウのExcelにドッキングし、水平方向にサイズを変更できます。 ピボットテーブル フィールド リストのドッキングを解除することもできます。その場合は、垂直方向と水平方向の両方でサイズを変更できます。

ピボットテーブル フィールド リストが表示しない場合は、ピボットテーブル内の任意の場所をクリックしてください。

ピボットテーブル フィールド リストを閉じると、もう一度表示できます。 ピボットテーブルを右クリックし、[フィールド リストの表示 ] をクリックします。 リボンの [フィールドリスト] ([ピボットテーブルツール]、[オプション] タブ、[ピボットテーブルのグループの表示]) をクリックすることもできます。ピボットグラフ、[ツール]、[分析]タブ、[グループの表示/非表示] ピボットグラフ)。

ピボットテーブル フィールド リストに使用するフィールドが表示しない場合は、 更新 ピボットテーブルまたは ピボットグラフ を使用して、最後の操作([ピボットテーブル ツール]、[オプション] タブ、[データ]グループ)以降に追加した新しいフィールド、集計フィールド、メジャー、計算メジャー、またはディメンションを表示します。

ピボットテーブル フィールド リストのしくみと、ピボットテーブルまたは ピボットグラフ のフィールド レイアウトを作成するときに必要な結果を得るさまざまな種類のフィールドを配置する方法を理解することが重要です。

ピボットテーブルのフィールド リストの動作方法

1. 外部データ ソースには、フィールド リストに表示される 1 つ以上のフィールド (列とも呼ばれる) として編成された構造化データが含まれます。

2. フィールドを [フィールド リスト] の [レポート フィルター] 領域に移動し、ピボットテーブルの [レポート フィルター] 領域にフィールドを同時に移動します。

3. フィールドを [フィールド リスト] の [列ラベル] 領域に移動し、ピボットテーブルの [列ラベル] 領域にフィールドを同時に移動します。

4. フィールドを [フィールド リスト] の [行ラベル] 領域に移動し、ピボットテーブルの [行ラベル] 領域にフィールドを同時に移動します。

5. フィールドを [フィールド リスト] の [値] 領域に移動し、ピボットテーブルの [値] 領域にフィールドを同時に移動します。

フィールド レイアウトを作成するには、フィールド セクションからレイアウト セクションの 4 つのレポート領域に [値]、[名前]、および [ディメンション] フィールドを移動するには、次のガイドラインを使用します。

  • 値フィールド    数値フィールドのチェック ボックスのみをオンにすると、既定で [値] 領域に移動されます。

  • [行] フィールドと [列] フィールド    フィールドは、データ型が数値型であるかどうかに関係なく、[レポート フィルター] 領域、[行ラベル] 領域、[列ラベル] 領域のいずれかに 1 回のみ追加できます。 同じフィールドを 2 回 (たとえば、レイアウト セクションの[行ラベル] 領域と [列ラベル] 領域) に追加する場合、フィールドは自動的に元の領域から削除され、新しい領域に配置されます。

  • メジャー    オンライン分析処理 (OLAP) データ ソースでは、多くの場合、さまざまなディメンション、階層、およびレベルの階層に編成された多くのフィールド (またはメジャー) があります。 展開ボタンを プラス記号 (+) ボックス 、必要 マイナス記号 (-) ボックス が見つまで折りたたむボタンをクリックします。

    階層、属性、名前付きセットのみを [行ラベル]、[列ラベル]、および [レポート フィルター] 領域に移動できます。

    メジャー、計算メジャー、および主要業績評価指標 (KPI) のみを [値] 領域に移動できます。

ピボットテーブル フィールド リストには、さまざまな種類のピボットテーブル タスク用に設計および最適化された 5 つの異なるビューがあります。

  1. ビューを変更するには、ピボットテーブル フィールド リストの上部にある [フィールド リスト ビュー] ボタンをクリックします。

    ピボットテーブル フィールドの [リスト ビュー] ボタン

  2. 一覧で、次のいずれかのビューを選択します。

[フィールド] セクションと [積み上げ領域] セクション

これは既定のビューであり、少ない数のフィールド用に設計されています。

[フィールド] セクションと [領域] セクションを並べて表示する

このビューは、各領域に 4 つ以上のフィールドがある場合にフィールドを追加および削除するように設計されています。

フィールド セクションのみ

このビューは、多くのフィールドを追加および削除するために設計されています。

[領域] セクションのみ (2 対 2)

このビューは、多くのフィールドを並び変更するように設計されています。

[領域] セクションのみ (1 対 4)

このビューは、多くのフィールドを並び変更するように設計されています。

ヒント    [フィールド] セクションと [領域]セクションの [積み上げ] ビューと [フィールド セクション] ビューと [領域] セクションの横並びビューでは、ポインターが垂直二重矢印 縦方向の双方向矢印 または水平の二重矢印 横向き双方向矢印に変わるまでポインターを置いて、左右の方向キーをドラッグして、左右にドラッグし、二重矢印をクリックするかEnterキーを押して、各セクションの幅と高さを調整できます。

ピボットテーブルまたはピボットテーブルをピボットグラフ、レポートに表示するデータを含むフィールドを追加する準備が整います。 通常、レイアウト セクションの領域ごとに 1 つのフィールドを選択します。 ただし、特定のフィールドに異なる値を表示するには、フィールドの複数のコピーを [値] 領域に 追加 することもできます。

ピボットテーブルが多くのデータを含む外部データ ソースに接続されている場合は、レポートにフィールドを追加する前に 1 つ以上のフィールドをフィルター処理できます。これは、レポートの更新にかかる時間を短縮するのに役立ちます。

ピボットテーブル フィールド リストでは、次の 1 つ以上のピボットグラフをピボットテーブルまたはピボットテーブルに追加できます。

  • レイアウト セクションの指定された領域にフィールドを配置するには、[レポートに追加するフィールドの選択] ボックスで、目的のフィールドのチェック ボックスをオンにします。 必要に合って、後でフィールドを並べ替えできます。

    メモ    既定では、[行ラベル] 領域に数値以外のフィールドが追加され、[値] 領域に数値フィールドが追加され、オンライン分析処理 (OLAP) の日付と時刻の階層が[列ラベル] 領域に追加されます。

  • レイアウト セクションの特定の領域にフィールドを配置するには、[レポートに追加するフィールドの選択] ボックスで、フィールド名を右クリックし、[レポート フィルターに追加]、列ラベルに追加、行ラベルに追加、または [値に追加] をクリックします。

  • レイアウト セクションの領域にフィールドをドラッグするには、[レポートに追加するフィールドの選択] ボックスで、フィールドをクリックしたままフィールド セクションから目的のレイアウト セクションにドラッグします。

Excel ワークシート内のデータまたはオンライン以外の分析処理 (OLAP) データ ソースの外部データに基づくピボットテーブルでは、同じフィールドを [値] 領域に 2回追加できます。 これは、データ型が数値でも数値以外でも実行できます。 たとえば、売上総利益率と純利益率、売上高の最小値と最大値、顧客数と総顧客数に対する割合などの計算値を並べて表示し、比較することが必要な場合があります。

  1. [ピボットテーブル フィールド リスト]の [レポートに追加するフィールドの選択] ボックスで、フィールドをクリックしたままレイアウトセクションの [値] 領域にドラッグします。

  2. 手順 1. を繰り返して、[値] 領域に表示するフィールドのコピーを作成します。

  3. ピボットテーブルで、フィールドの各コピーで必要な方法で集計関数またはカスタム計算を変更します。

    ヒント   また、ピボットテーブル自体でコピーしたフィールドの名前を変更することもできます。

メモ    

  • 2 つ以上のフィールドを [値] 領域に追加すると、フィールド リストは自動的に [値] 領域に[値] 列ラベルを追加します。 このフィールドを使用すると、[値] 領域でフィールドの位置を上下に移動できます。 [値の列ラベル][列ラベル] 領域または [行ラベル]領域に移動することもできます。 ただし、[値の列] ラベルを [ レポート フィルター] 領域に移動 することはできません。

  • フィールドは、データ型が数値型であるかどうかに関係なく、[レポート フィルター] 領域、[行ラベル] 領域、[列ラベル] 領域のいずれかに 1 回のみ追加できます。 同じフィールドを 2 回 (たとえば、レイアウト セクションの[行ラベル] 領域と [列ラベル] 領域) に追加する場合、フィールドは自動的に元の領域から削除され、新しい領域に配置されます。

  • [値] 領域に同じフィールドを追加するもう 1 つの方法は、数式で同じフィールドを使用する数式 (集計フィールドとも呼ばれる) を使用する方法です。

  • [ピボットテーブル フィールド リスト]の [レポートに追加するフィールドの選択] ボックスで、フィールド名の上にポインターを置き、フィールド名の横にあるフィルターのドロップダウン矢印をクリックします。

    [フィルター ] メニュー で、目的のフィルター オプションを選択します。

ピボットテーブル のフィールド リストでは、レイアウト セクションの下部にある 4 つの領域のいずれかを使用して、既存のフィールドを再配置したり、フィールドの位置を変更したりすることができます。

ピボットテーブル

説明

集計した数値データを表示するために使用します。

行ラベル

集計した数値データを表示するために使用します。

列ラベル

フィールドをレポートの上部の列として表示するために使用します。 下の位置にある列は、そのすぐ上の別の列にネストされます。

レポート フィルター

レポート フィルターで選択したアイテムに基づいてレポート全体をフィルター処理するために使用します。

ピボットグラフ

説明

集計した数値データを表示するために使用します。

軸フィールド​​ (カテゴリ)

フィールドをグラフの軸として表示するために使用します。

凡例フィールド (系列)

フィールドをグラフの凡例に表示するために使用します。

レポート フィルター

レポート フィルターで選択したアイテムに基づいてレポート全体をフィルター処理するために使用します。

ピボットテーブルのフィールドを並べ替える場合は、領域の 1 つでフィールド名をクリックし、次のいずれかのコマンドを選択します。

上へ移動

フィールドを領域内の 1 つ上の位置に移動します。

下へ移動

領域内のフィールドを下の位置に移動します。

先頭へ移動

フィールドを領域の先頭に移動します。

末尾へ移動

フィールドを領域の末尾に移動します。

レポート​​ フィルター​​に移動

フィールドを [レポート フィルター] 領域に移動します。

行ラベルに移動

フィールドを [行ラベル] 領域に移動します。

列ラベルに移動

フィールドを [列ラベル] 領域に移動します。

値​​に移動

フィールドを [値] 領域に移動します。

値フィールドの設定フィールドの設定

[フィールドフィールド] 設定または[値フィールド] ダイアログ 設定表示します。 各設定の詳細については、ダイアログ ボックスの上部にある [ヘルプ] ボタン ボタンの画像 をクリックします。

ヒント    フィールド名をクリックして押したままにし、フィールド セクションとレイアウト セクション間、および異なる領域間でフィールドをドラッグすることができます。

フィールドを削除するには、ピボットテーブルのフィールド リストで、次のいずれかの操作を行います。

  • [レポート に追加するフィールドの 選択] ボックスで、削除するフィールドのチェック ボックスをオフにします。

    メモ    チェック ボックスをオフにすると、フィールドのすべてのインスタンスがレポートから削除されます。

  • レイアウト領域で、削除するフィールドをクリックし、[フィールドの削除] をクリックします

  • レイアウト領域で、削除するフィールドをクリックしたまま、[ピボットテーブル フィールド リスト] の外側にドラッグします。

既定では、ピボットテーブル フィールド リストで行った変更は、レポート レイアウトで自動的に更新されます。 大量の外部データにアクセスする場合のパフォーマンスを向上させるために、手動更新モードに一時的に切り替えます。 手動更新モードでは、ピボットテーブル フィールド リストのフィールドをすばやく追加、移動、削除できます。 ただし、自動更新モードに切り替えるまでレポートを使用することはできません。

  1. ピボットテーブルの手動更新を有効にするには、ピボットテーブル フィールド リストの下部にある [レイアウトの更新を延期する] チェック ボックスを オンにします。

    注意    レポート レイアウトを手動更新に設定した後、ピボットテーブル フィールド リストを閉じる、フィールドのみビューに変更する、または Excel を終了すると、ピボットテーブルに対して行ったすべてのレイアウト変更が確認なしで破棄されます。

  2. [ピボットテーブル フィールド リスト] で、フィールド レイアウトを変更し、[更新] をクリックしてピボットテーブルのレイアウトを手動で更新します。

  3. フィールド リストでレポート レイアウトの変更が完了した後に自動更新に戻る場合は、[レイアウトの更新 を延期する] チェック ボックスを オフにします。

メモ    ピボットテーブルは、ブックを開くごとに自動更新から始まります。

ピボットテーブルを作成すると、Excel にフィールドを追加したり、必要に応じて再配置したり、ピボットテーブルから削除したりできるよう、Excel にピボットテーブル フィールド リストが表示されます。 既定では、ピボットテーブル フィールド リストには次の 2 つのセクションが表示されます。

  • ピボットテーブルにフィールドを追加し、ピボットテーブルからフィールドを削除するためのフィールド セクション

  • フィールドの再配置と再配置を行うレイアウト セクション

    ピボットテーブル フィールド リスト

ピボットテーブル フィールド リストは、ピボットテーブル ウィンドウのExcelにドッキングし、水平方向にサイズを変更できます。 ピボットテーブル フィールド リストのドッキングを解除することもできます。その場合は、垂直方向と水平方向の両方でサイズを変更できます。

ピボットテーブル フィールド リストが表示しない場合は、ピボットテーブル内の任意の場所をクリックしてください。

ピボットテーブル フィールド リストを閉じると、もう一度表示できます。 Control キーを押してピボット テーブルをクリックし、[フィールド リストの表示 ] をクリックします。 [ピボットテーブル分析] タブの [ フィールド リスト ] をクリック することもできます。

ピボットテーブル フィールド リストに使用するフィールドが表示しない場合は、ピボットテーブルを更新して、最後の操作以降に追加した新しいフィールド、集計フィールド、メジャー、計算メジャー、またはディメンションを表示します。[ピボットテーブル分析] > 更新)。

フィールド レイアウトを作成するには、フィールド セクションからレイアウト セクションの 4 つのレポート領域に [値]、[名前]、および [ディメンション] フィールドを移動するには、次のガイドラインを使用します。

  • 値フィールド    数値フィールドのチェック ボックスのみをオンにすると、既定で [値] 領域に移動されます。

  • [行] フィールドと [列] フィールド    フィールドは、データ型が数値型であるかどうかに関係なく、[レポート フィルター] 領域、[行ラベル] 領域、[列ラベル] 領域のいずれかに 1 回のみ追加できます。 同じフィールドを 2 回 (たとえば、レイアウト セクションの[行ラベル] 領域と [列ラベル] 領域) に追加する場合、フィールドは自動的に元の領域から削除され、新しい領域に配置されます。

  • メジャー    オンライン分析処理 (OLAP) データ ソースでは、多くの場合、さまざまなディメンション、階層、およびレベルの階層に編成された多くのフィールド (またはメジャー) があります。 展開ボタンを プラス記号 (+) ボックス 、必要 マイナス記号 (-) ボックス が見つまで折りたたむボタンをクリックします。

    階層、属性、名前付きセットのみを [行ラベル]、[列ラベル]、および [レポート フィルター] 領域に移動できます。

    メジャー、計算メジャー、および主要業績評価指標 (KPI) のみを [値] 領域に移動できます。

ピボットテーブルまたはピボットテーブルをピボットグラフ、レポートに表示するデータを含むフィールドを追加する準備が整います。 通常、レイアウト セクションの領域ごとに 1 つのフィールドを選択します。 ただし、特定のフィールドに異なる値を表示するには、フィールドの複数のコピーを [値] 領域に 追加 することもできます。

ピボットテーブルが多くのデータを含む外部データ ソースに接続されている場合は、レポートにフィールドを追加する前に 1 つ以上のフィールドをフィルター処理できます。これは、レポートの更新にかかる時間を短縮するのに役立ちます。

ピボットテーブル フィールド リストでは、次の 1 つ以上のピボットグラフをピボットテーブルまたはピボットテーブルに追加できます。

  • レイアウト セクションの指定された領域にフィールドを配置するには、[ピボットテーブルのフィールド] ボックスで、目的のフィールドのチェック ボックスをオンにします。 必要に合って、後でフィールドを並べ替えできます。

    メモ    既定では、[行ラベル] 領域に数値以外のフィールドが追加され、[値] 領域に数値フィールドが追加され、オンライン分析処理 (OLAP) の日付と時刻の階層が[列ラベル] 領域に追加されます。

  • レイアウト セクションの領域にフィールドをドラッグするには、[ピボットテーブルのフィールド] ボックスでフィールドをクリックしたまま、フィールド セクションから目的のレイアウト セクションにドラッグします。

Excel ワークシート内のデータまたはオンライン以外の分析処理 (OLAP) データ ソースの外部データに基づくピボットテーブルでは、同じフィールドを [値] 領域に 2回追加できます。 これは、データ型が数値でも数値以外でも実行できます。 たとえば、売上総利益率と純利益率、売上高の最小値と最大値、顧客数と総顧客数に対する割合などの計算値を並べて表示し、比較することが必要な場合があります。

  1. [ピボットテーブル フィールド リスト]の [ピボットテーブル フィールド] ボックスで、フィールドをクリックしたまま、レイアウト セクションの [値] 領域にドラッグします。

  2. 手順 1. を繰り返して、[値] 領域に表示するフィールドのコピーを作成します。

  3. ピボットテーブルで、フィールドの各コピーで必要な方法で集計関数またはカスタム計算を変更します。

    ヒント    また、ピボットテーブル自体でコピーしたフィールドの名前を変更することもできます。

メモ    

  • 2 つ以上のフィールドを [値] 領域に追加すると、フィールド リストは自動的に [値] 領域に[値] 列ラベルを追加します。 このフィールドを使用すると、[値] 領域でフィールドの位置を上下に移動できます。 [値の列ラベル][列ラベル] 領域または [行ラベル]領域に移動することもできます。 ただし、[値の列] ラベルを [ レポート フィルター] 領域に移動 することはできません。

  • フィールドは、データ型が数値型であるかどうかに関係なく、[レポート フィルター] 領域、[行ラベル] 領域、[列ラベル] 領域のいずれかに 1 回のみ追加できます。 同じフィールドを 2 回 (たとえば、レイアウト セクションの[行ラベル] 領域と [列ラベル] 領域) に追加する場合、フィールドは自動的に元の領域から削除され、新しい領域に配置されます。

  • [値] 領域に同じフィールドを追加するもう 1 つの方法は、数式で同じフィールドを使用する数式 (集計フィールドとも呼ばれる) を使用する方法です。

フィールドを削除するには、ピボットテーブルのフィールド リストで、次のいずれかの操作を行います。

  • [ピボット テーブルのフィールド ] ボックスで、削除するフィールドのチェック ボックスをオフにします。

    メモ    チェック ボックスをオフにすると、フィールドのすべてのインスタンスがレポートから削除されます。

  • レイアウト領域で、削除するフィールドをクリックしたまま、[ピボットテーブル フィールド リスト] の外側にドラッグします。

ピボットテーブルを作成すると、Excel にフィールドを追加したり、必要に応じて再配置したり、ピボットテーブルから削除したりできるよう、Excel にピボットテーブル フィールド リストが表示されます。 既定では、ピボットテーブル フィールド リストには次の 2 つのセクションが表示されます。

  • ピボットテーブルにフィールドを追加し、ピボットテーブルからフィールドを削除するためのフィールド セクション

  • フィールドの再配置と再配置を行うレイアウト セクション

[ピボットテーブル フィールド] リストを開くには、ピボットテーブルを右クリックし、[フィールド リストの表示 ] をクリックします。 

ピボットテーブル のフィールド リストに使用するフィールドが表示しない場合は、 更新 ピボットテーブルまたは ピボットグラフ を使用して、最後の操作以降に追加した新しいフィールド、集計フィールド、メジャー、計算メジャー、またはディメンションを表示します。 これを行うには、ピボットテーブルを右クリックし、[更新] を 選択します

フィールド レイアウトを作成するには、フィールド セクションからレイアウト セクションの 4 つのレポート領域に [値]、[名前]、および [ディメンション] フィールドを移動するには、次のガイドラインを使用します。

  •    数値フィールドのチェック ボックスのみを選択した場合、既定では [値] 領域に 移動 されます。

  • 行と列    フィールドを追加できるのは、データ型が数値か数値以外か、フィルター、列のいずれかの領域に 1 回のみです。 同じフィールドを 2 回 (たとえば、レイアウト セクションの ROWS 領域と COLUMNS 領域) に追加する場合、フィールドは自動的に元の領域から削除され、新しい領域に配置されます。

ピボットテーブルまたはピボットテーブルをピボットグラフ、レポートに表示するデータを含むフィールドを追加する準備が整います。 通常、レイアウト セクションの領域ごとに 1 つのフィールドを選択します。 ただし、特定のフィールドに異なる値を表示するには、フィールドの複数のコピーを [値] 領域に 追加 することもできます。

ピボットテーブルが多くのデータを含む外部データ ソースに接続されている場合は、レポートにフィールドを追加する前に 1 つ以上のフィールドをフィルター処理できます。これは、レポートの更新にかかる時間を短縮するのに役立ちます。

ピボットテーブル フィールド リストでは、次の 1 つ以上のピボットグラフをピボットテーブルまたはピボットテーブルに追加できます。

  • レイアウト セクションの指定された領域にフィールドを配置するには、[フィールドの選択] ボックスで、目的のフィールドのチェック ボックスをオンにします。 必要に合って、後でフィールドを並べ替えできます。

    注: 既定では、数値以外のフィールドが[行] 領域に追加され、[値] 領域に数値フィールドが追加され、オンライン分析処理 (OLAP) の日付と時刻の階層が [列] 領域に追加されます。

  • レイアウト セクションの特定の領域にフィールドを配置するには、[フィールドの選択] ボックスで、フィールド名の上にポインターを置き、フィールド名の横にある赤いドロップダウン矢印をクリックして、フィールド名をクリックし、[レポート フィルターに移動]、列ラベルに移動、行ラベルに移動、または [値に移動] をクリックします。

  • レイアウト セクションの領域にフィールドをドラッグするには、[レポートに追加するフィールドの選択] ボックスで、フィールドをクリックしたままフィールド セクションから目的のレイアウト セクションにドラッグします。

Excel ワークシート内のデータまたはオンライン以外の分析処理 (OLAP) データ ソースの外部データに基づくピボットテーブルでは、同じフィールドを [値] 領域に 2回追加できます。 これは、データ型が数値でも数値以外でも実行できます。 たとえば、売上総利益率と純利益率、売上高の最小値と最大値、顧客数と総顧客数に対する割合などの計算値を並べて表示し、比較することが必要な場合があります。

  1. ピボットテーブル フィールド リストの [フィールドの選択] ボックスで、フィールドをクリックしたまま、レイアウト セクションの [値] 領域にドラッグします。

  2. 手順 1. を繰り返して、[値] 領域に表示するフィールドのコピーを作成します。

  3. ピボットテーブルで、フィールドの各コピーで必要な方法で集計関数またはカスタム計算を変更します。

    ヒント: また、ピボットテーブル自体でコピーしたフィールドの名前を変更することもできます。

注: 

  • 2 つ以上のフィールドを [値] 領域に追加すると、フィールド リストは自動的に [値] 領域に[値] 列ラベルを追加します。 このフィールドを使用すると、[値] 領域でフィールドの位置を上下に移動できます。 [値の列ラベル][列ラベル] 領域または [行ラベル]領域に移動することもできます。 ただし、[値の列] ラベルを [ レポート フィルター] 領域に移動 することはできません。

  • フィールドは、データ型が数値型であるかどうかに関係なく、[レポート フィルター] 領域、[行ラベル] 領域、[列ラベル] 領域のいずれかに 1 回のみ追加できます。 同じフィールドを 2 回 (たとえば、レイアウト セクションの[行ラベル] 領域と [列ラベル] 領域) に追加する場合、フィールドは自動的に元の領域から削除され、新しい領域に配置されます。

  • [値] 領域に同じフィールドを追加するもう 1 つの方法は、数式で同じフィールドを使用する数式 (集計フィールドとも呼ばれる) を使用する方法です。

  • [ピボットテーブル フィールド] リストの[フィールドの選択] ボックスで、フィールド名の上にポインターを置き、フィールド名の横にある赤いドロップダウン矢印をクリックし、[フィルター] を選択します

[ピボットテーブルフィールド]または [ピボットグラフ フィールド] リストでは、レイアウト セクションの下部にある 4 つの領域のいずれかを使用して、既存のフィールドを再配置したり、フィールドの位置を変更したりすることができます。

ピボットテーブル

説明

フィルター

レポート フィルターで選択したアイテムに基づいてレポート全体をフィルター処理するために使用します。

COLUMNS

フィールドをレポートの上部の列として表示するために使用します。 下の位置にある列は、そのすぐ上の別の列にネストされます。

ROWS

集計した数値データを表示するために使用します。

VALUES

集計した数値データを表示するために使用します。

ピボットグラフ

説明

フィルター

レポート フィルターで選択したアイテムに基づいてレポート全体をフィルター処理するために使用します。

凡例 (系列)

フィールドをグラフの凡例に表示するために使用します。

軸 (CAEGORIES)

フィールドをグラフの軸として表示するために使用します。

VALUES

集計した数値データを表示するために使用します。

ピボットテーブルのフィールドを並べ替える場合は、領域の 1 つでフィールド名をクリックし、次のいずれかのコマンドを選択します。

上へ移動

フィールドを領域内の 1 つ上の位置に移動します。

下へ移動

領域内のフィールドを下の位置に移動します。

先頭へ移動

フィールドを領域の先頭に移動します。

末尾へ移動

フィールドを領域の末尾に移動します。

レポート​​ フィルター​​に移動

フィールドを [レポート フィルター] 領域に移動します。

行ラベルに移動

フィールドを [行ラベル] 領域に移動します。

列ラベルに移動

フィールドを [列ラベル] 領域に移動します。

値​​に移動

フィールドを [値] 領域に移動します。

値フィールドの設定フィールドの設定

[フィールドフィールド] 設定または[値フィールド] ダイアログ 設定表示します。

ヒント: フィールド名をクリックして押したままにし、フィールド セクションとレイアウト セクション間、および異なる領域間でフィールドをドラッグすることができます。

フィールドを削除するには、[フィールド リスト] で次のいずれかの操作を行います。

  • [フィールド の選択] ボックスで、削除するフィールドのチェック ボックスをオフにします。

    注: チェック ボックスをオフにすると、フィールドのすべてのインスタンスがレポートから削除されます。

  • レイアウト領域で、削除するフィールドをクリックし、[フィールドの削除] をクリックします

  • レイアウト領域で、削除するフィールドをクリックしたまま、[ピボットテーブル フィールド リスト] の外側にドラッグします。

補足説明

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

関連項目

ピボットテーブルを作成する

フィールド リストを使ってピボットテーブル内でフィールドを配置する

ピボットグラフを作成する

スライサーを使用してデータをフィルター処理する

日付をフィルター処理するためのピボットテーブル タイムラインを作成する

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×